トランプとフィリピン。

2016.11.11.11:59

フィリピンのドゥテルテ大統領、アメリカの新大統領にトランプがなった事を聞かれて、彼も暴言家で私とよく似ていると笑っていた。
AAjlY1z.jpg
その感想はいいが、この男、どう贔屓目に見ても賢そうには見えない、



この先、ドゥテルテ大統領とトランプが会って、どんな展開になるか楽しみだが、まさか、トランプにはオバマ大統領に言ったような暴言ははかないと思うが、どうだろう(笑い)
もし、言ったら、野次馬としては面白いと思う、

さて、トランプは何年か前に息子と娘を連れてフィリピンに行っていたことがある、それはマニラ、マカテイに自分の名を冠したコンドウを建設する、その契約と打ち合わせに行ったのだった。

私がこの前、フィリピンに行った時はまだ完全には完成していなかったようだ、現在、ほぼ、完成したようだ。IMG_2013.jpg
私が滞在していたコンドウから撮った写真、真ん中のビルの影に隠れているが、横のショッピングモールの白い屋根の前がそうである。

IMG_2045.jpg
私が滞在していたコンドウのロビー。


tower.jpg
マカテイ、センチェリーシテイに立つトランプタワー、おそらく、フィリピンで一番高いビルだと思われる、これは完成予想図としての合成写真、実際には周りにいくつも高層コンドウが建っている。

room1.jpg

room2.jpg

room3.jpg

トランプとジョイントベンチャーしている地元の企業の発表では全戸数240戸、すでに完売とあった。
trump2.jpg


価格、1LDK, 97平米、38Mペソ、円換算では約8千400万円、他に2LDKタイプとしては1億5千万近くになるらしい。trumptower7.jpg
trumptower9.jpg

コンシェルジュ ドアマン、多数のセキュリティサービス 駐車サービス クリーニング ハウスキーピング グラウンドロビー
その他、施設としてプール スパラウンジ フィットネスクラブ シアタールーム ビジネスセンター 会議室、図書館、そして一階には必ず24時間営業のコンビニがある。

この辺のクラスになると一般、仮に中間層の人間でも手は出ない、手が出るのはフィリピンの富裕層が投資目的で買う、あるいは北米で成功したフィリピン人が買う事になる。

この横にあるショッピングモール、私も暇なので毎日行っていたが、グッチ、アルマーニ、シャネル、すべてブランド品のお店、レストランや飲食店もあったが総じて価格は高かった、日本食レストランがあって豚かつ丼を食べたが不味いうえ円で1800円も取られてしまった。この店、日本のなんとかいうかつ丼屋だったが、名前を忘れてしまった。憶えていたらネットで不味いレストランとして宣伝してあげたのに、

ここのショッピングモールには夜な夜な高級車に乗った若者たちが詰めかけていた、恰好から見て富裕層の子弟達だと思う。

面白いというか、このトランプタワー建設現場で働いているフィリピン建設労働者たち何百人も働いていたが、周りの掘立小屋で裸で寝ていた、おそらく地方からの出稼ぎ労働者だと思う、彼らがどこで食事をとっているかと思っていると、この建設現場から直ぐ近く、低所得者層の住む家が並び、家の前で青空食堂、タガログ語でトロトロというが、そこで食べていた、ご飯とおかず2品、インスタントコーヒーがついて円で約150円くらい、私も時々そこに行って食べていた。味は結構おいしかったと思う(笑い)

このトロトロ食堂、家の前に汚いテーブルを置き、そこに家庭で作ったおかずを鍋にいれてある、種類は平均4つか5つ、それを自分で選び,皿に盛ってもらい、ご飯と一緒に汚い椅子で食べる、余ればビニール袋に入れてくれる.夜は小汚いバーに代わるところもある、相手は歯が抜けた汚いおばちゃんだが(笑い) とにかく酒の値段は安いが、問題はすぐ閉める事にある。

同じエリアにありながら、この天と地にも似た違い、しかし、フィリピンではこれが当たりまえ、もっと酷くなるとビル街から外れた貧民窟では段ボールとトタンで出来た家に何家族が一緒に暮らしている。とにかく、今日を過ごせればいい、明日は明日、考えればよい、能天気的明るさと言うか、言葉がないが、こういう国、流石の中国人もこの国を乗っ取るまでは思わないようである。


さて、トランプもこのトランプタワーの最上階当たりに自分のプライベートペントハウスを所有していると思うが、今度フィリピンに来る機会があったとして、その時はアメリカ大統領としてフィリピンの国賓となる筈、多分来る事はないと思うが(笑い),とにかく、自分の所有するペントハウスには泊まれない、勿体無い話である。

フィリピンも多少の中間層は昔に比べたら多少は増えたと思うが、しかし、それにもまして所得の格差は返って昔よりは広がったと思う、先に書いたフィリピンの乞食の話ではないが、フィリピンでは金持ちはより金持ちに貧しい者はより貧しく、この格言は生きている。

フィリピンのドゥテルテ大統領、このような低所得者層によって選ばれた大統領、ただし、この選んだフィリピンの貧乏層の人々、国の確かな変革を望んで投票した訳ではない、とにかく、今までの政治家が酷過ぎた、彼ならましだろう、それと選挙の時、弁当と金が僅かだが出た? 

確認してはいないが、フイリピンではよくある話、社会の未来より、今日の100ペソ、

来年、もしフィリピンに行く機会があればトランプタワー、ちょっと見学してみたい、金があれば買う? それはない、トランプタワー、建設中を見ていた、もし、熊本級地震が来たら、考えただけでも恐ろしい、コンクリートに打ち込まれている鉄筋棒、細すぎる。それがフィリピン仕様といわれれば致し方ないが(笑い)。



スポンサーサイト

comment

Secret

トランプにエール

2016.11.13.13:47

 選挙中は暴言が酷く少々違和感を感じておりましたトランプ氏、オバマ大統領との対談に臨んだ姿勢に、やる気満々かな?
あの数々の暴言はパフォーマンスだった?なんてチョッピリ疑ってしまいました。
各報道はトランプ氏の話題で持ちっきり…
中でもトランプ大統領反対抗議報道を含めトランプ氏に何か恨みでも?って感じさえするNHKの報道ってなんじゃ?
受信料支払い拒否運動でもやったろか!の気持ちです。
内心トランプ頑張れ~になっています。

親父様が発信して下さるお陰で、他国の状況が私でも分かるようになって来ました。
色々読ませて頂き、日本の良さを再認識したりこの歳で勉強させて頂いております。

それにしても、高いカツ丼を食べましたね。
お肉が苦手な私にはあまり興味がなく良く知らないのですが「和幸」「井泉」「成蔵」まだまだわんさか有るんでしょうね。
安価で美味しい物を日本としての誇りを持って提供して欲しいと思いますが、それはど庶民である私の願望に過ぎませんね。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR