記憶。

2016.11.08.10:13

仮に私がこの世から消えたとしたら、一体誰が私の事を記憶しているのだろうか、最近、ふと、このようなしょうもない事を考える、多分、それは毎日が日曜日でもう先がなく、この数年の間に友人、知人がどんどん亡くなっていき、その亡くなっていった友人、知人の事を思い出す機会が多いせい、そんな風にも思ったりするからだと思う。

人間誰しもそうだが、歳をとると記憶が風化する、顔は鮮明に思いだす事が出来るのに、名前が思いだせない、その思いだした顔もその当時の顔のまま、学校時代の友人、先生、もう何十年も経っているの、おそらく、今、会ったとしても見分ける事は難しいかもしれない。

私がこのブログを初めてからもう5年以上経過する、ブログを通して友人になった方も沢山あった、だが、何人かはもうこの世にはいない、同様にお会いし交遊をした方の何人かも音信普通になってしまった。

それでもその方々の思い出は私の記憶の中で生きている。

よく、人と人との絆はその付き合いの長さではないという、そうかもしれないが、でも付き合いの長さは大きい、私が若い頃から、そして晩年まで付き合いのあった友人がこの2~3年でバタバタ亡くなり、寂しい限りなのだが、一方、たった一度限りの出会いながら強烈な印象を残された方もあった、一期一会とはこういう事を言うのかもしれない。

私は私自身の事はたいした人間とも思っていないし、我がままで下らない人間と思っている、人に誇る事は何もないし、誇るべきキャリアも持たない、だから、私と出会い、知り合ったとしても記憶の片隅にも残らないかもしれない、だからそれについては何の文句もない。


ただ、時々、私がふっとした折に思い出す、何人かの人のように、過去に私と関わった方が、私のように私の事を思い出してくれるのだろうか、そう思っただけの事、

こうなるひと昔前、自分の仕事があり、その仕事の責任があり、また、家族を養う責任があり、日々、忙しく生きていた時代にはこんなしょうもない事は考えてもみなかった、考えていたのは、どうやって他人に認めてもらえるか、どうやって成功を治めるか、どうやって同期よりも出世するか、そんな思いばかりであった。

考える事は未来志向、将来の事ばかり、


しかし、時は過ぎ、歳も取り、貧乏でもなく、金持ちでもなく、それほど不幸でもなく、そこそこの生活を送っている現在、そこから先はもう見えてきた、いずれ消えていく事には恐れも不安もない、ただ、大病を患って家族に負担を強いる、ある意は無駄な長生きをして周りに呆れさせる、このような事はないようにしたいと思っているし、痛みには弱いのでそのような場合には自分で始末をつけたいとも考えている。

いずれにせよ、毎日、無為に生きていることだけは間違いない、とは言え、自分の金で生きているのだから文句は言わせないが、そうではない人には歳を取り、金もなく、健康も優れず人の世話でしか生きられないとすれば悲惨な限りとしか言えないだろうと思う。

私は以前に何回も書いたが、遺言作成において、葬式は行わず、墓も不必要、死後は火葬として遺灰は散骨と記しているし、このブログももし私が亡くなれば、しかるべき人にこのブログの全面削除もお願いしてある、つまり形としては私が生きてきた証をこの世に残さない方法をとっているのに、死んだ後も誰かの記憶に残っているかどうかを気にする、ちょっと矛盾しているのでは?

まあ、そう思う方もいるかもしれないが、そうではなくてちょっと思っただけ、ただ、本音をいえば、自分が消えていくのにもかかわらずこの世の中は粛々として進み、日々の営みも何一つ変わらず続いていく、そしてそこには私はもういない、それは面白くない(笑い)、だがしょうがない、死は貧乏人も金持ちも、野心家もロクでなしも、高貴な方も下衆な方も、誰にでもやってくる,極めて公平、

面白くはないが納得している、そんな程度の話。


このしょうもないブログ、毎日、たくさんの方が見てくれている、だから、このブログ読者の方で、私がこの世から消滅した後で、誰か1人くらい、そういえば、昔、死にぞこない爺がカナダでしょうもない記事を書いていたな、よく、飽きもせずに雅子の馬鹿野郎とか盆暗ナルの禿とか書いていたな、そんな事をもしかして思いだしてくれるかもしれない。


もし、そうだったら、嬉しいな、と、生前に申し上げておきたい(笑い)
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 書けるときに書いてください。楽しみにしてますから。

2016.11.24.06:52

> わたしもわんこのブログで涙したものです。
> 人間のときよりもうちのにゃんこが亡くなった時の方が
> 泣きました。犬や猫は人間の魂に近いって言いますが、
> 格は彼らの方が上なのでは?といぶかしんでいます。
>
> 親父様のブログを楽しみにしてますので、忘れませんよ。
> ただ、こちらがボケてあの世とこの世がごっちゃになったら
> 忘れるかも、です。
>
> でもそれは親父様も一緒ですよね。

いま、この時を共有している、って素敵なことです。


ニーさん、返事が遅くなって御免なさい、記事でアメリカ、ペンシルバニア州を旅行した時の話を書きました、それは愛犬ブラッキーがもう最後だと思ってペンシルバニアにある犬も泊まれるリゾートに行った時の話、

この時の記事、ブラッキーと最後の夏という題で書いています。

愛犬が亡くなってから酒浸りになる日が増えました。



Re: タイトルなし

2016.11.24.01:06


咲さん、まず、せっかくコメントを頂いたのに返事が遅くなり、御免なさいでした。

高校3年生ですか、ちょっと驚きました、多分、私のこのしょうもないブログ記事を読まれる読者の方ではもっとも若い読者になると思います。

まあ、ご指摘のように、時には過激に時にはお馬鹿に、そして酔っぱらってはハチャメチャにと書いています、そんな事もあってたまにはPCがフリーズしたり、スパムが入ったりがありますが、入れているワクチンのお陰でなんとか防いでいてくれるようです。

それもありますが、私には基本的にはもう残された時間は少ないし、元々、我慢が出来ない我がまま親父、言いたい放題書きたい放題に徹する事にしました。

デモね、咲さん、貴女には色んな可能性がいっぱい詰まった未来が待ち構えている、勿論、今はそれがどんな世界かは分からないと思うけれど、それだけでも素晴らしい事なんだと私は思う。

大事な事は一回限りの人生、人の為に生きるのではなく自分の為に生きる、そうじゃないという人もいるけれど私はそうだと思う。

Re: No title

2016.11.24.00:40

>  おやじ様
>
> おはようございます。
>
> KUON様のブログから、おやじ様のブログにたどり着きもう何年も経ちますが
> 毎日、ブログを訪ねることが日課のようになりました。
> 不思議な縁を感じます
> 私も、おやじ様と同じような毎日が日曜日な生活・・・
> 体が動くうちに残された時間を大事に過ごしていきたいと思ってます。
> おやじ様の存在を忘れることなどありません!^^



アビさん、そういえば結構長い付き合いになるのですね、縁というのは不思議なものです、このようなご縁、大事にしようと思っています、アビさん、これからも宜しくお願い致しますネ!!

Re: 忘れられない!

2016.11.24.00:36

秘密のMさんへ、

これだけは書いておきます、私は私の命がある限り、貴女の事は忘れません、色々、言いたい事や書きたい事はありますが、でも私の思いは伝わっていると思っています。

又、会いに行きます。

Re: 私は忘れませんよ。

2016.11.24.00:30

> 人間関係って煩わしくて断ち切りたい時もあるけど、いざ何も繋がりがなくなると寂しいものです。
> 文句を言っているうちが楽しいのかも。
> 他の人の感情は自分ではどうしようも出来ません。
> 人は思うように思うのです。
> おやじ様、好きなようにこれからもお過ごし下さい。
> 私は忘れません。どきどき思い出しますからね。


Takkoさん、コメント有難うございました。

時々、思いだしていただけますか? 毎日では駄目ですか? これではR4の台詞になってしまいますね(笑い)

Re: おいらは腎不全で死する・・たぶん

2016.11.24.00:26

ウナさん、毎度!

ウナさんの目には私という人間がどのように映っているのか、よく分かりませんが〈笑い)

ただ、私が見るウナさん、そう簡単には死ぬような男にはみえません、だってまだ女性が好きのようだから(笑い)

Re: No title

2016.11.24.00:21

> >過去に私と関わった方が、私のように私の事を思い出してくれるのだろうか
>
> このセリフは同じブログを書くものとして
> 思う時がありますね
>
> 僕の場合 おやじさんとは日本ではない他国での出会いでしたので
> 感慨深いものがありますし
>
> 特に僕の場合はお世話になりっぱなしだったので
> 忘れようもないのが実情です
>
>
> またときが来たら一緒に飲みたい方の一人です
>
> これからもよろしくお願いします


TOROさん、わざわざ、この記事にコメント頂き、ありがとうございました。

比国関連ブログをおやりになっていた方、止めたり、お亡くなりなったり寂しい限りですが、トロさとはこれから先もお付き合いをしたいと思っている方の一人、こちらこそ、宜しくお願いいたしますね。

Re: 皆さん忘れませんよ

2016.11.24.00:15

> 何時も楽しみに拝読しています。自分はブログを持って
> おりませんので、コメント控えておりました。初めて訪れた時強烈な印象が心に残り、更新を待ち望むようになりました。帰国された時の皆様との交流を拝読して、羨ましさでいっぱいでした。まだまだお若くお元気なのでこれからも怒涛の更新を心から楽しみにしております。呉々も御自愛の程、遠く日本の片隅からお祈りしています。 


RAYさん、返事が遅くなりました、御免なさい。

まず、こんなしょうもないブログを読んで頂いた事に感謝を申しあげます。

怒涛の更新、最近、酒がきれたせいかちょっと息切れ状態です、今のところ、頭脳だけはなんとか働いてくれているようでいいのですが、

改めて、コメント頂いた事に、ありがとうございました。

Re: No title

2016.11.24.00:09

> おはようございます。
>
>
> >そういえば、昔、死にぞこない爺がカナダでしょうもない記事を書いていたな、
> >よく、飽きもせずに雅子の馬鹿野郎とか盆暗ナルの禿とか書いていたな、
> >そんな事をもしかして思いだしてくれるかもしれない。
>
>
> 親父さん。私の方が後なら、きっと、思い出すと思いますよ、親父さんのこと。
>
> きっとたくさんの方々が、そうだと思います、ワタシみたいに厚かましくこんなこと書けず、静かに読んでおられる方々の中にも、そーゆー方、おられるでしょう。。たくさん。


KUONさん、仮に私のほうが後になっても私はKUONさんを忘れない、、、、と、まあ、私が後になる事はないが(笑い)

書けるときに書いてください。楽しみにしてますから。

2016.11.10.15:43

わたしもわんこのブログで涙したものです。
人間のときよりもうちのにゃんこが亡くなった時の方が
泣きました。犬や猫は人間の魂に近いって言いますが、
格は彼らの方が上なのでは?といぶかしんでいます。

親父様のブログを楽しみにしてますので、忘れませんよ。
ただ、こちらがボケてあの世とこの世がごっちゃになったら
忘れるかも、です。

でもそれは親父様も一緒ですよね。

いま、この時を共有している、って素敵なことです。

2016.11.09.23:55

初めてコメントさせていただくものです。山形県に住む高校3年生女子です。学校で学習する事と本で知ることのギャップが激しく色々見て回るうちに親父さまのブログにたどり着きました。
さて、親父さまは自分を過小評価されているようですね…
私なんかは、授業中など携帯が使えない時も、更新されてるかな〜って考えます(笑)
毎日更新をチェックしているのですが、村田蓮舫のあわあわセクシーショットから更新がしばらくなかったときには、ますます蓮舫が嫌いになりました。
そして、初めて親父さんのブログを見たときには衝撃を受けました。まぁ知ってることだらけなんですが他のブログの方が濁して書いているところを我々読者がスカッとするような文章できっていく…なんて素晴らしいんだ、と思うと同時に不安にもなりました。果たして、変な奴ら(赤、左)に目をつけられてないかしら…など。そんなもの気にしなさそうですもんね…最高にイカしてます。1番好きなブログです。私年をとりますが、親父さまのように柔軟に生きていきたいと常に思っております。だから忘れません。長文失礼しました。

No title

2016.11.09.11:00

 おやじ様

おはようございます。

KUON様のブログから、おやじ様のブログにたどり着きもう何年も経ちますが
毎日、ブログを訪ねることが日課のようになりました。
不思議な縁を感じます
私も、おやじ様と同じような毎日が日曜日な生活・・・
体が動くうちに残された時間を大事に過ごしていきたいと思ってます。
おやじ様の存在を忘れることなどありません!^^


管理人のみ閲覧できます

2016.11.09.01:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私は忘れませんよ。

2016.11.08.21:50

人間関係って煩わしくて断ち切りたい時もあるけど、いざ何も繋がりがなくなると寂しいものです。
文句を言っているうちが楽しいのかも。
他の人の感情は自分ではどうしようも出来ません。
人は思うように思うのです。
おやじ様、好きなようにこれからもお過ごし下さい。
私は忘れません。どきどき思い出しますからね。

管理人のみ閲覧できます

2016.11.08.21:48

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おいらは腎不全で死する・・たぶん

2016.11.08.21:15

お早うございます

おいらが彼に会ったのは中学でした(同級生でした)
最期に会ったのは高校二年のときでした
かれは「おくわきひでお」君です
そのときの出で立ちは
彼はラガーメン、ストライプの紺のシャツでした
おいらはゼッケン『5』の白地のシャツでした
サッカードイツナショナルチームと同じだったのです

私の彼の記憶はそのときの侭です
けして色あせる事はないのです

殿、もとい親父殿
いまだ、親父殿のイメージは構築途上です
はて
如何に出来上がりますやら
あはは。

No title

2016.11.08.20:39

>過去に私と関わった方が、私のように私の事を思い出してくれるのだろうか

このセリフは同じブログを書くものとして
思う時がありますね

僕の場合 おやじさんとは日本ではない他国での出会いでしたので
感慨深いものがありますし

特に僕の場合はお世話になりっぱなしだったので
忘れようもないのが実情です


またときが来たら一緒に飲みたい方の一人です

これからもよろしくお願いします

皆さん忘れませんよ

2016.11.08.16:52

何時も楽しみに拝読しています。自分はブログを持って
おりませんので、コメント控えておりました。初めて訪れた時強烈な印象が心に残り、更新を待ち望むようになりました。帰国された時の皆様との交流を拝読して、羨ましさでいっぱいでした。まだまだお若くお元気なのでこれからも怒涛の更新を心から楽しみにしております。呉々も御自愛の程、遠く日本の片隅からお祈りしています。 

覚えていますよ‼️

2016.11.08.14:06

こんにちは。
いつも待ちわびてブログを読ませて頂いていますが、私はこのブログのワンコの記事で、いつか来るであろう愛犬との別れを想像して涙したり、痛快な内容に拍手喝さいしたり、様々な勉強をさせて頂いていると思っています。


お会いした事もありませんし、日本に滞在中も多忙なスケジュール故、なかなか難しいでしょう。第一、私の様なお花畑の末席に座っている人間は畏れ多くてまともにお話も出来ないでしょう(笑)
それでも東宮問題や様々な事に気づかされ、私の大人としての社会勉強のテキストの様なブログです。毎日、毎日訪ねては、今日は更新されてないなぁ〜なんてガッカリしている読者も多いはずです。

私にとってこのブログはある意味、一期一会です。
勿論、親父さん独自の持論もあるでしょう。でもそれも物事の裏表を考えるいいきっかけです。

最近私は沸点が低く、些細な事も腹が立ち、合わない友人はなるべく付き合いを断る様になり、楽しく時間を過ごせる人と会う様なワガママになって来ました。

そりゃあ主人の親戚筋等、最低限の付き合いは致し方ないですが、残りの方が少ない人生、楽しくないのに相手に自分を合わせて時間を使うのが勿体なくなって来たからです。

自慢話や、自分の事ばかり話す、自分のスケジュールに合わせようとする。
こんな人は沢山です。



No title

2016.11.08.11:17

おはようございます。


>そういえば、昔、死にぞこない爺がカナダでしょうもない記事を書いていたな、
>よく、飽きもせずに雅子の馬鹿野郎とか盆暗ナルの禿とか書いていたな、
>そんな事をもしかして思いだしてくれるかもしれない。


親父さん。私の方が後なら、きっと、思い出すと思いますよ、親父さんのこと。

きっとたくさんの方々が、そうだと思います、ワタシみたいに厚かましくこんなこと書けず、静かに読んでおられる方々の中にも、そーゆー方、おられるでしょう。。たくさん。







プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR