もしもピアノが弾けたなら。

2016.09.30.14:22

よく私のブログに訪れて頂いている方に別府葉子さんがある、関西方面にお住みでプロのシャンソン歌手、ブログ記事によればフランスにも留学されてそうでギターであちこちで演奏活動をされている、彼女は私とは思想信条が異なるが、私は彼女の歌が大好きである、特に言えば彼女が作詞作曲した6月の雨、この曲が大好き、この曲、なくなられた母上の思い出を題材にされたそうだが何故かこの曲を聴くと涙が出てくる。


DSC01971.jpg

彼女のブログ、別府葉子公式ブログ 葉子通信、で検索すれば出てくる。

人には色んな才能がある、残念ながら神様は私には何の才能も授けてはくれなかった。

私の母方の祖父はXX秋月と言って尺八の名人で沢山の弟子を抱えていたらしい、所持していた尺八も名人に相応しいものだったらしいが、戦後のドサクサで四散したらしい、

音楽的才能は遺伝するのか、それについてはよく分からないが、私の妹は琴の師範でピアノも弾く、その娘である私の二人の姪も共に音楽大学を出て専攻はバイオリン、チェロ、そして私の弟は独学で6年間も中国の楽器、二胡を学び、あちこち老人ホームを慰問演奏していると聞いた。

カナダにやって来た時も、その二胡をもってきて日系の老人ホームで演奏をしてお年寄りたちに喜んでもらっていた。

私は自分には無い才能、例えば文才とか、あまり頓着はしないが、ただ音楽に関してだけはこのような才能をもっていられる方には羨望を覚える、

そこでタイトルの話に戻るが、もしも私がピアノを弾けたなら、もしかして私の人生も変わっていたかもしれない、

まあ、そんな事はない、そう思うが、これは私の姪たちの大学卒業しての生き方というか、それを見ていて思った事だが、ある意味音楽の世界で飯を食えるのは難しいらしい、多くの音楽大学卒業生がその道では喰っていけないらしい。

でも音楽の世界で仮に成功しなくとも、譜面が読める、ピアノが弾ける、ギターが弾ける、素敵な歌が歌える、そのような才能を持つ方に私は憧れる。、

その昔、青山に外人がよく集まるのピアノバーがあった、専属の弾き語り歌手がいたが、その歌手が休憩中は、客が好きで歌っていい時間があった、そんな時間にある初老の日本人客が、ちょっと失礼といってピアノの弾き語りでバラードを歌い始めた、最初は誰も聞いてはいなかったが、その内、シーンとなりその客の歌に聞き入っていた。

又、ある時、フィリピンのマニラホテルのホテルバー、このバー、ちょっとしたステージがあってホテル専属歌手が歌ったり、3人編成のトリオでジャズや往年のポップスなんかをやったりしていたが、これもある晩、ホテルの泊まり客がちょっと参加させてと言ってピアノでジャズを弾き始めた、初老の白人男性、演奏終了後、バンドの面々やそこに集まっていたホテル滞在客からやんやの喝采を浴びていた。

今でも憶えているが、素敵で恰好良かった、私はその時、何か自分にもこのように楽器が弾ける才能があれば良かったな、そう思ったが、、、

私は音楽的才能はないが、音楽を聴くのは好きである、日本の演歌も好きだし、黒人音楽やポップス、ジャズ、アカペラ、バラード、何でも聞くが、唯一嫌いなものがある、それはラップ、ヒップホップというジャンル、このジャンル、まだ黒人がやっている分にはいいが、日本のチンピラあんちゃんが馬鹿ズラをこいてイエ―なんてやっているのを見るとこいつは阿呆か、本当にそう思う。




下らない話だが、私は三味線が弾ける、ただし口三味線という、この話分かる人には分かるが、その昔、よく麻雀をやっていて使っていた。意味は全く音楽とは関係ない(笑い)

今更遅いが、もしもピアノが弾けたなら、どうなっていたか、、、、、どうにもなってはいない、、、、、、そうかもしれぬ(笑い)

スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2016.10.07.15:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメントをありがとうございました。

2016.10.07.03:44

秘密のUさん、私も持病に鬱病があり、ご存じのように自殺未遂経験もあります、なのでUさんの心理状態がよく理解できます。

色々書かれてありましたが、

好きな方が出来たら全て捨ててしまいそうな馬鹿なことをしでかしそうです、このフレーズ、いいですね、いいじゃないですか、やってみましょうよ、

少し、安心しました。

Re: No title

2016.10.07.03:36

秘密のMさん、園遊会情報有難うございました。

見て子と股子、同じ出、そして何より可愛い可愛いナルちゃんの嫁、てな事らしいがあまりにも下らない事で話になりません。


さて子供にとって生まれは選べない、良い親に当たればろくでもない親に当たる事もある、私の場合は父親は大酒飲みのロクデナシ
で全く愛情を受けた記憶がありませんが、母親はその分苦労して育ててくれた、今、私があるのも母のお陰だと思っています。

Re: No title

2016.10.07.03:26

秘密のTさん、がんこ爺いさんの件、更新が途絶えている、これは理由があってご心配されたそうですがお元気ですよ!

長年使っていたPCがお陀仏となりそれでブログ更新ができなくなった、と連絡がありました。

今後、新しいPCを買ってまたブログ再開をするかどうかはわかりませんが、こうやってご心配を頂く、がんこ爺さんに成り代わってお礼を申し上げます。

Re: タイトルなし

2016.10.07.03:19

茉莉花さん、コメント有難うございました。

貴女のお名前、本名なのかHNかどうか存じませんが、いいお名前ですね、

私の妹、長年、幼稚園教諭から園長までやり、その過程で琴やピアノを自分のものにしたそうです、この妹は頑張り屋さんで園長を退職した後も調理師学校で調理師免許を取ったり、今は何処かの劇団に入ってミュージカルに挑戦しているようです。

私と妹との関係、そう、瘋癲の寅の寅と妹桜、そんな感じかな、出来損ないの私にとってとてもいい妹です。去年、次女に男の子の孫ができ、孫自慢ばかりしていますが、きっと大きくなったらなにか楽器の習い事をさせそうですね。


私の口三味線もしゃべる相手がおらず、錆びてしまいました(笑い)

Re: ありがとうございました。

2016.10.07.03:02

>   
> 別府葉子「6月の雨」
>                      早速 聴いてみました。
>  雨に打たれ、なお鮮やかに咲く紫陽花が脳裏に鮮やかに浮かび、
> 目を閉じて清んだ歌声に耳を傾けていると、父を母を思い胸が熱くなりました。
>
>  素敵な歌を知りました。
> ありがとうございます。
>
>  親父様 元気になられたご様子で安心いたしました。


み~ちゃん、この歌、好いでしょう、彼女の澄んでいて透明感のある声で、なんとなく切なくなりますね。そしてこの歌われている情景、まさしく日本の6月、カナダにはありません。


Re: 同伴という響き

2016.10.07.02:48

ウナさん、毎度!!

大森で粋な着物姿のウナさんを見て、横に芸者を侍らして三味線で旨い酒を飲む、そんな姿が創造できました。

頑張って稼いで、今度深川あたりの料亭でも招待してくださいね(笑い)

Re: 三味線が弾けるって良いですね。

2016.10.07.02:41

Takkoさん、コメント有難うございました。

本物の三味線の話ですね、三味線の世界も深い、沖縄の三線、津軽三味線、義太夫や能、歌舞伎世界の三味線、小唄、端唄、謡曲での三味線、

まだ現役の勤め人だった頃、京都の先斗町で一晩、芸者を上げて遊んでみたい、そんな事で調べた事がありますが、これは特別なつてと一見さんお断りの格式、そして目が飛び出る程のお座敷代、諦めました(笑い)

Re: No title

2016.10.07.02:20

> いつも楽しく読ませていただいてます。
>
> 68歳なんてお若いではないですか!私よりたった3歳だけ上です。これからもお元気で、面白い悪口を書いてください。



ペプシさん、こんな下らない与太記事をお読みなって頂いて有難うございます(笑い)

68歳、まだ若いですか、確かに考える事は若いというか、まだ相当阿呆な部分が残っているとは思っていますが、ただ、肉体的は相当ガタがきているようです。

管理人のみ閲覧できます

2016.10.06.15:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2016.10.06.10:35

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2016.10.06.09:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016.10.04.23:55

私の尊敬する先輩が昔こうおっしゃいました。
自分のピアノの才能は孫で開花すると。
先輩も私も未だに孫がおりません。
私たちは子供にピアノを習わせました。
私のところは、小学校が日教組系で、ピアノのお稽古の日にわざと学習支援の必要な子のお手伝いをやらされ、息子はお教室に通えなくなり。娘は私が教えれば、ママはすぐにそこが違うよって注意するからいや!と嫌われました。
ただ、娘は耳コピが素晴らしい。(私よりすごい)娘に私より優れた才能が出たのかもと思いたい。
あとは孫が産まれるのを期待したいな。

小学校で潰された息子は、それでも中学のピアノの時間と高校の音楽選択により、ベートーヴェンのソナチネ第一楽章は弾けるよう。

わたしは琴、やってみたかったです。フルートは中途半端だし。長唄もやりたきったなあ。

管理人のみ閲覧できます

2016.10.03.12:03

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2016.10.01.22:25

親父さん

ピアノ もしも 弾けたら

「サマー・タイム」

ぽろろろろん、と奏でて

こっち向いて

真っ白い歯並び

惜しげものう見せて

ニコッと笑って下され

また惚れてしまいますぅ

ありがとうございました。

2016.10.01.11:51

  
別府葉子「6月の雨」
                     早速 聴いてみました。
 雨に打たれ、なお鮮やかに咲く紫陽花が脳裏に鮮やかに浮かび、
目を閉じて清んだ歌声に耳を傾けていると、父を母を思い胸が熱くなりました。

 素敵な歌を知りました。
ありがとうございます。

 親父様 元気になられたご様子で安心いたしました。

同伴という響き

2016.09.30.22:39

おはようございます
『韓進海運破綻』の影響が出てまいりました
私は現在週4日の野良仕事へ出ておりますが
(2tトラックでの配送業務です)
(明日からは8t車に乗らなくてはなりません)
(サイズは殆ど大型です・・・)
土曜、日曜、月曜のお休みのうち
土、月は出番となりました
年末年始を思うと目も充てられません

囲碁、筆ペン習字、三味線教室
いずれかをはじめるつもりでしたが・・・とほほ

めげてはいられません
今夜は
メリー姉さんとご飯を食べてから
熟女クラブへGOでしゅ
馬鹿(おいら)を笑ってやってください。あはは。

三味線が弾けるって良いですね。

2016.09.30.22:06

高校生の時、初代の高橋竹山さんが学校で演奏して下さいました。
あの時代の生徒は素直に感動することが、ダサいという雰囲気がありました。
私は放送部だったので舞台の上にいて、演奏が始まる前は『大丈夫かな?』とバックヤードから心配しました。
しかし、演奏が始まるや否や全生徒が竹山さんの演奏や人生の話に引き込まれて、竹山さんの呼吸に全生徒が共鳴するという不思議な体験をさせて頂きました。
それから三味線を聴くことが好きになりました。
そんな昔の事を思い出しました。

No title

2016.09.30.20:44

いつも楽しく読ませていただいてます。

68歳なんてお若いではないですか!私よりたった3歳だけ上です。これからもお元気で、面白い悪口を書いてください。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR