今宵も酔ってしょうもない記事を書いている。

2016.09.25.12:42

この歳になると、68歳、ある意味世の中の事、些細な事、どうでもいいように思う事がある、それは私自身元々我がままで生きてきたが会社員時代は喰う為に生きる為にそれらの感情を殺してきた過去もある、今は生活的には好きに生きる人生を送っている訳なのだが、

過去記事でも書いたが、会社員時代、ロクでなし、屑のような人間には沢山あった、本当に馬鹿で阿呆で何の取柄もない男が社長の倅、ただ、それだけで中小企業のトップに自動的になったり、そうした引き継ぎにはヨイショ専門のごますり役員いたり、実力もないのに見せつけて地位で恫喝したり、これって日本のあらゆる階層における縮図のような気がする。

自身のこれまでを総括して、私自身、確かにこうやってしょうもない下らん記事を書ける身分、状況、これは自分が頑張って、努力して得た結果ではない、ある種の偶然、ある種のタイミング、もしかして単に運がよかっただけだったのかもしれない。



私のこのしょうもない下らんブログ、だが、多い時で1万、平均すれば6千、立ち寄って下さる読者がいる、その事自体が私にはよく理解できないのだが、あえて言えば、多分、私は記事を書く時、裸で弱さも情けなさもロクデナサも書いている、その共感があるのかも、最近そんな思いが強くなった。


このFC2ブログ、訪問者履歴が残る、そんな訳で訪問して頂いたブログを読ませていただく事もある、それこそ内容は千差万別で、話趣味の話から、ペット、園芸、家庭の事、世の中、人間関係、様々であるが、皆様、それぞれ、それなりの個性で書かれていて面白い。

だが、私のようにハチャメチャの酔っぱらい記事を書く方は流石にいない、私が記事を書く場合、まず題名が先に浮かぶ、そしてその題名にそったような記事の書き方になる訳だが、そこは酔っ払い、あちこちに話が飛ぶ事が多いにある。そして当然出来上がっての記事であるから腹が立つ事や腹の立つ相手には罵詈雑言、こき下ろし、ぼろくそに書く、但し、ぼろくそに書く相手については相当調べて書いている。

アリエスの雑記帳というブログある、書いているアリエスさん、東京で会ったことがあるが会ってみて驚いた、170センチ以上の長身でスタイルがよくて美人であった、年齢は、ま、30歳を超えているとだけ、とにかくこんな素敵な方が何故か私と同じようなハチャメチャ、過激な記事を書いている、記事としては面白いし、読ませる内容なのだが、流石、記事としては中々コメントをつけにくい、これも私の記事と似ている(笑い)

またまた、例によって話が飛ぶが、私の女性に対する好みと言えば、それは長身の女性、背が高い女性が好きだった、現に妻も私よりは背が高い、これは情けない話として書くが、結婚写真では妻は靴を履かず、私はナル殿下のようにぽっくりの秘密靴を履いて写真を撮った、言い訳ではないがこれを言い出したのは妻である、私ではない(笑い)

とにかく、アリエスさん、私がもし彼女の年齢にふさわしい年で、独身であったならば是非、お近ずきになりたい女性であった、しかし、残念ながらアル中の酔っぱらいで身体障碍者爺い、お呼びでない事は分かっているので会えた事でよしとしよう。





今宵も酔っぱらってはくだらない事を書き続けてきたが、先の記事では相当、過激な記事を書いた(当然、出来上がり記事である)
だから、コメントのつけようもない記事であった、ある意味このような記事にコメントを下さった方の勇気に感謝いたします(笑い)


スポンサーサイト

comment

Secret

承認待ちコメント

2016.09.27.12:17

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

2016.09.27.09:25

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自粛による停滞

2016.09.27.05:06

お早うございます
わたくしは今上陛下のビデオレター(?)を
真摯に受け止めました
マスコミは好き勝手に注釈を入れておりましたが
お言葉は『病』に倒れたときに
世の中に及ぼす影響を考えてのことだと思いました

昭和天皇の崩御の折に
忘年会などの『行事』が
相次いで自粛されましたが
宴席でみんなで陛下をお送りすればよかったのにと思ったのです
東北の震災の後の『お花見』の自粛にも
同じように感じました
例年のように花見をしてお酒食べ物の売り上げから
義捐金を捻出することも出来たはずです

櫻はなにものにも変えがたいお国の心でしょ
震災への想いは年を追うごとに薄れていきますが
あの年にお花見をしていれば
桜を見るたびに『東北』を思い出されたはずです

外国(カナダ)にお住まいの親父殿のブログほど
お国を感じるブログは御座いません。

管理人のみ閲覧できます

2016.09.25.17:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR