いずれ書くが、

2016.07.26.13:50

私はこれまで色んな事について書いてきた、ただその中でも一貫して書いてきた事がある、それは偽善とか欺瞞という言葉、そのような言葉にあてはまるような種類の人間達。

私はこの言葉も勿論嫌いだが、こういう言葉が合う人間も大っ嫌いである。

ところがこういう人間が世の中には一杯いて、その上、結構幅をきかせてのさばっているのには驚く、このような人間には共通するような部分があってとても興味深い。

先ず、職業として、よく教育者というが、これは教師、教育委員会、中には本当に頭が下がるくらいの立派な人物もあるが、反面、こんな人間が教育者、その位下衆で屑で左巻き洗脳阿呆がいる、阿呆ならまだしも、朝鮮人が日本人に化け、教師として実際に学校で教鞭をとったり、文部省の指導要綱にもない朝鮮の歴史と文化なんかを教えている基地外も多い、また、修学旅行に韓国を強要したり、嫌がると親に脅しをかけたり、そんな学校も沢山ある、私立校ならともかく、れっきとした公立中学校や高校にもこういう韓国大好き校長や教頭が跋扈しているのには驚く。

教師、戦後日教組の左翼思想に染まった赤い教師も多いが、これの思想刷り込みで教育をやられてはかなわない、宴会場、旅館やそれらの施設で一番嫌われている職業で、この先生という人種、必ずワースト3に入る。

すなわち、酔って酩酊しては騒ぐ、女の体を触る、乱暴狼藉を働く、

このような屑で卑怯極まりないロクデナシ教師、過去の記事、特にいじめで自殺者を出した担任教師、逃げたり、責任をとらなかったり、下らん言い訳など散々記事にしたが、いまでもこのような教師、後を絶たない。

又、教育委員とやら、こいつらもこのような屑の教師あがり、もしくは人権活動家と言われる同和関係者など、真の意味での教育関係者はいなかったし、殆どが左巻き左翼主義者の活動家だった。

さて次は人の道、神の道、仏の道を説いて、それをおまんまの種にしている職業の者。
宗教関係者、坊主、神父、牧師、新興宗教教組、日本では生臭坊主という言葉がある、実際、日本の仏教界、坊主と言われる人々、現実には葬式で飯を喰っているか、お寺の広い敷地をパーキングにしたり、幼稚園にしたり、貸しビルやアパートにしたりして宗教とは関係ない事で喰っている。
葬式ではバカ高い戒名代をふんだくり、そのくせ、念仏もろくに唱えられない坊主もいる、その昔、こういう生臭坊主を夜の社交場でよく見かけた、坊主の癖に助平が多かった。

一方、キリスト教関係者も負けてはいない(笑い)
アメリカでアカデミー賞にもノミネートされたスポットライトという映画、これはカソリック神父による少年性暴行事件を扱った映画であった、キリスト教、カソリック、この場合、神父になれば結婚は出来ない、シスターと呼ばれる女性も同様、従ってカソリック神父にはよく同性愛者や少年愛者がいるといわれてきた、それが実際の調査で明らかになった、それがこの映画だった。

カソリックに対抗してプロテスタントと言われる宗派もまけてはいない、ついでに書いておくが、宗教とは究極的には宗教ビジネス、金を巻き上げるシステムをどんな宗教でも持っている。それも税金のかからないお金、まあ、ある意味ヤクザの上納金システムとよく似ている。

従って、牧師だろうが、なんだろうが金の事で揉める事も良くある話、教会献金だろうがなんだろうが入って来たかねは全部俺の金、そうおもう不届き牧師もある。こういう牧師に限って表の顔では善人顔で神の道を説く。

この話、実例があるが、これはいずれ実名で写真を添えて記事にする、あるプロテスタント系日本人教会牧師、但し、こちら生まれの2世だが、こいつは金のことで自身の教会信徒をはめて刑務所送りにしたロクデナシである。

この宗教、これは洗脳というか、いったんそうなればその信じる道に反旗を翻すのは本当に難しい、だから、イスラム過激派が無垢な信者にこれは神が命じた聖戦なのだといわれれば爆弾を体に巻いて自爆テロ、何の躊躇もなく行う

この宗教に絡んで、新興宗教を起こす教組という存在がある、日本でいえば創価学会、統一心霊協会が有名だが、その他、何とか法元と名乗って足の裏診断なんてインチキ教組もいた、結局こいつは警察に捕まったが、それから、お手かざしで病気を治すというのもあった。

信じる信じないは人それぞれ自由なのでここでどうこういう積りはない、ただ統一協会で紛い物のインチキ壺を売らされたり、韓国の田舎百姓に身売り同然の集団結婚をさせられたり、対策氏のゴーストライターの書いた著作を割り当て同様大量に買わされたり、超高価仏壇を買わされたり、まあ、これらの事を有難がっている向きもあるので、後で文句をいうのはどうかと思うが。

同じような形、これはフィリピンの新興宗教、イグレシアス、とかいうキリスト教会系組織なんだが、これもフィリピン人男性が天使のお告げで神の生まれ変わりと告げられた、で、始めた組織、統一協会の教祖、この話も文鮮明と似たような話、笑っちゃう話なんだが信じるお人好しは何処にでもいる。

朝鮮人がよく言う、イエス、キリストは朝鮮人だった、と、被る話ではある(笑い)

北米でよく見かけるのはテレビ伝道師なるもの、まあ、悪くいえば、偽牧師のマジックショーのようなもの、体育館みたいな大きな会場に桜を大量動員しておいて、無作為に選んだ演出をし体の悪い所を当て、祈祷や手かざしかなんかで聖書を引用、悪魔よ立ち去れとか何とか、患者は失神し起き上がってみたらなんとちんばだった足が治っていたとか、そこで会場一同、ハレルヤ、ハレルヤ、すかさず寄付金集め、こんなインチキテレビ伝道師、まあ、詐欺師なのだが、大きな教会を率いて政治力をもった牧師もあった。

面白い事に中国人は宗教に対しては余り関心は無いように見受けられる、中国人は神は好きだが、それは印刷されている神、すなわち、紙であって紙幣という訳、つまり、彼らにとって信じるものはお金、名付けてこれを拝金教という。

この特集、記事は長くなりそうなので、何回かに分けて書いてみたい。

偽善者、欺瞞、ロクデナシの職業、以下、挙げて置くが、

弁護士、評論家(テレビ電波芸人),医者、警察官、政治家、役人(地方の木端役人),屑芸人、共産党、社民党、民進党の信者、
不動産屋、株屋、保険や、パチンコ屋、御用学者、鳥頭俊太郎のような自称ジャーナリスト、などなど。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2016.07.28.10:55

こんにちは。

親父さん、今日発売の文春の見出し、新潮より、鳥越の部分は小さくて。

どちらも取り上げているのですが、全部をご紹介は無理ですけど、新潮の方が張り切っている感じです。

新潮いわく

「週刊文春」淫行疑惑が封印を解いた、として、

「13年前の(さる事情により記事化を見送らざるを得なかった)」

「女子大生本人の証言を録取している」

それを、。

鳥頭氏の潔白を信じられるかどうかの判断材料のために、ケイサイ。とか。

新潮は張り切っていますが、ブンスンの方も、負けてはいないと思うわ。(笑)。

買って読んで、笑おうかどうしようか、暑いので、迷っております。(笑)



まともな人居ませんね

2016.07.26.20:26

おじ様、

世の中ろくでなし だらけというわけね!

(笑)
おさらば日本!
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR