死に場所。

2016.06.20.00:20

最近、なんだかちょっと元気が出ない、気分が沈みこんでしまいがち、もしかして暫く出なかった鬱が出始めたのかもしれない、そうであれば放っておくしかないのだが、

先の記事で北海道、夕張への旅について書いた、この旅の目的の一つでもあった私の散骨の場所を特定する、その為の旅、その場所が此処。IMG_2063.jpg
IMG_2057.jpg

此処は夕張市、清陵町、流れている川は夕張川、昔は石炭を洗っていた水を流していたので真っ黒な色の川だったが、今は綺麗な清流が淡々と流れている。

最初の写真、川に中島があるが、今から60年前程、この中島は川の真ん中にあった、下の写真、これは左手前に私の育った家があったが、その前に流れていた川がなくなりこのこの中島が岸にくっついてしまっていた。

川に橋が架かっているが、その昔は向こう岸にいくには大回りをしなければいけない場所であった。


私のこれからつくる遺言には、この写真を添付しここに私の遺灰を撒いてもらうように書き残す積りである。


さて、私の眠る場所は決まったが、死に場所は何処かとなると多分だがこのカナダの地になると思う、どこでどのような形で最後を迎えるかは分からないが、このカナダで亡くなる、それはそれで文句はない。

ただ英語でいうリビング、ウイル、別文遺言は改めて書き残しておかなければならない、これは生前の私の意志としてしっかり守ってもらうために。

一つ、葬式はいらない、

一つ、墓はいらない、

一つ、火葬にして灰は指定した場所にて散骨にすること、

上記は死んだ場合だが、そこに至る前の話として

一つ、植物状態であれば延命医療はしないこと、

一つ、末期であれば余命を知らしめること、

一つ、出来る限り、自宅で死を迎えらえるようにすること、

これも書き添えておきたいと思っている。


こんな事を書いていて、逆に長生きをしたならそれこそアホみたいな話になるが、そうならないように願うばかりである(笑い)


だいぶ以前になるが、私は記事で旅の途中での死もいいかな、そんな記事を書いた記憶がある、それは老後、死に場所を求めてフィリピンのどこかの島の綺麗な海岸で、、、、

あるいは、もうよれよれでにっちもさっちもいかなくなり、島の可愛い娘さんたちの御世話になり、見届けされながらの旅立ち、なんて話、こんなロマンチックな話を妻にしたら、貴方は何て阿呆なの????

それはお金がある間はそれなりに面倒を見てくれるかもしれないが、貴方の頭がいかれたり、金がなくなりそうになれば、そのうち何処かに捨てられるわよ、それが現実なの! だって!!

そうかもしれないが、全く寂しい話をしてくれる(笑い)

そんな事もあってこの話は取りやめにした、確かに男と女の間も金の切れ目は縁の切れ目、それが縁のゆかりもない他人であればなおさら、どこの誰だか分からない爺いを面倒を看るなんて、そりゃそうだと分かってはいるのだが、、、



IMG_2065.jpg
写真はこの地にたった一軒だけあった、その名もホテル夕張、ビルの壁は剥がれ、木の看板も剥がれ辛うじて名前が読み取れた程度であったが、それでも中にあった食堂にはかってこのホテルに泊まったであろう昔の演歌歌手のサイン入りの写真が沢山飾ってあった。当時はそれなりに流行っていたこともあったのであろう。

赤い車は私が札幌で借りたレンタカー。

私以外には客もいるはずもなく、暑い日だったがエアコンは元々付いていないというし、夕食は調理人がいないのでなし、朝食は払えばつけてくれるとのこと、結局、夕食は近くのコンビニでおにぎりとビールで済ました。

次の朝、食堂らしき所に待つも誰もいず途方にくれていたら、ご主人が車で大きなバックを担いで降りてきた、何だろうと思っていたら、それが朝食セットだった。

話を聞けば近所に自宅があり一緒に暮らしている母親が私の為に朝食を作ってくれたそうだ、しゃけの切り身の焼いたもの、なすの味噌汁、あじつけ海苔、納豆、おしんこ、卵焼き、そしてご飯、これで一泊朝食付き7千5百円、この過疎地でこの値段、安いのか高いのか、判断に迷うが、こんな経営が成り立つ、これが財政が破錠し潰れてしまった夕張市という現実なのかもしれない。

IMG_2064.jpg

泊まったホテルの3階の部屋から見た私の育った清陵町の全景、昔はずっと炭住がひしめきあいながら建っていたかっての炭住街も今や無人となった夕張市経営の市営アパート群が残っていた。

子供の頃、とっても大きな炭住街だと思っていた街も、借りたレンタカーで一回りしたらたった30分で終わってしまった、なんだこんな小さな街だったのか、そう思うと少し切なくなった、それはこの街が当時の子供だった私の全てだったからだ。

IMG_2058.jpg

かっては何百人の生徒で溢れていた母校の小学校も今や取り壊されぽつんと石碑が残るのみ、そして夏には全校児童で行なわれていた大運動会のグラウンドだった場所もただの野原に返ってしまっていた。
IMG_2059.jpg



今度帰ってくる時は、この土地の土になるため、そしてここで永遠に眠る為。




スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 夕張

2016.07.13.21:17

秘密のMAさん、こちらこそ、はじめまして、

そうですか、カルガリーにお住みですか、そういえば近所の仲の良いインド人一家、現在そちら方面旅行中です。

さてご質問の件、日本の場合、散骨するにはその場所については正式に許可がいるらしいです、ただ、例えば夕張川に遺灰を撒く、
人も住んでいないような辺鄙な場所の場合、そんな必要もないと思います。

是非、父上の思いをかなえて下さい、私達の世代は人一倍故郷に対する思いが強いのです。

管理人のみ閲覧できます

2016.07.13.13:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2016.06.29.11:50

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 空は繋がっているね\(^o^)/\(^o^)/

2016.06.27.23:23

> 今晩は。(そちらは、こんにちはですねw)
>
> 大森では楽しいひと時を過ごせる事ができました。
> 親父様に感謝しかありません。有り難うございました。
>
> 親父様は無事に自宅に戻られて、ホッとなさり、心身共にドッと疲れていると思います(≧∇≦)
> ゆっくり、ゆっくり自宅で休んでくださいネ(*^^*)
>
> 私も親父様に触発されて(笑)
> 来年は息子が仕事しているニューヨーク、ダラスに一人で旅に行こうと思いました。
>
> 今、夜中の2時前ですが、都内から見えるお月様は、まんまるでとてもキレイですよ(笑)
> 親父様と同い年同じ誕生日(謄本確認した)で、昨年亡くなった兄の分まで親父様には長生きして頂きたいと心から願っています。
>
> 親父様が若くていい男だったのはホント驚きました(笑)
> また来年お会い出来る事を楽しみにしています(*^^*)

ツグミさん、コメント有難うございました。

あの夜、相当飲まれていたのでお帰り大丈夫だったのか心配していました(笑い)

亡くなられた兄上、私と誕生日でしたか、文面から察すれば良い兄上だったのですね、さて息子さんがニューヨークにいらっしゃるとのこと、トロントからニューヨークまでは飛行機で2時間もかかりません、是非、その際は我が家もお立ち寄りください。

夏がいいと思います。


私が若くていい男、お褒め頂き有難うございます、そういってもらえるのは今のところ、ツグミさんのみのようです(笑い)


Re: No title

2016.06.27.23:15

秘密のAスさんへ

今回の旅で色んな方とお目にかかったが、その中でも貴女との出会いは大きなインパクトがあった。

え!、この方があのハチャメチャブログを書かれている方、若者風に言えば嘘,,,,,,,,,

背が高くてスタイルがよくて、現代風美人、長屋も爺様も言っておられたが会でお酒を召し上がっての変身、色気もあった、私もそう思いましたね。

そんな訳でお約束したカナダでの白人彼氏探し、問題はありませんよ(笑い),,,でも多少の英会話は必要です!

私のこちらでの友人ご夫妻、女性は名古屋出身の女性、男性は素敵な英国系、旦那さんの話では積極的泣き落としで結婚されたそうでトロントで幸せな結婚生活をされています。

来年、待っていますよ!!

Re: 宝物

2016.06.27.23:02

> 親父さま、おはようございます。いつも素敵な記事ををありがとうございます。本当に久々にコメントさせていただきます。
> 夫が単身赴任中で、一人の子育てはなかなか大変。慌ただしく毎日が過ぎていくばかりです。
> 今日、親父さまの記事を読んで、自分の子供達のことを思いました。彼らが大きくなって懐かしく思い出す「ふるさと」、しみじみ懐かしい母の味…。
> 平凡な日常が、いつか心の中の大切な宝物になる…。そんな気持ちをもって、日々奮闘していこうと思いました。
> 涙がでました…。親父まさには遺言でも、私にとっては生きる糧となる記事でした。

雪まつりさん、コメント有難う御座いました。

そうですね、都会育ちでない限り誰にでも故郷はあると思います、そして母の思い出、私の母も今年で91歳になりました、老いました、でも母にとっては68歳になる息子でも子供は子供、世話をやくのが楽しいようです。

子育て頑張って下さいね!

Re: 懐かしいです

2016.06.27.22:55

> 初めまして、こんにちは
>
> まだ小学校に上がる前でしたので、記憶はおぼろげですが、夕張にいたことがあります、覚えているのはぼた山と、山道を埃を巻き上げて走る石炭を積んだダンプ、それとカラス蛇、その後歌志内で小学校2年まで暮らしました、多分我が親の激動の時代だったと思います、その頃の記憶はかけらほどしか残っていませんが、何処へ行ってもにぎやかだった様な気がします。

獏さん、こちらこそ始めまして。

北海道、それこそ何十年振りでした、とにかくあちこち中国人だらけで驚きました、地元の人の話では寂れたリゾート施設や水関係施設、不動産を買いまくっているらしい、夕張に行ったとき、あまりにも酷い寂れよう、観光施設にもほとんど客もいず、施設関係者の人もこう言ってました、今や夕張、流石の中国人も来ない街になってしまった。

獏さん自身のブログを拝見すると今や悠悠自適の暮らし、いいですね、私もゴルフは好きでシーズンにはよくやります。最近行っているのはトロント市直営のゴルフ場、町の中にあり距離が短いですが平坦で年寄向き、シニア割引で30ドルでプレイできます

今度の水曜日もやる予定ですが、さてどうなるか?

懐かしいです

2016.06.24.07:41

初めまして、こんにちは

まだ小学校に上がる前でしたので、記憶はおぼろげですが、夕張にいたことがあります、覚えているのはぼた山と、山道を埃を巻き上げて走る石炭を積んだダンプ、それとカラス蛇、その後歌志内で小学校2年まで暮らしました、多分我が親の激動の時代だったと思います、その頃の記憶はかけらほどしか残っていませんが、何処へ行ってもにぎやかだった様な気がします。

管理人のみ閲覧できます

2016.06.23.09:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます

宝物

2016.06.23.08:00

親父さま、おはようございます。いつも素敵な記事ををありがとうございます。本当に久々にコメントさせていただきます。
夫が単身赴任中で、一人の子育てはなかなか大変。慌ただしく毎日が過ぎていくばかりです。
今日、親父さまの記事を読んで、自分の子供達のことを思いました。彼らが大きくなって懐かしく思い出す「ふるさと」、しみじみ懐かしい母の味…。
平凡な日常が、いつか心の中の大切な宝物になる…。そんな気持ちをもって、日々奮闘していこうと思いました。
涙がでました…。親父まさには遺言でも、私にとっては生きる糧となる記事でした。

管理人のみ閲覧できます

2016.06.22.22:49

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2016.06.22.19:06

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2016.06.22.00:27

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2016.06.21.11:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2016.06.21.10:31

 おやじ様

おはようございます。
長旅のお疲れが出はしないかと心配しておりました。
私がおやじ様から元気なパワーを頂いたように
今回の旅で、おやじ様にお会いになられた方々も
それぞれパワーを頂いたと感じています。

おやじ様の元気なお姿をまた拝見できますように
祈りと共にパワーを送ります。

空は繋がっているね\(^o^)/\(^o^)/

2016.06.21.02:00

今晩は。(そちらは、こんにちはですねw)

大森では楽しいひと時を過ごせる事ができました。
親父様に感謝しかありません。有り難うございました。

親父様は無事に自宅に戻られて、ホッとなさり、心身共にドッと疲れていると思います(≧∇≦)
ゆっくり、ゆっくり自宅で休んでくださいネ(*^^*)

私も親父様に触発されて(笑)
来年は息子が仕事しているニューヨーク、ダラスに一人で旅に行こうと思いました。

今、夜中の2時前ですが、都内から見えるお月様は、まんまるでとてもキレイですよ(笑)
親父様と同い年同じ誕生日(謄本確認した)で、昨年亡くなった兄の分まで親父様には長生きして頂きたいと心から願っています。

親父様が若くていい男だったのはホント驚きました(笑)
また来年お会い出来る事を楽しみにしています(*^^*)


管理人のみ閲覧できます

2016.06.20.16:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あはは、『姫』は女に非ず

2016.06.20.09:51

お早うございます
あはは
泣き言を言っている間は大丈夫であります
三菱もスズキも泣いた『振り』をしておりますが
兵器が造りたいのでウズウズしております

殿もとい親父殿には
不能を謳いながら
そのじつ
溢れる血潮を無理やり抑えようとしているように見えました
私の眼は節穴ではありません
ガラス玉でありましゅ・・・・。あはは
殿は同じような境遇に置かれた弱者に
喝を入れるための狂言を披露するために来日しましたでしゅ
間違いありません。
あはは

No title

2016.06.20.09:06

おはようございます。


祭の後には、タチのよろしくない「寂しい菌」が、まつわりつくのでございます。

寂しいよ~、虚しいよ~、と、からだのあちこちにへばりついて、ミシミシ泣いたりするのが、この菌のどーしよーもないトコロらしいです。

叶うならば行って、ヨシヨシとおつむ撫でてさしあげたり、シャキッとしなはれ、と、お節介焼いたり、とか、してあげたいところですが(あっち行け~、とかシッシされたり・(笑)かな)、なかなか難しい。

で。

あの丸いの、もっと要るのか、あればお使いになるのか、要る、要らん、だけでけっこうです、わがへたれブログまでおいでて、ヒミツのコメントでお知らせくださいませ。

ヒミツでなくてもけっこう、要、不要、知らせてね、わがまま親父さん。



管理人のみ閲覧できます

2016.06.20.07:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2016.06.20.05:42

延命治療・・いりませんよね。
人は死ぬまで自分の目標に沿って生きる。
明日は誰も多分わからないから今日を悔いの無いように生きる。
自分はそう思っています。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR