私も呆けた。

2016.06.11.06:49

今回の旅で最大の失敗、

失敗というかこれはボケだと思う。

札幌からレンタカーを借りて夕張へ、これは育った故郷(夕張市清陵町)に流れている夕張川の写真を撮る為、理由は以前にも書いたが散骨する場所を写真に収め、場所を確定して遺言に添える為、しかし、時の流れはなんともはや、私の記憶していた川の流れはすっかり変わってしまい家の有った場所はわからなくなってしまっていた。しかたなくこの辺だろうと見当をつけて写真を撮ってきたが、

問題は次の日の帰りに起こった。

夕張ホテルなる半分朽ちかけたホテルに泊まった朝、(客は私1人),帰りの道が分からないのでホテルの主人にカーナビをセットしてもらい札幌までの帰り、約2時間、途中で便意を催し綺麗なトイレがあったので掛けていたバックをトイレの棚に、、、、、、、、

札幌に着き、さてガソリンを補給してレンタカーを返さなければと財布を探すもない、あれ、どこにあるのだろう、その時、はっと思い出した。

道の途中の便所に置き忘れた、そう思った瞬間に頭が真っ白になった、なぜなら、そのバックには私の大事な全てが入っていたからだ、とにかく忘れた場所に探しに行かなければと思ったが、カーナビで来たために道が分からない、場所も分からない、とにかくパニックになって交差点でワーと叫んでいた。

その交差点で客待ちをしていたタクシーのオバちゃん運転手さんが、どうしたの!!、私、どうしたもこうしたも、パニックになっていてうまく説明できない、ちなみにそのバックに入っていたもの、財布に現金約7万、海外通貨を入れると10万位、各種クレジットカード、免許証、カナダの各種保険、日本国内航空券予約、海外航空券予約、そして一番大事なパスポート、そして携帯電話、住所録、電話番号手帳、メガネ、

その親切なおばちゃん運転手、すぐ近くにいた仲間に連絡、場所はこの辺では、と探してくれた、確かにこの辺に綺麗なトイレがあったと思う、そこなら何とかという町、すぐに所轄の警察に電話してくれた、その間約40分位、私はもしなかったたらどうしよう、ネガテイブな思いだらけ、やっと警察に繋がり、確認、結果、届いてますよ!!

その親切なオバちゃん運転手のタクシーをチャーターして、届いた所轄の警察署へ、で、バックにご対面、いや、本当にほっとした。警察の遺失物係りで面倒な書類を書かされたが、とにかく無事戻った、係りの警察官にも言ったが、いや-日本で本当に良かった、私は海外の色んな国へ行ったが、もしその国でこんなような事があったら絶対に出てこない、それは間違いない。

札幌グランドホテルで待ち合わせをしていて約束の時間になってもこないので心配したみ~ちゃんと娘さんからその警察署にいた時に電話があり、事情を話したら吃驚、返って余計な心配をかけてしまった。

帰りのタクシーではオバちゃん運転手とも話が弾み(現金なもんだが),冷たい物も買ってあげ、ミーちゃんの待つホテルへ、

結局、タクシー代、3万、チップとしてタクシー運転手仲間と美味しい物でも食べてと5千円、計3万5千円、しかし、事の重大さを考えるとたいした出費ではない。

警察で届けてくれた人に後でお礼の電話をしたが、その方、私がトイレから出てくるのを知っていたそうだ、私が出た後でトイレに置き忘れたバックを発見、私が置き忘れたがすぐ戻ってくると思い暫くその場で待っていたそうだ、私といえばその間、全く氣がつかず札幌到着、もう能天気というかアルツハイマー病の初期、なんともはや情けない、これでは母の物忘れの酷さを笑えない。


今だからこうやって失敗談として記事にできるが、もし、あの時、親切な方が拾って届けてくれなければ、或いは親切なオバちゃんや運転手に出会わなければ、今頃はまだ日本にいてカナダ大使館のパスポート発効待ちでいただろうし、航空券もダメ、クレジットカードやカナダの大事なカードも再発行しなければならなかっただろうし、その意味では考えると本当に冷や汗が出る。

拾って頂いた方(帯広の方だった)にはキチンと謝礼はしました、念の為(笑い)

6月5日に開催予定だった私の誕生日会もなかった筈(この話オフ会でしたかな、酔っぱらって記憶にない、関係者の皆様、どうでしたか?)


最近、特に人の名前をよく忘れる、人間、歳をとると誰でもたどる道らしいが、しかし、この話は妻にはまだ言っていない、私の日本の家族にも妻には言うなと言ってある、もし、この話を知ったならばそれこそ鬼の首でもとったように、だからいつも私が言っているでしょ、なんて話になるのは分かり切っているからだ。

悔しいがその通りなので、なおさら知られたくない。


これからは大事な事は指さし呼称をして確認、確認、と思うが、それさえも忘れたらどうしよう、まあ、人間、喰うのさえ忘れなければいいなんて言っていたが、どうやらそうもいかなくなったようだ。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 本当に良かったです。

2016.06.28.00:02

> 親父様
>
> お帰りなさいませ。 首をなが~くしてお待ちしておりました。
> お疲れ様です。 楽しい出会いもありアドベンチャーありの1ヶ月余りの旅だったのでしょう。 公衆トイレでお忘れのかばんがお手元に無事戻り、本当に良かったです。
> 私も胸ドキドキしてこの記事を読んで、ああ正直でよい人が交番に届けてくださって本当にラッキー、親父様 ついています。 ラッキーです。
> ゆっくりとお休みになられ、またまた爆笑するブログのUPを期待しています。
> 本当に良かった。 私もなんだかホッとしました。


弘美さん、お返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

そうですね、私に関しては新しいタイトルがつきそうです、我がまま親父ではなく耄碌親父、ボケ親父、いずれにして最近物忘れがひどくなってきました。

但し、飲むのは忘れません(笑い)

Re: No title

2016.06.27.23:58

> 初めまして。いつも拝読しています。
> 今回の記事は人ごととは思えずコメント
> させていただきます。
> 私も数年前、スーパーのカートに
> バッグをかけ、買い物した袋は持って帰ったのに、バッグを置き忘れました。
> 財布はもちろん、免許証、保険証、クレジットカード、大事なものがすべて入っていたのに、忘れたことに気づくのに数時間を要した有様。頭が真っ白、顔は真っ青、
> 目の前真っ暗、人生終わったな、と
> 思ったくらいでした。
> 幸い店の案内所に届けられていて事なきを得ました。その当時私は50代になったばかり。耄碌してしまった、と随分ショックを受けました。
> それにしても、バッグが戻ってきて
> 本当に良かったですね。
> あの、なくしたことに気づいたときの
> 衝撃ときたら・・・。
> 生きた心地がしませんでした。
> お気持ち、とてもよくわかります。

ジゼルさん、せっかくコメントを頂きながらご返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

私の忘れ物事件、これが日本でそして北海道で本当に良かった、そう思っています、私も海外経験は沢山ありますが、日本以外の国ならば絶対にでてきません。

大昔、フィリピンの田舎で大をも催し腰につけていた長財布を棚に置き忘れ、すぐ氣が付き入っていた人間を待ちました、出てきた男に私の財布を見なかったか、ところがそいつは知らん、あきらかに私の財布を盗んだのになんともできませんでした。

これが海外では当たり前、

大事なものは身から離しては駄目、今回はつくづくそう思いましたね!

Re: No title

2016.06.27.23:49

> お久しぶりです。
> たまたま良い人に拾われて良かったですね。
> 人に言えないですが、お互い飲み過ぎには気をつけましょう。
> ミンダナオのジャングルで酔っ払っています。


ねずみ男さん、お久振りでした、お元気でしたか?

多分、来年はダバオに行く予定です、差支えなければミンダナオのどの辺にお住まいなのか教えて下さい。

Re: ダ~~メ!

2016.06.27.23:47

> >この話は妻にはまだ言っていない、私の日本の家族にも妻には言うなと言ってある、もし、この話を知ったならばそれこそ鬼の首でもとったように、だからいつも私が言っているでしょ、
>
>
>
>                     ダ~~メ!ww


TZさん、だ~メ何て言っている方、一体誰でしょうか、ひょっとして私の関係者?

お疲れ様でした!

2016.06.17.15:32

いやー真実に勝る小説はありませんね。
読んでるこちらまでドキドキしました。。
本当に良かったですね。

管理人のみ閲覧できます

2016.06.13.12:06

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ダ~~メ!

2016.06.13.09:27

>この話は妻にはまだ言っていない、私の日本の家族にも妻には言うなと言ってある、もし、この話を知ったならばそれこそ鬼の首でもとったように、だからいつも私が言っているでしょ、



                    ダ~~メ!ww




今だから笑える話

2016.06.13.08:10

 親父様~~ 体調は如何なのでしょうか? チョット心配致しております。

 あの日は本当に吃驚!でしたね。
 元々スッカラカン頭……私の頭は「牡丹燈籠」状態でいつもカラ~ンコロ~ン(お露様の下駄の音)なのですが、あの瞬間はカラ~ンだけの状態でコロ~ンまで回らなく汗だけがタラタラでした。
 警察に届けられていたことを聞き、全身の力が抜け安堵でヘロヘロ…暫く座り込んでしまいました。 北海道にも心根の優しい方もいます!
生まれ故郷に嫌な思い出を作らないで良かったとホッと致しました。
           ホテルへ戻っていらした時の親父様…流石! 何事も無かったかのように颯爽としておりましたが……空港出発までの少ない時間でしたが、ラウンジでのテータイム、珈琲はあっという間に飲み干し、お冷やは2杯でしたね、肝を冷やした疲れが出たのでしょう……
にも関わらず私と娘への気遣いに、親父様の優しさを見る事ができました。

 親父様に出会えパンプキン様との繋がりを頂き心から感謝申し上げます。

 来年はお互いに古稀を迎えます。
健康に留意し、お酒はなるべく控えめにねっ!!

No title

2016.06.12.22:28

こんばんは〜

諸国漫遊記〜無事ご帰還何よりでした。
方々から皆さんが集まってくださり
親父さんを中心にまた新しい輪ができて、
本当に親父さんの人徳だなぁと思います。
東京都知事にでもなりはりまっか(爆笑〜!)

お話聞いてると、皆さんいい方ですね
嬉しくなります。
パパリンもそんな親父さんに皆が集まってきて
何でもよく知っていて、紳士的だし
人望があるのが素敵な事だと
また、いつでもどこでも案内するよ〜
あんなもので良かったのか?と言ってます。

来るまでの別れ際、
パパリンあんまり愛想ないなぁと横で思ってたんですが
後で聞くと、オシッコ漏れそうで
喋ったらでてしまいそう(泣)だったからですって
ほんと、私らバカップルですわぁ(爆笑)〜

キムチカナダで送ったら途中発酵して
爆発しますかねぇ(笑)

こちらこそ、楽しい時間を有り難うございました!



2016.06.12.19:48

お帰りなさい。
やっとブログ再開ですね!
鞄も無事で良かった。

落ち着いたら、前ちょっと書いていたフィリピンでの水島さんの事が知りたいです。

管理人のみ閲覧できます

2016.06.12.13:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2016.06.12.07:41

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2016.06.12.07:32

おはようございます。

先日はご馳走になりました。

カバン・・よかったです、ほんとに。

何年か前にフィリピンで、お仲間(お知り合い?)と集まってワイワイされている時、お腹の前に黒いショルダー型のバッグを抱えておられました(無駄に記憶力、いいとも云われる(笑)KUON)。

あれはいかがですか。

アルマーニにも合う、ショルダー型の。

たとえばといれに座ってる時は、お膝の上にいてくれます。

持つの忘れて立っても、あ、そうだここにある、と、思い出させてくれます。

はい、大きなお世話やんか、なあ(笑)。

自分がそうしてます。で、携帯も長いベルトつけて、バッグのはしっこに結び付けてます。

忘れ物、けっこうするタイプです。

親父さんのは、ボケ、でなく、ちょっとうっかり、やっちまったワタシ、の範囲ですよ。

私はそう、思うことにしています。ま、私のことなどいいのですが。

親切な方が多くて、よかったですね。人徳のせいもあり、と、これは本気で思っています。

No title

2016.06.12.05:50

Archでそのことの顛末お聞きいたしました。
本当に日本という国はいいですね!
 ところで自分の知人“レイテの高級リゾート経営永山さん(仮名)” はタクロバンのレストランに財布を置き忘れ、1時間ほど経って気づいて戻ったら“店の店員が保管して置いてくれた”・・まさに奇跡的。
世の中いいことも結構ありますね。

No title

2016.06.12.00:11

お久しぶりです。
たまたま良い人に拾われて良かったですね。
人に言えないですが、お互い飲み過ぎには気をつけましょう。
ミンダナオのジャングルで酔っ払っています。

管理人のみ閲覧できます

2016.06.11.18:42

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2016.06.11.17:55

初めまして。いつも拝読しています。
今回の記事は人ごととは思えずコメント
させていただきます。
私も数年前、スーパーのカートに
バッグをかけ、買い物した袋は持って帰ったのに、バッグを置き忘れました。
財布はもちろん、免許証、保険証、クレジットカード、大事なものがすべて入っていたのに、忘れたことに気づくのに数時間を要した有様。頭が真っ白、顔は真っ青、
目の前真っ暗、人生終わったな、と
思ったくらいでした。
幸い店の案内所に届けられていて事なきを得ました。その当時私は50代になったばかり。耄碌してしまった、と随分ショックを受けました。
それにしても、バッグが戻ってきて
本当に良かったですね。
あの、なくしたことに気づいたときの
衝撃ときたら・・・。
生きた心地がしませんでした。
お気持ち、とてもよくわかります。

かみの煮干し飯(神の思し召し)

2016.06.11.13:25

お早うございます
俺は殿、もとい親父殿が
出国前に書いた予定を心配しました
『レンタカー』とあったからです
昨今の交通事情は地に墜ちましたから・・・・

『忘れ物』はそのまま走れば・・・を引きとめた
天(先人様)のお力かも知れません
(私は『しくじり』をそう思うようにしております)・・・

ちいとも頑固ではないがんこじじい殿の分厚く温かな『手』も
皆様の『めじから』もわたくしは親父殿から
頂いたものだと想っております



天が見放すわけがない・・・・。

本当に良かったです。

2016.06.11.09:22

親父様

お帰りなさいませ。 首をなが~くしてお待ちしておりました。
お疲れ様です。 楽しい出会いもありアドベンチャーありの1ヶ月余りの旅だったのでしょう。 公衆トイレでお忘れのかばんがお手元に無事戻り、本当に良かったです。
私も胸ドキドキしてこの記事を読んで、ああ正直でよい人が交番に届けてくださって本当にラッキー、親父様 ついています。 ラッキーです。
ゆっくりとお休みになられ、またまた爆笑するブログのUPを期待しています。
本当に良かった。 私もなんだかホッとしました。

管理人のみ閲覧できます

2016.06.11.07:44

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR