とにかく、人を殺した人間は死刑がいい。

2016.02.19.23:30

私が67年間生きてきて、このやろう,死んでしまえと思った人間は何人もあった、真剣にどうやって死んでもらおうかと考えた事もあった。では何故そうしなかったか、それは簡単である、それは割りにあわないからで失うものが多すぎる。

そう思う人間が世の中にどのくらいいるのかはどうでもいいが、私の場合はそうだった。

だが、まったくそう思わない人間もある。殺人を犯す人間には大別すると2種類いるそうだ、それは生まれつき本能的な殺人者、いわゆる基地外、そしてもう一つは結果的に殺人を犯してしまったタイプ。

有名な小説家に佐々孝三氏が有った、氏はもうなくなったが、彼は復讐するは我にありという小説で芥川賞を取った作家であるが、一方で殺人事件裁判傍聴人作家でもあると自称していた方である、何故、彼がそうした手法をとって小説の材料としたのかいうと、それは氏曰く、市井の人間として暮らしていた者がどのような経緯で殺人者となってしまったのか、その人間の持っていた闇というか暗部に興味があったからだそうだ。

これは私が冒頭で書いたように世の中には殺意やそうしたいと思う動機を持つ人間は多い、だがそれを実行に移す人間は少ない、当たり前の事である、確かに練りに練った計画殺人もある、だが件数でいえばそれ以外の殺人事件からいえば圧倒的に少ない、だが、殺人事件は後を絶たない。

理由は沢山あるのだろう、ありすぎてここでは書けないくらいの数がある、だから書かない。

私は日本の司法制度、特に裁判官や殺人事件を担当する所謂人権派弁護士、問題がある人間が多いと感じている、確かに日本は法治国家、法による裁きは分かる、だが一つは裁判官、余りにも法律馬鹿過ぎる、もっといえば犯した罪に対しての判決量刑が軽すぎる、裁判官自身の家族や身内が被害者となった場合でも同じような量刑を与えるのだろうか、その意味では裁判官という者には全く敬意も信用もしていない、確かに法律家として法に照らし合わせた運用をしているのかもしれないが、被害者家族の意には全く斟酌しているとは言えない、さらには陪審員裁判で出た判決をひっくり返すような判決を下す事も多い、それほど裁判官は偉いのか、ならば何故陪審員裁判という制度をこしらえたのか、

もう一つ、弁護士、私はこの弁護士という人間も全く信用していない、それは私はこの弁護士という職業には2種類の人間しかいないと考えているからだ、一つは金の為に弁護をする、弁護士の基本的な部分である、もう一つは人権派弁護士という輩、こいつらの考え方は加害者にも人権がある、そういった考え方、一般的に罪を憎んで人を憎まずなんて洒落た言葉があるが、何を言っていやがる、罪は人間が犯すもの、その人間が作り出したもの、その人間を断罪してどこが悪い、確かに事件の内容においては情状酌量というケースもある、それは否定しない、だがその情状酌量に値しない人間も多い、こんな奴を刑務所に送って改心や矯正をしたところで何になる、また再犯を繰り返すだけ、悔い改める、そんな奴はホンの僅か、

BBpInv2.jpg
加古川女性殺人事件で逮捕されたアルバイト店員,礒野和晃21歳、ハンマーで頭を殴り一瞬にて殺害、その上、財布から100万を奪い、それでオートバイを買ったと自供、顔を見ただけでも凶暴な顔つき、こんな屑に裁判なんか必要なし、つまり情状酌量の余地なし、即死刑でいい。この先、生かしておいてもきっと、又やる。
もし、遺族が死刑の方法を選べるなら、こいつの頭を鉄のハンマーでぶち殺す、それもアッてもいい。

はっきり言うがこんな基地外人殺しを作った親にも責任がある、親も一緒になって息子の罪を償え、想像だがこんな餓鬼を作るような親、きっとロクな者ではない。


私は基本的に情状酌量がない殺人犯は死刑、それも刑が確定すれば即処刑すべきと思う人間、犯罪、それも殺人犯に限っていえば厳罰主義が当たり前だと思っている。
良く、殺人事件においては1人殺せば何年かの懲役刑、それが3人以上でやっと死刑なんて話があるが、1人も3人もあるか、裁判官の盆暗ども、何を根拠にそんな判決になるのか、一方、人権派弁護士、殺人事件を起こした者にも人権がある、だから彼らの将来の事も考えて立ち直りの機会を与えるべきだ、ふざけるな馬鹿野郎、自分の家族を殺されても同じ事をいえるのか、この偽善者共、こういう偽善者に限って左巻き左翼主義者が多い、

北米において腕の良い弁護士とは何か、それは裁判で勝てる弁護士、つまり明らかに黒である被告を白にさせる能力がある、この際、弁護士の倫理観など意味はない、
北米で有名になったO,J,シンプソン事件、この事件、誰が見てもシンプソンが妻を殺した、みなそう思っていた、ところがシンプソンが雇った弁護士、警察の訴訟手続きの些細な違法手続きを突いた、結果、訴訟自体が違法となりシンプソンは無罪、全く馬鹿な話なんだがこれも法律の運用、結局刑事事件としては終わりとなった。



こんな馬鹿な話もあるが、無念の思いで死んでいった者には将来もくそもない、そういう結果を作った人殺しには将来の立ち直りも要らない、死んで罪を償う、当たり前の事ではないか。

最近、少年Aという者の手記いうか本が出版された、出版社側、綺麗事を言っているが要は金儲け、そしてこの企画を立てた見城なる者、出版界の下衆と言われる男、この少年Aは,1997年、神戸連続児童殺人事件の犯人、当時14歳の少年だった酒鬼薔薇聖斗と名乗ったガキだった、この餓鬼、少年という事、精神に問題ありという事で医療少年院送りとなり2004年に社会に復帰、現在33歳、どこぞの団地に暮らしている、この団地付近に住んでいる住民、こんな基地外人殺しが近所にいる事を知っているのだろうか、この餓鬼がやった事、いたいけな少年の首をちょん切って学校の門に飾った、小さな女の子の頭をハンマーで殴って殺した、その他、残虐行為が満載、日本の犯罪史上稀なる悪魔の仕業。
a1d239ac-s.jpg
5980eabd.jpg

現在の姿、、これは想像だが、この酒鬼薔薇聖斗の両親が在日系だったとの話は当時はなかったが、こいつの顔を見ると明らかに半島系特徴がある、そして更にやった事の残虐さ、これも朝鮮民族の特徴、そう思うが確信はない。
ba53d3e0.png
少し前、左側は本人、右の写真はそう思われていた男だったが実は違う。
東真一郎、足立区、花畑団地、住んでいるらしいが、顔が知られたので川崎当たりに逃げたという噂もある。


はっきりいえばこんな人間生まれてきてはいけなかった鬼畜、少年だろうが精神を病んでいようが即処分をすべき人間であったはず、それを社会に復帰したからといって下らない手記を出版させる、何だこりゃの話である。この餓鬼がやった犯罪、猟奇的というか人間のすることではない、似たような話、先の川崎での児童リンチ殺人事件、主犯で捕まった在日少年の判決、懲役何年だと馬鹿野郎の裁判官、楽しみながら殺した人間に人権派弁護士が知恵をつけ、さも反省したように見せかけ、そして少年法という阿呆な法律に守られ、死刑にもならず、いずれ何年かすれば社会に出てくる、おまけはこの殺人少年の家族、親父は極道ロクデナシ、娘があばずれズべ公、いまでものうのうと暮らしてけつかる、
B-6AyNtVEAAhLXo.jpg
主犯だった19歳少年,父は放火、窃盗の前科持ちの朝鮮人、母はジャパ行のフィリピン人女の成れの果て、つまり日本人の血は入っていない朝と比の合作、で、付けた名前が船橋、マイケル、龍一、何の事はない少年院上がりの屑。

294750_102785129833572_2011645030_n.jpg
最後までしらばくれていた朝鮮人ロクデナシ親父とずべ公娘、引っ越したとか名前を変えたとかの話も聞かない、流石、朝鮮人マインド、話は変わるが在日朝鮮人による殺人事件が圧倒的に多い日本、、実際通名報道で隠されてはいたが所詮は朝鮮人DNAを持つ者在日犯罪者集団、こんな人種と仲良く共生しましょう、何て言う人権主義者や左巻き左翼主義者、平和主義者、能天気お花畑主義者、いっぺんお前らも被害者になってみたらどうだ。
マスコミは決して報道しないが、在日朝鮮人による強盗、レイプ、殺人事件、ネットで検索すれば物凄い数になる。


日本は法治国家、本当か、放置国家の間違いではないのか、犯した犯罪は国家が裁判という場で裁く、それが建前、個人で復讐は禁じられている、しかし、それにしては余りにも犯した罪に対しての量刑が軽すぎる、そう思うのは私だけではない筈、仮に私に子供がいてその子供があまりにも非道な形で殺されたとしたら、私は個人的に必ず復讐する、絶対に赦さない、それが親という者ではないか、とは言え、その親が我が子をいじめて殺す、放置して殺す、こんなろくでもない馬鹿親も多いから世の中の全ての親が同じとは言わないが、いずれにしてもやった落とし前はやった本人にとってもらう、それは当たり前の話。

やれたらやり返す、そこには人道主義も糞もない、人間は許す事も必要だ、そう思う人間はそう信じて殺されていけ、そういって偽善者の愛を説いていけ、愛は地球を救う、馬鹿野郎、そんな事はある訳がないだろう。

何が犯罪の抑止力になるのか、それはやった事への厳罰主義、イスラム教ではないが盗みをした者は片腕を切り落とす、間男、不倫は石をぶつけて死なせる、レイプ犯チンチン切断の上断種、当然殺人は即決死刑、その位でちょうどいい。

余談ではあるが民主党政権下の法務大臣、死刑囚の処刑に誰もサインをしなかったそうだ、こんな腑抜けが法務大臣、まあ、民主党政権潰れて良かったと思うが、法務大臣、死刑が確定すればさっさと署名すべし、税金で無駄飯食わす必要がどこにある、とにかく死刑囚になってから死刑にならない待機組が相当あるらしい、少なくとも死刑が確定すれば最低でも1年以内に刑を執行すべし、オーム心理教の麻原、なぜとっとと処刑しない!!

ついで言えば、人殺し、基地外だろうが精神異常だろうが生かしておいて直るものではない、これも即死刑でよい、人間世界も断捨離したほうがいい、またこういう基地外を擁護するインチキ精神科医、こういう奴も免許はく奪でいい、もっとも自称精神科医と称してマスコミで下らない評論なんかをやっている香山リカなる朝鮮人も、自身が既に精神病患者のお粗末。
589f5bffe6c2724eb9fd5668f5581c93.jpg
ろくでなし、しばき隊と一緒になって火病を起こし中指を突き出して絶叫している女、精神科医、香山リカ,尚、この香山リカは芸名、通名又は本名は中塚尚子、噂では在日朝鮮人、金,梨花ともいわれている。


今はこの制度がアメリカの州にあるかどうか知らないが、アメリカのいくつかの州によって死刑執行が電気椅子で行なわれていた頃、その死刑執行に被害者家族を呼んでその死刑執行を見届けさせるという制度があった。

これは被害者家族に対して、個人的復讐心を満足させる制度であったのではと思うが、もし私が殺された被害者家族であったとするならば是非見たいと思う1人だと思う、、そしてきっとこう言うと思う、仇はとってやったぞと。
私は綺麗事を言う人間が大嫌い、とにかく、人を殺した人間は死刑、当たり前の話である、反省などしなくていいからとっととあの世へ行けと思う。

世界の国で死刑制度のない国もあるが、死刑制度、絶対にある方がいいに決まっている、私はそう思っている。

アメリカで死刑反対論者が強盗に襲われ殺された、今頃、天国でそれでも私の主張は変わらないと言っているのだろうか、お目出度いにも程がある。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: No title

2016.07.26.12:28

> あ!
> 先の投稿は初投稿でありましたのにご挨拶を忘れていました
> ごめんなさい; 初めまして こんにちわ

名無しさん、最初は返事をしないつもりでしたが、とりあえずキチンと挨拶があったので、

貴方の考え方は貴方がそう思っているならそれでいいと思いますが、しかし、説得力がないですね、このような考え方、自称左翼の方がよく口にされますが、実際自分の家族や身内にそのような事が起きてもそう言えますか?

そこが問題なのです、仮にそうなって自身が被害者であってもそう思うなら、それは立派だと申しあげるが、どうですか?

No title

2016.07.26.07:57

あ!
先の投稿は初投稿でありましたのにご挨拶を忘れていました
ごめんなさい; 初めまして こんにちわ

No title

2016.07.26.01:09

僕は死刑には反対です

暴力を暴力で裁く事は正義にはなり得ません。
もはや拘束され無力となった犯人に死を与える事は
緊急性のない許されざる殺人です。
犯人のした事と何の変わりもありません。

ですから
刑は罰などでなく更生と当人からの社会の保護を目的とするべきなのです。
無論被害者遺族の救済制度は強化されるべきだと考えます。

Re: 遺伝子の違い

2016.02.26.07:58

> 動植物では種による性質の違いはあたりまえ、遺伝子の優劣を何百年もかけて選別してきました。犬など小型犬から大型犬まで体格も性格も様々。同じ犬種でも噛み癖のある個体は処分されたりする。
>
> 人間も動物です。縄文時代から何千年も共同体で助け合いながら暮らしてきた日本人、天皇も民の竈を気遣うという世界でもまれな民族。
> 対する半島人、半万年の属国根性で強きに従い弱きを叩く。おまけに近親相姦で劣等な遺伝子が凝縮された民族なのでしょう。
>
> 有事には差が際立ちます。「いざ鎌倉」「神風攻撃隊」の日本、国王や大統領が真っ先に逃げ出す半島国家。在日三世・四世になっても反日に明け暮れる民族など日本には害ばかり。一日も早く半島にお帰り願いたいものです。

KIRIHITOさん、仰る通りですね 実際そうなんですが、今の日本、もう手遅れだと思います、それほどまでに在日朝鮮人が社会のあらゆる階層に入り込んでしまっている、司法,立法、行政、政界、財界、マスコミ、やくざ、芸能、もうどうにもならない。

糞を食料として喰らう民族、勝てません。

Re: 初めまして

2016.02.26.07:47

> 今晩は。
> 時々拝読させて頂いて居ります。
>
> 死刑制度は賛成ですが、また御存知だとは思いますが、
> 日本は司法も御多分に漏れず、侵蝕されておりましょう。
>
> 日本人の覚醒あるのみ、ですね。
>
>
>
> May Peace Prevail On Earth

湘南童子さん、始めまして、コメント有難うございました。

ご指摘の司法制度の浸食、よく知っています、この事では何回か記事にしました。

その昔は司法研修制度で所謂、赤の裁判官が生まれたり、左翼弁護士が多くなったりがありましたが、現在では創価大学出身者の司法職が多いのが特徴ですね、
裁判官、弁護士もいますが、法務省、警察庁 警視庁、警察庁にもキャリアとして入っています。おそらく一般の日本人は知らないでしょう。
キャリアでないものの学会信者も沢山います。地方警察の末端幹部も多いですよ。

Re: 梅は咲いたが櫻はまだですよ・・・

2016.02.26.07:37

ウナさん、毎度。

ネットでは酒鬼薔薇、こいつは朝鮮人として扱われていますが、私もそう思います、ルーシー事件、コンクリート事件、凶悪殺人事件の犯人のほとんどが朝鮮人、

ブログにあったユーチューブ動画の中に朝鮮女の火病がありましたが、ありゃ酷い(笑い),自分の国でアレですか、喚き、騒ぎ、暴力を振るう、それも普段は普通の女、雅子も時々御所で火病になるようです、盆暗がおでこにたんこぶ、つき指と称して骨が折れた、

まあ、盆暗、それでも雅子命、バカは死ななきゃ治らない、阿保クサ。

Re: 同感です!!

2016.02.26.07:25

マルガリータさん、そうですよね 人を殺したら人間は己の命で償う、それが基本、私はこんな事も分からない法律馬鹿の裁判官なんかいらないと思っています、日本でも陪審員裁判が始まっていますが、時々、上級裁判所がこの陪審員判決を否定する判決をだします。

つまらん裁判官はイラン、すべての裁判は陪審員裁判で決めればいい、そう思います。

Re: 今日は!

2016.02.26.07:18

> カナダ殿の、お書きになること、
> 大変気持ちが良いです。今回は特に
> 共感しました。

ミルテイおばさん、お久ぶりです、お元気でしたか!!

イタリアに死刑制度があるかどうかは勉強不足で知りませんが、あの国は血縁、地縁関係が強い国だと思っています、まあ、基本的にはラテンの国なのでこんな酒鬼薔薇みたいな人間は生まれないでしょう?

また、寄って下さいね。

Re: アメリカの刑務所

2016.02.26.07:13

匿名さん、

アメリカ刑務所の実態はよく知っています、あれは更生施設ではなく隔離施設、また州によっても規則が変わります、下級社会では刑務所にいたくらいではたいした問題ではない、いられなくなれば他の土地に移るだけ、元々、村社会だった日本とは根本的な部分で違いますね、

先生の話ですが、確かに教育熱心で真面目に生徒の事を考える先生もいますが、反面、ノンポリ、適当、サラリーマン先生も相当います、いじめ事件が起こる学校、そのような学校では屑同然の先生も多い、一番悪いのは親でしょうね。

Re: No title

2016.02.26.07:04

>  医師も弁護士も検事もその試験に合格する能力はあるのでしょう。
> しかしそれといわゆる“まともな”人間性というか人格は全く別のものといえます。
> ごく一部の極端な才能能力があるだけで“人を裁く”・・完全に変ですね。
>  以前“必殺シリーズ”が大好評でした。
> やはり今の世の中遠山の金さんや中村主水が必要ですね。

がんこ爺さん、コメント有難うございました。

私は法律馬鹿の裁判官が出す判決、それよりも市井の陪審員で決める陪審員制度が人間の素直な思いに合っていると思っています。

それでも上手くいかない場合、比国からヒットマンを呼んでもいい、そう思っています(笑い)

遺伝子の違い

2016.02.21.03:51

動植物では種による性質の違いはあたりまえ、遺伝子の優劣を何百年もかけて選別してきました。犬など小型犬から大型犬まで体格も性格も様々。同じ犬種でも噛み癖のある個体は処分されたりする。

人間も動物です。縄文時代から何千年も共同体で助け合いながら暮らしてきた日本人、天皇も民の竈を気遣うという世界でもまれな民族。
対する半島人、半万年の属国根性で強きに従い弱きを叩く。おまけに近親相姦で劣等な遺伝子が凝縮された民族なのでしょう。

有事には差が際立ちます。「いざ鎌倉」「神風攻撃隊」の日本、国王や大統領が真っ先に逃げ出す半島国家。在日三世・四世になっても反日に明け暮れる民族など日本には害ばかり。一日も早く半島にお帰り願いたいものです。

初めまして

2016.02.21.02:05

今晩は。
時々拝読させて頂いて居ります。

死刑制度は賛成ですが、また御存知だとは思いますが、
日本は司法も御多分に漏れず、侵蝕されておりましょう。

日本人の覚醒あるのみ、ですね。



May Peace Prevail On Earth

梅は咲いたが櫻はまだですよ・・・

2016.02.20.17:53

あはは
親父殿こんばんわで御座います
文春によりますと『都内』にとありますが
たぶん住んでいるのは越谷です
私はかつて「エステート花畑」という
公団のマンションに住んでおりました
まさしく朝鮮部落です
夜の巷では『あいつはここに』・・これ殆ど当たっています
北千住で逮捕されたオウム然りです
歌劇はヒロイン、世間は『狭いん』でしゅ

親父殿のモンタージュで素顔は白日の下に・・・

ただ
逮捕監禁の事由はありません
とほほ。

同感です!!

2016.02.20.17:25

こんばんは 親父様


人を殺したら 死刑
ということ
まったくもって 同感です。

殺された被害者の家族は
ずっと、一生、心の傷を負って
生きてゆくことと推測します

一生 心が 晴れることはないでしょう

しかし

加害者は 刑務所から出たら
自由に生きることができるなんて
あまりに 不平等で 納得がいきません。

まさに
人を殺したら
自分の命をもって
償うべき
とおもいます


いつも 親父様の 真実どまんなかの
お考えに 強く 頷いています

今日は!

2016.02.20.13:03

カナダ殿の、お書きになること、
大変気持ちが良いです。今回は特に
共感しました。

アメリカの刑務所

2016.02.20.08:22

アメリカの刑務所で終身刑を受けた場合、法による死刑でなくとも、刑務所内での私刑が横行しており、特に児童の性的虐待殺人は、刑務所内で殺されるという大人のお約束があり、ご遺族も法による死刑よりも納得して送り出せるということがあります。お前も恐怖と苦しみを味わって○ね!というところです。
裸にした時点で性的虐待ですので、これがアメリカだったら…と思う気持ちも正直あります。

刑務所は更生施設でもある訳ですが、出所者の異常な再犯率を見る限り、更生してんのんかいな?な感は否めません。

ご両親による不幸な虐待で歪んでしまった青少年の考え方や行動を更生させるには血の滲む努力と時間が生じます。
5年や8年で更生するなら、その方法を国は教育界に発表するべきです。

真面目な先生がボロボロになりながら、小学校中学校と教育に情熱を注いでも、両親により植え付けられた残忍さや暴力性は治りません。
これは怠ける子にも当てはまります。

No title

2016.02.20.06:55

 医師も弁護士も検事もその試験に合格する能力はあるのでしょう。
しかしそれといわゆる“まともな”人間性というか人格は全く別のものといえます。
ごく一部の極端な才能能力があるだけで“人を裁く”・・完全に変ですね。
 以前“必殺シリーズ”が大好評でした。
やはり今の世の中遠山の金さんや中村主水が必要ですね。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR