駄文家のブログ。

2016.01.12.15:01

私が苦手な言葉がある、それは理路整然という言葉、嫌いではないがとにかく苦手である、生きてきた形も言葉とはまさに正反対、出たとこ勝負、行き当たりばったり、迷い道だらけ、そのくせ人の言う事は素直に聞かない性格もあって、年ガラ年中失敗の連続、かくして反省の日々。

従って私の書く文章も論旨はいい加減、思いつき、感情の赴くままに書いている、だからその書く事の論旨は何処に、そこに至った経緯の根拠は何処になんて問われるとしどろもどろ、つまりいい加減のうわべ解釈、まさに浅学の極みの見本みたいな文章である。

要は私には高尚な文章は書けない、その事に尽きる(笑い)

でもこうやって生きてきたし、こうやって駄文、雑文を書いてきた、いまさら変えようがない。

ただひとつだけ、それは思った事、感じた事を飾らないで書こうと思った事、それは始めた時と同様今でも変わらない、正直に言えば人様が感心するような文章がかけない事もあるのだと思う、言い訳ではないが要するに文章家ではないのだ。

よく訪問頂いた方のブログを訪ねる事がある。

少ない字数でウイットやユーモアが散りばめられていて、何でもない家族の日常を描かれているのだが、それにしてもその記事を読む読者の心をほっこりさせる行間と間の取り方、いつも感心している。

うずらさん。

癌との戦い、いわば満身創痍、余命わずかと覚悟しつつも書かれている文章はいつも前向き、明日を生きる、愛する夫やペットのために懸命に生きようとする精神力、この方のブログにはいつも勇気を頂いている。

カタンさん。


実際には自分が選んだ道だが、人とは違う形での女と男の組み合わせ、何の保証もないがそれでもあえて突っ張って納得させ泣き笑いの人生を送っている、本当は心根が優しく、情に脆い浪速女、結ばれなくともいい、私が惚れた男、それでいい、正に演歌の世界、そんな女性が書くブログ。

熟女ナッチャン。

私はちゃんとした、そう、理路整然とした文章は書けないが、生きてきた間でかなりの量の本を読んだのである程度の書き手の思いは読み取れる、それは綺麗な文章や添えられた考証や文献ではなく、生の生きた文章で書かれた場合で文の上手い下手ではなく、書かれた思いのメッセージが伝わる場合がある、場合によっては魂の叫びにも思えて来る事はある。

そんな時、どう受け止めていいのだろうか、縁もゆかりもない赤の他人、でも魂からの叫びには共感する事もおおい、だが何をいえばいいのだろうか、そんなブログに出会う事もある。

人は生きてきた過程で色んな思いや価値観を持つ、それが信条や思想になる場合もあるだろう、それはそれでいいと思う。
だが、現実には生きていく上でそう割り切るには簡単ではない場面もでてくる、自分とは違う価値観を持つ人間とどう向かいあったらいいのか、、、、、、、

なにか氣のきいた言葉でもかけて上げたい、でも現実の社会は厳しい、それも分かっているから、、、、、


お陰様で今の私はそんな心配をしなくてもいい生活をしている、有難いとも思っている、それでもネットの世界とは言え当然、価値観の違いや考え方の全く違う人と出会う事もある、ただ問題は思想や価値観の違いはあっても人間性というかこの方とはどこかで繋がっていたいな、時々そのような方と巡り会う事がある、歩みよっても親しくなりたいな、そう思うが難しい。

でもそんな方の歌う歌大好きである、特に好きな歌、6月の雨。この方お酒も嗜れるようである、いつかは一緒に飲みたいなあ、

誰?、、、、、、

一方、ネットを通して主義主張、価値観、生き様が分かりあえると思うような方との交流は楽しい、仮に初めてお会いしたとしても最初から垣根はない、その事は過去に何回も経験している。

私には変は癖があってネットで知り合った方と是非とも会ってみたいとすぐ行動に移す癖がある、今は亡くなったフィリピンで有名なブログをおやりになっていた方にわざわざ会いにいった事がある。それだけの事にお金と時間をかけて行った。

そして彼が住んでいた比国女性愛人宅にて感じた奇妙な感覚、それはいつも見ていたテレビドラマの舞台に自分が出演している、そんな錯覚のような感覚だった。彼が書いているストーリーに私が入っている、非常に面白い感覚だった。

そしてもう一人、この方には是非とも会いたかった、KUONさん、素敵な人だった、和歌の造詣も深く、またご自身でもお読みになる、事業家でもあるがその実態は可愛い女性、この方との邂逅は過去ブログに記している。


タイトルで駄文家のブログと書いた、私が書く記事、まともな時もあるが基本的には出来上がっての酔っ払い記事、本来なら主張する記事にその根拠たる引用文や解説文を載せたいがPC音痴の為、それが出来ない、したがって薄ら憶えの知識やいい加減解釈となる、時々、つまらん冗談や下らない揶揄も書く、まあ、書き手の人間性がもろに出ているブログ、

嫌いな事はどうやっても嫌いだし、つまらん事に美辞麗句も必要ない、ロクデナシはロクデナシだし、悪党は善人にはならない、馬鹿野郎に馬鹿野郎と言って何が悪い、文句をいうのに時期尚早とかそんな事には関心がない、ま、要するに物事を深く考えない阿呆である。

そういう訳で自らが阿呆と言っているので、改めて阿呆よばわりされるのは御免こうむる、そういう荒しコメントは即削除するので無駄な事はしないように!!

今日の記事はブランデーで、、、、仕上がりました(笑い)


スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 今夜も美酒!

2016.01.20.21:36

み~ちゃん、娘さんとクジラのベーコンを肴に一杯、いいなあ、!!

多分、札幌には一泊する予定、その時にはお嬢さんもご一緒に一杯、肴はあぶった烏賊でいい、矢代亜紀の歌でも歌いますか(笑い)

今夜も美酒!

2016.01.15.17:55

 やっぱり……やってますかぁ~隠れ酒~
私もスリルを味わってみたくて、主人が眠ったのを確かめて、娘とチョイト一杯 昨夜は鯨ベーコンをおつまみに……なかなかいけますねぇー病みつきになりそう(笑) こんな夜は、しんみりと艶歌でも聴きながらホロリと酔うのも粋ですね。 
 唄う事も時には心を癒してくれますが、肺を少々切除しましたので、カラオケはもう無理かも?でも一度挑戦してみょうかな?なんて欲が出て来ました(笑)

 親父様はやはり、熟した男性の魅力があるんですよ。  その証拠に男性からのコメントも… 男が男に惚れ込んでいるんだと思います。 
阿呆、やんちゃ なんて言いながらも、しっかりと自分の思いを伝える文章の隅々に、親父様の優しさなり強さなりが私のような能無し婆さんにも伝わりますもの、コメントをくださる皆様はどなたも、巧みな文章力を持ちそれぞれに能力の高いお方ばかり、親父様の人柄をしっかり捉え惚れ込んでいるんですよ。 その中に親父様も認めるやんちゃな一面がチョッピリ母性本能をくすぐるのではないのでしょうか。

 さあー今夜は何を肴に一杯やろうかなぁー ♪肴は焙ったイカでいい……♪ 
今宵は演歌にどっぷりと……(爆笑)

Re: 今夜も美酒やっていますか~

2016.01.15.11:26

み~ちゃん、ハイ 今宵も上等なブランデー、ビン口からそのまま飲んでいます、なぜって?それは衣裳箪笥に隠して飲む隠れ酒だから、40度のアルコール,効きが早い(笑い)

私のブログ読者熟年女性が多い、時々何故かなって考える事があるのですが、私が思う原因のいくつか、それは爺の癖に考え方、生き方が子供っぽい,幼稚、やんちゃ、人間ができていない、だから熟年女性からみれば、バカで阿呆な男に見えて注意なんぞしたい 

そんな所でしょう(笑い)

人柄にほれ込んで、、、、、これはないと思いますよ!!
>  

Re: No title

2016.01.15.11:13

> 気ままに自分なりに書く、そうですよね!
> 自分の思ったこと、感じたことを好きなように書く。
> それに興味、共感する人はそれを読む、嫌な人は読まなければいい。
> ただ単にそれだけなんですね。
> 自分はそう思っています。

がんこじじいさん、そうなんですよね、でも世の中、共感しないのに文句を言いたい、根性が曲がった方も沢山、ま、しょうがないでしょうね!

Re: No title

2016.01.15.11:10

秘密のUさんへ

私は取りあえず4月には関西方面に行きます、実家は川越なので東京にてお会いする方も何人かいらっしゃいます。

上手く都合がつけばいいですね""

Re: No title

2016.01.15.09:16

> こんにちは、わがまま親父さん。
>
>
> 実生活では、藤圭子のうたではないが
>
> 「うそ~も~つき~ま^す~生きるた~め~」
>
> なKUONですが(笑)、まったく私的なところでは、嘘は書きたくない、書きません。
>
> わたし、親父さんのブログ大好きです。魅力的です。
>
> 親父さんがカナダから奈良まで、会いに来て下さったから、仲良しさんになれました。ありがとうございました。
>
> 人生のラストステージに向かって行くこれからの日々、海を隔てて住んではおりますが、どおぞ、ますます、およろしゅう、おたの申します。


ハイ、KUONさん、貴女と私は演歌の世界で繋がっています、貴方は心の妻だから~、こんな歌がありましたよねえ~(笑い)

ところで喪主のKUONさん、ちゃんと私を送ってね、そして素敵な戒名を考えてね!、、、、何とか意固地(居故士)駄目よ!

今夜も美酒やっていますか~

2016.01.14.00:45

 今夜も大好きなお酒吞んでいますか?  
お酒も美味しく飲めるうちは元気な証拠と私は捉えております。 
親父様が何時までも、美味しいお酒が飲めますように~  そして、これからも永~くブログを書き続けることが出来ますように祈ります。 
 この歳にして、ブログを知り、恥をわきまえずコメント……
いま改めて考えると、顔から火ですわ…
 親父様のブログのお陰で、すっかり衰退した脳に刺激を与え、世の中の動きを知り始め少しずつ脳も活動して来ている感じでおります。  親父様のブログ大好き!です。 
コメントを下さる皆様もきっと、ブログ大好き=何よりも親父様の人柄に惚れ込んでいらっしゃるのだと思います。 その中にわたくし み~ちゃんも含まれておりますので(笑) 
 当年 68歳人生まだまだと信じて、好きな事を存分に書き続けてください。 嫌なお方は見ない、読まない、コメントしない!            人生終焉の時まで楽しんで生きましょう!
 

No title

2016.01.13.05:56

気ままに自分なりに書く、そうですよね!
自分の思ったこと、感じたことを好きなように書く。
それに興味、共感する人はそれを読む、嫌な人は読まなければいい。
ただ単にそれだけなんですね。
自分はそう思っています。

管理人のみ閲覧できます

2016.01.13.03:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2016.01.12.16:19

こんにちは、わがまま親父さん。


実生活では、藤圭子のうたではないが

「うそ~も~つき~ま^す~生きるた~め~」

なKUONですが(笑)、まったく私的なところでは、嘘は書きたくない、書きません。

わたし、親父さんのブログ大好きです。魅力的です。

親父さんがカナダから奈良まで、会いに来て下さったから、仲良しさんになれました。ありがとうございました。

人生のラストステージに向かって行くこれからの日々、海を隔てて住んではおりますが、どおぞ、ますます、およろしゅう、おたの申します。


プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR