人間交差点。

2015.12.15.23:50

600万アクセスになったらブログをやめるかどうかはまだ迷ってはいるが、それはさておいて、67歳まで生きてきて最近過去を振り返る事が多くなってきた。

勿論、過去を振り返ってどうにでもならない事は承知してはいるが、それでももしあの場面でこうしていれば、あるいはあの人と出会わなければ,別れていなければ、そう考えると今の私の境遇は全く違う結果になっている筈で、そう考えると人生とは不思議なものである。

人間交差点と銘打ってブログ記事を書き始めたが、人との出会いを含めてさていくつの交差点を渡ってのかはもう思い出せない。
この事は私だけではなく色んな方々にも当てはまる事だと思うが、書いてみたい。

人生で渡ってきた交差点、大きい信号のついた交差点もあれば、信号機のない無人の小さな交差点もあった、何も気にせず渡った交差点もあれば、注意して慎重にわたった交差点もあったと思う。

渡ってはみたがさて何処へ行ったらいいのか、そんな時もあった。目的地を見失いかけた事もあった。

結局のところ、人生とは人との出会いとその時の決断というか、状況判断というか、選んだ選択というか、そんな事の積み重ねなんだろうと思う。


これは過去にブログ記事でも書いたが、私の子供時代は悲惨だった、北海道の炭鉱街で生まれ育った頃は周りは殆ど同じような生活環境で貧乏も金持ちもなかったし、これが当たり前の生活だと思っていた。だが石炭産業が斜陽化し父が早期退職を選び、新天地を求め本州に生活を移してから生活は一転してしてしまった。

後年、振り返って思えば父と母、男と女としての組み合わせが元々悪かったのだと思う、酒ばかり飲んで理想ばかり追いかけてる父としっかり者で現実主義者であった母、これがもし違う形、それぞれが合った形での結婚であったならばもしかして幸せだったかもしれない。まあ、そうであったならば私という人間もこの世にいなかった事にはなるが、

私が小学校高学年の時に両親は離婚した、理由は性格の不一致、父の暴力、父には金がなかったので何の援助もなかった、しかたなく親戚を頼って関東に出てきた、それから悲惨な生活が始まった、母は私達子供の為に昼夜懸命に働いた、私や弟も新聞配達や牛乳は配達もやった、妹はまだ幼かった、それでも食べていくだけで一杯、母も時には仕事を失った、もうどうにもならず生活保護を受けた。

私はこの当時の記憶は恥辱として残っている、それは当時の生活保護課の担当だった女が、意地の悪い人を見下す人間で自分の金でもないのによく嫌味や馬鹿にした態度を取っていたからだ、私がその金をもらいにいく役目だった。

母もその事は知っていた、だから今でも当時の事の話になると、あの時はお前に苦労かけたね、と謝る。こんな生活だったから中学生になるころはいっぱしの不良少年、学校で問題児として事件を起こし、親戚の家に預けられた、それから色んな事があった、
親戚の家から学校に行き、夜はナイトクラブ厨房でバイト、そんな生活だったのでロクな学校は出ていない。

それでも会社に就職し懸命に働き、収入も安定して25歳の時、当時の住宅公団、特別分譲住宅という団地形式の3LDKの住宅を買い、やっと家族で暮らせるようになった。

正直に書けば不良少年時代、やくざ組織にも入りかけた事もある、まともになる前には喧嘩事件で臭い飯を食った事もある、後年、カナダに移住するために無犯罪記録を提出しなければならなくなり、警察からの書類を渡される時、内心駄目だと思っていた。

妻と一緒に警察署に行き、係官からちょっとと別室に呼ばれた時、妻にどう言ったらいいか、それは妻には警察に指紋を含め犯罪記録がある事は内緒にしていたからだ。

記録はあったが前科としては懲役ではなく罰金刑、係官にだから安心していいよ、心配していたのでしょう、なんて言われてしまった。

ちなみに捕まった時の罪状、暴力行為、銃砲刃物不法所持、住居家宅不法侵入、これは本来なら懲役刑になる筈であったがある方が警察関係に顔が利く人で、その人のお陰で罰金刑で済んだ。


会社員時代、社会は右肩上がりの時代、懸命に働きそれなりの成果もあげた、そこそこの出世もした、女とも遊んだし、彼女も沢山いた、中には一緒になってもいいと思った女も何人かいた、相手もそう期待していたことだったと思う。

今でも時々、あの女と一緒になっていたら一体どうなっていたことだろうと思う事がある、もしかして子供がいっぱいいて今頃は孫の世話なんかしていたかもしれない。
ある女性とは妻と結婚するまで関係が続き、もうにっちもさっちもいかなくなり、妻から私か彼女か選びなさいと言われたほど、それほど惚れていた。

妻との出会い、それは私が会社員時代の駆け出しの頃、仕事関係先の船会社で出会った、最初に会った時は吃驚した、それは体の半分が足、それほど長くて素敵な脚をしていた、当時はフィリピン人の女性なんかいない時代、これは是非彼女になんて考えてアプローチをしたが、何せ英語は話せない、結局最初の出会いから結婚するまで7年位かかってしまった。

元元はフィリピン大学を卒業後、叔父叔母が当時、麻布にあったフィリピン大使館の書記官、それを頼って来日していた、知り合いに勧められて船会社でアルバイト、それが出会った頃の状況だった。


今の私がある、多分彼女と結婚したことから始まるように思う。

何故、移民を決意したか、それは妻も私もいずれ妻の故国に住みたいと思っていた、着々とその準備もしていた、だがある事で長年勤めていた会社を辞めざるを得ない状況があって決断が早まった事にある。

この事は過去に記事にもしたが、私という人間は要領とか追従が出来ない人間で,馬鹿な癖に偉そうな事を言う人間が大っ嫌いで、それが態度にでるという悪い癖がある、それがたまたま、創業者社長の倅の2世だった、彼もただの2世ではなく事業家としての才能もあるという事をみせたかったのであろう、メインバンクから多額の融資を受けて色んな事業を起こした、勿論その融資は本社からの債務保証があっての話、ところがバブルが弾けたと同時にそれらの会社、すべて倒産、所詮お遊びだった。

このつけは大きく、本社も危なくなってきた、だがこの2世社長、反省もなくこれからみんなで頑張っていきましょう、他の役員は陰で文句や非難をするも会議では石の地蔵、そこで私はつい言わんでもいいことを言ってしまった。

で、その会社にいられなくなった、それが事件の顛末、

だが,後で物凄く後悔はしたが、もし、あの時言わんでもいいことを言っていなかったとしたら今の私はないし、カナダにもいなかった筈、

後日談として、

実はその後、社長から人を介してこのような話があった、公の場で詫びを入れ詫び状を出せ、そうすれば赦す、正直言って迷った、仕事も好きだったし、私もその会社で育った、辞めたくはなかった。

だが組織の中で働いた経験のある方なら解ると思うが、散々言いたい事を言ってきた人間が批判した相手に白旗を上げて全面降伏、そりゃ会社に残れるかもしれないが、周りからみればそいつはもう終わった人間になる、結局,辞めざるを得なかった。

そう粋がって辞めたはいいが、、、、、


話は前後するが、妻と一緒になってから子供は出来なかった、妻と私と共稼ぎ、英語でいうとダブルインカム、ノーキッズ、そんな事もあって30歳で一戸建ての家を建てた、収入も辞める前には2人で年に1千200万位あった、よく知らないが貯金も相当あったのだろう、その事はカナダに移民する条件、資産6千万以上を有していること、にも適合したからだ、これは年寄がカナダにきてもやっていける為の条件、逆にいえば資産のない高年齢者はいらないという事、この資産という意味、これは日本に持つ不動産、海外に持つ不動産、預貯金、老後に入る年金合計すべてを合わせたもの、現金だけの話ではない。

そうやってカナダにきてからもう直ぐ16年目になる、お陰様でこんなくだらないブログなんか書き散らす生活をしている。まあ、悪くはない,と言っても良くもないが(笑い)

今ある生活が運命だったかどうかわからないが、過去のその時その時の対処の仕方、判断の結果、良くも悪くも、その延長上に今がある、そう思う、

もし若い昔に戻る事ができるとすれば、そんな問いがあるとするならば、私の答えはこうなる、そんな事はしないしやりたくもない、
今がよければそれでいい、

いずれにしても私の人生、そんなに長くはない、ドラマチックな人生ももう最終章、終わり良ければ総て良し,後は人様に迷惑をかけない程度におっちんじゃう事、再会する事のないロンググッバイ、長かったようで短い一生。


今日もだらだらしょうもない事を書いてしまった。、、、、、、歳だなあ~


総アクセス、600万を待っている間の余談として、

私のブログ、ブログ開始時の設定としてジャンルは海外情報とした、FC2ブログでランキングに参加するか、参加すると答えた、
だが、ランキングがどのような方法でカウントされているのかは分からない。

調べると私のブログ海外情報では8287人中5位、これは海外情報ブログとしてやっている方が8287人いるという事。一方、北米に限って言えば1166人中1位、これも海外情報ブログとして北米から発信している方が1166人いるという事。
確かに訪問者記録を見ても世界のいろんな国にお住みな方からのアクセスがある事がわかる、その男女の割合でいえば圧倒的に女性が多い、そしてこれも特徴的なんだが、愛国者になった方が多い(笑い)

但し、韓国にお住みなっている方はいまだにウラナリ、ファンタジーが解けない方も多い、まあ、韓国人旦那と仲良くすればいい。

こんな事を書いていたら既に総アクセス、600万回を超えていた、ある意味一つの区切りの瞬間であった。

今後について続ける、続けないの結論は暫くしてから出したいと思っている。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: こんにちは

2016.01.04.02:57

> 新しい年を迎えました。
>
> わがまま親父さん、昨年はありがとうございました。
> 暖かいコメントに救われたこと、何度もありました。
> そして、ブログ再開されたこと嬉しく。
>
> 言わないように・・・と思いつつ。
> 「お身体ご自愛くださいませ」
> ちいさい声で言ってみました(笑)。
>
> 本年も楽しませてくださいませ。


うずらさん、今日は、わざわざ新年の御挨拶を頂き有難うございました。

私も貴女様のグログいつも拝見させてもらっています、ユーモアとウイットに富んだ文章、たくさんのフアンがついているのも理解できますね、何気ない日常に沢山の幸せが一杯詰まっているブログ、とても素敵だと思っています。

今年も宜しくお願いいたしますね!!

Re: No title

2016.01.04.02:24

> 私も思うと妻と出会ったのは色々な意味で大きかったし、私自身もいい意味で変わったところもある。と思いました。(いまだに疑問は多いですが)フィリピン人特有なのか日本人にはない、何も考えないで又は、あまりことを大きく考えずやるところ、私にはできないなと言うところもありますが。
>
> 本年はどうもありがとうございました。
> 来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。


Tontan,遅くなりましたが新年おめでとうございます。

南方での新年、どんなものなのでしょうね、何回かマニラで新年を迎えた事がありましたが、うるさいだけで閉口しました。
お好きな走りもお体の具合でままならず、早く回復される事を願っています。

こんにちは

2016.01.02.12:51

新しい年を迎えました。

わがまま親父さん、昨年はありがとうございました。
暖かいコメントに救われたこと、何度もありました。
そして、ブログ再開されたこと嬉しく。

言わないように・・・と思いつつ。
「お身体ご自愛くださいませ」
ちいさい声で言ってみました(笑)。

本年も楽しませてくださいませ。

No title

2015.12.31.11:15

私も思うと妻と出会ったのは色々な意味で大きかったし、私自身もいい意味で変わったところもある。と思いました。(いまだに疑問は多いですが)フィリピン人特有なのか日本人にはない、何も考えないで又は、あまりことを大きく考えずやるところ、私にはできないなと言うところもありますが。

本年はどうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

善きお年を

2015.12.31.01:15

今年は、このブログとの出会いが一番の幸運でした。
有り難うございました。
来年、2016年、平成28年も、引き続きの更新を楽しみにしています。
来年は、生前葬に参加させて頂く事を楽しみに、体調を崩さないように、
善き新年を、迎えたいと思っています。
親父様の、ご健勝を祈ってます。

Re: 和みの心

2015.12.29.13:04

>  2015年もあと3日となってしまいました。こちらは数日前より急に寒さがまし、歩くのがやっとと言った状態の道路状況で、年末の買い物に苦労しております。ストレス上昇状態でイライラ……眉間に皺を寄せながらの毎日です。 
> フ~ット一息……ブログをチラ見… 
> 今日も更新なしかぁ~淋しいですよ! 
> やはり体調優れませんか?   心を無にしてゆったりと過ごして下さいね。 
> 長~い冬が明け優しい陽射しで、辺り一面キラキラ輝く春が必ずやって来ますょ~
> 待ちましょう! 
> 親父様にキラッキラでど派手な陽射しが戻って来る日が一日も早いことを祈ります!
>  
>  病を抱えたら闘う気持ちを持ち続ける事が大切かと思い、私も日々辛さと闘っています!! どんな時も弱気にならないこと、壊れそうになり暗闇に突き進みそうになったら、大声で唄います♪♪
> 「人生楽ありゃ苦もあるさ、涙の後には虹も出る、歩いて行くんだしっかりと、泣くのがいやなら、さあー歩け!」(TV水戸黄門主題曲«笑») いつしか口ずさんでおります。    親父様! しっかり養生なさり、また気が向きましたら親父節をたっぷりと……… 
> 何時までも待っていま~す。 人生笑顔が最高!!
>
>  素敵に年齢を重ねられた、親父様に惚れている……み~ちゃんより(ニッコリ!)
>  *追記
>  思いがけなく、親父様のブログに出会い、少々病んでいた心を癒して頂いた一年でした。 心を和ませて頂きました。 
>  来る年 親父様にとりまして輝ける良い年でありますよう祈っております。
>  この場をお借りし失礼とは思いましたが、一年の締めくくりとして、どうしてもお礼を申し上げたかったものですから……感謝!感謝! ありがとうございました。




み~ちゃん、有難う、秘密コメントだったけれど、つい嬉しくて表に出してしまいました、御免ね!!

管理人のみ閲覧できます

2015.12.29.01:12

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.12.26.01:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご挨拶

2015.12.22.18:40

師走のみぎりいつの間にか
年の暮れとなりましたが
親父様はお元気でいらっしゃいますか?

ブログをはじめて
海外から足を運んでくださり
有難うございます。

11月22日から一か月が過ぎ
大正生まれの方々の
お言葉が聞けなくなり
ました。
日本では画家の藤田嗣治氏の
映画があるのですが
スターウォーズで映画館が混雑
しているようです。

まだまだ未熟な私が
迷わず勉強できる
機会だと思い見にいきたいと
思います。

今年もあと残り少なくなって
まいりましたがご活躍とご健康を
遠い日本からお祈り申し上げます。

厳しい寒さになりそうなので
お身体を大切になさってください。

ブログの更新楽しみに
しております。

くま彦より

管理人のみ閲覧できます

2015.12.21.20:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

2015.12.20.01:56

このコメントは管理者の承認待ちです

My way

2015.12.19.22:43

親父さま、こんばんは。ご更新ありがたく拝読しております者としては、今後もお続けくださることを祈念いたします。

タイトルに出した「My way」とは、ご存じフランク・シナトラの歌ですが、親父さまの生き方も「信じたこの道を、私は行くだけ、すべては心の決めたままに」で歩んで来られたのかなあと。本当に男前です。

フィリピンの女性はキュートでしっかりとした人が多いですよね。奥方さまもそういう方とお見受けします。
私の友人にフィリピンから東北の山村にお嫁に来た人がいます。彼女はとても美人だし、大卒で小学校の先生をしていたそうです。
彼女とは子供の保育園で知り合いましたが、とても勉強家で「きちんとした日本語を教えて欲しい」と頼まれました。
理由は姑さんも旦那さんもめちゃくちゃ方言がひどかったからです。「テレビのアナウンサーみたいにきれいな言葉で話したい」と向学心の賜物で、他のお嫁さんたちがなまっていても、彼女はクリアな感じで。

田舎の農村ではいまだに嫁の来てがないと、縁故でフィリピンへお見合いに行っています。
私の友人も先に従姉がお嫁に来ていて、自分も日本に行ってみたいとお見合いしたそうです。
でも容姿や学歴などは、条件が良くなるほど比例して良くなる傾向にあり、彼女は町一番の資産家に嫁いで来ました。
それでもフィリピンの人達はハイスクールを出ていれば、まず英語の読み書きができるので、田舎の農村に英語の掲示物が増えていたのを覚えています。

話はかなり横道にそれましたが、今後もよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

2015.12.19.17:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます

運命(さだめ)ってフセイン?

2015.12.19.10:33

お早うございます
今、刀鍛冶の本を読んでおります
長屋の爺殿が送ってくださいました
親父殿の波乱に富んだ人生は
本にしたら如何ですか
日本語と英語とタガログ語で
世界中で売れるとおもいます
翻訳のスタッフは揃っているし

12月だから「運命・さだめ」ではありませんが
まるで
あらかじめレールは敷かれていたのかと想いました
必要とされた人と人は必ず出会うようです
逆はいつの間にか離れていくようです
親父殿と奥方、この出会いはまさしく「天」が
結びつけたのだと思います
中学のクラスメートと明日呑みます
クラス会には何人かが出てきますが
腹を割って呑めるのは私をいれて四人だけです
彼等も(一人は女)この思いは同じだとききました

ところで
生前葬に併せて復活際も行ってはいかがでしょうか
いま
あるものを「仕込んで」おります
巧く破裂するといいのですが・・・・
600万って凄い数字ですよね
一度に十束も二十束もこさえた訳ではなく
ひとつづつ積みかさねたのですから

おめでとう御座いました。

管理人のみ閲覧できます

2015.12.18.22:13

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは 親父様

2015.12.18.21:37

こんばんは、親父様
静かな金曜日です。

我が家には 約1メートルの
ゴールドクレストがありまして
手で さわると 針葉樹のアロマを放ちます・・

すごく心落ち着く 森林の香りなので 
給水の時に つい触って
クンクンと嗅いでいます・・

また
薔薇も 沢山ありますし 
その他に
秋に咲く 紫陽花もあり 
クルメツツジ、シンビジウムもあり
結構にぎやかです。

親父様の今までのお話・・・

カナダで咲いてる 親父様 と言う名前のお花。。。

その花は その花でしか 生きられない花 なのだと思います。

どんな人も 自分のカラーを持ってて
その色で咲いてる花なのだ っておもいます・・・


赤い薔薇が 赤い薔薇として生きてるように
赤い薔薇が 白い薔薇になれないように・・・


私も まっ直ぐに生きてきました
よく言えば誠実
曲がったことが嫌い
でも 
悪く言えば 要領悪い・・
ぶきっちょで 損したことも多かったし
正論言っちゃって 反発され
いやな思いもしてきました


でもね 
見てる人は 見ててくれるし
寄り添っていきる相手もできたし
そうやって
家族や 友人と 支え合って生きています

私、という あんまり綺麗じゃない 花を咲かせて
なんとか 自分のカラーで 生きています

親父様のブログ
親父様 という 個性的な花を愛する人の
交差点 だと感じています


マルガリータ
ずっと この交差点を ウロウロと
お散歩させていただきます


肺炎のヒトが言うのもなんだけど・・
風邪 気をつけてね~~~~







管理人のみ閲覧できます

2015.12.18.20:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.12.18.10:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.12.18.10:21

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは 親父様

2015.12.17.23:12

今日は、マルガリータさん、

咳き込んだら、ちびりましたか(笑い),,,爺いの夢を壊さないで、私は私でマルガリータさんのイメージがあるのですよ!!

そうですね、長年連れ添った旦那と嫁の関係、しいて例えるなら戦友みたいなものでしょうか、このところ熟年離婚が増えているようですが、とんでもなく相性の合わない夫婦でない限り、何とか我慢して連れ添ってほしいですね。

夫婦は子供や親兄弟と違って血縁はありませんが、それだけに男と女の特別な関係、歳を取って連れ合いがにない独り身老人をみていると哀れに感じますし、本当に孤独に見えます。


私もたまに酔っぱらって妻にもし生まれ変わっても君と結婚すると思うなんて(お世辞)言うと妻は、私の場合は絶対しないと言われました。まあ、本音でしょうね(笑い)

Re: No title

2015.12.17.22:57

Rim,大阪、楽しまれましたか、なっちゃん、いい人でしょう、私、彼女大好きです(笑い)

その昔、飛田新地、そこの女の子と外でデートしたことがありました、でも一回で懲りた、そういう商売の子とはお座敷以外では逢ってはいけない、いい経験になりました、その当時、チョンの間、ビール1本とつきだしがついて1500円だった。

夕張、来年の春頃、行く予定、多分、これが最後になるでしょうね。

Re: No title

2015.12.17.22:48

秘密のMさん、こちらこそ、始めまして、

人は生まれてきた場所と親は選べない、でも生き方と死ぬ場所は選ぶ事が出来る、私はそう思っています。それをどう考えるかでしょうね。

まあ、分かったような事を言っている親父ですが、その実、本当は何も知らない親父だったかもしれません(笑い)

Re: タイトルなし

2015.12.17.22:40

秘密のちゃこさん、了解(笑い)

逢いたさ、見たさに怖さを忘れ、親父も同様でございます。

Re: 自分の人生

2015.12.17.22:37

> 有り難うございます。
> 確かに自分の人生ですものね!私のものだ(笑)
>
> こうなったら、人には迷惑かけませんが、残りの人生はあるがままに自分を自由に好きに生きます!
> つまづいたら立ち止まって方向転換〜、人は人、自然体でいいと私も思います。
>
> 600万アクセス突破、おめでとうございます*\(^o^)/*


ツグミさん、私の世迷言、少しは役に立ちましたか?

自分流に生きる、多少摩擦もありますが、自分の中にはストレスは残らない筈、、、、でもないか(笑い)

管理人のみ閲覧できます

2015.12.17.21:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは 親父様

2015.12.17.21:17

こんばんは!! マルガリータです。

確かに、親父様のおっしゃるとおり
加齢につれて 
男女とも 若いころの美しさは
減ってしまう・・・
ですね。

でも 親父様は 
お若いころ ハンサムでしたが
実は 今のほうが カッコイイ と思う人 
多いと思います!!とっても おしゃれですし
オジサンっぽくないですよ!!

女性は 花にたとえますと 
見た目の 美の盛りがありますが

男性は 若さとしての 美しさよりも
年をとったほうが 
完成度高く かっこいい とおもいますよ~!!

さて 今 肺炎で 
なかなか咳がおさまらず・・・・
先日は 夜になって 急に 喘息になりまして
咳の勢いに負けて
なんと オシッコおもらししてしまいました・・・(爆笑

夜 咳こみがひどく 少しの間 息ができず
呼吸困難になってしまい 苦しかったです・・

今は 気管支拡張吸入薬をもらって
安静中です。

あのかた、 の おしっこおもらし 
を思い出し
マルガリータも・・・・とほほ・・・・

今は 尿漏れパッド のお世話になり
病気とはいえ ・・・
・・・・ なさけない オババ姿です。

今 咳止め薬 たんきり薬 気管支拡張剤 で
平時を保っています。

薬が無かったら 大変です・・
薬漬けです・・・・

病気になって はじめてわかりました
夫に感謝です・・・
やはり 1人で生きてはいけない・・・・
身内って 大事・・・

夫婦ケンカもして 頭にくることもありますが
やはり 長年連れ添ったひとは 
もう 親子みたいな関係・・

きっと 親父様の奥様と 親父様も
同じかと思います~~~~~~ねっ?

マルガリータ
病気療養中
タイクツで 何をたべても美味しくないし
なんだか
無感動 無気力 で ほんと 気持が落ち込んでいます
顔を鏡で見たら やつれちゃって お肌がくすんじゃって
悲しいですよ・・


そんななか

いつも この親父様のブログ
(過去ブログ含め)
読ませていただき
元気をいただいています

感謝です。本当に・・・

・・・・・・・・・・・

感謝です~~~!!!!





管理人のみ閲覧できます

2015.12.17.20:18

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.12.17.16:03

こんにちは
今年ももう少しですね~!
今年はいろいろなところに行きました。また色々な経験もしましたよ。
60過ぎてもまだまだ知らない事や楽しい事がありそうな1年でした。

先ずは鶴橋、飛田に行って来ました。(飛田は歩いただけです)
まるで別世界!自分の想像以上な感じでびっくりでした。
そしてNさんに会って、四天王寺~難波を案内してもらい本当にお世話になりました。

コメント欄にあった地名について・・・あれこれ
夕張の清陵町は以前書きましたが、福住にも行って来ました。
当然あの炭住や学校はどこにもありませんが、ズリ山とか、炭住街のあった形跡は感じられました。
丁末公園(山の上)からは夕張の全景が見れ感動!

大夕張(三菱炭鉱系)は私は3年間ほど住んでいましたが、今はダムの下になりもう何も無い世界です。(これは非常に残念です)
歌志内市は車で通っただけですが、友人で歌志内出身の人がいます。
函館は私の母の生まれ育った所で、戦後ソ連兵に女は襲われるとの噂が広がり、
一家で田舎の山に逃げたらしいです。
母は函館時代の話はよく記憶していてよく話しますが、夕張の3年間は興味が無いようです。

最後に東北の仙台、石巻、女川に行って来ました。
女川町の港町と復興工事には驚きました。

夕張・飛田・女川は、親父様のいう人間交差点の世界です。

管理人のみ閲覧できます

2015.12.17.15:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.12.17.14:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自分の人生

2015.12.17.12:14

有り難うございます。
確かに自分の人生ですものね!私のものだ(笑)

こうなったら、人には迷惑かけませんが、残りの人生はあるがままに自分を自由に好きに生きます!
つまづいたら立ち止まって方向転換〜、人は人、自然体でいいと私も思います。

600万アクセス突破、おめでとうございます*\(^o^)/*

Re: No title

2015.12.17.07:09

秘密のMさん、

まず、ご主人のお惚気、ごちそうさまでした(笑い)

2人の姪っ子のどちらかが国立音大だと思います、片っ方は武蔵野音大だったかな?1人は妹の家で生徒をとって楽器を教えているそうですが、たいした稼ぎにはなりません、もう1人は携帯電話の販売をしています、勿体ないけれど仰る通り音楽関係では仕事がありません。

弟は独学で中国の二胡を引きますし妹は琴の師範、幼稚園の園長を長くやっていましたのでピアノも弾けるようです。


私は三味線が弾けます、、、、、、、、、口三味線です(笑い)失礼しました。

Re: 花の命は短くて

2015.12.17.06:58

なっちゃん、悲しみはなかなか癒えないでしょうね、

特に昨日まで元気でいた方が突然逝ってしまう、その喪失感は大きいと思います。

死に方、これも難しい、長年の重症患い、寝たきり、痴呆、正直言って早く死んでくれないかな、そう思われる方もある一方、なぜ、どうしてこんないい人がこんなにも早くいなくなるなんて、

私もいい人なんで早く逝きたい、そりゃ違う、親父いい人でもどうでもいい人、なんて言わないように(笑い)


ナッチャン、パパリンが下になりナッチャンが上になり、頑張り中に突然の腹上死、これってどうやろ、でもパパリンが言うやろな、なぜ、俺より先に逝くかって,イク~じゃないよ~(笑い)

冗談はともかく、なっちゃんはいい人だと思う、早く会いたいね!!

Re: スクランブル交差点

2015.12.17.06:41

ハンナさん、しょうもない酔っぱらい日記のブログ、お読み頂いて有難うございました。

ブログって何なのでしょうね?これは定義は難しい、とにかく様々なジャンルがありますよね、私も時々人様のブログを読んでいてこんな素敵な記事を書くのに何故このブログは過疎なんだろう、そんな思いがあって是非応援したいと思う事もありますが、ただ、それがブログ主の思いかどうか、ちょっと違うのかなと思う事もあります、場合によっては余計なお世話かもしれません。

もう一つ、これも過去に記事にしましたが、長年やり取りをしていた、一緒に酒を酌み交わした事もあるブログ主が突然死、結局そのブログは放置され、コメント欄も開放されていたので馬鹿によってもうめちゃくちゃ、そんなブログがいくつもありブログの残骸と果てています。

ですので私の場合は死期が近い場合は自分で、突然死の場合は友人に託してブログは消し去ります。だからハンナさんが自主的にブログを閉じた、いいのじゃないですかね。

ブログなんて、感じ方は様々、でも私が気をつけていること,気にいらなければ訪問しない、余計なコメントはいれない、そう思っています。

Re: タイトルなし

2015.12.17.06:20

> 親父様、昨日はお返事ありがとうございました。
>
> 今日の記事を読み、何故か涙が出ました。波乱万丈の人生あっての今の親父様なのですね。
>
> 私は歌志内市文珠で産まれました。母が親父様と同い年なので、それこそどこかの交差点で出会っているかもですね!?
>
> 来年の北海道行き実現するといいですね。ブログでのご報告お待ちしております。写真も楽しみにしています‼


猫マタギさん、コメント有難う御座いました。
歌志内市のお生まれですか、母上のお歳が私と同じ、そうでしたか、私は北海道で生まれましたが、行ったのは札幌、函館、位で他は知りませんでした。

今住んでいるカナダ、気候は北海道と同じ、結局うまれた所と死ぬ所は似たような場所になってしまった、これも何彼の因縁かもしれませんね。

Re: 親父様はじめまして

2015.12.17.06:12

> はじめまして、にょりと申します。

にょりさん、こちらこそ、初めまして、そしてコメント有難うございました。

BBさん、あの方女性ながら知力、博識、理論武装力、語彙の豊富さ、大したものだと思っています、あれでは並の反論なんかはできませんね、また彼女のブログに集う女性群も精鋭揃い、ヘタレな親父は感想コメント位しかいれられません(笑い)

私みたいに男で皇室批判を書く男は珍しいかもしれません、でも私はBBさんの視点とは多少違いますが、今の日本の偽善や悪徳、ごまかし、嘘、あらゆる悪が集中しているのが皇室ではないかと考えています。

そうですね、何が何でも生きて一緒に歓喜の雄たけびを上げ、そうしたいところですが果たしてそれまで持つか、それが問題ですね、また寄ってくださいね。

Re: これで良かった

2015.12.17.05:52

>  
> マタコガチャハジンギスキー&モッコリナルビオラヘターネ 出てくるな!
過激なH美さんへ、これは上手い、座布団10枚、ところでH美さんて結婚されていたのですか、びっくり、私はてっきりまだ30前くらいのバリバリの独身女性だと思っていた。

こういう人と一杯飲んだら、盆暗や雅子の悪口言い合って楽しいお酒は飲めるでしょうね、どう一回くらい試してみませんか?
私と感性がにているわ、

でれでれ草さん、あの方も口調は柔らかいがもうぼろくそ、面白い、女性ながら根性が入っている、見上げてごらん屋根のふんどし、たいしたもんです。

Re: No title

2015.12.17.05:37

> 人世の交差点・・・確かにいくつものいろんな曲がり角がありました。
> これからも大なり小なりあると思います。
> しかしそれは時の運・・そう割り切っています。
>  今・・結構楽しい毎日をお陰様で送っています。
> これも多くの友人知人のおかげでしょうね。

がんこじじいさん、これも多くの友人のお陰でしょうね、そうかもしれませんが、私はがんこじじいさんの人徳もあると思っています。

残念ながら私にはその人徳がない、我がまま親父を通す為にあえて放棄しました(嘘ですが、笑い)

Re: 親父さま…

2015.12.17.05:32

すみれさん、いいお名前ですね、

ご主人の突然死、これはこたえますね、よくわかります、また、のこされたお子様たちを抱えてのご苦労、これも良く分かります。

にもかかわらず良い人間であり続けようとする姿勢、敬意を表します。きっとそんな母の生き方を見て育ったお子様たちはいい人間になると思っています。

いい話でした、ありがとうございました。

Re: 後になってみないと...

2015.12.17.05:17

つぐみさん、まとめて返事をします。

人はその時の状況、健康や精神状態、経済状態によって一喜一憂します、誰でもそうです、私の場合鬱病が持病です、発症すると引き籠り二なり人と会話が出来ません、笑えなくなります、いつ始まるか、いつ終わるのかも分かりません。

でもそれはそれでいいと思っているし、放置しています、誰に迷惑をかけているわけではない。

だから葛藤しなくともいいのでは、あるがままに自分を自由に、それでいいではありませんか、つまずいたら立ち止まって方向転換、人は人、自然体でいいんじゃない?

フエイドアウトしなくとも、いずれ歳をとればお迎えがきますよ(笑い)

Re: こんばんは

2015.12.17.05:02

> 昨日に引き続きからしんみりするお話でした。人生山あり谷あり…は月並みな言葉ですが。人生の分岐点について考えさせられました。
> しかし、コメント欄読んでガッカリですよ。
> こんないい話なのに皇太子ご一家を貶めるための道具としてコメントしちゃいけません。
> 皇太子様雅子様抜きでコメントしてもいいんじゃないですかね…?
> 私は皇室についてのブログ記事はクソ親父と思ってからバカにしてますがこんないい文書く方が、なんで皇室のことになると頭おかしくなるのか分かりません。


桜吹雪さん、頂いたコメント、褒めてもらっているのかけなされているのかよくわかりませんが、まとめて返事をします。

貴女ががっかりされようがバカにされようが構いませんが、人は自由に考え、それを表現する権利があります、同様にあなたが皇室、東宮擁護の立場でも私は貴女に文句はつけません。ひとはそれぞれでいいんじゃないでしょうか。

まあ、頭がおかしい、その通り、アル中の親父の戯言ブログです、それは間違いありませんよ(笑い)

こんばんは

2015.12.16.23:52

昨日に引き続きからしんみりするお話でした。人生山あり谷あり…は月並みな言葉ですが。人生の分岐点について考えさせられました。
しかし、コメント欄読んでガッカリですよ。
こんないい話なのに皇太子ご一家を貶めるための道具としてコメントしちゃいけません。
皇太子様雅子様抜きでコメントしてもいいんじゃないですかね…?
私は皇室についてのブログ記事はクソ親父と思ってからバカにしてますがこんないい文書く方が、なんで皇室のことになると頭おかしくなるのか分かりません。

管理人のみ閲覧できます

2015.12.16.18:59

このコメントは管理人のみ閲覧できます

花の命は短くて

2015.12.16.12:32

親父様

まだ、亡くなったママさん、拘留されてるRちゃん
悲しくて、心配で
人に優しく、気配りができて尽くしてきた人達なのに、
どうして、ええ人が早く いなくなってしまうんだろう・・・

地獄の沙汰も金次第
本当に、病気にしても老後の生活にしても
『金』がないと惨めなものです。
その惨めさを知ってるのは、
子供の頃、暮らしや親の顔色見てきたからと思います。

お金持ちで何不自由なくこられた方、
少し羨ましくはありますが、
どうなんでしょう・・・

早くに親を亡くし貧乏人の坊 でも 
パパみたいに苦労を苦労とも思わなく
 大らかなで人を蔑まない瘋癲もいるし

ええとこの坊ちゃん、お嬢ちゃんでも
あんな奴・・・と影でベロ出して、
上から下までジーッと見ては
人を小馬鹿にしてるのもいてるし

生まれが良くても 育ちが悪いって
わりと居てるんだなぁ〜と
私も汚れちまった悲しみが 
身に斑点のように染まってくるようになりました。

何度か友達に
『あんたは、ええ死に方するわぁ』 と言われた事があります(笑)
世話好きというか、嬉しがりと言うか・・・
人に関わって嫌われたり、恨まれるような人間にはなりたくない
優柔不断な女です(笑)

ええ死に方 と考えると
心筋梗塞、ママさんはええ死に方しはったなぁ と思います。
日本も安楽死を認めるようになって欲しいです。

スクランブル交差点

2015.12.16.12:14

私は愚かなので、ココの存在に気がつくのが遅く、
最近、初期の記事から読ませていただいてます。
ココはまさにスクランブル交差点ですね。

最初は早期リタイアしてカナダで悠々自適のリア充ジジィ(失礼!)
と思いましたが、
なかなかパンチ効いた人生INGでいらっしゃり、、

他人にブログ書けだ辞めるな言う権利などございませんが、、

気が向いたら書いてやってもいいぞ!と仰ってくださると嬉しいです。

私は以前、闘病記的なブログを書いていましたが、ある日全て削除しました。コメ欄が荒れたというのも理由の一つ。まぁ、めんどくせーと思ったんです。軽い気持ちでバコーンと削除したんです。ブログ丸ごと。

数日後、ブログで繋がっていた方の記事に
(主の自由だけれど、放置しておいてもらえば、あの記事に書いてあったなー、あの記事にコメントしてた人は何か言ってたな、今なら分かるなーと読みにいくことができたのに。
そんな気分になってます、、)

という一文を見つけた時の気分はかなり複雑でした。

ブログって何なのでしょうね?
お金出して買ってきた本より
友人の言葉より染みる時があるって
どうしてなんでしょう。

もちろん、なかなかそんなブログにはぶち当りませんけど。
信号無視で車にぶち当たった様な
このブログとの出逢いには感謝しております。

2015.12.16.11:09

親父様、昨日はお返事ありがとうございました。

今日の記事を読み、何故か涙が出ました。波乱万丈の人生あっての今の親父様なのですね。

私は歌志内市文珠で産まれました。母が親父様と同い年なので、それこそどこかの交差点で出会っているかもですね!?

来年の北海道行き実現するといいですね。ブログでのご報告お待ちしております。写真も楽しみにしています‼

親父様はじめまして

2015.12.16.10:31

はじめまして、にょりと申します。
BB様のブログより親父様を知り毎日見に来ております。
(因みに紹介の記事は園遊会でのナルの尿パックですw)

親父様のキレッキレの文章に一瞬でファンになりました。
毎回コメントしようかどうか悩みつつ出来ずにいましたが、本日の記事読ませて頂いて、やはり「親父さん最高!」と強く感じたのでその思いをお伝えしたくて初投稿致しました。

私は母を幼少に亡くしているので常に「死」を隣り合わせに感じて生きております。
まだまだ若い部類ですがそれでも当然の様に「死」を感じています。
と言っても悲観的になって自殺願望がある訳ではなく、(過去にはしょっちゅうありました)「命ある全ての存在に終わりが必ずある」といった考えからです。
それは決して順番通りではなく、若くても、健康でも。
だから同時に「今」この瞬間に生きていられる事こそが奇跡なのだと感じています。
そして最近強く感じるのはその「奇跡」が2600年を超える万世一系の日本に生を受けたこと。
これはもう本当に凄いことだと思います。
先人に感謝し、お天道様に感謝し、希望は悠仁様ご即位の瞬間をこの目でしかっり見届けてからあの世の母に逢いに行くことです。
親父様も是非!何が何でも生きて一緒に歓喜の雄叫びをあげ、千切れんばかりに日の丸を大きく振って最高の祝杯で盛り上がりましょうね。
もちろんその前に文仁親王殿下が天皇様になられた際も夜通し祝杯ですがね。
来年以降が楽しみですね。

新参者の分際でダラダラと長文失礼致しました。
親父様、これからも楽しみにしております。
ありがとうございました。

これで良かった

2015.12.16.09:12

親父様、更新お疲れ様です。
自分勝手に言いたいことを書いたブログが北米1位、人気ブロガーになっちゃってなんかプレッシャーを感じて辞めたくなったのでしょうか?すこし休んでまた書きたいときに書きたいように書いてください。 だってわがまま親父なんですから。親父様は60代でも7掛けですよ、まだまだ40代の半ばあたり、年齢など数字ですから。

居酒屋お雅をごらんあれ、あれは52?お股カイカイのアトピーでがちゃがちゃ歯で品も無く嫌なものを見てるだけ。 ヒロ飲み屋もでれでれ草さんは死相がでてるとあります。おふたりともある交差点で出会い、いろんな交差点をわたってきて、ああなったんです。 あれらがしてきた結果。国民にバレてきて良かったんです。なるように成った。 なるチャンおバカだね。
私ももし今の夫と結婚せず、お見合いした相手と結婚したら子供もできて、お金持ちになったかもしれない等と妄想したりもしますけど、ナイナイこれが私の人生だわ。 これで良かった、全部肯定。 全部自分が選択した結果。
人生楽しまなくちゃ。 共産党、民主党、福島瑞穂、アグネスチャン、朝鮮、国連、無駄だよ、大嫌い、引っ込め! でてくるな。 東宮の悪口大好きだよ。
親父様のブログも大好き! 
マタコガチャハジンギスキー&モッコリナルビオラヘターネ 出てくるな!

管理人のみ閲覧できます

2015.12.16.06:12

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.12.16.05:52

人世の交差点・・・確かにいくつものいろんな曲がり角がありました。
これからも大なり小なりあると思います。
しかしそれは時の運・・そう割り切っています。
 今・・結構楽しい毎日をお陰様で送っています。
これも多くの友人知人のおかげでしょうね。

後になってみないと...

2015.12.16.05:38

親父様こんばんは(かな?)

私もここ数日、落ち込む事があり、自分の心の弱さと葛藤して、自分の人生を振り返っていました。

何かを捨てなければ、何かを得られなかったように、いつも、つまずきの人生を繰り返し、孤独を糧にして、今を生きて来たように感じます。

ある人が...貧乏な人とは少ししかものを持ってない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ。
私たちは両手いっぱいに荷物を抱え込み過ぎて、大事な何かを抱きしめる余裕がなくなってはいないだろうか。
人間は必要なものを得る為に頑張らなきゃいけない時もあるけど、必要以上のモノはいらない。

そうだ...私は欲張りだから悲しいんだなと思いました(._.)

親父さま…

2015.12.16.03:05

いつも楽しく読ませて勉強させて頂いております。
600万アクセスが来たらブログをお止めになるなど、お止め下さいませ。
勝手な言い分ですが、私の愉しみの一つを奪わないで下さいまし。

あの時、右の道を選んでいたら…。
本当に、人生は知ってか知らずか選択の積み重ねなのですね。
なかなか嫁にも行けず、の私に心配のあまりに「お前の行く末を考えると夜も寝られない」と
顔見る度に訴える父の勧めに従い、お見合い結婚で一緒になった主人を
突然死で亡くし、9歳と4歳の子供を抱え10年が過ぎました。
あの時、結婚していなければこの子たちにも会えずで。
なんとなく、長男は親父さまに似ている気がします。
図々しいことですが。

長男が30歳が来たら、お前はこの子を産んで良かったと思うような良い子になってるよ、と言っていた父も
今年の3月に前触れもなく突然に逝ってしまい。
いまさら、私は物凄いファザコンだったのだと、ろくな親孝行も出来ずじまいを激しく後悔する毎日です。

親父さま。
人は悲しみの中でも生きていくのですね。
私は、なんの取り柄もないちっぽけな人間ですが
それでも、向こうで待つ父に会えたら少しは褒めてもらえるように
また明日も頑張って仕事して、子らに食べさせて、少しでも誠実なより良い日本人でありたいと願っています。

なんで、こんなお恥ずかしい話を。
すみません。
ブログ、楽しみにしております。
どうぞどうぞ、ご自愛なさって日々お幸せにお過ごしくださいませね。

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR