人は誰でも歳をとる。

2015.12.14.02:49

人は誰でも歳をとる、いやでも爺い婆あになる。
かくいう私も爺い街道現在ばく進中、いずれくたばる事になろうが今のところそれが何時なのかは分からない。

歳をとるという事は失う物の方が断然多い、この失う物、肉体的、精神的、物質的、様々であるが中でも肉体的な事が一番大きいと思う。

この肉体的な意味で失うものというか、なくなるもの、まず、髪の毛、若禿はともかくとして大概の人間は髪の毛が薄くなるかはげる、これは遺伝的要素もあるが老いる現象の一つ、黒々とした黒髪が白髪が混じり始め、髪の毛が細くなりそして抜け始め最終的には禿頭になる、余談な話になるがこの禿にならない方法を発見すればノーベル賞は間違いなく受賞できるという話もある。

私も髪の毛が白くなり、薄くなってきた、先日、マレーシア人のジョアンに頭を刈ってもらって仕上がりに手鏡で見たら頭の後頭部が薄くなっていて愕然とした、おまけに眉毛も白髪が混じり、どういう訳か伸びるのが早い、ついでだからこの眉毛も切ってもらった。

元、首相で余計な談話を出した国賊の村山富市みたいなあんな眉毛爺いになるのはまっぴら御免である。よく男性で爺いになってもふさふさの銀髪をしている方もあるが、この髪の毛、どうやらホルモンが影響しているらしい、
男性ホルモンの出が強い男は禿になる確率が高く、一方女性ホルモンの出が強い男は禿にならないらしい、科学的に検証された話かどうかはよく知らないが、確かに頭が剥げて脂ぎった男に精力絶倫,助平親父が多いのは間違いない、また、禿に悪人はいないという話があるがそれは嘘である、それは長い人生を生きてきてハゲで悪党だった奴、たくさんいたからだ。

これも余談だがカナダで暮らしてみて白人は若禿が多い、そのせいかどうかは知らないが彼らの多くが頭をそり上げていわゆるスキンヘッドにしている、白人、彫が深く整った顔立ちをしているのでそれはそれで恰好がいい、これをアジア人、顔が扁平な人種がやるとヤクザか坊さんにしか見えない所は残念である(笑い)。

歳をとると背が縮む、これはある、私も正確に身長を測った訳ではないが気持ち少し縮んだ気がする、もともと、背がそんなに高い方ではないのでこれもちと辛い。

皮膚、これも歳をとると肌に潤いがなくなり張りがなくなり皺や染みが出始める、私は男だからそんなにも気にはしていないが女性にとっては大きな問題だろう。

よく男の場合、歳を取るとハ、メ、マラ、の順番でいかれてくると言われている、ハは歯、メは目、マラは男性自身、私の場合はマラ、ハ、メの順番だった(笑い)

次は足腰、特に足には衰えがもろに出てくる、腰は若い頃よく振っていたせいか今のところなんとかもっている、有難い事である(大笑い)

さて精神的な事、これは肉体的な事に連動している場合もあるが、頭脳についてだけにしてもよく歳を取ると呆けるという、これは歳をとると脳細胞が死滅していき再生はしないからそうなるという話だが、確かに物忘れがひどくなるし集中力はなくなるし、我慢する事もなくなり我がままな人間になる、私は元々我がままな人間なのでこの括りには当てはまらないが、確実に頭の老化は始まってきている。

ただ、認知症やアルツハイマー病は脳の病気であるので老いとは関係はあるとしても誰でもがこのような病気になる訳ではない。別に考えた方がいいかと思う。


物質的な事、これは簡単に言えば歳をとっても金をもっているか持っていないか、社会的に活躍しているか、あるいは重要なポジションについているかどうかで状況は異なる。

大金持ちの年寄と貧乏な年寄り、この差は大きい、これはつくづく実感する。

金さえあればどんなよれよれ爺いだろうが婆あだろうが金の力で世の中のあらゆるサービスを買う事が出来るし、それなりの扱いを受けられる、贅沢もできるし歯が丈夫であれば美味い物を食う事も出来る、精力が残っていれば若い美人の女とも望めば一緒になる事も出来る、但しこれは男性、女性の場合は少ない(笑い)、実際に逆パターンはあるのかな?

よく偽善者が愛だけは金では買えないというが、そんな事はない、愛には種類と段階があるという事。

肉体的な意味での美醜、これも最新の整形外科手術で治せる部分もある、見た目は若く美人だが抱いたらなんじゃこりゃ、という方もなかにはおられる、これは聞いた話だが(これはホラー話にも匹敵する)、とにかく金で体のパーツは変える事が出来るという事。

社会的なポジション、これも大きい、そのポジションについているそれだけで尊敬の対象になる、場合によってはそのポジションの持つ権力に恐れられる事もある。したがって男の場合、歳をとっても爺いになってもできるだだけそのポジションにしがみついて居たい、老害だろうがなんだろうが当然といえば当然の話、こういう種類の男の場合は爺いになっても頭はシャープで丈夫で中々死なない、憎まれっ子世にはばかるの典型的な例。

その逆が善人は早死にする、長生きはともかくとしても簡単に死んでしまわないためには善人であることを止める事。

一方、歳をとって金がない老人、これはみじめである、相手にされない、関心を持たれない、邪魔にされる、大事にされない。もちろん、その家族によってはそうじゃない家庭もある。だがそうしたくともそうできない家族もあるし気持ちだけではどうにもならない部分がある、その老人達がそこそこ元気で多少の小金をもっているならともかく、長らくのわずらい、痴呆による徘徊、寝たきりの介護、そんな生活に疲れ果て一家心中何ての事件は数多くある。

もっと悲惨なのは身よりがあっても誰も引き取り手がない独り暮らし老人,わずかな年金(夫が残してくれた)があるために生活保護もうけられない、しばらく姿が見えない、と思っていたら小さな粗末なアパートで餓死していたなんて話、これが年寄を大事にする政治なのか、こんな死に方をするために生きてきた訳じゃないだろう。

老人になってもしこたま金を持っている、玉にはロクデナシ家族に騙されて放りだされる老人もあるが、その持つ金の力で家族の愛する老後を選ぶ事もできる。例として超高級、医療施設付き老人介護養老院、場合によってはお寺と契約もあって葬式、墓付でいたりつくせりもあるようである。この場合、家族も幸せ、本人も幸せ?かどうかは分からないが少なくとも不幸ではない。

クラーク博士の言葉ではないが、老人は大金を抱けと言いたい。


ただ、色々書いてきたが、これだけははっきりしている事がある、それは命あるものは何時かは老い、そして死んでいくという事、その事に長短はあるが、それは運もあり寿命もあるのでいいかんともしがたいが、いずれにしても必ず訪れる現象でありある意味極めて公平、人間は死んだら終わりには間違いない。

宗教的な意味、仏教でいえば極楽浄土、一神教でいえば天国、楽園、永遠の命、死後の世界を信じている方も多いと思うがそれはそれで否定はしない。ただそれらの極楽浄土や天国、楽園からこの世に帰還してその世界について証言した方はないので本当かどうかは分からない。

よく、長生きする事はいい事だと人はいう、そうだろうか?無駄に100歳近くまで長生きをする、そんなにお目出度い事なのだろうか

私はそうは思わない、長生きをしたくない人間もある、かくいう私もその一人、とは言っても人それぞれの寿命もあるので俺は長生きしたくないといっても、この野郎結構しぶとくいきているではないかといわれるかもしれないが、その場合には、すまん、としか言えない(苦笑)

酒もたばこも女も、そして博打もやらず100まで長生きした馬鹿にはなりたくない、それだけ。

最近、身近だった人達があの世に行く事が多くなってきた、ある日突然いなくなる、ロンググッバイ、けれども世の中はそんな事には関係なく何も変わる事なく続いていくし、それぞれの日常や生活もまた流れて行く、悲しみは続くとしてもその思いは段々と薄くなり、はかない思い出となる。

この阿呆なブログを書いていた親父、いつかは読者の方で昔ネットで阿呆な酔っぱらい記事を書いていたカナダに住む親父がいたな!稀に思い出す奇特な方も有るかも知れない。まあ、ほとんどの方は忘れ去ると思うが(笑い)

美しく歳を取る、そんな事は無縁の私ではあるが、暇老人の繰言、独り言として記事にしてみた。

そんな生き方、老後の過ごし方ばかりではない、当然そう反論する方もあると思う、貧乏何が悪い、俺は清貧な生き方で生きる、別に悪いなんていってない、人は好きに生きる権利がある、どこで野垂れ死にしようとかまわない、そう思えばやればいい、

あるいは現在癌や難病で闘われていたり激しい痛みに耐えて過ごしている方、そのような方から馬鹿野郎、何を脳天気な事をかいているんだ、そうお叱りを受けるかもしれない、だが私は自分の気持ちに正直に書いているだけ、

どっちにしても世の中、世界の中、ほとんどの人間は無名で死んでいく、どんな思いで生きたのか、どんな人生だったのも知られなく死んでいく、私もその中のひとり、それは間違いない。




自分の中でのカウントダウン、600万アクセスまで後1万ちょっと、。
スポンサーサイト

comment

Secret

Re: 老人は大金を抱け

2016.01.04.03:34

> 新年あけましておめでとうございます。

こちらこそ、今年も宜しく、マルガリータさん。!!

さて、マルガリータはどんな老後を迎えるのかな?,,,,答え、可愛いおばあちゃんになる、お金はそこそこある、かな?

タダね、お金と暇があっても健康でなければ意味がない、こんな話、人の言う事を聞かない親父が言っても説得力がないかれど、そんな訳でマイコプラズマ肺炎早く治してね!!

老人は大金を抱け

2016.01.03.00:01

新年あけましておめでとうございます。

マイコプラズマ肺炎で 
自宅静養=軟禁状態で
気分落ち込み中のマルガリータです・・・

親父様のブログ いつも 楽しみにしています。
更新ありがとうございます。

・・

さて 老人は大金を抱け
まったくもって おっしゃる通り と感じます

うちの親戚 
お金もちから 貧乏まで
幅広くおります

やはり 親戚の中で お金がある叔父叔母
近所に住んでいますが
とても 幸せそうです

お正月も 都心のホテルでお食事、
娘 息子 孫たちをひきつれて・・・
もちろん 会計は叔父叔母が 笑顔で引き受け

マルガリータも誘ってもらいましたが
病気のため 辞退です。。。
残念・・・ 


でも 神様って 平等ですね・・・
人間って 1日3食・・・お金もちも 貧乏も・・・

お金もちの 叔父は 痛風、
叔母は糖尿・・・
おいしいもの たくさん 食べられません・・・

マルガリータ
どんな老後がまってるのかなぁ・・・

年金は あてにならない感じ・・・・

あの国の留学生に 返済不要の奨学金をあげるくらいなら
その予算を ニッポンジンの年金に
まわしてほしいです




管理人のみ閲覧できます

2015.12.30.02:50

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2015.12.24.16:05

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは 親父様

2015.12.21.18:45

こんばんは、日本は 今 暖冬で
スキー場には 雪が不足なんだとか・・

確かに いつもの冬に比べて 暖かいです。
まだ 12月だと言うのに 薔薇が咲いてますから・・

さて 
人は誰でも歳をとる 
という内容

お金餅老人
貧乏老人
のお話を ナルホド!! と言う気持ちで
拝読しました。

私は まだ先の話ですが
1年のなかで 半分を 海外で暮らしたい・・・

年金をもらったら のお話なので まだまだ10年以上
先の話です。

タイ か ベトナムで 冬の2カ月位
暖かいところで 暮らしたい・・

東南アジアは 物価が安いので 
生活には 困らなそう・・・

そして 日本で 暑い夏の二か月は
カナダなど 涼しいところで すごしたい・・
普通のホテルに ロングステイして。

という感じに 夢をいだいております。

実現しますように
お仕事 がんばって
貯金しなくちゃね。







Re: No title

2015.12.17.08:10

> オヤジ様、オヤジ様は頭の回転が早くおしゃれで素敵ですよ。うちの主人もオヤジ様はgentleman with sense of humour と申しておりました。仕事のない日でもなかなか体調がすぐれませんで、すっかりご無沙汰していますが、近いうちに是非またお目にかかれたらと思います。これからも正直な記事楽しみにしています。

カフェオレさん、コメント有難うございました。

お腹の調子如何ですか、大事にしてくださいね、出産はいつ頃になるのかな、その時は日本、カナダ?

きっと可愛い赤ちゃんになるでしょうね、もう名前は考えているのでしょうか、カフェオレさんも綺麗だし、ダンナもハンサムだし私も会うのが楽しみ、また、近い内にお会いしましょうね!

Re: 考えさせられました

2015.12.17.08:04

モモンガさん、コメント有難う御座いました。

北陸、石川県には何回は行ったことがあります、また祖母の故郷でもあります、兼六園も良かった、今は北陸新幹線もできて便利になったようですね、機会があればまた訪れてみたい土地です。

水底に横たわりながらゆっくり、、、そのまま沈みぱなしだったり(笑い)

温かいコメント、感謝しています。

Re: それでも長生きして欲しい

2015.12.17.04:53

秘密のAさんへ

お父上、まだお若いのに残念だったですね、お気持ちは分かります、母上、これもお身内、ましてや娘であれば混迷状態でも生きて欲しいと願う、当然だとは思います。

でもこの辺の判断は難しい、植物人間化した状態で生き続ける事にどう対処、判断するか、私ももし母がそのような状態になったとすれば迷うでしょうね。

また、寄ってくださいね!!

Re: No title

2015.12.17.04:46

> 親父様、お久しぶりです。
> 無名な人も、名を知られていた人も、いずれは死んでいきますよね。
>
> 私の祖母の話なのですが、少し前に亡くなったのですけど・・・
>
> 「生きていたって、人様のおやくにたてないのなら死んでしまいたい」
>
> 祖母は96歳でした。いつも長生きし過ぎたと言っていました。
>
>
> あたしね、尊厳死って言うのかな。アレありだと思ってます。
> 法律でそういうのがあれば、それもまたいいのじゃないかと。
>
> こんなこと書くと、お叱りがあるのかも知れませんが。。。
>
>
> もしも永遠というものが本当にあるとするならば・・・。
>
> 人は誰をも、死など恐れないかも知れませんね。
>
>
> う~ん、まとまりのないコメントでごめんなさい。
>
>
> 親父様、ブログ続けていただいて良かったあ☆
>
> あたしファンですもん!親父様のブログを見ていると、
>
> 生まれた故郷を思いだします。どうしてなのか分らないですけれど(笑)
>
> ね~ 親父様はカナダ在住なのにね(^^)


ユキさん、コメント有難うございました。

尊厳死の話、私も同じ意見です。自分で決めてもいい場合もあるそう思います。よくいう話、生前ろくでなしも悪党も死んでしまえば皆いい人、私の場合はどっち?

Re: ご挨拶

2015.12.17.04:28

秘密のK彦さん、いつも丁寧なお便りを頂き有難う御座います。

日本での葬儀、特にお歳を取った高齢者の場合、参列者も少ないので身内だけで寂しい葬儀になってしまう、よく聞きますね。

こちらでは地域や同じ民族もあって年寄であっても葬儀は結構大きく行われます、大体が土葬が主流なので葬儀場から墓地まで相当長い車列が出来ます、場合によっては警察車両が先導し信号もノンストップ、

私自身は葬儀もお墓も要らないと思うが、仮に私が残された家族であれば寂しい葬儀は嫌ですね。

ご祖父が撮られた写真、ナイアガラの滝が多いようですが、一度、ナイアガエラ、見に来られたら如何ですか、我が家から2時間でいけます。

Re: No title

2015.12.17.04:14

アリエスさん、コメント有難う御座いました。

正直に書きますが、アリエスさんの事、最初は男性だと思っていた事、女性と分かってからまだ30代位の若い女性と思っていた事、
これには理由がありました、それは貴女が書かれている文章力、何というか飛んでいる(良い意味で)

ですのでくそばばあになるのは相当先になるのでは?と思いますよ(笑い)

女性の社会批判、皇室批判ブログいくつもありますが、舌鋒鋭い文章を書く、その5本の指に入ると思います。

是非是非、このまま,疾走し続けて欲しいですね!!

管理人のみ閲覧できます

2015.12.15.20:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.12.15.18:48

はじめまして。 時々ブログを拝見して、この親父、なんでこんなに東宮の事ボロクソに言うんだ。言いがかりじゃないか。自分のストレス発散のために妄想国の東宮批判か…と呆れたり、馬鹿にしたりしてましたが、今日のブログは共感しました。
こんないい事これからも書いてください!
ウチの父もこんな風に考えてるのかな…としんみりしてしまいました。

管理人のみ閲覧できます

2015.12.15.16:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 年の取り方

2015.12.15.13:12

> マラのお話は常々お聞き致しておりましたが、
>
> 歯もやられてるとはつゆ知らず。
>
> ですが私は、マラ、ハ、メをやられている親父さまでも、
>
> こんなすってきぃ〜な年の取り方の親父がいいな。
>
> いつでも洒落者で優しゅうて、
> そんな年の取り方の親父がいいなぁ。
>
>
> (怒)はお止め下され。(笑)


マダム、そういう理由だったのね、了解!!

そうです、私は身体障碍者ですぞ、だから危険な男ではありません、人畜無害爺い、役立たず、XX立たず安心めされよ(笑い)

でもバイアグラ使った事がないのでもしかして効くかもしれない、その時は危険な男になるかもよ!!

Re: 初めまして

2015.12.15.13:06

> 親父様 初めまして。
> 一年半位前に皇室関係でたどり着き、それ以来楽しく拝見させていただいております。
>
> 去年でしょうか?親父様が夕張出身だというのを知りまして、びっくりしました。私の祖母は大夕張の炭鉱で、飯場をしていました。祖父は炭鉱夫でした。私は、就学前に神奈川県に引っ越しましたが、夏休みには毎年大夕張の祖母の元で過ごしました。炭鉱の荒くれおっちゃん達にとても可愛がってもらいました。
> 初めてのコメントで、自分の事を長々と申し訳ありません。なんだかブログが終わってしまいそうな、さみしい感じがしたので。
> たまに、夕張の画像を見させていただいています。親父様のブログ大好きです。酔っぱらって愚痴でもなんでも書いてください。
> これからも楽しみにしています。


猫マタギさん、こちらこそはじめまして、そしてコメント有難うございました。

私が生まれたのは夕張市、福住にあった炭住で、育ったのは清水沢、清陵町という街でした。この街は北炭夕張という会社に勤める人で構成された街、住民全てが炭鉱関係者でした。

貧乏も金持ちもなくいい少年時代でしたね、その故郷、今は何もありません、20年前に初めて帰った故郷、その変わりように呆然としましたね。

夕張には祖母の墓もありますので来年の一時帰国の時は北海道まで足をのばしてみよう、そう思っています。

Re: 生きるって大変!

2015.12.15.12:55

ねえちゃんへ

寒さこらえて生きてますかあ~

歳をとると一年があっという間に過ぎる、本当ですね、元気でお金も余り余る程もっている、ならそれなりに爺い人生も面白いのでしょうが、ただ生きているだけでは面白くもなんともありません。

まだ行ってみたいところもあります。でもエコノミークラスでの移動は疲れる、豪華客船のクルーズこれは私みたいな好きなように動きたい人間にはちょっと合わない、で、結果、自宅で無為に過ごす毎日、つまらん、

ま、何を贅沢いってんじゃないよ、でしょうが、
>   

Re: No title

2015.12.15.12:40

> 自分が勤務している特別養護老人ホーム、67歳から100歳数か月までの方々が生活されている。
> 普通に会話ができて冗談も言える方もいれば、一日中独語を言ってたた生きている状態の方もいる。
>  目標は死ぬまで自分のことが自分でできる・・これでしょうか!
> 日々の生活を心して生きる。
> そう思いますね。


がんこじじいさん、お勤め先の特養ホーム入居されている方は恵まれた方達なんでしょうね、私にも来年92歳になる母がいます、今のところ元気ですが、将来このような施設にお願いするようになるかもしれません。

今、母が暮らしているのは私の自宅、妹も自宅があるので一緒に暮らそうといいますが、まだまだ大丈夫だといって動きません。

いずれきちんと考えなくてはなりませんね。

管理人のみ閲覧できます

2015.12.15.09:35

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.12.15.09:08

オヤジ様、オヤジ様は頭の回転が早くおしゃれで素敵ですよ。うちの主人もオヤジ様はgentleman with sense of humour と申しておりました。仕事のない日でもなかなか体調がすぐれませんで、すっかりご無沙汰していますが、近いうちに是非またお目にかかれたらと思います。これからも正直な記事楽しみにしています。

考えさせられました

2015.12.15.05:14

親父さま、記事のUP 有り難うございます。
確かに 年を取る・・・というのは 喪失していく。 ナニかを 喪失する体験ですよね。どんどん 片付けてく?人生の断捨離?な感じでしょうか。
人生の先輩の お言葉は ゆっくりと 沁みる感じです。


冬季は 精神的にも 肉体的にも 停滞の時期ですよね。
私も 北陸石川県に嫁いで 17年。
晴れる日のない 冬空を眺めるウチに冬季鬱病になった過去があります。 10年程 続きました。
鬱病特有の…こう沈みきった 感じ…よく解ります。親父さまも 今は 水底に 横たわりながら ゆっくり 水面を眺めていて下さいませね。

よくぞ 記事のUPをして下さいました。無理しないで下さいね。







No title

2015.12.14.23:03

親父様、お久しぶりです。
無名な人も、名を知られていた人も、いずれは死んでいきますよね。

私の祖母の話なのですが、少し前に亡くなったのですけど・・・

「生きていたって、人様のおやくにたてないのなら死んでしまいたい」

祖母は96歳でした。いつも長生きし過ぎたと言っていました。


あたしね、尊厳死って言うのかな。アレありだと思ってます。
法律でそういうのがあれば、それもまたいいのじゃないかと。

こんなこと書くと、お叱りがあるのかも知れませんが。。。


もしも永遠というものが本当にあるとするならば・・・。

人は誰をも、死など恐れないかも知れませんね。


う~ん、まとまりのないコメントでごめんなさい。


親父様、ブログ続けていただいて良かったあ☆

あたしファンですもん!親父様のブログを見ていると、

生まれた故郷を思いだします。どうしてなのか分らないですけれど(笑)

ね~ 親父様はカナダ在住なのにね(^^)

管理人のみ閲覧できます

2015.12.14.21:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015.12.14.20:36

親父さま、こんばんは。

先日は拙ブログにお越しくださいましてありがとうございました!

さて、トップの写真。ずいぶんダンディなお姿ですね!!これだけダンディなら死神は近づきませんよ(笑) 素敵な女神さまが近づいてくるかも(笑)

今回の記事。色々なことを考えさせられました。私も人生折り返しを過ぎましたので、あとは棺桶に向かって一直線です。人間の寿命は生まれおちた時から決まっていると言われます。私もあと何年生きるのかわかりませんが、最後まで自分のことは自分でできるようなクソババアでいたいと思いますが、貧乏なババアは嫌ですね(笑)

親父さまがおっしゃるように、金がなければ世の中何もできません。施設に入りたくても金が必要ですし。私は一生独り身でいると思うので、どういう最後を迎えるかということをボチボチ考えておく必要があるな~と最近思っています。

親父さまがいう「無駄な長生き」で思い出すのが、村山富市と100歳を超えた赤い皇族三笠宮です(笑)子供の男子三人は全部自分より早くあの世行き、その息子たちの子供は全員女。やはりろくでもない皇族の男系の血は残らないように神様が差配したように感じます。

いろんなことがあったけど、まあ楽しかったと思って最後を迎えたらいいとは思いますが、その前に日本人としてやらなければならないことがたくさんあるので、日々衰えていく体に鞭うって(笑)もう少し頑張ろうと思います。

管理人のみ閲覧できます

2015.12.14.19:53

このコメントは管理人のみ閲覧できます

年の取り方

2015.12.14.19:45

マラのお話は常々お聞き致しておりましたが、

歯もやられてるとはつゆ知らず。

ですが私は、マラ、ハ、メをやられている親父さまでも、

こんなすってきぃ〜な年の取り方の親父がいいな。

いつでも洒落者で優しゅうて、
そんな年の取り方の親父がいいなぁ。


(怒)はお止め下され。(笑)

こんにちは 親父様

2015.12.14.16:30

こんにちは 親父様。

マルガリータ、マイコプラズマ肺炎という
病気になり 家で 軟禁(?)状態。。。
ベトナム旅行も行けなくなり 
毎日 時間をもてあましており
親父様の 過去の お書き込みを拝見しておりました。

過去ページで
お若いころの 奥様との初々しいお二人の お写真!
可愛いお二人。
お二人の お幸せが長く長く あと30年は
続きますように!

さて マルガリータ 
頭のなかは お花畑から 覚醒していますが
年ばっかりとって 今は 中年オバサンの領域です。

まだ子供が学生ですから がんばって 社会人になるまで
育てないと・・・


・・
ハメマラのお話 爆笑! です。
マラって どういう漢字を書くのか?とおもって
WEBで調べたら マラとは 正式な日本語では無く
隠語 なんですね・・
別な意味では 下記のとおり フィギアまでありました・・
(もし 下品だと感じられましたら すみません 謝罪します)

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9%E6%A7%98

親父様のブログ 大変 勉強になります!!!

・・・・







初めまして

2015.12.14.12:27

親父様 初めまして。
一年半位前に皇室関係でたどり着き、それ以来楽しく拝見させていただいております。

去年でしょうか?親父様が夕張出身だというのを知りまして、びっくりしました。私の祖母は大夕張の炭鉱で、飯場をしていました。祖父は炭鉱夫でした。私は、就学前に神奈川県に引っ越しましたが、夏休みには毎年大夕張の祖母の元で過ごしました。炭鉱の荒くれおっちゃん達にとても可愛がってもらいました。
初めてのコメントで、自分の事を長々と申し訳ありません。なんだかブログが終わってしまいそうな、さみしい感じがしたので。
たまに、夕張の画像を見させていただいています。親父様のブログ大好きです。酔っぱらって愚痴でもなんでも書いてください。
これからも楽しみにしています。

生きるって大変!

2015.12.14.11:06

 新しい年が近づいて来るといつも思うこと…「あ~ またあの世へ一歩近づいたか!」目出度くもないのに、おめでとうございますの連呼、心の声は「何がめでたいんだ?」と呟きながら、作り笑顔でおめでとうございます~ 笑ってしまいます。 こんな馬鹿な女ですから、たかが知れた人生……我慢、我慢で耐えるばかりの人生にも終わりが近づいて来ている事が感じられます。 耐えるばかりが女の道かぁ~冗談じゃないわ!私も我がままいっぱい生きてやる!と息巻いてみても、お金はない、若さも美貌もない、あるのは衰えた体のみ……… 
あぁぁ~~ないないずくしですわ!
 やっぱりお迎えが来るまで清く正しく生きてまいりますわ(??)   だんだん年老いて我が身も自由にならなくなった母のひと言を、思い出します。 「人間にとって歳くらい敵(かたき)なものはない」   

 親父様 本日も楽しく拝読させていただきました。 呉々もご自愛くださいますように…… ねえちゃんも寒さこらえて生きてます(笑) 
  

No title

2015.12.14.05:53

自分が勤務している特別養護老人ホーム、67歳から100歳数か月までの方々が生活されている。
普通に会話ができて冗談も言える方もいれば、一日中独語を言ってたた生きている状態の方もいる。
 目標は死ぬまで自分のことが自分でできる・・これでしょうか!
日々の生活を心して生きる。
そう思いますね。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR