スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行く年、来る年、そしてコメントを頂いた皆様、ありがとう御座いました。

2015.12.31.08:31

今年も押し迫ってから持病が出たり、迷いが出たりでブログからも遠ざかっていましたが、それでもいつもこの下らないブログに相変わらず訪問していただいた皆様に改めてお礼を申し上げます、今年一年有難う御座いました。

又、本来なら個別にコメントお返しをしなければならないのですが、ここで一括にてご返事をすることについてお許し下さい。

チョッチョさん、
大野さん
マルガリータさん、
Misa先生、
ピエールさん、
Kuonさん、
きくさん、
マダムさん、
み~ちゃんさん、
ウナさん、
Asahiさん、

コメント有難うございました。


皆様にとっても来年が良い年でありますように、カナダからもお祈り申しあげます。
スポンサーサイト

人間交差点。

2015.12.15.23:50

600万アクセスになったらブログをやめるかどうかはまだ迷ってはいるが、それはさておいて、67歳まで生きてきて最近過去を振り返る事が多くなってきた。

勿論、過去を振り返ってどうにでもならない事は承知してはいるが、それでももしあの場面でこうしていれば、あるいはあの人と出会わなければ,別れていなければ、そう考えると今の私の境遇は全く違う結果になっている筈で、そう考えると人生とは不思議なものである。

人間交差点と銘打ってブログ記事を書き始めたが、人との出会いを含めてさていくつの交差点を渡ってのかはもう思い出せない。
この事は私だけではなく色んな方々にも当てはまる事だと思うが、書いてみたい。

人生で渡ってきた交差点、大きい信号のついた交差点もあれば、信号機のない無人の小さな交差点もあった、何も気にせず渡った交差点もあれば、注意して慎重にわたった交差点もあったと思う。

渡ってはみたがさて何処へ行ったらいいのか、そんな時もあった。目的地を見失いかけた事もあった。

結局のところ、人生とは人との出会いとその時の決断というか、状況判断というか、選んだ選択というか、そんな事の積み重ねなんだろうと思う。


これは過去にブログ記事でも書いたが、私の子供時代は悲惨だった、北海道の炭鉱街で生まれ育った頃は周りは殆ど同じような生活環境で貧乏も金持ちもなかったし、これが当たり前の生活だと思っていた。だが石炭産業が斜陽化し父が早期退職を選び、新天地を求め本州に生活を移してから生活は一転してしてしまった。

後年、振り返って思えば父と母、男と女としての組み合わせが元々悪かったのだと思う、酒ばかり飲んで理想ばかり追いかけてる父としっかり者で現実主義者であった母、これがもし違う形、それぞれが合った形での結婚であったならばもしかして幸せだったかもしれない。まあ、そうであったならば私という人間もこの世にいなかった事にはなるが、

私が小学校高学年の時に両親は離婚した、理由は性格の不一致、父の暴力、父には金がなかったので何の援助もなかった、しかたなく親戚を頼って関東に出てきた、それから悲惨な生活が始まった、母は私達子供の為に昼夜懸命に働いた、私や弟も新聞配達や牛乳は配達もやった、妹はまだ幼かった、それでも食べていくだけで一杯、母も時には仕事を失った、もうどうにもならず生活保護を受けた。

私はこの当時の記憶は恥辱として残っている、それは当時の生活保護課の担当だった女が、意地の悪い人を見下す人間で自分の金でもないのによく嫌味や馬鹿にした態度を取っていたからだ、私がその金をもらいにいく役目だった。

母もその事は知っていた、だから今でも当時の事の話になると、あの時はお前に苦労かけたね、と謝る。こんな生活だったから中学生になるころはいっぱしの不良少年、学校で問題児として事件を起こし、親戚の家に預けられた、それから色んな事があった、
親戚の家から学校に行き、夜はナイトクラブ厨房でバイト、そんな生活だったのでロクな学校は出ていない。

それでも会社に就職し懸命に働き、収入も安定して25歳の時、当時の住宅公団、特別分譲住宅という団地形式の3LDKの住宅を買い、やっと家族で暮らせるようになった。

正直に書けば不良少年時代、やくざ組織にも入りかけた事もある、まともになる前には喧嘩事件で臭い飯を食った事もある、後年、カナダに移住するために無犯罪記録を提出しなければならなくなり、警察からの書類を渡される時、内心駄目だと思っていた。

妻と一緒に警察署に行き、係官からちょっとと別室に呼ばれた時、妻にどう言ったらいいか、それは妻には警察に指紋を含め犯罪記録がある事は内緒にしていたからだ。

記録はあったが前科としては懲役ではなく罰金刑、係官にだから安心していいよ、心配していたのでしょう、なんて言われてしまった。

ちなみに捕まった時の罪状、暴力行為、銃砲刃物不法所持、住居家宅不法侵入、これは本来なら懲役刑になる筈であったがある方が警察関係に顔が利く人で、その人のお陰で罰金刑で済んだ。


会社員時代、社会は右肩上がりの時代、懸命に働きそれなりの成果もあげた、そこそこの出世もした、女とも遊んだし、彼女も沢山いた、中には一緒になってもいいと思った女も何人かいた、相手もそう期待していたことだったと思う。

今でも時々、あの女と一緒になっていたら一体どうなっていたことだろうと思う事がある、もしかして子供がいっぱいいて今頃は孫の世話なんかしていたかもしれない。
ある女性とは妻と結婚するまで関係が続き、もうにっちもさっちもいかなくなり、妻から私か彼女か選びなさいと言われたほど、それほど惚れていた。

妻との出会い、それは私が会社員時代の駆け出しの頃、仕事関係先の船会社で出会った、最初に会った時は吃驚した、それは体の半分が足、それほど長くて素敵な脚をしていた、当時はフィリピン人の女性なんかいない時代、これは是非彼女になんて考えてアプローチをしたが、何せ英語は話せない、結局最初の出会いから結婚するまで7年位かかってしまった。

元元はフィリピン大学を卒業後、叔父叔母が当時、麻布にあったフィリピン大使館の書記官、それを頼って来日していた、知り合いに勧められて船会社でアルバイト、それが出会った頃の状況だった。


今の私がある、多分彼女と結婚したことから始まるように思う。

何故、移民を決意したか、それは妻も私もいずれ妻の故国に住みたいと思っていた、着々とその準備もしていた、だがある事で長年勤めていた会社を辞めざるを得ない状況があって決断が早まった事にある。

この事は過去に記事にもしたが、私という人間は要領とか追従が出来ない人間で,馬鹿な癖に偉そうな事を言う人間が大っ嫌いで、それが態度にでるという悪い癖がある、それがたまたま、創業者社長の倅の2世だった、彼もただの2世ではなく事業家としての才能もあるという事をみせたかったのであろう、メインバンクから多額の融資を受けて色んな事業を起こした、勿論その融資は本社からの債務保証があっての話、ところがバブルが弾けたと同時にそれらの会社、すべて倒産、所詮お遊びだった。

このつけは大きく、本社も危なくなってきた、だがこの2世社長、反省もなくこれからみんなで頑張っていきましょう、他の役員は陰で文句や非難をするも会議では石の地蔵、そこで私はつい言わんでもいいことを言ってしまった。

で、その会社にいられなくなった、それが事件の顛末、

だが,後で物凄く後悔はしたが、もし、あの時言わんでもいいことを言っていなかったとしたら今の私はないし、カナダにもいなかった筈、

後日談として、

実はその後、社長から人を介してこのような話があった、公の場で詫びを入れ詫び状を出せ、そうすれば赦す、正直言って迷った、仕事も好きだったし、私もその会社で育った、辞めたくはなかった。

だが組織の中で働いた経験のある方なら解ると思うが、散々言いたい事を言ってきた人間が批判した相手に白旗を上げて全面降伏、そりゃ会社に残れるかもしれないが、周りからみればそいつはもう終わった人間になる、結局,辞めざるを得なかった。

そう粋がって辞めたはいいが、、、、、


話は前後するが、妻と一緒になってから子供は出来なかった、妻と私と共稼ぎ、英語でいうとダブルインカム、ノーキッズ、そんな事もあって30歳で一戸建ての家を建てた、収入も辞める前には2人で年に1千200万位あった、よく知らないが貯金も相当あったのだろう、その事はカナダに移民する条件、資産6千万以上を有していること、にも適合したからだ、これは年寄がカナダにきてもやっていける為の条件、逆にいえば資産のない高年齢者はいらないという事、この資産という意味、これは日本に持つ不動産、海外に持つ不動産、預貯金、老後に入る年金合計すべてを合わせたもの、現金だけの話ではない。

そうやってカナダにきてからもう直ぐ16年目になる、お陰様でこんなくだらないブログなんか書き散らす生活をしている。まあ、悪くはない,と言っても良くもないが(笑い)

今ある生活が運命だったかどうかわからないが、過去のその時その時の対処の仕方、判断の結果、良くも悪くも、その延長上に今がある、そう思う、

もし若い昔に戻る事ができるとすれば、そんな問いがあるとするならば、私の答えはこうなる、そんな事はしないしやりたくもない、
今がよければそれでいい、

いずれにしても私の人生、そんなに長くはない、ドラマチックな人生ももう最終章、終わり良ければ総て良し,後は人様に迷惑をかけない程度におっちんじゃう事、再会する事のないロンググッバイ、長かったようで短い一生。


今日もだらだらしょうもない事を書いてしまった。、、、、、、歳だなあ~


総アクセス、600万を待っている間の余談として、

私のブログ、ブログ開始時の設定としてジャンルは海外情報とした、FC2ブログでランキングに参加するか、参加すると答えた、
だが、ランキングがどのような方法でカウントされているのかは分からない。

調べると私のブログ海外情報では8287人中5位、これは海外情報ブログとしてやっている方が8287人いるという事。一方、北米に限って言えば1166人中1位、これも海外情報ブログとして北米から発信している方が1166人いるという事。
確かに訪問者記録を見ても世界のいろんな国にお住みな方からのアクセスがある事がわかる、その男女の割合でいえば圧倒的に女性が多い、そしてこれも特徴的なんだが、愛国者になった方が多い(笑い)

但し、韓国にお住みなっている方はいまだにウラナリ、ファンタジーが解けない方も多い、まあ、韓国人旦那と仲良くすればいい。

こんな事を書いていたら既に総アクセス、600万回を超えていた、ある意味一つの区切りの瞬間であった。

今後について続ける、続けないの結論は暫くしてから出したいと思っている。

人は誰でも歳をとる。

2015.12.14.02:49

人は誰でも歳をとる、いやでも爺い婆あになる。
かくいう私も爺い街道現在ばく進中、いずれくたばる事になろうが今のところそれが何時なのかは分からない。

歳をとるという事は失う物の方が断然多い、この失う物、肉体的、精神的、物質的、様々であるが中でも肉体的な事が一番大きいと思う。

この肉体的な意味で失うものというか、なくなるもの、まず、髪の毛、若禿はともかくとして大概の人間は髪の毛が薄くなるかはげる、これは遺伝的要素もあるが老いる現象の一つ、黒々とした黒髪が白髪が混じり始め、髪の毛が細くなりそして抜け始め最終的には禿頭になる、余談な話になるがこの禿にならない方法を発見すればノーベル賞は間違いなく受賞できるという話もある。

私も髪の毛が白くなり、薄くなってきた、先日、マレーシア人のジョアンに頭を刈ってもらって仕上がりに手鏡で見たら頭の後頭部が薄くなっていて愕然とした、おまけに眉毛も白髪が混じり、どういう訳か伸びるのが早い、ついでだからこの眉毛も切ってもらった。

元、首相で余計な談話を出した国賊の村山富市みたいなあんな眉毛爺いになるのはまっぴら御免である。よく男性で爺いになってもふさふさの銀髪をしている方もあるが、この髪の毛、どうやらホルモンが影響しているらしい、
男性ホルモンの出が強い男は禿になる確率が高く、一方女性ホルモンの出が強い男は禿にならないらしい、科学的に検証された話かどうかはよく知らないが、確かに頭が剥げて脂ぎった男に精力絶倫,助平親父が多いのは間違いない、また、禿に悪人はいないという話があるがそれは嘘である、それは長い人生を生きてきてハゲで悪党だった奴、たくさんいたからだ。

これも余談だがカナダで暮らしてみて白人は若禿が多い、そのせいかどうかは知らないが彼らの多くが頭をそり上げていわゆるスキンヘッドにしている、白人、彫が深く整った顔立ちをしているのでそれはそれで恰好がいい、これをアジア人、顔が扁平な人種がやるとヤクザか坊さんにしか見えない所は残念である(笑い)。

歳をとると背が縮む、これはある、私も正確に身長を測った訳ではないが気持ち少し縮んだ気がする、もともと、背がそんなに高い方ではないのでこれもちと辛い。

皮膚、これも歳をとると肌に潤いがなくなり張りがなくなり皺や染みが出始める、私は男だからそんなにも気にはしていないが女性にとっては大きな問題だろう。

よく男の場合、歳を取るとハ、メ、マラ、の順番でいかれてくると言われている、ハは歯、メは目、マラは男性自身、私の場合はマラ、ハ、メの順番だった(笑い)

次は足腰、特に足には衰えがもろに出てくる、腰は若い頃よく振っていたせいか今のところなんとかもっている、有難い事である(大笑い)

さて精神的な事、これは肉体的な事に連動している場合もあるが、頭脳についてだけにしてもよく歳を取ると呆けるという、これは歳をとると脳細胞が死滅していき再生はしないからそうなるという話だが、確かに物忘れがひどくなるし集中力はなくなるし、我慢する事もなくなり我がままな人間になる、私は元々我がままな人間なのでこの括りには当てはまらないが、確実に頭の老化は始まってきている。

ただ、認知症やアルツハイマー病は脳の病気であるので老いとは関係はあるとしても誰でもがこのような病気になる訳ではない。別に考えた方がいいかと思う。


物質的な事、これは簡単に言えば歳をとっても金をもっているか持っていないか、社会的に活躍しているか、あるいは重要なポジションについているかどうかで状況は異なる。

大金持ちの年寄と貧乏な年寄り、この差は大きい、これはつくづく実感する。

金さえあればどんなよれよれ爺いだろうが婆あだろうが金の力で世の中のあらゆるサービスを買う事が出来るし、それなりの扱いを受けられる、贅沢もできるし歯が丈夫であれば美味い物を食う事も出来る、精力が残っていれば若い美人の女とも望めば一緒になる事も出来る、但しこれは男性、女性の場合は少ない(笑い)、実際に逆パターンはあるのかな?

よく偽善者が愛だけは金では買えないというが、そんな事はない、愛には種類と段階があるという事。

肉体的な意味での美醜、これも最新の整形外科手術で治せる部分もある、見た目は若く美人だが抱いたらなんじゃこりゃ、という方もなかにはおられる、これは聞いた話だが(これはホラー話にも匹敵する)、とにかく金で体のパーツは変える事が出来るという事。

社会的なポジション、これも大きい、そのポジションについているそれだけで尊敬の対象になる、場合によってはそのポジションの持つ権力に恐れられる事もある。したがって男の場合、歳をとっても爺いになってもできるだだけそのポジションにしがみついて居たい、老害だろうがなんだろうが当然といえば当然の話、こういう種類の男の場合は爺いになっても頭はシャープで丈夫で中々死なない、憎まれっ子世にはばかるの典型的な例。

その逆が善人は早死にする、長生きはともかくとしても簡単に死んでしまわないためには善人であることを止める事。

一方、歳をとって金がない老人、これはみじめである、相手にされない、関心を持たれない、邪魔にされる、大事にされない。もちろん、その家族によってはそうじゃない家庭もある。だがそうしたくともそうできない家族もあるし気持ちだけではどうにもならない部分がある、その老人達がそこそこ元気で多少の小金をもっているならともかく、長らくのわずらい、痴呆による徘徊、寝たきりの介護、そんな生活に疲れ果て一家心中何ての事件は数多くある。

もっと悲惨なのは身よりがあっても誰も引き取り手がない独り暮らし老人,わずかな年金(夫が残してくれた)があるために生活保護もうけられない、しばらく姿が見えない、と思っていたら小さな粗末なアパートで餓死していたなんて話、これが年寄を大事にする政治なのか、こんな死に方をするために生きてきた訳じゃないだろう。

老人になってもしこたま金を持っている、玉にはロクデナシ家族に騙されて放りだされる老人もあるが、その持つ金の力で家族の愛する老後を選ぶ事もできる。例として超高級、医療施設付き老人介護養老院、場合によってはお寺と契約もあって葬式、墓付でいたりつくせりもあるようである。この場合、家族も幸せ、本人も幸せ?かどうかは分からないが少なくとも不幸ではない。

クラーク博士の言葉ではないが、老人は大金を抱けと言いたい。


ただ、色々書いてきたが、これだけははっきりしている事がある、それは命あるものは何時かは老い、そして死んでいくという事、その事に長短はあるが、それは運もあり寿命もあるのでいいかんともしがたいが、いずれにしても必ず訪れる現象でありある意味極めて公平、人間は死んだら終わりには間違いない。

宗教的な意味、仏教でいえば極楽浄土、一神教でいえば天国、楽園、永遠の命、死後の世界を信じている方も多いと思うがそれはそれで否定はしない。ただそれらの極楽浄土や天国、楽園からこの世に帰還してその世界について証言した方はないので本当かどうかは分からない。

よく、長生きする事はいい事だと人はいう、そうだろうか?無駄に100歳近くまで長生きをする、そんなにお目出度い事なのだろうか

私はそうは思わない、長生きをしたくない人間もある、かくいう私もその一人、とは言っても人それぞれの寿命もあるので俺は長生きしたくないといっても、この野郎結構しぶとくいきているではないかといわれるかもしれないが、その場合には、すまん、としか言えない(苦笑)

酒もたばこも女も、そして博打もやらず100まで長生きした馬鹿にはなりたくない、それだけ。

最近、身近だった人達があの世に行く事が多くなってきた、ある日突然いなくなる、ロンググッバイ、けれども世の中はそんな事には関係なく何も変わる事なく続いていくし、それぞれの日常や生活もまた流れて行く、悲しみは続くとしてもその思いは段々と薄くなり、はかない思い出となる。

この阿呆なブログを書いていた親父、いつかは読者の方で昔ネットで阿呆な酔っぱらい記事を書いていたカナダに住む親父がいたな!稀に思い出す奇特な方も有るかも知れない。まあ、ほとんどの方は忘れ去ると思うが(笑い)

美しく歳を取る、そんな事は無縁の私ではあるが、暇老人の繰言、独り言として記事にしてみた。

そんな生き方、老後の過ごし方ばかりではない、当然そう反論する方もあると思う、貧乏何が悪い、俺は清貧な生き方で生きる、別に悪いなんていってない、人は好きに生きる権利がある、どこで野垂れ死にしようとかまわない、そう思えばやればいい、

あるいは現在癌や難病で闘われていたり激しい痛みに耐えて過ごしている方、そのような方から馬鹿野郎、何を脳天気な事をかいているんだ、そうお叱りを受けるかもしれない、だが私は自分の気持ちに正直に書いているだけ、

どっちにしても世の中、世界の中、ほとんどの人間は無名で死んでいく、どんな思いで生きたのか、どんな人生だったのも知られなく死んでいく、私もその中のひとり、それは間違いない。




自分の中でのカウントダウン、600万アクセスまで後1万ちょっと、。

雅子の52歳誕生日の声明文と東宮お抱え医師団1人、大野医師の雅子の病状経過報告。

2015.12.10.14:19

雅子の声明文、盆暗薄ら、基地外雅子,自閉症愛子,朝鮮犬ゆり、の画像共に世の中に出されたが、これを世間でいえば茶番という。
7efa57f8.jpg
雅子52歳誕生日として公開された東宮3匹、トンガ王国から30億の援助金と引き換えにもらった団扇を見て喜ぶ阿呆家族。


声明文については誰かが作った作文だと思うが余りにも世間をなめ腐った文である、馬鹿馬鹿しくて論評にも値しないがマスコミではニュースとして報道している。

同じく出された東宮お抱え医師団1人の大野医師の所見、相も変わらず回復の兆し、だが完全回復までは時間がかかるので温かい目で見守りを願いたい、これも多少の言葉の違いはあるが毎年同じ所見、一体なんだこりゃ。
31557_1.jpg
これが東宮お抱え医師団、写真はこのインチキ詐欺話の加担者の1人、大野医師。



今や、雅子がどんな事を抜かそうがそれを信じる人間はいない。
元々は基地外であり怠惰であり不潔でアトピー持ち、学歴優秀は全て嘘であり、入内前には相当数の男を食っていたあばずれであり、先祖は朝鮮人と部落、更にいえば日本最大公害病を起こした祖父を持ち周りは草加煎餅だらけ、先日はケツに火がついたのか12年ぶりに出た決意の園遊会も決意の30メーターお歩き、たった10分での逃亡、どさくさで客用ジンギスカン肉をかっぱらう始末。
3b7a8c2f28bfead1972a309fad249030.png
向精神薬、抗精神病疾患薬、コーク、シャブ、ミックスでハイになってぶっ飛んでいる状態の雅子。

b0169850_1948950.jpg
世間をなめ腐ってワテクシは次期皇后である、下郎どもは控えおろうとうそぶくが世間から見たこの女の評価。



夫の盆暗は生まれつきの阿呆、最近では本当の父は今上陛下?托卵ではなんて話も噂される始末、女を知らなかった故に雅子の毒花の餌食になり、雅子さんではいけませんか、そして一緒になったら、一生をかけてお守りします、そのお守りする相手からは寝屋は別、ま、こんな経緯でどうして子が生まれたのかが不思議なんだがとにかく、相手にされない寂しさからアル中に、結果、寝小便たれ、頭はずる剥け、足は短足、最近では小便袋を装着しないと外出できない、その証拠に反日の国連事務総長に騙されていったお小水の総裁、ニューヨーク国連、泌尿器科の医師が同行。
f6f325512b92c1da6e7f3dcc6c453d6d.jpg
自分より背が高い小中学生相手にふんぞり返る、薄らナル広飲み屋交代死おでん家。エッヘン!!

1426326560935s.jpg
つい、素のアテはパーでんね表情が出てしまった、ボンクーラ,ショ―ベンモレノフ、ヤクタタズーリン(ロシアでの呼び名)

オツムハゲムート、フォン、チンポカワカブリスキー(ドイツでの呼び名)

頭、薄羅、、脚、短足、、金、袋大、、尿,便漏、,雅、生命、雅、臭好、我、阿呆、、珍、無立、、役、無立、(以上支那での別名)





このポンコツとガラクタが試験管でこさえたのが、ご優秀な愛子ちゃん、小さい時から手足が曲がり、口もきけない状況から自閉症児と見え見え、キチンとした手当なり専門医の治療も受けさせず放置、人前に出す時は反射神経ツボを押して反応させるというまるで犬扱い、今や体だけが大人の女になった知障児、もう治らない。

この3匹がならんでヘラヘラ、音声なしの一家動画、国民よアテクシ達は幸せなんでございますのよ、、、ほほのほ。


皇室にはちゃんとした宮内庁病院というものがある、それにたいして東宮お抱え医師団、団と名乗るも精神科大野医師のみだがこれは東宮お抱え医師団ではなく雅子の個人的に指名した医師にすぎない、それも妹の旦那繋がり、もっといえば草加煎餅繋がり、この雅子の基地外病とサボリ病を適応障害なる便利で何にでも応用が効くスーパー病名の名付け親が大野、盆暗と雅子のオランダ行きにもこのインチキ医師大野が同行している。

では何故宮内庁病院や日本の最高医療機関や専門の大学病院で検査や治療をやらないのか、それは病名自体がインチキ、本人がそういのだからそうなのだというやらせ、でっち上げだからである、従って根本原因はどこにあってどんな適切な治療が行われているのか、その結果どのように回復しているのか、快癒するのか、そしてそれはいつなのかという事には答えられない。

私は同じ医者でもこの精神科医師なる者を全く信用していない、それが証拠に世に多くある財産分与争いにこの精神科医師が暗躍して本来の相続人を基地外扱いして檻のついた隔離病棟にぶち込む、こんな犯罪行為に手を貸す、数々ある。こんな所にいれてしまえば薬漬けにして本当の基地外にすることは簡単、こんな話はいくらでもある。

この大野、日本の精神科学会では著名人、著作も多数ある、NHKにもよく出ている。だからこいつがそうだといえばそうなる、雅子がこれは適応しない、したくないとなればそれは適応障害、皇室祭祀、神事、行事、慣習、みな適応障害、このためにはご静養が必要、ご静養も度が過ぎるとご静養適応障害が出る、その場合は一流レストラン喰い散らかし行脚、この場合喰い過ぎで腹が痛い事もあるがこの場合は適応障害ではない。

大野、雅子に言われて色んな便宜を図って入るが、本人も何かと忙しい、で、求めに応じて大量の薬を服用させる、その結果については雅子様の決意の何とか、お覚悟のなんとか、などのお出ましに目だけが異様に光り輝いている事がある、完全に瞳孔が開いていて麻薬業界でいえばイっている目である。
元元、基地外で情緒不安定、それを精神安定剤か抗精神薬か他のドラックか、とにかく大量に服用しているそれも自分の判断でやっている、そうなれば昼夜逆転生活も当たり前、夫や娘なんかには構ってはいられないそれが生活の実態。

それを大野、症状は引き続き回復基調にあるがまだ予断を許さない状況、長い目で見守る事も必要である、なんだか全く当たらない経済評論家の予測みたいな話を堂々とマスコミに発表しているインチキさ、


つまり、雅子の52歳のお誕生日にちなんだ声明文も、東宮お抱え医師団の雅子の病状経過報告も、もっといえば盆暗雅子の被災地慰問訪問もやらせであり、しょうもない見学も公務の点数稼ぎであり、これを総称して東宮詐欺という。

この詐欺団、雅子と盆暗だけでは企画も出来ないし、段取りもできない、この盆暗と雅子を主演として利用している黒幕と支えが存在する。

私は時々思うのだが、もはや何処からも及びがかからないインチキ公務もどき、原因は雅子の体調の波によるドタキャン、せっかく準備、段取りをしてもハイ、中止ではやっていられない、だが一方では遊びやご静養三昧では具合が悪い、だからなんとか帳尻合わせのやっつけ公務もどきを演出しなければならない、そこで適当な場所や団体を選んでショーをさせる、このように企画、演出する部門が宮内庁にあると考えている。

例えば、未曾有の大被害をだした東日本大災害、国民から何故東宮は被災地訪問をしないのか、という声にもホッカムリ、行くといってはドタキャン、そのくせ缶切り親父ファミリーとは遊びやご静養三昧、何が被災地に思いを寄せるだ、こういう非難が多くなりケツに火がつきやった事は被災地住民を動員させ、番号札を付けさせ質問なし、余計な事を言わないように私服警察官を配置、散々待たせた挙句、被災地滞在10分のお粗末インチキ被災者慰問、おまけは被災地名産品のお土産強要、街道には草加煎餅婦人部を徴用、雅子様お綺麗声部隊や歓迎お手ふり部隊を並べる演出、まだ有る、鑑賞公務というねじ込み、これは元々予定していない鑑賞会や観劇会に御成りと称してドタ出、結果、もともとお金やそれなりの資格で入場していた一般客が追い出される、いくつもあった。4cff0d17342a741020f1af8d56a51f49.jpg

どうでも良いがしかし雅子のケツ周り、酷いね、むかしNYの42番街のポルノ劇場で見た白人おばさんと黒人青年の白黒ショーを見たが、その白人おばちゃんの腹、恐怖の3段腹、ケツは巨大だった、それに匹敵するね、まあ、あれだ、喰っちゃ寝,糞詰まり,屁ガス溜まり放題だとは思うが、どう見ても日本の皇太子妃には見えん、島村の750円のダサいパンツをはいたその辺のおっかチャンとしか思えん、写真キャプションにある、象の尻かよ、臭い、ピッタリだわ。




ある水族館見学では入場していた小学校児童を追い出し、甚平鮫見学の際、係の者にこの鮫はどこで取れたのですか?何ての阿呆質問、馬鹿野郎、海でとれたにに決まっているではないか、もうお粗末すぎる。
46418172d997c8eeb221cf3550618375.jpg
この水槽にいるじんべえ鮫を見て、これは何処で獲れたのですかと質問されたご聡明な殿下、2015年の流行語大賞に選ばれそうになったが左巻き反日審査委員長の鳥越の反対で没になったらしい、

このじんべえ鮫、何処で獲れたのですか、ハイ殿下、魚屋です。(お笑い部門)


本来、公務というのは皇太子ご夫妻で行なうもの、ところが、雅子、こんなかったるい事はしたくない,テな事で盆暗一人のボッチ公務、宮内庁筋からいやたまにはお出まししないとの話でではでてやるか、で今度はドタ出、餌はやっつけ公務の後の美味いお食事とか、この出鱈目振りには呆れるがこれもニュースでは決意のお出ましとなる。


こういった一連のお出ましご公務、法律に触れる触れないの問題ではなく、納税者である国民に対しての詐欺行為には間違いないし、現実にはネットヤオフクで皇室お宝うっとばしをやっていた、これらのうっとばし事件やでる出る公務も含めてこれでは、皇室東宮犯罪団ではないか。


こんな奴らにまだ有難がっている情報弱者や能天気日本人の多さ、簡単に外国からの侵略にやられてしまう、解るような気がする。

ご慈愛の美智子皇后、名君の今上天皇、お優しい徳仁皇太子、お可哀相な雅子皇太子妃、そしてご優秀な愛子内親王殿下

信ずる者は救われるかもしれないが、すくなくともこいつらを信じたところで救いはない、馬鹿を見るだけ、それは間違いない。

何故今、皇室批判ブログ、特に女性が書くブログにて皇室に対する批判がより辛辣になっているのか、それは今の日本にある偽善、嘘、いんちき、やらせ、すべての悪がこの皇室に集約されているからだ、では何故本来批判すべき機関であるマスコミがきちんとこれらの事を検証し真実の報道をしないのか、それはテレビ局や新聞社、出版などが朝鮮人支配の電通をふくめ朝鮮人支配の広告代理店に握られているからである

政治家は朝鮮人パチンコマネーで動かされ、司法は草加煎餅影響下にあり、財界実業界は中国繋がり、それに加えて未だに能天気、お花畑呑気国民、皇室批判ブログのひとつであるKUONさんのブログにこんなコメントがあった。

もう、皇室も中傷するのもいい加減になさい、雅子様は病気をおして園遊会に、そして何歩か歩かれたではないか、ご立派ではないか、こんな阿呆な事をコメントする婆あも実際にいる。
その名はケケケ、、、、、どうやら雅子のジンジロ毛の従弟らしい。

多くの女性が皇室に関して覚醒してきたとはいえ、その数はまだまだ少ない、さてどうしたものか、このままいって日本沈没か、国民がそう望むならそれも致し方がない。


この記事の終わりとして、私が思う王座や玉座のあり方、その権威と神秘性について。

そもそも王位や皇位、その位置は一般大衆国民からかけ離れたところにあるのが当たり前、それがちょろちょろ年柄年中お出まし顔見世興行では何らカリスマ性もなくなり有難味もなくなる、なぜそれが今の内廷皇族には解らないのであろうか、

多くの国民が天皇や皇后に敬意を払う、尊敬の念をもって慕う、それは皇統の伝統と国家国民の為に安寧と平和を願いその為に祭祀や神事を執り行う事に有難さを感じるからであって、その地位にいる人物ではなくそのおかれた地位にたいしてである。

確かに長い皇統譜にあってその地位にふさわしい人物ばかりだったとは言えない時代もあった、だがそこは一般大衆には分かり得ない、立ち入りできない世界である意味別世界でもあった。

結果的にはその地位に相応しくない人物が就いたとしても、それなりの自浄作用が働いてこの天皇の万世一系という皇統は現在まで至っている。

極端に言えば王位や皇位、王座、玉座に就く、盆暗でも阿呆でも良い、そこは隠された世界、カリスマの世界、神秘的な世界、それなりの形が保たれていればそれで良かった。一般大衆は知らなくてもいい時代だった。

だが、それが開かれた皇室、国民に愛される皇室か何か知らないがこれだけインターネットという便利なツールが出来てしまえばいくら形だけの神秘性や尊敬対象であるのと宣伝されても全ては曝け出されてしまう、

事実、天皇の出来、皇后の出自、入内の経緯、同様に皇太子の出来の悪さ、皇太子妃の出自、出来の悪さが明らかにになってきた、にも関わらず天皇皇后の徘徊にも似たお出まし三昧、必要のない海外訪問、そして阿呆皇太子殿下のこれも何の意味もない鑑賞公務や押し込み海外訪問、更には基地外皇太子妃の問題行動、

はっきり言えば、出てくるな、顔を見せるな、皇居に引っこんでいろ、何も国民はどうでいいお出ましには有難味や嬉しい何て事はない、皇后についてはマント服だかなんだか奇妙デザイン服、おそらく一式何十万、着物については何百万単位の金がかかっていると思われるがすべて一回限り、そして徘徊巡業お出ましにかかる警備費や諸費用、天文学的数字、これらすべて国民から支払われている税金、
74bdb66b874043d9ed18ff846356ff9c.jpg
美智子様、税金でおつくりなった高価なミミズク鬘、ずれておいでになりますぞ、皇后様をお慕い申しあげる臣民より。


世界には色んな王族があるが一家そろってこんなにもお出ましになる王族はない、何故にこのように日本の皇族、突出してお出ましが多いのか、それは彼らの中にお出ましになれば一般大衆や国民が喜ぶと思っているのでは、そう考えざるを得ない。
1449666510273s.jpg
お皿ラーメン如何かしら、おいしゅうございますことよ、!!



日本における天皇制、国民の精神世界での象徴ではあるが神秘性はもはやない、もし彼ら皇室の人間が本当にそう思っているとするなら、それは傲慢というべきもの、

何回もいうがもう出てくるな、皇居、敷地内でおとなしく祭祀、神事、皇室行事儀式に励んで欲しい、それが国民の真の願い、それが出来ないというのであればもう日本には皇室はいらない。

今の日本、まともでまっとうな日本人であれば皆それぞれの事情やそれぞれの問題もありながら、日々懸命に生きている、一般庶民から言えば1円でも安い食料品を求めてスーパー、子供の教育費はどうする、夫婦の老後はどうする、ささやかな生活を維持するのはどうする、一生懸命働いても給料は上がら無い、歳をとって首になればもう仕事はない、そんな中で皇室がまともに機能してくれれば何の文句もない。

だが、その皇室、特に東宮、そして本来なら東宮を管理監督する立場にある天皇皇后の無責任放置、そして出鱈目振りと脚色、粉飾された捏造報道、市井の普通の人間だとしてもこの皇室の胡散臭さには気がついている。

日本に皇室は入らないと書いた、だがそれでも皇室にはまだ希望が残っている、それは秋篠宮家という存在、もし、次の皇位にこの秋篠宮殿下がつかなければそれこそ皇室の終了となる事は間違いないと思う。

今回の記事、改めてみれば、池田大作であった。深い意味はない、要は大作に引っかけただけ、南無妙法蓮華経。

目下の関心事、今年中に通算600万アクセスになるか?

2015.12.07.11:02

この私のしょうもないブログ、スタートしたのは2011年4月、ブログ開設当時はアクセスカウンターもつけていなかったのでどれほどの人が訪れたのかは分からないが、今思えば誰も訪れない過疎ブログだったと思う。

このブログ始めた動機は何回もブログ記事で書いてはいるが、改めて言えば、ある方のブログにて意見の違いから論争になり締めだされてしまい、虚仮にされてしまった事にある、で、その方曰く、文句があるなら自分のブログを立ち上げて言えと言われた事、もう一つは自分の晩年、何思い、どう生きようとしていたのかの記録、それを残された家族に知っておいて欲しかった事

ある意味、その時、散々馬鹿にされ虚仮にされ、もう来るな、そう言われた方、当時フィリピン関係ブログで老舗と言われるくらい有名な方だった、その方の主催する日本オフ会にも参加して実際にその方にもお目にかかっている(外見的にはちょっとがっかりした)、ちなみにその方のブログも最後は訪れる方もまばらになり、本人も嫌になってブログを閉鎖してしまった。


これもブログ記事で書いたが、私は長らく政治ブログで有名な中韓を知り過ぎた男、辻元さんのブログの常連投稿者だった、このブログの古くからの常連投稿者であれば、当時恩義と名乗っていた男の投稿を覚えているかも知れない。

こいつHNを利用して滅茶苦茶な事を書いて、同じような政治ブログでも荒し専門であり毛嫌いされていた、そしてそれがエスカレートして日本にミサイルを撃ち込め、天皇を暗殺などとテロを煽るような書き込みを始めた、なぜ彼がそこまでするようになったのか、彼自身のブログを持ってはいたが基地外同様の記事、誰も相手にしない過疎ブログだったので、そうせざるを得なかったのかもしれない。
また、彼自身の日本での生い立ちを載せていたが、それによると在日としての苛めもあったようであった。

彼自身、ブログで日本では相手にされない俺様が、スコットランドの有名な大学院で修士号を取るまでになった秀才である、そんな自慢話も載せていたが、そこには自慢話共に下手くそな自身が描いた絵や自身の写真を沢山載せていた。

勿論、通っている大学院の名は隠してあったが、それは調べればわかる事、どうも頭が良すぎて人様の攻撃はやるが、自分がやられるとは思っていなかったようだった。

勿論、本人には散々警告をした、猶予もあげた、だが本人やれるものならやってみろ、とあざ笑っていた、そこで彼が通う大学院、特定して学長、総務部、スコットランドヤード、テロ対策本部、地元警察に此の大学院に通う日本人学生のこの男はテロ思想を持つ危険人物であるとして彼の写真、彼がコメントとしたテロ文書などを英文に訳してメールで送付した。

後日、彼の通う大学院の学長からメールがあった、要は彼の主張は日本人においては飛んでいるかも知れないが、英国においては何ら問題はない、との答えであった、まあ、本人を呼んでの事情聴取もあったようで多少の反省もあったようであった、こちらとしては基地外みたいなコメント荒しをやめさす事が目的だったのでそれでよかった。


それから何年たったか、この恩義なる在日青年がどうなったのかは知らない,、当時のスコットランド実業界にも同じようなメールと顔写真を送ったので地元で就職はないと思う。

風の噂によれば大学院は卒業したものの、就職は出来ず、アルバイトのようなもので生計を立てているらしい。


話が戻るが、私のこの下らんブログ、お陰様で600万総アクセスになろうとしている、ある方によれば人気ブログだそうだが、ま、本人としては、ただ、それは基本的にはオカシイ、何なの、いい加減な話をするなよ、から始まってはいるだけの事であり、ましてや人気ブログとして意識したことは一度もない。自分としては酔っ払いが書く与太記事の類、そう思っている。


で、結論として、言いたい事は全て述べた、そろそろ引き際かもしれない、600万アクセスでさようなら、それもいいかもしれない。


期間限定記事、いつもご苦労様です。

2015.12.04.01:22

私の大フアンからこんな、お褒めのコメントが入りました。


親父さまさまさま 一言言っていいですかあ?

貴方の支持者って貴方の言う事はこの世の百パーセント真実としんじたがるキモ信者であふれかえっていますよね?

こんなキモ信者にマンセーマンセーされて楽しいっすかあ?

はっきり言って貴方は朝鮮顔の不細工、不細工同士でお互いに権力者のケツの穴を舐め会っている図がキモくてキモくて仕方ないのですよ、

悔しかったらちゃんとした日本人の俺様にちゃんと説明したらどうすかあ?

カナダで日本人が見下した土人妻と結婚して偉そうになさらないで下さいね  てへ!

KD18225024(     )au-net.ne.jp    (  )部分は1103 1067 1005、au携帯からの投稿なので番号はその都度異なる。


これで都合何回目になるのかは忘れたが、大体このようなパターンの文面で来るフアンレター、いつも速攻で削除しているが可哀想なので期間限定で晒してみる。

勿論、このような幼稚で阿呆な文面からすれば、中卒の落ちこぼれか、ニート引き籠りのあんちゃん当たりと思う、或いは2チャンネル住民、日本人の俺様に説明しろと言っているが、名前も連絡先も書いていない、朝鮮人、朝鮮人と書いているところを見ると在日か?

何時だったかは忘れたが、私の顔について汚い顔の朝鮮面爺いと書いてきたのもこいつだった、まあ、朝鮮顔とは本人もそう思ってはいないが、汚い顔、これについては本人もそう思っているので否定はしない(笑い)

皇室批判、政治批判ブログをやっている方のブログ、大なり小なりこのような便所蠅やゴキブリが時たま現れるのはしょうがないが、それにしてもこうやって張り付いてお褒めの言葉を頂く、真にもって光栄の限りである。

ただ、本人としては皮肉や揶揄を含めて書いている積りらしいが、根が阿呆脳で十分な教育を受けていないのか、文自体がハチャメチャで残念ながらその試みは成功していない。


先の記事でも書いたが、こうやって私のブログに張り付き、記事を熱心に読んでくれるお方なので10回コメント投稿記念日には何か、贈り物なんて考えている。

基地外雅子がかっぱらったジンギスカンマトン肉か、薄ら盆暗の大好きな韓国焼酎真露、名前と住所を明らかにすれば送ってもよい。あるいはトンスルやキムチでも良い、変態であれば雅子のデカパン、ナルの小便袋でもいいし、使い古しのズラでも構わない。


私は金はないが暇だけは充分にある枯れ葉老人,そんな訳なので気分がよい日があれば、暇つぶしにお相手を致そうではないか、桂三枝ではないが、いらっしゃ~い、と言ってあげよう。

私の顔について汚ねえ~とか不細工とか言われているところを見ると、ご本人はよほど顔に自信があるのでござろう、ま、文はゴミ屑、頭は低能だと分かったので顔については期待している、是非、住所、氏名、明らかな折には顔写真も添付してもらいたい。

だがスカス、、こないの顔だったら承知せんぞう、こらあ~ しばいてしばき倒すぞ、おんどりゃあ~、フィリピンの専門家を派遣するぞう~ ええか、その辺、よう考えて送らんかい。
20151201172218.jpg

20151203155443.gif

20151204002925.gif


でれでれ草さんからお借りしました画像 托卵,コウノトリ、だそうです。

盆暗薄らナルとそのお種製造責任者と囁かれている人物、正田家お出入り自由、元朝日新聞記者、佐伯氏、畑はご存じマリア様、慈愛のアテクシ、処女受胎とのお言葉。

15才から玉の輿入れ狙っての婚活してはったお方が、処女受胎やて、ホンマかいな?一体何枚張替はったんや処女膜、あほらし!!それにしても御上の今上はん、アホなお人らしいおすなあ、見て子はんと一緒にならはる時にな~んも気づかんかったのやろか?、
学習院大学、ご卒業で無く学業終了やて、何やそれて、いやなあ、前からアホやったらしいがな、さよか、ほんならしょうがおへんなあ、そないな訳でなるちゃんも阿保や、てな話、うちらにもよう分かる話どすえ。

雅子はん?あの方、人間だすか?うちら、河馬やとおもうてましたけど、違うん?御着物?あの方、朝鮮人や言われてはるやろ、そないなお人が着物やて、乳出しチマチョゴリの方が似合んとちがうやろか!
着物ちゅうものは日本の本当の女子はんが着るもんだす、しょうもない事、言わんといておくれやす。

1416490865388s.jpg
わて、パーでんねえ~、天皇はんになれますやろか?自称マリア、オタタ様が、ナルちゃん、心配せんといてええで、アッキーとワテクシで先の事は考えていてる。と、言うてくれはりますが、髪の毛はもうあらへんし、しっこも漏れよるし、雅子はあんた臭いから側に寄らんといて、言うし、もうどないしたらええか!


結論、死んだらええのと違うやろか!!!

京都祇園舞妓組合連合会、談。

結論、どうぞ、死んでおくんなまし、わちき達の総意でありんす、!!!

浅草花魁保存会、談。

結論、はんかくさい事言ってねえで、早く、死んだらいいべさ、!!!

北海道札幌すすき野、水商売、風俗嬢、懇親会一同 談。

結論、ナル、イカウ、マラミ、タラガ、プロブレマ、パタイ ハリカナ シギナ デイバ?、!!!

全国イミ婚ジャパユキ連絡協議会 談。






追記 読者の名誉の為に。

私が感じる私が書く記事に対しての読者の反応、それは多分こんな感じだと思われる、また~、親父、出来上がってしょうもない記事を書いてるよ、ま、時々、面白い記事もあるからいいが、それにしても酔っぱらい度マックスの時は過激で滅茶苦茶書いている、

まあ、危ない記事の時は近寄らないで知らん顔をしておこう、これが読者の素直な感想。

おい低能の薄ら、見ているか、!、お前が言う、貴方の言う事はこの世の百パーセント真実と信じているキモ信者であふれかえっていますよね?ではないぞう、分かったかあ~、このキモ不細工男、よく覚えておけ。







シーズン、バーゲン中、

2015.12.01.09:13

今はブラックフライデイ、真っ盛り、このブラックフライデイについての由来は書いた、次はボクシングデイ、これも最初の頃はナンデ年末にボクシングをするのだと思ったが、これはボックス、箱の事、クリスマスシーズンに向かってのバーゲンセール、箱詰が忙しくなることからきている。

この時期、日本も歳末商戦に入っているが、妻の国フィリピン、クリスマスシーズンは英語でBerの付く月から始まる、つまり9月から12月までがクリスマスシーズン、すなわちお金が誰でも必要な時期、勿論商戦として同じようにバーゲンセールが始まる。

この話は以前にも書いたが、クリスマスシーズンという事で改めて書いてみる。

フィリピン,東南アジアでは唯一のキリスト教国、その中でも宗派としてカソリック教徒が人口の80%以上を占める、カソリック教会に行かれた経験のある方ならご存じだと思うが、会堂の片側に告解室という小部屋が設けられている、ここは日々に暮しの中で罪を犯した、間違った事をした、それを告白して神の許しを願う、悔い改める、懺悔の部屋である。

私はプロテスタント系の教会に行ってはいるが、子供時代はカソリック教会に通っていたのでこの事は良く知っている。カソリック教会でこの告白を聞き神に代わって許しを行う者を神父と呼ぶ、勿論医者や弁護士同様、この告白に対しては完全なる守秘義務があり法律でもそれは明確に保証されている。

話は長くなるが、このカソリックに反旗を翻し、宗教改革ともなったマルチンルターの宗教改革、歴史を勉強された方なら誰でも知っているが、原因はカソリック教皇庁が売り出した免罪符、これを購入すればすべての罪が許され天国に行ける、日本流にいえば地獄の沙汰も金次第、同様にこの免罪符を買える事が出来たの当時の貴族や大商人の金持のみ、このような堕落したカソリックに足して抗議、改革を進めた、だからプロテスタント、旧教に対して新教と呼ばれる。

さて、教会に行って罪を告白し、悔い改める、さすれば許されて清い体、清い精神になれる、実に素晴らしい制度である、この制度一回こっきりではなく、何度でも構わない。

現在のフィリピン、12月に入り、どんな家庭でも子供がいれば両親として何かをプレゼントしたいと考えるのはどこの親も一緒、だから少しでも金が欲しい、だが簡単には金は手にはいらない、そこで色んな工夫をする。

フィリピンでは警察官を鰐という、あらゆる場所に出っ張って庶民に難癖をつけて小遣い稼ぎをする、、許認可を扱う下っ端役人も同じ、空港職員、税関、役所の窓口、家族の為の頑張る?方法はなんでもある、そこは工夫、

フィリピンには日本でいう広域組織暴力団という存在はない、ま、そこそこのチンピラはいるが、その理由はフィリピンでは警察官自体の存在が暴力団、やくざ組織と同じ、かすりとか恐喝、裁判官と組んで詐欺、だましをやっている国、そして代紋は国家権力をしょっている最強である、こんな最強の国家の組織暴力団に勝てるヤクザなんかフィリピンでは存在できる訳がない。

さて、強盗、掏り、ひったくり、こそ泥などの専門職も同様にこの時期、仕事に精を出す(笑い)、フィリピンでは同じような専門職にヒットマンという職業がある、殺人請負業、このヒットマンの相場,お1人様、大体500ドル、だが宣伝する訳にはいかない、でもお金は欲しい、家族や子供の為に、そこでどうするか、裏の情報ルートを使い数をあげようとする、すなわちバーゲンセール、場合によっては半額でも請け負う、250ドルでバンバン、この請負業、元警察官上がり、軍人上がり、銃器のプロの専門家、絶対に捕まらない。

まず、被害者との接点がない、つまり動機がない、 面が割れてない(フルフェイスヘルメット着用),オートバイ2人乗り、後部座席の人間が後ろから忍び寄り極めて近い至近距離から大型拳銃で頭部を狙ってズドン、場合によっては自動拳銃を使わずに輪動式リボルバーを使う事もある、この場合、薬きょうがでないので証拠も残らない。目撃者、これもいい加減、

仕事も極めて速い、一分もない、何十秒か、終われば即人ごみに紛れて逃走、このようなケース、警察官もやっつけ仕事、ほしを挙げられない事を知っているからだ、捜査といえば被害者の身元を割り出す位が関の山。

かくて仕事が終わった後、教会に行って懺悔、悔い改めて一件落着、家族と楽しいクリスマスを過ごす。
メリークリスマス、教皇ポープのお陰でお金を得る事が出来ました、感謝致します、ハレルヤ。

嘘みたいな話だがこれは本当の話。だから、常々、人の恨みを買って生きている人間はこの時期雲隠れをする、危ない事を知っているからだ。


私は日本に移民を、こういう政策には反対するが、部分的移民は賛成する、理由は具体的に述べない。

それは政治家は腐りきっているし、司法、裁判官も法津馬鹿ばかり、弁護士は左翼左巻き人権屋や金で動く利権屋ばかり、警察は堕落し特定宗教信者や出世思考のキャリアの巣、マスコミは朝鮮人や中国利権の思うまま、結局のところ、一般庶民はただ泣き寝入り、殺されれば殺され損、どうする事もできない,そして今の世の中、いらないものだらけ、

ちんこの下の毛、偉そうなラーメン屋、朝日新聞の社説、吉本朝鮮人屑芸人の面白くもなんともない笑い、反日朝鮮人議員、飾りだけの皇室、愛子内親王のご優秀伝説、などなど。

日本はいい国だが、こんなにも悪党がはびこり、嘘と建前と偽善が横行している国もない、まあ、その象徴が皇室なのだが、

小便漏れのズル剥け薄ら馬鹿が皇太子、その嫁、訳分からん病名を捏造し祭祀、神事サボリまくり、決意のお出ましで12年ぶりで出やがったのはいいが、何の事はない決意の40M,招待客に会うためにお歩きになられました、その挙句が園遊会お客様用ジンギスカンマトン肉かっぱらい僅か10分で逃亡、天皇はまだらボケとなり、嫁の腹話術人形と化し、嫁はカソリックの悔い改めよ、さらば救われる思想で皇室ぶち壊し作戦実行中、アテクシの信じているのはバチカンの教皇様、お上はどうでもいいのよ、アテクシが本当の支配者なの、そして支える役所、宮内庁はもはや草加煎餅の巣、そういえば池田氏、ミイラ状態とは思うがいつになったら死亡を発表すのかな?(笑い)、ま、どうでもいいが、

かくて皇室、巨大な税金を飲み込むブラックホール、砂場の小便状態。

だからフィリピンからの一部移民、専門職に限って認めてもいい、必要に応じてね!

シーズン、バーゲン中、ふとこんな事を思ってみた。

クリスマスシーズン中、お人様、250ドル、バーゲン中、これはお得、これが日本であれば是非、利用したいと考えるのは私だけではない筈、

正直に書くが、私がこれまで67年生きてきてこれまでの間、こいつ死なないかな、こいつXXしてやろうと思った人間は何人もあった、こいつは絶対に許せないとか理由は様々だが、だが普通の人間にはそう思うだけで実行には移せないものだ、それは私には家族があり失う物があり、それを考えた場合実行は出来ない、それを理性と呼ぶのか、臆病と呼ばれるかはともかくとしてもそう簡単にできるものではない。

だが、絶対にばれないとか、自分には関係がないとか100%の保証があったとすれば、自分がやらなくてもその筋にお願いしていたかもしれない、私は綺麗事はいう積りはない、それは人には心の闇があり、誰でも暗黒面を持つからだ。

人間には生まれつきの屑が存在する、生きる価値がない者が存在する、生きているだけで害にしかならない存在がある、そう思う。

そういう考え方は間違っているとか危険思想だとかいう人間がいるが、そう思う人間にはあえて反論しないが罪を憎んで人を憎まず、馬鹿を云っちゃいけない、こういう奴の事を偽善者という、私はそう思う。

おそらくこの記事に対してのコメントはないと思うが、、、、、、、、、、、、、、投稿には気をつけてね!!
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。