過去

2011.12.23.13:30

初めて比国旅行の時、23歳だったから、40年前、その時、妻はガールフレンドの1人で、将来のことなど分からなかった。
ホテルの側に食堂があった。1週間位の日程だったので、その食堂で毎日食べた、今でも彼女の名前、覚えている。リヒナだった。通っている間に気のせいか、注文した以上に量が増えていた。有る日、彼女が言った、私の家に来ませんか?

そこで彼女の家、正確には、彼女の親戚一同が暮らしている部屋、驚いた、3所帯10人位だったか,8畳位の部屋にわさわさ、いた。

そこで気持ちは萎えた。多分、彼女は私の事好きだったと思う。しかし、当時、やりたいばかりの若者が、そんな現実は受け止められない。でもやろうとした。彼女は処女、きちんと結婚しなければ出来ないといった。

従って結果的に何もなかった。それから何年のも間、手紙が来た。いくつは返信したが、その内互いに音信普通になった。

リヒナ オサナ、彼女の名前です。
スポンサーサイト

クリスマス

2011.12.22.14:35

来週の日曜日、我が家でクリスマスパーテイやります。

お客の人選は、私が面倒みている日本の若者、妻の姉妹と夫達、妻側の甥っ子、姪っ子、料理は日本料理と比国料理のミックス、だが、正直言って、段々鬱陶しくなって来た。

勿論、招待した皆さんには楽しんで、喜んで貰いたい、私も妻もその為に色々、準備しています。

だけど、何か、気がのらない。

まだ、鬱モードが続いている。こういった場合、愛想振りまくのはつらい。

営業マン時代、こういった現象で苦労した。

酔っ払って、寝てしまうか??それも1つの答えかな~、

騙された話。

2011.12.21.13:02

この話も語るにはちと恥が伴う。

有る日、近所のスーパーに行った,駐車場にて男が話しかけてきた。私はイタリア人でこれからイタリアに帰りますが、見本展覧会で売れ残った製品、買いませんか?カタログとパスポート見せます。製品はアルマーニ、私も馬鹿でした。結果、よく吟味もせず300ドル、4点、買い求めました。

そうです、全くの偽者、しかしながら良く出来ています。

その昔、この手の大道詐欺話がありました。そうですねトラさんの世界かな、工場が倒産したのでこの万年筆買って欲しい、さくらが会って、皆同情で買いました。まあ、似た様な話なんですが、私も見事に騙されました。
悔しい気持ちもありますが、このイタ野郎、話が上手かった。

製品として偽者ですが、品質は悪くない、メイド イン イタリアとなっています。

来年 帰国の際に弟、妹、にあげようと思っています。

それにしても、見事、鴨になりました。

2011.12.21.03:29

続き

2011.12.20.04:49

彼、比国人にしては非常の大きい、慎重185センチ、体もでかい、最初にあった時はメキシコ人女性と暮らしていた。その時の彼の長女、とても可愛い買ったが、先日の祖母の葬儀であったら、只の太った小母さんになっていた。

その後彼は再婚して現在、自分の孫と同じまだ、小さい息子がいる。
この話には笑い話があって、彼が比国に嫁探しに出かけた際、田舎で相当見合いしたらしい、この話は嘘か本当かは知らぬが、頭に米国のパスポート貼り、バイアグラ持参のお陰で、沢山の女性と実験が出来たと言っていた。

結果40歳も年齢が違う女性と結婚したが、先日会った時の話では、彼女の夜のお願いに辟易しているらしい、色んな理由つけて、逃げているそうだが、そういえばその嫁さん、我が家に泊まった時も私の妻や、姉妹達にも、私の旦那は歳のわりには元気だといっていたらしい。

彼は本来なら医者になっていたそうだ。ところが、母からの学資、ギャンブルにつぎ込んで放蕩し、放校になってしまった。私の妻とは幼馴染であり、いまでも兄弟みたいに仲がよい。

溜まっている写真、載せたいが、いまだに上手く行かない。

続き

2011.12.19.10:11

ロデオドライブ通りの高級車、中でも圧巻だったのは、とある高級ブテイックの前に停めてあった1台の車だった。
これはこのお店びオーナーの車で、世界に1台しかないブガッテイのオーダースポーツカーだった。
店に入るとオーナーと歴代の大統領と写真が飾ってあった。私は良く知らないが、相当の有名人デザイナーらしい。

製品はレザー中心とした服飾関係であったが、色とデザインが気にいったジャケットがあったが、なんとお値段は一着、約80万近い、これでは年金生活者にはお呼びでない。

ロスには都合3回程、訪れている。この街は街に中心が無く、それぞれの地域が独立し発展して大きな街になった。
観光の最後にサンタモニカの海岸に行った。砂浜の海岸線が続く、風光明媚な場所だった。

話が前後するが、無くなった大叔母の息子、私より2歳上だが、私と彼とは仲が良い。彼が妻赤ちゃん連れてトロントに来たとき、我が家にも泊まった。

彼の話は長くなるが、非常に愉快な男で、私は大好きである。

続く。

ロスアンゼルス

2011.12.18.07:49

実は先月の3日、妻にとっての親戚同様、比国風に呼ぶならば、大叔母に当たる方の葬儀があり、ロスまで出かけた。

一行は、私と妻、妻の甥、姪、4人である。
行きはアメリカの国境の街、バッハロウまで車で行き,そこからボストン~ロスアンゼルスというコースでいった。

私にはよく分からないが、若い人達がインターネットで取った安くて早く取れた日程と金額らしい。

大叔母になる方、私も何回か、会った事があった、今から30年程前の事だ、従って今回のロスアンゼルス訪問は30年ぶりになる。
つなみにこの大叔母は91歳出なくなった。大往生である。その成果、家族にも多少の悲しみが有るのかもしれないが、たんたんとした葬式であった。

ロスでの滞在はマリオット系のホテル、移動は甥がレンタカー借り、それで移動した。
今回、初めてハリウッド観光した。例のオスカー賞受賞会場のコダックセンターや、道路のスター達の手形も見たし、山に架かるハリウッドの看板も実際に見た。又、お金持ち達のショッピング街、ロデオドライブにも行った。
ここは流石に富裕層の街で、通行している車、駐車している車、ベントレー、フェラーリ、超高級車ばかりであった。 続く。

ブログ記事、書け無かった理由。

2011.12.12.08:34

久しぶりの書き込みになってしまった。

その意味ではMTさん、ご心配頂き、有難う御座いました。

ではその理由とは、自分の中で、本当の事、書けるかどうか、葛藤があったが、とりあえず書いてみる。

それは最後の記事書いた翌朝であった。
朝ベッドで起きたら、何と素っ裸で寝ていた。記事で書いたように爆弾酒飲んで泥酔状態だった事は覚えている。しかし、何故、裸なのか記憶がない。

起きたら妻が泣いている。それは私が完全にイカレテしまい、失禁してしまった事でショック、受けた事だった。
つまり、ベッドルームでおしっこしてしまい、その後始末で大変だったそうだ。しかし、そう言われても、私には全く記憶がなかった。
そして、その記憶がとんでしまった事も有る意味ショックだった。

過去に泥酔状態は幾つも有るが、完全に記憶が無い、そのような出来事は無かった。ましてや、自分のやった事に対して何も覚えていないなんて、!!

妻に泣かれて相当堪えた。自分で情けなくなった。

暫く、酒もやめた。

持病のうつ病も始まっていた時期だったので、長期間、引き籠りになってしまった。

そんな訳でブログの更新など、とても出来なかった。これが理由です。

こうやって、自分の中で整理が出来るようになって、改めて考えて見たが、いまだに何故そうなったのか、分からない。とは言え、その後は飲む事は止めてはいないが、量はコントロールしている。

その間、色んな事があったが、それについてはおいおい記事にしていこうと思っています。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR