私と比国の関わり

2011.06.25.12:46

妻、当時恋人、彼女に会うまでは、比国という国には全く関心が無かった。有る意味、PPで比国女性に嵌って、追っかけ、痛い親父の心理はよく分かる。

で、23歳の時、彼女の実家、訪ねた、立派な家庭だった。
父は工務店経営者、母は教育者、、驚いた事に、そんな立派な家ではなかったが、とにかく、その家に多くの人間が暮らしていた。

後日、妻が語っていた。私の義理の父は奇特家で、困っている人、助ける人間だった。とにかく、雑多な人間がいた。しかし、何もしらない私は吃驚した。

その義理の父が面倒みた人間、現在、幸福な人生、している。

それに比べて、我が人生、、矮小で下らない。
スポンサーサイト

わたし 

2011.06.25.12:23

今宵も出来上がっている 2

2011.06.23.12:00

人間もある時代過ぎれば、過去の経緯はともかく、ある種の悟りというか、総括というか、人生に対し、改めて振り返る時期が来る、その場合、人によって違う、あるいは経験してきた人生の中身でも違ってくる。

まあ、まあ、そこそこ、上がりの人生楽しむ方もあれば、七転八倒、激しい人生経験して今があるお方もある。勿論そうじゃない人生、結果的にそうなった、負け組の人生もある。この場合、運もあるし、才能の問題喪あるし、尽きがなかっただけの人生、それもありえる。

しかし、世の中に色んな意味で不公平は存在するが、唯一、公平な事、これは存在する。

それは、天才だろうが、馬鹿だろうが、超金持ちだろうが貧乏人だろうが、政治的、宗教的指導者だろうが、何時かは死ぬ、そう、誰でも、死ぬんです。

では死に方に美学があるか!これは難しい、何故なら、その評価望んでいる本人がその時点で存在していない。
だが、それら承知していてのイベントは出来る、

私の場合、そんな下らん葬式、イベントもいらないし永遠の天国もいらない。

つまるところ、表示したタイトルとうりになりました。

今宵も出来上がっている。

2011.06.21.11:43

比国関係ブログでやはり、関心したというか心に残った人物がいた。
SATORUさんの友達で、近所の住むTAMAさんというお方だ。日本で生活なさっていた時の事は正直言ってよくは知らない、しかし、この方の偉い所は、子沢山の連れ子の女性と一緒になった事、一緒になった経緯はご自分のブログで語っているが、ある種感動的の話ではある。

私も何度か一緒の機会があったが、人間性で言えば、善人で、良い人です。

人間、何処の部分で将来共にする女選ぶのか、この辺の判断は実に難しい、彼の場合、死にそうな病気になった時,今の嫁さんが損得抜きに看病してくれたとあった。
そしてTAMAさんが彼女と結婚決意した時点で、彼女も自分選んでくれたTAMAさんに対して、感謝と感動があったと思う、だから、今はそれなりにTAMAさんに尽くし、自身の兄弟姉妹も含め、TAMAさんとは皆、良い関係保っている。

在住日本人一家としては珍しい位の幸せな夫婦像だ。

ただ、残念な事にTAMAさん、お酒飲めません。

そんな話は信じられない。

2011.06.21.00:41

先週の土曜日、教会で健康セミナー主催している韓国人のドクターの説教があった。

彼の健康セミナーから採った経験からの説教だったが、女性卵巣癌患者、余命半年と診断され、最後に彼の所に来たと言う。そこで、彼は私の治療信じますか、から始まって治療開始した。

彼の治療とは、神信じ、人体の自然治癒力で治す、そんな理論らしい、

菜食主義者でもある彼、患者に対し、野菜以外の食物の禁止、彼調理の人参ジュースの毎日の服用義務ずけ、
結果、3ヶ月でがん細胞が無くなり、治ったといっていた。
まあ、教会に来る人は皆さん信者なので、頷いてはいたが、神様しんじるのはいいが、人参ジュースで癌が治るであれば、医者はいらない、実際その件で癌専門医から訴訟受け裁判になったそうだ。幸いな事にライセンス剥奪にはならなかったようだが、どうもこのような話は信じられない。

また彼、こうも言っていた、死んだ動物の身、肉は食べてはいけない。そうしないと天国にはいけない。

私は永遠の命はいらないから、美味しい物は食べたい。

宗教も度が過ぎるとカルトになる、彼の解釈は極端で好きになれない、そのうえ韓国人、嫌いな人種でもある。

大貴クン、我が家の居候になった。

2011.06.21.00:12

金曜日、彼から電話があった。
それまで住んでいた大学の寄宿舎から、延長出来ないので、翌日の11時まで退去通告があったらしい。
その間、いくつかの部屋貸しに当たってはいたが、皆だめだったらしく泣きが入っていた。

しょうがないので妻と相談して約2週間程、我が家で面倒見る事になった。はっきりいってそこまでの義理は全く無いが、外国で途方にくれているのであれば致し方ない。

こちらに来る日本の若者、沢山世話してきたが、女性の方がしっかりしている。

来月から弟の所有する4部屋の住宅が空くので、その1部屋に住む事になるだろう、
彼に関わる経緯は、よく訪問する比国関係ブログでそこのブログ管理人の昔の教え子で近所の青年が、一年有効のワーキングホリデイビザでカナダに来る、その節は宜しく、そんな始まりだった。したがって、事前では何の面識もなかった。

まあ、感謝しているらしいから、善しとするが、親になった経験が無いので、若者の扱いがよく分からない。
彼、酒は飲むので、話相手にはなる。ビールがすきだと言っているが、私はビールは余り飲まないので、ビール飲みたければ、自分で買えといっておいた。

彼、京都外国語大学 中国語学科卒業、22歳。

チャリテイコンサートに行った。

2011.06.17.13:31

今日は教会の仲間である竹内さんからの依頼で買った、東関東大災害の復興基金コンサートに行った。
あれから、3ヶ月が過ぎたが、全く、復興の兆しは見えない。しかし、何故、日本人は怒らないのか、不思議に思える。我慢する、耐える、日本人の美徳とされるが、果たしてそれが美点なのか、

外国で暮らす、例えば、この国カナダ、世界中からの移民、117の国からの移民がある。しかし、民族性、文化、様々な伝等価値観があるが、どの国においても日本みたいな状況になれば、当然政府に対し抗議、非難の声が起こり、場合によっては反政府運動起こる。それが大衆の声、当たり前だと思うが、日本人感覚だと、過ぎた事はしょうがない、とにかく、明日に向かって前進だ。

個人レベルではそれも致し方ないが、それでは政治のあり方に、消極的肯定している、そう採られてもしょうがない。

だいぶ前に、もし日本国民が民主党選べば、日本の終わりの始まりが来る、私が参加している政治ブログに書いた事がある。結果そのようになった。

復興の遅れ、原発事故の終り無き被害、農業、漁業、酪農、全て終わった。
もう、失う物は無いはず、徒党組んで、下らん議員、官僚、政府、始末しましょう。その位の改革しなければ。、もはや、日本の再生は有り得ない。

後、何年、中国領、日本自治区、そんな馬鹿な~、まあ、B層、つまり、お馬鹿の日本人は知らされていないか、
知ろうともしないか、どうでもいいが、その時、聴いていませんでした、なんて言っていたら、その時点で終わり、

今回の大震災、原発事故、全て、予想外なんて」ペテンであり、実際は人災、

私は言いたい、被害者よ武器持って立ち上がれ、自殺で使う命であれば、人災の責任者、始末せよ、政治家も役人も御用学者もマスコミの下らんコメンテーターも一緒に始末せよ。

日々の過ごし方

2011.06.16.14:25

現在、この記事、義理の弟からせしめた、スコッチ飲んで出来上がっている。
まあ、いつものパターンではあるが、

このような形、翌朝、妻に起こされ、妻、妹先まで送る、運転手である、その後、我が今や老犬、ブラッキーの散歩、その後、ブラッキーと私の遅い、ブランチ、朝食、昼食です。

この時、ブラッキー、必ず私の横に座り、待っています。そんな姿が不憫で、たかが犬の餌に、工夫し味見して我がワンコのために作ります。その意味では、ブラッキー、グルメ犬ですね。

その後、彼女は昼ね時間、場合によっては私もワンコと一休み、午後はPCか読書、4時頃から、夕食の買い物、5時から夕食の支度、6時半頃、妻からの電話で迎えに行く。

私は夕食は殆ど食べないが、妻の為には美味しい料理作る。時々沢山作った時、甥や姪に届けるが、彼らも私の料理、美味いと言う。そりゃそうだ、勉強したからね。

で、出来上がって今宵もPCで自身のブログの記事書き込みや、他人様のブログにお邪魔して、投稿など、考えて見ると、毎日同じパターンだ。

これって、幸せな老後なんだろうか!多分そうなんだろう。

過去に遡って、記事読んでみて、

2011.06.15.02:46

現在、この記事書いている時点では、酒は飲んではいない。
しかし、記事書いている時は多くの場合、相当出来上がって書いている、そのため、記事の文章、誤字、脱字、書き違いが甚だしい。

過去の記事、訂正したいのだが、やり方がよく分からない。また、たのHPやサイト、ブログで知った記事、解説、参考文献、引用、貼り付けしたいが、これもまだ出来ない。

これが出来なかったから、あのマランダイとのいさかい論争にも上手く反論出来なかった。

彼のような人間には、きちんと理論だった文献なり、証拠、根拠のある専門家の記事、解説、引用しなければ、拙い私の文章構成力では対抗出来ない。

当時、こう書かれた、その反論の根拠は、証拠は、ソースは?
まあ、2チャンネルのような話の仕方の人間にまともに向かってもしょうがないが、今後の事もあるので、もっとPCの扱い、勉強しなければなりませんね。

今更、何、言ってんだか!

2011.06.15.01:34

前にも書いたが、マランダイの名でブログやっている男がいる。

以前彼のブログで原発事故初期の段階で、論争になり、私の投稿が煽りだの被害妄想だの言っておきながら、、今は自分のブログで、政府や東電、NHKでコメントした御用学者非難している、

誰だ、今は政府の発表信じるしかない,悪戯に騒ぐべきでは無い等と、それが今更、何だ!!又、自身のブログも読者のコメントが期待していたものと違うので止める、今度は止めるのは止める、リニュウアル、全ての記事、消して復活だと、自分で主張していた記事、読まれるのが嫌なのだろう、全くもって、これでは、前首相の鳩ぽっぽと変わらない変節漢ではないか。

こんな男が比国関係ブログの重鎮だと!

比国関連の他のブログで、女、買うのはけしからん、等と正義漢ぶったコメント入れたりするくせに、自分の嫁にPクラブさせたり、本当に卑怯でズルイ人間だ。

多分、鳩ぽっぽと同じで、自分の中では自己矛盾してないのだろう。

この男の読者獲得のやり方は前にも書いたが、他人のブログにお為ごかしのコメント入れ、最後に自分のブログ宣伝して、読者増やしてきた訳だが、流石、不動産家、ブログ読者獲得商売も上手い。

別枠で、原発事故、大震災関連の頑張れ日本なる、ブログやっているが、コメントはない。そりゃそうだろう、自分のボランテイアの宣伝や、当時、政府発表の今時点では、健康には問題がない、それ鵜呑みにしていた人間が3ヶ月もたってから、原発の災害の悲惨さや、その被害の大きさが分かって騒いでも、書く記事に説得力が無いのは当たり前の話だろう。

私はこうゆう似非正義主義者、大嫌いだ。

少し気になる。

2011.06.12.12:10

ブログ付き合いでG氏繋がりである青年、面倒みている。
大学卒業、頑張って金為めて、現在カナダ、トロントで英語の勉強と出来れば仕事したいと考えている若者の一人だ、ただ、気になったのはささいな嘘つく、これは若者特有な自分、大きく見せたい、経験があるように見せたイ、気持ちは分かるが、本当のこと知っている人間が側にいるのに、見え透いた嘘、他人に言う、まあ、今回は知らない振りしていたが、また、やれば、心は離れる。

一生懸命に生きる人間は好きだが、要領使人間は駄目だ、まあ、しかし、もう少し、見ていよう。

sukosi

2011.06.12.11:57

今年、初めてのゴルフ

2011.06.12.11:51

金曜日、竹内さんと、今年初めてのゴルフに行った。

しかし、その朝、実は前の晩、酔っ払って、愛犬と一緒というか私はカウチに寝たが、朝の6時頃、何か、どたばたした音で目が覚めた。何と、ブラッキーが立ち上がれない、何とか立ち上がっても直ぐ転ぶ、このような症状は今年に入って3度目だ、とにかく形だけの散歩させ、ミルクだけ用意してゴルフにいった。

ゴルフプレイ中も愛犬の事が心配でゴルフに集中出来ない。普通なら、プレイ終了後、竹内さんと一杯やるのだが、事情話し、とにかく、一目散我が家へ、ついたら、ブラッキー、動かない、一瞬焦った、オイ、起きろ、大きな声でどなった、暫くしてのそのそと起き上がった。安心した。良かった、まだ寿命があった。

暫く振りのゴルフで疲れたが、愛犬ブラッキーが、何とか持ったその事が嬉しい。今の所、まだ、食欲がある、オイ、ブラッキー、留守中に死んだら駄目だぞ!                                                       

誕生日

2011.06.08.13:20

今日、63歳の誕生日、特に感慨は無いが、よく、寿命が持った、それだけだ。
この先、どれほど生きる、人生があるのか、それは分からない、しかし、今まで生きてきて、我が人生振り返れば、反省、後悔、情けなさ、忸怩たる思いの集大成、いかに人生、卑怯に生きたか。我ながら情けない。

しかし、今更悔やんでみても始まらない。

とはいえ、仮に元気としての残りの人生、どう生きたらいいのか!!

財産使い果たしての破滅方の人生で秘密、保持しながら、終わりか、それとも、そうじゃない選択するか、今現在では難しいが、相手、当事者にとっては、下らん、情けない人間に映るであろう。

史上最低の首相

2011.06.02.12:46

この菅という男、断じてて日本人ではない、巷の噂では在日帰化人とある。それはそうとして、これほど権力にしがみつく人間、政治家は、わが国にあっては、稀な人間である、少なくとも、真の日本人であれば、分、恥、の概念があるが、この男には全く、それが無い、恥の美学がない。

しかし、一般的に考えて、恥、羞恥心、今の日本人、これらの概念はもはや、死語に近いのかもしれない。


久しぶりに書く。

2011.06.01.12:04

なんという事がない訳だが、ぶろぐ書くタイミングがなかった。

やってみて分かった事は、書き続けるには、エネルギーがいる、ある意味、私のこのブログ、ジャンルで言えば、何のカテゴリーに属するのか、不明だ、

無理に系統立てれば、比国関係ブログのブログ主に対してのコメントか!

勿論、政治的な主張はある、しかし、それら語るには相手が必要だ、自慰行為みたいな独りよがりの意見、誰も読まないブログに載せても意味はない。

このブログが何時まで続けられるのかは、今は分からないが、その時その時で、感じ、考えた事綴っていきたい。

しかし、このごろ、集中心というか、好奇心も含めて、淡白になってきた。どうでもいいという訳ではないが、何事にも集中出来ない。
肉体的には老いはそんなに感じないが、精神性に於いて、淡白になり、物事、森羅万象、関心が薄れつつある。

まあ、日常の生活、書く程の情報ないのも問題だが、平穏日々幸せ、良いことではあるが、反面、極めて退屈でもある。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR