スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜も出来上がって記事を書いている。

2018.05.20.11:37

何を言っている、出来上がらずブログ更新をしていない方が少ないではないか、確かにその通りなのでそういった指摘には素直にハイ、御尤もというしかない(笑い)

で、何気なく階下でテレビを見たら、英国王室のハリー王子とアメリカの元女優、メ―ガンなんとかいう女性との結婚式を中継していた

私はこの2人の結婚については基本的にはどうでいいし、あまり関心はないが、ただ一つ関心があると言えば、もし2人に子供が出来た場合、遺伝学的にどのような種の子供が出来るのか、それには関心がある。

この花嫁であるメ―ガン何とか、父は白人であるが母はアフリカ系黒人、本人は白人系顔立ちである、だが、隔世遺伝という言葉もあってもしかして2人の子供には黒人種の強いDNAが出て、見た目黒人の王子なり王女が誕生する可能性がある。
AAxvqOn.jpg


英国王室、それらの事も含めてこの結婚を了承したのだろうが、仮に王位継承権が近い王子だとすればそれを受け入れたかどうかは難しいと思う。

私の個人的意見としてこのハリー王子、見た目に知性が感じられないしヤンキーなあんちゃんでどうしてこんな女を選んだのだろうと思っている、妻の意見はこの女はフォーリーテール、おとぎ話のシンデレラを狙っていた、そう言っていた。

離婚経験がありハリウッドで大したことがない3文女優、一族はロクでなしだし、なぜこの女なのか、その辺は次期天皇の盆暗ナルが何故、雅子だったのかと通じる所があるが(笑い)



私は以前に人間種としてどの民族のDNAが最強か、記事にした事がある。
人種的には白人、黄色人種、そして黒人と大別されるが、細かく言えばもっとあるが、基本的にはこれらの人種が結婚しうまれてくる子供の人種的特徴は黒人種のDNAが一番強いとされている、特に父親が黒人種の場合が強い影響力を持つ。

しかし、唯一例外がある、それは黄色人種の範疇に入る朝鮮人、この民族の持つDNAは世界最強である、それは何故かといえば、朝鮮人とはホモサピエンスではないという説がある、もともとが山葡萄原人、その後ツングース系エンベキ人と混血、モンゴル人とも混血、李氏朝鮮時代は近親相姦を繰り返し現在に至ると言うDNA連鎖の歴史がある。
note-185775-i3-575_1533356.gif


だから朝鮮人は黄色人種、アジア系人種と言っても極めて分かりやすい人種的特徴を持つ、まず顔立ち、朝鮮人の80%は顔を見ただけで朝鮮人と解る、中国人や日本人、そして東南アジア人は見ただけでは所属する国は分からない。

そして人種的DNAが強い黒人と結婚した場合、肌とか髪の毛とか黒人種の影響を受けるが、顔だちだけは紛れもない朝鮮人の顔立ちが色濃く出る、そして黒人種気質、朝鮮人気質のミックス、もう、どうしようもない人間が出来上がる。更にいえば民族的基地外病である火病、訳の分からん事を言う内に頭が狂ってきて火だるま状態になる。

その意味では朝鮮人こそ人種的最強最悪の民族と言える。

英国王室に黒人種の血が入った、それを良しとしているので別に文句はない、だが我が国皇室、時期皇后雅子妃、その出自は間違いなく北朝鮮系背乗り一族の末裔である。

違うというならDNAを調べれば一発で分かる、いずれにせよ、遺伝学的特徴、基地外遺伝が既に出ている、それでもお可哀相な雅子様、適応障害が治らぬ雅子様、対人障害の雅子様、皇室伝統祭祀、神事はおできにならない雅子様、薬が欠かせない雅子様、園遊会、客に出す最上のジンギスカン肉をかっぱらって逃亡の雅子様、同じく僅か50メーターをお歩きになって適応症は回復兆しがあると報道の雅子様、こんな報道が世界に漏れればメ―ガン妃どころの話ではない。

最近、雅子妃のアゲアゲ提灯記事が目に余るが、こんな朝鮮系皇后が誕生などその意味では日本の皇室、終わりの始まりである

宮内庁は学会で占められマスコミは女帝美智子皇后の言うなり、それでも皇室大事、皇居に日の丸の旗を振って万歳、万歳、それが国民の意志だとすればしょうがない。

ただし、もし愛子さんが女性天皇として即位、そしてその相手が日本人ではない、それでも万歳をするのか、、、、、、

男子万世一系で繋いできた皇統が途切れて訳の分からぬ新王朝、そこで誕生した子供の顔が紛れもなく朝鮮人の顔、想像するだけで恐ろしい。


私はいずれくたばるが、日本人の多くが阿呆な能天気日本国民、もうちょっと真剣に考えた方が良いと思う。
スポンサーサイト

70歳、仮に後5年だとしてどう生きるか?

2018.05.18.13:26

今、妻との話し合いの中で現在住んでいる家を売り、コンドミニアムを買いそこに住む、そんな形の話が進んでいる。

その理由はいくつかある、妻が体の不調を訴え始め今年一杯で義弟の経営するクリニックを辞めるという、その意味での収入の問題、4ベットルーム、地下室付き、前後の庭、夫婦2人には広過ぎる家、庭の手入れから真冬の雪かき、もうそろそろ限界ではある。

家は一生の住み家か? これに対する答えはカナダにやってきて変わった事は事実であった、一般的に言ってカナダ人はそのライフスタイルに合わせて住み家を変える。

その意味では家というのは一生ものではない、しかし、我が家を売るという話、正直にいえば複雑な思いは残る、それは庭、丹精をこめて作った前庭、後庭、芝や植えた木々草花、薔薇、それを手放す事になる。

これは自慢でも何でもなく、現在の我が家の不動産価格として日本円で1億2千万の不動産評価がある、そこで売ってコンドウミニアムを買いそれでもキャッシュは残るという、私は基本的には田舎の生活がしたいが多分妻の意見に従うと思う。
それは寂しい田舎暮らし嫌、便利な都会暮らしがいいという、私はそうは思わないが言い争いをしてもしょうがないからだ。

我が家は共同名義ではあるが、そこで得た利益については私には関心がない、私自身が私名義の日本に自宅を持っているし、母の事もあって晩年は日本に住む選択肢もある、それは長男として母を看取りたいと思っているし、私自身の死に方は生まれ故郷の北海道に散骨と決めている。

つまり夫婦同じ墓に眠る、最初からそれはない。

勿論、妻はある意味愛しているし、感謝もしている、でもだからと言って同じ価値観ではないし生き方や考え方も違う、その意味では自身の最後の選択を考えた時は自分の我がままを通すと思う。

現在の私達の収入、互いの年金、妻の仕事収入、アパート収入、カナダの老人手当、ま、そこそこある、だが妻が仕事を辞めてしまえば収入は減り現金を持って余生を過ごしたいというのは分かる。

しかし、素敵なコンドウミニアムに越し周りが便利なロケーションであろうが、私はこういう環境は好きではない、だが何故好きではないという事を妻は理解できないし、私も上手く説明できない。

国際結婚というのは若い時はいいが、晩年になればその持っていた価値観の違いをうずめるのは難しくなる。

最近一時代を生きた芸能人や親しかった友人が相次いで逝ってしまっている、その意味ではこんなつまらん男がしょうもない事を言いながら書きながら生きている事に、自身情けない思いもない訳ではないがこれも寿命と考えれば致し方がない。

今宵もウオッカ40度をそのまま飲んでいる、そして泥酔状態でベッドに倒れ込む、決して健康的生活とは言えないがこういう破滅的出鱈目生活も好きなのだ、それでどうなろうと自業自得、覚悟はしている。


基本的に人間、何の意味もなく長生きをして何が嬉しいのか、何が楽しいのか、何が目出度いのか、私には分からない。




もう直ぐ出発。

2018.05.15.20:44

月曜日に出発するが香港まで15時間、そしてマニラ、その後日本、そんな内容だが6月6日にカナダに帰国、旅全体としてはいつも旅行に比べれば短い旅行となる。

それは今回、妻と一緒で妻の仕事もあって長く休めない事にある、残念ではあるが致し方がない。

よく、年配になってから夫婦旅行、国内海外、を楽しむ方が多いが、私は妻と一緒の旅は好きではない。それは妻と一緒だと色々と便利な事もあるが(彼女は仕切る事が上手)そんな事もあって私の勝手気儘な旅ができないからである。

やはり私は我がままで勝手気儘旅で、好きなようにする旅がすきだ、だが、今回、マニラで彼女の大学時代の仲良し3人組のクラス会が有ったり、私の姪の結婚式があったりで結局一緒の旅となった次第、多分、一緒に日本に帰ったのは10年ぶりくらい前だと思う。

今回もそうだが、私は日本でブログ関係で知り合った方々の何人かにお会いする事になっている、去年、一連の騒動で助けて頂いたT子さんにもお会いする予定だ、楽しみである。

また、同じく、ブログで友人になった爺さんやRさんと熱海の温泉でどんちゃかする予定もある、とにかく日本は食べ物が美味いしいし酒も美味い、最近、支那人や朝鮮人が彼方此方で大量に湧いてきているが、まあ、これは我慢するとしよう(笑い)

ブログを通じて何人かの方から、お会いしたいとのお話もきているが、旅行の日程上今回は無理なので申し訳ないと思っている。
こんな死に損ない我がまま爺にそのような事を言って頂ける、真に有難い話である(笑い) もう一つ、会ったら何だこりゃこの爺と思われるのを恐れる(笑い)

それはともかく、恐らく元気で勝手気儘旅が出来る時間ももう後何年かだろうとは思う、残りの時間で是非行ってみたい所といえばエジプト、インド、中南米か、いずれにせよ支那と朝鮮にはただでも行かない(笑い)、ロシアにはカナダでの友人もいるので行ってみたい気もするが、なにせ寒い国、余り気乗りはしない。


今、カナダの遅い春があっという間にやってきて新緑の季節となり気持ちのいい季節となった。去年、綺麗に咲いた薔薇10本の内2本がカナダの厳しい冬の寒さでやられてしまった。庭の芝生もこの間まで枯れていたのに今は緑に勢いがついて、多分帰って来る頃には刈り入れが必要になってくるだろう。

明日は今年2回目のゴルフに行く、足が弱くなってもうゴルフカートに乗らなければプレイが出来なくなってしまった、もう距離は飛ばなくなってしまったが年寄ゴルフでなんとか90台は維持できる、いわゆる尺取り虫ゴルフというスタイル。

出発までにはもう1回くらい更新したいとおもっているが、さてどうするか?

ルックスは爺でも頭の中身は青年だあ~。

2018.05.12.12:23

こういう阿呆なタイトルで書き始めたという事は、そう、出来上がって書いている事になる(笑い)

私は来月6月に満70歳になり、世間的には古希というのか、分類的には昭和の中期団塊世代であり、もしかして日本の世代的人口比で一番多い世代かもしれない。

実際、私が若い頃、70歳まで生きるとは本当に思ってはいなかった、だが今、生きている、確かに年齢的、肉体的に老いの兆候は顕著である、顔に染みは出始めたし、筋肉は衰えたし、息子は寝たきりになり、庭の芝刈りも休み休みしか出来なくなってしまった。

喰う事や女性にも興味もなくなってきたし、お洒落にはまだ関心があるが昔みたいにブランド物には関心がなくなった、但し、例えば靴はバリーが好きだしサングラスはレイバン、多少の拘りはある。

思想的には団塊世代の多くがそうであるように、その昔は左翼思想で学生運動世代だった、だが、それはもしかして流行に憧れるファッション左翼だったかもしれない、その証拠に三島由紀夫自決事件で私の政治信条は一挙に変わってしまった。

以来、私の政治信条は愛国主義、日本大事主義、特にカナダに暮らすようになってからその思いは強くなった、その意味では政治的右翼ではない。
あえて言えば右翼は天皇崇拝者、皇室大事が多いが、その意味では今の天皇皇后は崇拝や尊敬に値しないし、皇室そのものが下らない存在だと思っている。


時々、不思議な感覚になる事がある、確かに見た目の容貌、肉体的衰え、精神力のなさ、それは感じるがその一方で、頭の中の自分はまだ若かった時の感じ方や感覚をまだ維持している、それに驚いている。

要するに爺の肉体にあんちゃんの精神が宿っている、こういう現象は世間では阿呆というのかもしれないが、それでも構わない。

よく男の良い歳の取り方として好好爺という呼び方がある、私はその意味では絶対にこの種の爺にはならない自信がある(笑い)

それは先ず、人生全般について達観していないし、綺麗事を言う人間や糞のくせに偽善を語る人間の話には直ぐ見分ける自信がある、その事は過去記事で散々言いたい放題、書きたい放題したので省くが(笑い)

私はほぼ毎日近所にあるショッピングモールの出かける、そこにはフードコートがあって、たくさんの客にあふれているが、メインはあんちゃんや姉ちゃんの学生、そしてシルバー世代のおばあちゃんや爺チャン世代、それぞれの民族や人種が集まって時間を過ごしている。

私はこのフードコートで何回か、あんたカッコいい、そんなオホメの言葉を同年齢の人から受けた事がある、吃驚したがそういう相手もファッション価値観が合ったのだろう、その時は教会の帰りでスーツに黒の中折れ帽、カシミアのダブルコート、カシミアの白のマフラー、そんないでたちだった。

とにかく、私自身はいつも爺ファッションとしては恰好良いと自画自賛しているのだが、(笑い) 

今日、高校生のお姉ちゃんから、爺ちゃん格好いいね、親指を立ててグ―のサイン、この時は濃紺のTシャツ、白い麻のジャケットに同じく白の綿パン、白革の編み上げ靴、そして濃紺のリボンがついた白いパナマ帽をかぶっていた。

ちょっとレトロな往年のハンフリー、ボガードみたいな恰好をしていた、顔は全くの爺なのでレイバンのサングラスで隠していたが(笑い)

これで1950年代のビンテージのアメ車のオープンカーでも乗っていれば、もっと恰好いいかもしれないが、そんな物は高くて買えない。
話が脱線するが、こちらのテレビ番組で田舎で雨晒しで放置されていた往年の名車を安値で引き取り、それを時間をかけて直しビンテージカー愛好者のオークションにかけるそんな専門チャンネルがあり、また、それら往年のビンテージカーの愛用者たちが集まってパレードを行ったりする催しがあるが、みな、そこそこの爺さん、婆さんが仲良く乗ったりしていて恰好がいい。

このビンテージカー、目の玉が飛び出す程高価、一台何千万円もするし、高価な新車よりもある種の階層の人々にとっては人気がある。


さて、人というのは見かけで判断する、よく日本でボロは着てても心は錦という言葉がある、これは志の問題でちょっと意味は違うと思うが、それは相手の中身を知ってからの話であって、それを知らない場合は汚い、だらしない恰好をしていればそれは中身もそうだと判断されやすい。
但し、高価な衣服を身に付けているから立派であるという話ではない。

タイトルで私の頭の中身は青年と書いたが、正しくは大人になりきっていないあんちゃんのまま、という事である、これは性格的な事もあるが、ようするに考え方が短絡的で幼稚だという事だ。

世の中にはおかしい事やどう考えてもそれは違うだろうという事が沢山あるが、自分が納得できない事には文句を言う人間でそれで生きてきたし、これからもそうするだろうと思う。


まあ、馬鹿は死なきゃ治らないの見本みたいな人間だと、私自身は思っているが、どうだろう(笑い)




社会正義って何だ。

2018.05.06.09:21

先日、何気なくNHKのドキュメンタリー番組を見ていた、それは雪印乳業が輸入牛肉を国産牛肉と偽って冷蔵会社にてラベルを張り替える等の偽装工作を内部告発した当時の西宮冷蔵社長、水谷洋一氏の近況を番組にしたものだった。
top_h2_1_img.jpg


番組の構成としてはこの水谷氏が社会正義から発した内部告発をした結果、現在の悲惨な生活を綴ったものであったが、それがどのような意図なのか今一よく分からなかった。

事件の経過とは、雪印がこの西宮冷蔵内で自社の社員を使い、輸入肉を国産肉として偽装をやっていた、それをこの水谷氏はこんな不正は許されるものではない、と内部告発、本人はこれは社会正義上許されるものではないという、

結果、雪印乳業はその後解散、会社自体が消えてしまった。

その後、この西宮冷蔵は取引先からの取引中止が重なり、休業状態になり、一時支援者や息子の新規開発もあり立ち直りもあったが、今度は中国からの農薬汚染野菜の輸入や加工を断り、その業者との取引停止、結果、他の取引業者も離れ今や倒産待ちの状態、銀行債務も多額になり返す当てもない状態、本人は意気軒高であるが、娘は事件が進学期に重なり、進学に問題も出て精神的におかしくなり飛び降り自殺、助かるも脊髄損傷で一生寝たきり状態、息子は父に代わり八方手を尽くすが既に打つ手なし、息子も父がやった事には理解を示していたが、だが、本当にそれが正しい事だったのか、苦悩しているようであった。


私はこういう男は赦せない、確かに雪印が行った不正、社会正義上、あってはならない事である、だがその流通システムでの西宮冷蔵、息子がそれを良しとして業務を受けていた時期もあった、従って内部告発したが監督官庁からはその為に責任もあったとして処分も受けている、結局はこの水谷社長の大向うを狙ったパフォーマンス、この時、こういう内部告発を行えばどんな仕返しが有るか、その時はどうするか、そのような相談を家族や従業員、取引先に相談した経緯も確認されていない。


確かに、この内部告発によりメデイアが大騒ぎし、こんな事は許される事ではない、水谷社長勇気がある、立派である、よく言った、世間も同調して社会正義をもって対象者を糾弾した、その結果、雪印乳業は会社が潰れ関連会社やその従業員は露頭に迷った。



内部告発、ガセではない、それなりのインパクトとはある、だが、そうなる経緯には理由がある、雪印の偽装牛肉事件、実際の隠蔽工作に携わった会社員達、それだって会社からの命令、好きでやっていた訳ではない。

こんな話、組織に属していれば同じような話はいくらでもある。悪いと知っていながら致し方無くやっている世の中には腐る程ある。

だが一旦騒ぎになれば騒いでいる人間達は誰もが正義面をして善人ぶる、そして関わった人間達がどうなろうと関心はない。




私は以前会社員であり、無理やり辞めさえせられた役員に可愛がってもらった事もあって、その意味では会社の裏情報は全て知っていた、例えば裏金の作り方、社長一族の不正蓄財の仕方、違法税金対策、だがそれは絶対に漏らさなかった。

それはその組織に属している以上、もしその事を公にすればそれは密告であり、裏切りであるからだ、そんな事をしゃべって誰が喜ぶのか、つまり、この水谷社長、自分の中でそんな不正は許せない、それを何故マスコミに発表するのか、確かにその事によってマスコミには英雄しされ持ち上げられた、支援者も出てきた。


私はこういう風潮というか、支援者というか、全く信用していない、確かに社会正義を貫いた,やっほう、大した人物だ、英雄だ、だがそこまで、世間の評価は虚ろいやすい、その後どうしたはどうでもいい、世間の評価なんてものはその程度。

このNHKのドキュメント番組、何を言いたいのか、人生の落伍者、自社の従業員家族を露頭に迷わせ、取引先大会社を潰し、その従業員から仕事や生活を奪い、自分のせいで半身不随になった娘を守る、そんな男が酒に酔い、自分は間違っていない、それを言わせたいのか、NHK,,それでも社会正義は守るべきなのか、絶対正義は常に世の中にあるのか、

本人が持つ正義感、それはいいが、それは独りよがりではないのか、それでもそれが絶対的正義であればどんな事があっても告発すべきなのか、だが内部告発はその相手にとっては同業者や取引相手からの密告であり裏切りであり、許せるものではない、された側からすれば絶対に復讐する、潰す、当たり前の話、それを一人くらいドンキホーテがいてもいいでしょう、何を戯言を言っている、この男が犯した罪は大きい。

親から受け継いだ会社を潰し、何の罪もない従業員の職を奪い、娘を障害者にし息子を破産責任者にする。

彼の手前勝手な正義感により周りにいた関係者、すべて不幸にした、何も失うものがない、自分一人が全ての責任を取る、それなら構わないが、結果的には阿呆で屑だと私は思う。

社会的不正は許せない、内部告発をしてまでそれは暴くべきだ、それについては賛否両論、あるだろう。


しかし、私はこう思う、世の中にはこれは正しいという社会正義もないし絶対正義もない、現実的には司法においても司法取引もあるし、金で正義が買える場合もある、正義というのは人それぞれの心の中にあり、多種多様なものだと思っているし、ある種宗教みたいな部分もある。

信じる事は勝手だが、他人を巻き込むな。

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。