相撲は格闘技だと思っている。

2017.11.22.13:21

相撲世界での横綱日馬富士が、同じモンゴル出身の格下力士への暴力を振るった、その事に対しての連日の過剰報道、多少違和感を感じるので書いておきたい。

私が始めて相撲を実際に見たのは私が小学生の頃、何年生かは忘れたが、当時、炭鉱で盛んだった夕張に相撲の地方巡業が有った、初めて見る力士達、その大きな体に驚いた、取り組みは覚えていないが、興奮した事は覚えている。

後年、勤めていた会社で国技館の升席を年間で買っていた事があった、それは得意先接待の一環として会社として大事な得意先を簡単には見られない升席でもてなす事により、次なる発注につなげたい、そういった主旨であったが、そのような流れで私も営業マンだった関係で何度かこの両国国技館で生で相撲を観戦した事がある。

ボクシング、これは私がある美術系出版社の倒産に関わって知り合いになった、経済ヤクザ(当時竹下総理の屏風事件の関係者)にちょい可愛がわれ後楽園ボクシングのリングサイドの席を提供してもらった事があった。

4回戦ボーイという言葉がある、つまりランキングに入るために殴りあう初歩のボクサー、はっきりいうがこのクラスではテクニックなんかない、要は根性で喧嘩そのもの、私はその様子をリングサイドで見学していたので良く知っている。

リングサイドで観戦していれば血や汗が飛んでくる。

一方、相撲世界、その昔は親方が稽古の際、竹刀をもっていい加減な稽古だと判断すればその竹刀で滅茶苦茶に弟子を叩いて気絶寸前にも至る事もあった。
また、相撲世界では先輩力士が可愛がると称して、過剰な稽古をつける当たり前の世界である。


ある意味、相撲も格闘技の世界、簡単に云えば商売としては興行である、ボクシングにも相撲にもその興行を支える筋がある、ある方がその昔,大相撲の韓国巡業を請け負った事があった、詳しくは書かないが政財界、やくざ稼業、プロモーター、たにまち筋、あらゆる筋を調整して成り立つ興行であり、決して表世界だけでは成り立たない。

また、相撲の世界、贔屓力士に対してのごっつあん、いわゆるたにまち筋から提供される数々のサービス、すべて無料のごっつあん、たかり精神、受け取る方も差し出す方もなんとも思わない当たり前の世界。


今回の事件報道で、何の勉強のしていない阿呆記者が、しょうもない質問をしていた、暴力はいけないと思います、馬鹿野郎、それは興行、その暴力、格闘技によって人々の憂さを晴らす昔からあったガス抜き、それが全く分かっていない阿呆。又、チンピラ芸能人や屑芸人風情がどうたらこうたら批判しているが、知らない世界に分かったような事をいうな、この阿呆ども!!

これは私の個人的意見、

今回の事件、相撲教会内ではまあまあ、で済んでいた事をマスコミに漏らし大騒ぎにしたのは貴乃花親方、

根っこは理事長選挙で敗れた事にある、この男、昔、結婚寸前だった女に対し、嫌いになりました、と言ってあっさり捨てた、(宮沢りえ)そういう精神性にある、私はこういうつまらん人間は受容出来ない。


そして何より、暴力はいけない、そう言った阿呆意見がまかり通る世の中、、、、、


続き、

つまり何が言いたいのかと言えばこのような格闘技の世界、とにかく強い事が絶対の条件、ボクシングでいえばチャンピオン、相撲でいえば横綱、勝負に負けたら終わりの世界、確かにその道での王者になれば品格を求められる事もあるだろうがそれは絶対の条件ではない。

このような世界では当然絶対的な上下関係はあるし、その世界で飯を食っている人間はその事はよく分かっている、それらの掟を破れば制裁される事も分かっている、だから殴った方も殴られた方も仲間内では話はついていたのだが、それを何故、大袈裟な診断書まで用意し刑事事件まで大騒ぎ騒動にしたてたのか、

モンゴル人力士の間でのけじめにつけ方、ある意味そういう見方もできる、それを何故?

それはこの貴乃花親方という人間が相撲協会という組織の中で権力闘争に負けた恨みから出発している、私はそう思っている、ある意味、相撲協会に対しての意趣返し、

格闘技の世界の人間がいわば素人に暴力を振るった、それは許される事ではないが格闘技世界での上下関係で生意気な人間にけじめをつけた、それだけの事になぜ大騒ぎをするのか。

横綱と心技一体の存在であるべき、とにかく世の中には綺麗ごとを言う人間が多すぎる、そんな気がする。

相撲は日本の国技、神事の世界でもある、そういう見方も否定はしない、だが、実際には階級上位には多くの外国人力士がいるし、横綱に至っては4人の内3人までモンゴル人で占められている、つまり国技とは言っても外国人力士に支えられていると言ってもいい、私の言うように相撲は格闘技であるの言い方は馴染めないという意見もあるだろうが、これが現実なのだ。

朝のニュースで相撲協会理事長が貴乃花親方を呼び、貴乃花部屋の被害者とされる貴の岩(モンゴル人力士)を相撲協会からの事情聴取に協力してほしいとの要請、しかし、貴乃花親方はこれを拒否したとあった。

大横綱、必ずしも偉大な親方になれるとは限らない、貴乃花親方、いずれ大相撲の世界から追放されるような気がする。




スポンサーサイト

もう、嫌になった。

2017.11.21.22:13

私のブログに対しての総アクセス数、通算1千万を超えたが、それはそれとしてとにかくもう嫌になった。

何が嫌になったのか、それは私の馬鹿さ加減、読者の何人かの人達から?の質問を頂いていたが、それは私のブログ記事,約4カ月分の記事が削除されているが一体何があったのかという質問であった。

例によって出来上がってではあったが一本の長い記事を書いた、通常であればそのまま公開される筈だったが、どういう訳か下書き状態でどう操作しても公開状態にならない、とにかくせっかく書いたブログ記事、なんとか公開するべくPCと悪戦苦闘していたが、アレと気が付いた時は既に遅かった。

4カ月分の記事、そっくり無くなっていた。

呆然自失、唖然、ま、とにかく、頂いたコメントまで含めてそっくり無くなってしまっていた。

私は人生の過去において酔っぱらってはいくつも間違いや失敗をしでかしているが、今回のこの件、全く過去の失敗に対しての反省や経験が何の役にも立っていないどころか酔っぱらうと正体がなくなってしまう、それがもろ出た結果となってしまった。

本来なら記事において即、こんな訳で記事がなくなりコメントもかえせなくなってしまいました、なんてのお詫び記事を書くべきなんだろうが、自分の馬鹿さ加減を晒すようで嫌になりしばらく記事を書く事が出来なかった。


思い返せば思い付き出始めたこのグログ、いろんな事を書いてきた、基本的には酔っぱらいの戯言記事、それでもその時々の思いを記事にしてきたが内容については正直に書いてきたつもり、嘘は書いてこなかったし、それなりに調べて書いた事もあった。

ただ、最近、書く事にある種の躊躇が出始めたのは事実である。それはブログをこのまま続ける事の意味。

これは多分、ブログを長く続けてこられた方達が共通して感じられる事と似ているかも知れないが、こうやって記事を書き発信続ける事に何の意味があるのか、しょうもない事を書き続けて誰が読むのか、何も変わらないのに何故書くのか、そう思うようになった。

また、遠因として例の騒動として滅茶苦茶に叩かれ事や、ネットでの言論暴力にも晒された事も一因となっている、更には気力もなくなってきたような思いもある。


とは言え、こんなしょうもないブログではあるが定期的にアクセスしていただいている貴重な読者の方もある、大変有難いとも思っている、その結果通算1千万余りのアクセス数にもなった。


人生の晩年、人の結末は千差万別ではあるが、そこそこの生活をしネットを通しての友人もでき、そう悪くもない人生だと思っているが、時々、マイナス思考に陥る事もあるが、まだお迎えには若干時間が残されているようだし、、、、、、、、、


そんな訳で本来ならばコメントを頂いた方達には、きちんとコメントに対してのお返事をしなければいけないと思っていたが、この場を借りてお詫びいたします。


と言いつつも、多分、今夜あたり、また酒を飲むのでしょう(笑い)

取りあえず、馬鹿な親父の酔っぱらいブログ、これからも宜しくお付き合い下さい。

兄上様。

2017.07.19.19:35

私は日本滞在中にある女性と会った、初対面の女性であったが自身が主催している句会のお師匠筋の方の葬儀に参列する途中らしく洋装の喪服であった、お会いした時の印象は凛として上品な方だった。

私はフィリピンで生きた色んな男達と交流があったが、この女性の兄にあたる方とも交流が有った、彼は所謂山師的な生き方をした男で事業で大成功して金持ちになったり、その反対に失敗して無一文になって困窮生活を送ったり、ある意味破天荒な人生だったが、世間的な評価とは別に実際に会ったら実に豪快な男で、博識で面白い人物だった。

その彼が主催していたブログが突然更新が停止し、その後、暫くして友人からの書き込みがあり、彼が心臓疾患系の病気で突然死した事を知った。

その彼がやっていたブログにしばしば、兄上様として彼の妹さんからのコメントが載っていた、内容はもう長く兄と会っていない妹としてその兄に対しての思慕と心配する念が切実に伝わって、ある意味切なかった。

今時、兄に対して兄上様と書くこのような女性、どんな人なのか、会ってみたいと思っていた。

私にも妹があってその関係は瘋癲の虎、トラさんとさくらみたいで勿論、出来の良くない兄をいつも愛してくれる妹であった.私が日本から帰る日には必ず見送りに来てくれ、そして土産と長い手紙をくれる、その手紙を空港のラウンジで読む時、なぜか涙が止まらない。

私は森進一の泣くな妹よ、なるフレーズの歌に弱い、この歌を聞くと私が子供の頃、いつもお兄ちゃんとしたって私の後をついて回っていた幼かった妹の姿を思いだすからだ。



彼が突然死する前、実は彼は故郷に帰る話になっていた、もう何十年も会っていない兄がフィリピンでの生活を清算し、妹の待つ故郷へ、だが、待っていた知らせはもう帰る事が出来ない知らせだった。

今回、彼女とお会いして知ったのはたった1人の兄でありそして妹であった彼女、幼い時の家庭の事情により兄に対し特別な思いが有ったそうだ、実は私と妹との関係も似たような事だったのでその思いはよく分かる。



彼女、フィリピンにおける兄の葬儀には是非とも参列したかったようだが、その葬儀も彼の友人達によってあっというまに済んでしまい、それは適わなかった。

最近、兄のお骨の一部が彼女の元に届いたそうだ、故郷の先祖代々のお墓に入れると言ってらした、兄もやっと帰ってくれたと涙ぐんでいらした。

私ももしまた日本にやってきたら、ご一緒に故郷のお墓にお参りしましょうと言ってある。

最近、彼女からコメントが入り、私と会っていただいて有難う御座いました、生前の兄を知る人物からお話しが聞けて嬉しかったとあった。
彼女から彼女が出版した句集を頂戴したが、その中に兄を偲んだ句が何句かあり、涙した。彼もたった1人の愛する妹の元に帰りたかったと思うが、無念であったと思う。

改めて彼の冥福を祈ると共に、彼女K子さんのこれからのお幸せを祈りたい。


追記
現在頂いているコメントに対して返事が遅くなっていますが、とにかく、誹謗中傷、罵倒コメントも多く、その処理に苦労しています。
それらを処理し、頂いた誠実なコメントのみにお応えしたいと思っていますので、今暫くお待ちください。

暇人

2017.07.18.09:23

私の今は人間カテゴリーでいえば暇人である。

ただし、金持ちではないが妻と2人では広すぎる家に住んでいるし、車も新車ではないがジャガーに乗っている、カナダに住んでいるが年に数度他の国へ旅行したり国内旅行にも行ったりしている、冬は寒くてやる事もないが夏の時期にはゴルフをやったり、庭で好きな薔薇の手入れしたりしている、そして一年に一度はフィリピン周りで日本に帰国している。

社会的には成功者ではないが今の暮らしに文句はない、ただ、これは私が過去記事でもかいているように幼少時の貧困生活やぐれかかって刑務所いりかなんての生活も送った事がある。

要は運が良かっただけの晩年で、実際年金生活者なんだが、それを全て自分の為に使っている、生活費には使っていない、借金は一切ないし、2人で築いた財産は残す相手もいないので死ぬ前には使い切ってしまおうとも考えている。

仕事は50歳で勤めていた会社の社長と揉めて辞めた、それ以来働いた事はない。これが悠々自適な生活といわれるが私、本人はそう思った事はない。

そんな暇人がネットの世界に嵌った、最初はネットサーフィン専門だったが自分でブログを立ち上げ現在に至っている。
この自分のブログを持ったお陰で、いろんな世界に住む方とご縁が出来、以来ブログで知り合った方と会う旅を続けている、フィリピン繋がりでいえば、フィリピンで客死した男達の妹さんとも何人か日本で会っている。

私のブログ記事繋がりでは、主義主張が近いブロガーさん達とも何度もお会いしている、そして今回のBBさん、その他には私がその方が書かれる文章に惹かれ、会いたいと思いその後何度もお会いした方もいる。

私は時々、過激な主張と酔ってしょうもない記事も書くが、その対象はあくまで公人やマスコミや皇室が対象で、特定個人ブロガーを批判した事はない。

私は自身のブログで顔も出しているし、過去にこんな所に住んでいる、そんな事も書いている、つまり、相手が本気で調べようとすれば調べられる、なぜ、無防備なのか、それは匿名、自分を隠し、それを良い事に他人を中傷、攻撃する事を卑怯であると本当に思っているからだ。

ちょっと話がそれるが、今回BBサンの記事を書いたが、批判が凄い、挨拶もなし、名前も名乗らず、記事を削除せよ、こんな輩が湧いて出てくる、しかし、私とBBさんの間で有った話は本当の意味で誰も知らない、つまり、私とBBさんは分かりあえている、私はそう認識しているが、だがBBさんの熱狂的フアンは承知しないようだ(笑い)



さて話を戻すが、私は匿名を良い事に個人攻撃をする輩は許せない、つい最近、ジュゴンさんを助けてやれ、そんなコメントが入った。

ちっとも知らなかったので早速調べてみた、ジュゴンさんとは3年前にコメントで日本に来るならお会いしたい、そんな事で帝国ホテルで会った、次の年は私が主催する私の誕生日宴会に参加して頂いた、そして自宅まで送ってもらった、今回もお会いできませんかと話があり、上野の西郷さん銅像の前で待ち合わせをした。

話を整理するが、ジュゴンさん、ふぶきさんという方のブログで実質ふぶきさんのイベントを支えている方で、ご自身はイベント事業会社のオーナーで、お金にはゆとりがあり、実際地方都市活性化イベント要請で参加された花魁道中再現では、花魁衣裳すべて自前で揃えた方、その費用100万とか、

それはとにかく、今回、私が男の夏物着物、絽か沙の着物が欲しいと言ったら、ならば浅草に行きましょう、そして馴染みの呉服店に連れて行ってもらい、私が粋と感ずる全てを調達して頂いた、なおかつ、恥ずかしながら買った着物、着せてもらった。
そのお礼ではないが、マンダリン、オリエンタルホテルで素敵な夜景を見ながら美味しいお酒と食事を楽しんだが、流石一流ホテル、高かった(笑い)

さて、ジュゴンさん、私もよく分からぬが、片目のダヤンとか言う男に、朝鮮人認定をされたり、何か意味不明の個人攻撃をされたようである、この片目のダヤンという男、他人のブログに寄生して自分は如何に優秀な男かを売り物にしているようだが、私に言わせればこんな男は屑である、気にいらなければ見なければいいし、それを大の男が独りよがりのしょうもない批判、お前は何様なんだ。

私は滅多に他人様のブログにコメントを入れないが、それは何の関係もない第3者が分かる話ではないと思っているからで、仮にコメントを入れる場合も記事に共感した場合だけで、記事に対しての批判はしない、それを訳知り、偉そうにそれも女性ブログ攻撃なんて、男として糞であり馬鹿野郎だと思う。

ジュゴンさん、私は貴方をよく知っています、素敵な女性ですよ!!

貴方自身はこんな糞男、歯牙にもかけないかもしれませんが、でもね、世の中にはそう信じる阿呆も多いのが本当、少しはお役に立ちたかった。

コメント欄、阿呆なコメントも入っているので整理してお返事致します。


ま、とにかく、親父ブログ、初の炎上だあ~、(笑い)

追記
片目のダヤン、早速、寄生している伏見氏のブログで私に対して言いたい放題、低能だのフィリピン訳あり男だの、4流駅前大学中退は本当だが(笑い)、、ま、とにかく、コメント者も同調していて笑った。

又、伏見氏によれば私は前科者の朝鮮人で創価学会信者だそうだ、朝鮮人ではないが創価学会には騙されて釈伏された事もあるので多少の縁はあるかも知れない、前科者、銃砲刀剣類不法所持、暴力行為、住居家宅不法侵入で警察の厄介になった事もあるので前科ではないが、指紋が警察台帳に載っているのは間違いではない。

まあ、指摘されていることは私自身碌な男ではないと自覚しているのであえて反論はしない。

どうせ死に損ないの爺い、好きなように書いて下さい(笑い)


どうやら粘着型のブログ主に目をつけられたようである(笑い),,その前に前科とは正式裁判で懲役、または禁固刑の実刑が確定した事を称すが、その意味では私は前科者ではない、また、この3つの罪状は若い時に喧嘩をしてその容疑で引っ張られただけの話、私の事をカナダ政府関係機関に調査をかけたと自慢しているが、やってみたらいいだろう、

ちなみにカナダの入国管理にも調査をかけたそうだが、カナダ移民する場合、提出する書類に日本における無犯罪証明書なるものがあり警察記録が添付される、そんな訳で私が犯罪者ではない事が証明されている。

又、私の妻がフィリピン女性という事でさげすんで誹謗中傷しているが、それは妻の名誉にかけて書いておく、妻はUP卒業、ユニバーシテイ,オブ、フィリピン(フィリピンの最高学府)で叔父叔母はフィリピン外務省高官、父は中規模の工務店を経営し母は小学校の校長であった。姉は日本のフィリピン大使館の領事部で働いていた。私の事はどう書いても構わぬが、妻の事は何の関係もないではないか!
下衆の勘繰りもいいが、そのような偏見の持ち主として笑われる。

又、現在カナダで親しく付き合って頂いている友人がいるが、この方は竹内家の本家筋の方で麻生太郎氏とは祖父が兄弟だった方で本も出されている。

こうやって妄想質、粘着質、人を貶めよう、虐めてやろうという人間が世の中にいる事は知ってはいたが、ネット社会のランキング上位の男達がそういう人間だったとは驚いた、俺たちに楯付く者はこのような目にあうのだ、分かったか! なんてなんとも分からぬ一方的勝利宣言が有ったが、何だろうなと思う(笑い)

有る方からのコメントでこういう種類の人間には反論しない方がよい、反論すればもっと逆上して執拗な攻撃を仕掛けるからとあった。

私の事は分かる方が分かって下さればいい、そう思っているので放っておく。

血が一杯噴き出してびっくりした。

2017.06.22.07:29

日本行で留守にするため、庭の手入れ、芝刈りやバラの手入れなどやっていて、その道具の後かたずけなどしていて、うっかりしてガレージに付けてある吊戸棚の角に頭をぶつけてしまった、アッと思った瞬間、頭から血が噴き出してきた、もう顔中血だらけ、タオルも当ててももう血でぐっしょり、とりあえず血を止めようとお隣さんにバンドエイドを借りにいった、そうしたら、これは医者に行って縫ってもらわなければ駄目、そうじゃないと傷口が開いて血がとまらない、

で、お隣のキャロラインに医者に連れて行ってもらって、3針縫ってもらって今帰って来たところである。

頭や顔を切ると血が噴き出すというが、本当だった。私の姿を見て前の家のインド人の奥さんも飛び出してきた、2センチくらいの切り傷なのに見た目が血だらけで大けがに見えたのだろう、ちょっと恥ずかしかった。

まあ、とりあえず、明日の日本行きには支障はなさそうなので良かった。

場所は額と髪の生え際近く、帽子を被れば分からないと思う、まあ、行く前からのハプニング、これは先が危ぶまれる(笑い)

暫くの間、更新もコメントも返せません、それでは。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR