人格崩壊。

2017.08.10.13:05

鬱が酷くなったので気分転換に義理妹夫婦が住む、カナダとアメリカの国境の街、サーニヤに行っていた。

義理妹は妻の一番下で旦那は日本人、トロント大学を優秀な成績で卒業後、このサーニヤにある石油プラントで上級エンジニア職として働いている、待遇は部長級、専門職で中枢の管理部門職は就きたくないらしい、出世志向よりも人生を家族と共に楽しみたいと言っている、年収は3千万位あり、年中、海外旅行に行っている。

妻である義理妹は大学卒業後、暫くは主婦業をやっていたが一念発起して大学院に入り直し、幼児教育のPHDを取り専門の幼児教室を開いている。

今回の小旅行、この義理弟の両親も一緒だった、Kご夫妻、昔から知っていて一応親戚関係にある。

K氏、私と同じ糖尿病、そして腎臓疾患の為長年人工透析を受けていた、それが2年前、ドナーが合致し、緊急手術で腎臓移植手術を受け現在に至っている。

このタイトルに人格崩壊と書いたが、その主人公は彼の妻、K夫人、半年くらい前から物忘れがひどくなっていたが、今回、旅行を一緒にしてああ、ここまで進行してしまったのか、そう思わされた件がいくつもあり、見ていて辛くなった。

年齢86才、痴呆症発症としてはむしろ遅い方かもしれない、だが、それまで頭もしっかりしていたし病気がちだったご主人を支え尽くしていた立派な人だった。

私は専門家ではないから詳しい事は言えないが、多分、来年には恐らく、自分自身も認識できないだろうなと思う、まず、表情に喜怒哀楽がなくなってきた、そして時折、目がうつろになり話しかけても反応がなくなる時もあった。

去年までしっかりとした人だったので、目の前でその人の人格が崩壊していく様を見てむしろ、こちらのほうがどうして良いか分からなくなった。

ご主人であるK氏も側にいたが、、、、、、、後で彼はこんな事を言っていた、妻があんな状態になったのは私にも責任がある、長年、自身の治療の為に妻が献身し過ぎた、私もそれに甘えぱなしだった、そうやって自分を責めていた。

現在、彼らは都心に近い高級アパートに2人で暮らしている、だが、残された時間はもうそんなに長くはない、病弱なご主人では奥様の面倒は見られない、息子である義理弟とも話合ったが、結論はまだ出ていない。

加筆
サーニヤ、Sarnia,オンタリオ州、南西部、ヒューロン湖側にありそこから流れでるセントクレア川に仕切られ対岸がアメリカ領、人口は約7万人、エッソ、ペトロカナダ、その他、カナダの主な石油精製プラントと主な化学産業工場で持っている街、住民のほとんどが白人系でその多くがこのような石油精製プラントで職を得ており、リタイアした後もこの街で余生を送り、静かで綺麗で落ち着いた街である、義理弟はこのエッソの石油精製プラントで働いている。


人格崩壊、シリアスな話も書いたが、その一方、漫画みたいな話もある。

FDDの片割れではないが、私もプロファリングとやらで書いてみる。

F、、年齢は私と同じか下、経歴はそうありたいという願望、示現流も嘘、学歴は慶応商学部卒業に現金書留受取人と同じ名前があったので学部が違うが嘘ではないと思う、従って、鹿児島在住ではなく大分在住、だが、ヘッドハンテイングされ野村証券、管理職26年勤め早期リタイヤ、これは嘘。
読者の方が野村証券、および関係会社を調べてくれた報告があったが、Fに類する人物は皆無だった。

とすれば年金では食べていけない、そこで3つもサイトを運営し広告を取り、そのサイトで占い鑑定で集客し、その鑑定料で生活をしていた、そういう結論になる。

又、Fの書く記事、生活臭が感じられない、おそらく独身、妄想と偽り,そして異常な嫉妬心が伺える、そのような記事を載せているのである種の薬を服用しているのでは?

精神異常者の一つに多重人格者というのがある、FDDのカタワレ、のD,なぜ、自身のブログを持たないのか、、なぜ、時折、Fと口調表現が同じになるのか、なぜ、火病の発し方が同じなのか、何故、2人とも職業不明なのか、何故、一緒に出てこないのか、

そう考えるとFとDは同一人物、但し、多重人格上の別人、そういう結論になる。

私のプロファイルリング、Dと同じようにいい加減であるが,F,精神病理的には治療が必要な人間だと思う、その意味では私は彼に申し訳ない事をした、それは彼が占いではもうネット上誰も集客できない、占いの相手に性経験を尋ねたり、そんな経緯が私の読者投稿でばれてしまった。結果、多分、占い鑑定依頼はもう来ない。

だから、私に対して恨み骨髄、滅茶苦茶の罵倒、人格崩壊、イヤ前から壊れていた、そういう指摘もあったが、まあ、どっちでもいい。

金曜日に麻生氏と祖父が兄弟のT氏とゴルフをやります、そこで聞いてみます、Fの吉田茂の作り話。

スポンサーサイト

comment

Secret

とり急ぎ

2017.08.12.07:34

親父様


お元気になられたようで安心しました。

私はここ何度か、D草のはてなブログに違反報告を入れています。
レポートの中のカテゴリー、「誹謗中傷、個人情報の流出、犯罪活動示唆、差別的な言動」に当てはまるからです。
このような報告をして、どの程度親父様達のお役に立てるかはわかりませんが、引き続き行うつもりです。

FもD草もブログ閉鎖の対象になると、私は信じます。

さてFのような人間は・・・ 怖いですよね、正直言って。

もし日本が銃を自由に持てる社会だったら、Fは銃を持って自分を首にした会社に乗り込み、無差別乱射を起こすようなタイプ、かもしれません。
そうだとしたら、彼にも、助けが必要?


それでは、それでは、、、親父様が以前のように、私たち読者を大笑いさせてくれる記事を一日も早くアップしてくださることを楽しみにしております。

No title

2017.08.11.18:49

親父さま

ちょっと元気になられたようでホッとしています。

Fさんのブログは私も見ています。
だって、Fさんが半狂乱で書きまくっているのが
目に浮かんで大笑いできるので。
本当にここまでよく書けるものだと
もうギャグとしか思えないレベル。
以前と違い
知性のかけらもない
くだらないブログになり下がりましたね。

弱い犬程よく吠える…ですね。
Fさん自身にやましさがあるから
異常なほどの書き込みをする。

最近はDDさんもFさんの芝居ではないかと思えてきました。
全くDさん自身の主張が見えてこないから。

Fさんはパラサイトと多重人格かも?

相手にしないほうがいいですね。

それにしてもFさんブログコメント数の少なさが
お気の毒。

親父さま ご自愛くださいね。

管理人のみ閲覧できます

2017.08.11.00:50

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.08.11.00:00

ダニエルさん、那子さん、仰る通りですね。

以後、気を付けます。

管理人のみ閲覧できます

2017.08.10.23:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆追伸☆

2017.08.10.23:30

ちなみに、能動的な”忍耐”というものと、”我慢”というものは、似て非なるものというのもあるのですが、長くなりますので割愛させて頂きました。(笑)

人間崩壊

2017.08.10.23:22

おやじ殿

もう ぼちぼち 伏見顕正の話題は やめませんか?

こやつのブログ
今覗いてみて いつも作り話で同じことの繰り返し 
もう 人格崩壊通り越して 人間崩壊ですわ。

偽名伏見顕正 あんたの主張なんて 誰も信じないよ・・・
お前はキチガイ間違いない 少しは自覚せよ。
もう いい加減に辞めたら、、、人間ならば。


おやじ様 いつもの話題だけでいいですよ。
おやじ様の記事って気持ちが篭ってて自然で良いんだよな 
読者なら解ると思うんだ。


あんな 馬鹿の一つ覚えの人でなしワンパターンくそブログ
偽名伏見顕正 糞でもくらえ♀。

偽名伏見顕正殿 森伊蔵より本当はトンスルが好きニカ?


ヒステリーと鬱の原因は実は同じ

2017.08.10.23:04

ヒステリーは「怒り」が外に向いた状態で、鬱というのは「怒り」が内に向かう状態です、つまりどちらも原因は同じだという事ですね。

鬱というのは自分を自分で責め立てる罪悪感であるとか、自分を好きになれない自己否定というものが根底にあり、それが酷くなって気を病んでしまうのが鬱という症状なのです。

怒りが外に発散できればまだ良いけれど、誰かさんの様にヒステリーまで行ってしまい、他者に被害を及ぼしたり迷惑をかける様なレベルまで行くと、それは「自分を見失った」という、やはり気を病んだ状態になります。

鬱になる方というのは、心が優しくて誠意があって、責任感が強い人が多いというのはご存知ですか?

心の優しい人というのは、人を責めずに自分を責めてしまうからなのです。基本とてもお人好しである故に、全部自分が他人の分まで背負ってしてしまうからなのです。でもそれは「他者の為に自分が犠牲になっている」という事であり、実はそれは「自分を大事にしていない」という事に繋がります。

多くの方が勘違いしてしまうのは、「自分が考えている事が心」だと感じてしまう事で、そこから無意識の怒りが生まれているのです。それが外に向かえばヒステリー、内に向かえば罪悪感や自己否定になります。

「犠牲から来る我慢=自分を大事にしない行為」というものは、結局遅かれ早かれ、いずれ「自分の中で怒りに変わるもの」であるのです。その怒りが内に向かうのが鬱という大変苦しい病気なのです。

喜びの伴う奉仕と違い、犠牲というものには必ず”我慢”というものがセットになっていますが、我慢という自分を犠牲にするものは、やがて怒りに変わるものなのです。

心に一番毒となる怒りは、後悔や罪悪感です。
本当は持たなくて良いものを持ってしまうのは、思考の幅が狭い事から来ています。つまりどんな時でも、誰に分かってもらえなくても、「自分は常に自分のベストで生きて来た」という視野です。

親父様の人生を一番理解しているのは親父様自身しかいません。
もし後悔や罪悪感や自己否定などというものを中にお持ちならば、それを思い出し、常に「自分のハートからした行為」であると、ご自分を信じて差し上げて下さい。そこに「世間から見られる自分」というものは関係ないのです。

自分が自分の一番のベストフレンドになってあげて下さい。
それが鬱を治す一番のお薬です。

ちなみにこれは親父様の事ではなく一般論なのですが、私から観えるこの世では、罪悪感や自己否定を持った人間で溢れています。そして多くの方達は「自分の内面(思考や心)を観る」という事がない故に、その自分の内面を他者に無意識に投影してしまうのです。

そういう方の特徴は、相手によって「異常に他者を崇めてへつらう」か、「他者に謝らせたがる」という心の癖を持っています。

そういう行為の裏を返せば、「全て自分の内面の現れ」という事であり、つまりそういう方達は「人から見て善い人間になろうと頑張る事で、無意識に”我慢”しながら生きている=自分を偽って、自分で気付かずに”我慢”して、偽善的に(自分を蔑ろにしながら)生きている」という人間に多い行為です。

特に日本人は(・・・って、私も日本人ですが。笑)我慢して生きておらえる方が大変多い様です。

No title

2017.08.10.21:07

句読点の間違い、貴方も随分としてらっしゃる(笑)おまけに友人に聞いた=(は)根拠にはならない(笑) 法廷等で本人が証言しないなら幾らでも捏造出来ますからね。勝手に他人の遺言書を書いてみたり。
日本人なら耳をふさぐ罵詈雑言の数々。異様にゲイに拘る気質。もうね…病院行きなさいな。日本人なら潔く散りなさい。
まあた許可せずなんでしょうねチキンだから(笑)

↑すみません、あちらに投稿できないもので。チェックしてるようなブログに書かせて頂きたく。失礼をば…

管理人のみ閲覧できます

2017.08.10.17:55

このコメントは管理人のみ閲覧できます

親父様のせいでは無いです。

2017.08.10.17:49

親父様、皆様、こんばんは。
四柱推命で性体験を聞いていたのは、あちらのブログにちゃんと書かれていましたので、
親父様のせいではないです。

あの方が依頼者に「性体験の人数を書くように」と、ちゃんとコメントしていました。

四柱推命になんの関係があるのかと、私は不審に思いましたが、
依頼者は書いた方が多かったのでしょうね。

親父様が元気になられて良かったと思います。
いつまでもいつまでもお元気でお幸せであります様に。

こんにちは!

2017.08.10.15:40

親父様 こんにちは~
少しお元気になられたようで良かったです。
サーニャが何処なのか気になって調べましたが 解りませんでした。^^;
なぜなら カナダとアメリカの国境と聞いて とっても懐かしかったからです。
私はアメリカ東部の方、五大湖の近くに5年ほど住んだことがあります。
子供達も小学と中学でしたが いろいろと日本では出来ない経験ができたこと、住み易かったこと、ご近所や学校関係の皆さんがとても親切でオープンで受け入れてくださったこともあって、日本帰国が決まった時には残念で仕方ありませんでした。
そういうこともあって 親父様のこのブログを楽しみに読ませていただいておりました。
少しずつでいいので続けてくださいね^^!

親父様流プロファイリング 面白かったです
当たってると思います!!

>金曜日に麻生氏と祖父が兄弟のT氏とゴルフをやります、そこで聞いてみます、Fの吉田茂の作り話。

こちらの結果も楽しみにしています~


管理人のみ閲覧できます

2017.08.10.14:53

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR