日本人に生まれてきて良かった。

2017.01.17.10:13

久振りに記事を書く、

昨日、妻と2人で日本の女子都道府県対抗駅伝を見ていた、だが最初から見ていたわけではなく終盤戦からであり、すでに優勝が決まっていて終盤の走者がゴールに入ってきている段階であった。

終盤の走者達、それでも懸命にゴールに向かって最後の走りをしていた。

そんな光景を見ていた妻がこんな感想を言った、どうせもう最後から数えてしまう順位なのだからそんなに一生懸命走らなくてもいいのに、、、、、、それはちょっと違うと思ったが、妻の国の国民としての考え方であればそういう考え方もある、そう思った。

そう思ったが、この思いが分かるか分からないかはともかく、私は妻にこう言った。

あのね、日本人の多くはそういう風には思わないのだよ、入賞するしないは結果であって、たとえそれが果てせなくとも最後まで与えられた任務を果たす、それが日本人の精神性なんだよ、それが俺たち日本人の心意気なんだよ、それが俺たち日本人の文化であり伝統で、それが日本人の持つ価値観なんだよ!

妻をそれを聞いてなんだか分かったか分からなかったような顔をしていたが、おそらく本当の意味ではきっと分からなかったと思う。

私の妻、日本に私と結婚する前から暮らし、私と一緒になってから四十年も共に暮らしたのに、それでも真の意味での日本人の精神性については理解はしていなかった事になる。


私はカナダに移民し暮らし始めてからもう直ぐ16年目に入る、そしてこの何年かは毎年日本に帰っている、その理由は日本は私の祖国であり、私が生まれ育った国であり、年老いた母がまだ健在であり、弟や妹がそれぞれ家庭を持ち幸せにくらしていて彼らが元気で幸せでいる間には会っていたいと思っているからだ。

だがしかし、最近、そのような望郷の念というか、思いが薄くなりかけてきたような気がしてきている、母や私の家族への気持ちには変わりがないが、それとは別に私が思い描く祖国、日本が何か変容というか変わってきつつあるような気がするからだ。


私が日本で暮らしていた時、ある意味、私が日本人に生まれて良かった、事実本当にそう思った事はなかった。

日々の暮らしも世の中の流れも全て当たり前の事であり、多少の不満や問題があったとして大まかにはたいした深刻な問題とはとらえていなかった、確かに不公平や社会矛盾はあったとしても、そこは我慢や努力でなんとかなる世界であった。

基本的には同じ日本人、解ろうと努力すれば分かりあえるし、互いに他人を思いやり気を使いあう世界、社会であった。



私がそう認識していた日本という国、最近、帰国する度に何か自身がまるで異邦人のような思いを味わう、そのような思い、一体、どうしてなのだろうか、

実際、この数年は毎年帰国し、家ではジャパンチャンネルで日本のテレビを見ているし、ネットでも日本の情報は常に得ているし、日本人との付き合いは少ないがそれでも日本人としての生活習慣を続けている、浦島太郎的生活をしている訳ではない。


なのに何故、日本帰国時に感じる隙間風のような感覚が生まれるのか、


私自身はブログでのHNでもあるように我がままでこらえ性がない下らない人間だと自負している、若い時の不始末もあるし、いまだに墓までもっていかなきゃならない秘密も抱えている、多少の努力はしたが現在の生活をおくれているのは自分が必死で勝ち取ったものではなく、ちょっとしたつきが有っての結果だと思っている。

だから他人に対し人生とは、生き方とか、偉そうな講釈を垂れる積りは全くないが、こうやって他の国に住み外から日本という国を見つめていると日本と日本人について、日本という国はそこそこにいい国であり、日本人に生まれ育った事が如何に幸せな事なんだ、その事がどうしてわからないのか、あるいは、それが当たり前だと考える根拠は何なのか、なぜもうちょっと真剣に考えなければならない問題を先送りにするのか、なぜ、もっと怒りを表面に出さないのか、

私は先の記事で、日本人は世界に稀なるお人好し民族、悪くいえば能天気、お花畑民族であると書いた、話合えば分かりあえる、信じ合えるそう信じている民族でもあると書いた。

一つの例でいえば、俺俺詐欺、こんな詐欺話など世界の国には絶対に存在しないし、他の国に侵略されても攻撃されても戦争はいけない、話合いで解決すべきとか、先の大戦で日本は他の国に侵略し他の国民を虐殺しその責任は永久に負わねばならないとか、基本的隣国とは仲良くすべきであり、相手を助けておけばいずれ相手も助けてくれる、そういう考え方が当たり前であり、それは間違ってはいないとする考え方、だが本当にそうなのだろうか?


先日、教会の説教でキリスト教では有名な一説、汝の敵を愛せよ、そんな説教をしていた、私は何を言っているか腹立ちを覚えながら聞いていたが、我慢が出来ず礼拝後、牧師にこう言った、教会の限られた信心深い信者に言う分にはいいが、これからキリストを受け入れるようとする人間には、そのような話は偽善としか聞こえない、そして数々の例を引き合いに出して言った。

牧師はこれは解釈の問題だと言ってが、私は他の宗教も多少勉強した事があって、キリスト教以外のどのような宗教であれ、自分に災いを起こし惨劇を与え復讐の対象になる者を愛せよ、許せよ、なんて宗教は存在しない、そう指摘した。

牧師は確かにそうだと言ったが、これがキリスト教解釈だとすれば私は永遠に信者になる事はないだろう。

つまり、これに似たような話は日本の報道を見る限り五萬と存在している、大体が日本のマスコミ報道が嘘八百、いんちき、捏造であり、真実は知らせない、しかし、それらの報道を信じている国民も未だに沢山存在している。

だが実際には地方政治は腐っているし、警察権力は無能化し、司法はもはや正義は機能していないし、教師はろくでなしで無責任、政治はなあなあ、外交ではロシアには騙されるし、韓国には10億も払って国と国の約束事もチャラ、支那には恫喝され、外国には金のバラマキ、天皇は高齢で公務がつかれるで退位をしたい、その割には徘徊出歩き三昧の癖に文句タラタラ、それでは、、なんとかしましょう政府、このような発言明らかに憲法違反なのだが国民の多くは天皇のお気持ちを汲むべきだと、日本の国を思わず皇族身内の事ばかり考えているのにも拘わらずなのに、

それでもこのようにかんがえる国民がある国、私は知らない。

いずれ極めて近い将来、新天皇、皇后として即位される、それが小便袋をぶら下げ、知障でチビでかつらをかぶった天皇、皇后と言えば3代前は何処の馬の骨か分からぬ家系、痛い痛い病チッソ被害を起こした出、とにかく公務はサボリ嘘八百の学歴と基地外家系で学会信者、神道を忌み嫌う女、更には海外王室から軽蔑、馬鹿にされる対象であることもひた隠しにする皇室、それでも良しとする国民、

だがそれでも、多くの国民は怒りもせず日々の暮らしがそこそこ続ければよい、騒いでもしょうがない、まあ、適当になんとかなるのでは、


日本人の多くがこのような選択をし、このような社会の継続を望んでいる、それでいいではないか、そうかもしれない、だが外国に暮らし、全く違った価値観の社会に生きる者としては、こんな能天気、お花畑、一億総阿呆みたいな国がこれからもずっと続くとは思えない、そして帰国する度にますます増えてきている外国人の群れ、もし、日本に20%の外国人が移民として住み着くと考えたらこの国は全く違った国になってしまう、そんな恐怖も抱かずにこれからも移民をどんどん受け入れましょう、排外主義はいけません、差別はいけません、そうやって爆発的な移民の増加、それがどういう事になるのか、全く心配もしていない現実、情けないというかその能天気さに言葉を失う。

イギリスがEU離脱の道を選んだ、フランスも極右政党を率いるルペン党首が今年の選挙で当選する可能性がある、ドイツもメルケル首相の与党が破れるかもしれないと言われている、そして移民で成り立っていたアメリカが自国優先政策に舵を切った。

これらの問題の根っこにあるのは全て共通していること、それは不法移民というか、その国に愛着を持ってその国の国民になりたいのではなく、都合のよい打算と寄生虫のような利益だけを目的とした人々が大量にやってくる事にある。

キリスト教的寛容と包容力で迎い入れてきた各国の移民政策、もう成り立たなくなってきた、私の住む移民国家であるカナダにおいても中国人はもう要らないという風潮が出始めている、これは以前にも記事にしたが私が移民の為に通っていた政府が運営する無料の英語学校でも生徒の8割が中国本土からの投資移民、その目的はカナダのパスポートと子供達をこの国で育てる、病気になれば無料の医療が受けられる、そんな理由、決して貧しくてきた訳ではない、この国の国民になって国を支えるとか、そのような意識は皆無であった。

その意味で日本人移民を褒める訳ではないが、この国ヘ来て戦前からの日本人移民も含めて沢山の日本人移民、2世、3世に会って話を聞いた事がある、その多くが日本の貧しい地域から夢をもってわたってきた人達の子孫、迫害や差別を受けながら懸命に努力をしカナダの国民になるため懸命に生きた人々であった。

この様な話、ブラジル、ペルー、ハワイ、日本人移民が多くあった国や地域でよく知られた話である。

カナダ、現在も移民を受け入れる政策を続けているが、審査は以前に比べると格段にハードルが高くなった、それは中国人富裕層投資移民や難民を装ってやってくる人々の増加にある、つまり将来の国にとって厄介な人々はもういらない、そんな本音が出始めている。

この国でさえそうなのに、日本はこれから少子高齢化になる、だから外国からの移民、一千万を受け入れる移民構想、もう馬鹿としか思えない、一千万の移民、今、日本には日本に暮らしながら日本を嫌いで反日を叫ぶ在日朝鮮人や留学生を装ったロクデナシ支那人も含め、それこそ既に何百万も住む付いている、一千万の移民、これには当然家族もついてくる、仕事も教育も医療も必要になる、当然彼らだけのコミニテイを作る、彼らは日本には決して同化しない。

日本に帰国して驚いた事がある、居酒屋、コンビニ、その従業員の多くは中国人だった、彼ら雇う理由、安いからでである、この話トランプがアメリカ人の雇用を取り戻そう、この話に尽きる。

サービス業従業員、別に日本人でなくてもよい、ではサービス業以外の職種、労働単価が安ければ外国人でもいい、そうやって職種が拡大する、気がつけば大したことのない学歴ではもはや仕事を得る事は難しい。
だが単純労働や学歴を必要としない職種には日本の高学歴のあんちゃんや姉ちゃんは来ない、

だが仕事が欲しい移民には土方や農民、漁民、ごみ回収、なんでもやる、そうやって根を張る。



仮に帰化したところで本当の意味では日本人にはならない、さらには選挙権を持つ、それがどういう意味を持つか、そう考えれば恐ろしい、

この事はすでにヨーロッパで起こった事で分かっていることなのだが、免疫のない愚かな日本人と馬鹿な政府や労働力だけを必要とする経済界はそれが理解できない。

もし、そのような形で住み着いた多くの移民達が生活や境遇に不満や不平を持ち爆発したとすればどうなるか、暴動やテロ、簡単に起こりうる、もはや日本の警察力では対処できない、治安は悪化し市民生活は維持できない。地方政府は崩壊する。

しかし、日本のマスコミは将来起こりうる最悪のシナリオにも警鐘を鳴らさない、それは反日売国勢力がそれらの組織に既に浸透しているからだ、一例でいえば日本で度々起こる凶悪事件、惨劇、もしそれが朝鮮人や支那人だとわかると報道は途絶え、在日の場合は日本で使っている通名、日本人名で報道する。

インターネットでは良く知られた事実ではあるが、一般的日本人の間では知られてはいない。

今、ヨーロッパや北米で起きている自分の国優先主義、日本も改めて考えるべきだと思う。

人道主義や人権主義、それもいいが本来守るべき事は日本と日本人を守る事にある、何度も書くが日本という国、この国の制度、文化、伝統、価値観、そして日本人、民族としての在り方、このような存在は世界にはない。





地球上に日本のような良い国がかってはあった、それだけは聞きたくない、少なくとも私があの世に行く前には!!


なんとか記事が書けた、新年なのでもうちょっと前向きな記事を書きたかったが、残念ながら気分がそこまで高揚しきれない、休んでいる間に沢山のコメントを頂いていますが、いずれボチボチとご返事を致しますのでお待ちください。

スポンサーサイト

生きている。

2016.12.31.10:33

まだ死んではいないので生きている、そういう事なのだが、、、、、、、

さて、どのように書いたらいいのだろうか、私には鬱病の持病があってそれが何かのきっかけで発病する、この発病のサイクルのメカニズム、精神科にかかった事がないので分からないが、長年の付き合いからいえば今回ちょっと重かったような気がした。

したと過去系で書いてはいるが未だにまだちょっと引きずっている。

この話は鬱病経験者なら分かると思うが、いったんこの病にかかると自分ではどうしようもない、長いトンネルに入ったようでそのトンネルがいつまで続くのか、いつ抜け出せるのか、それさえも分からない。

そうなった原因は何だったのか、それさえも分からない。


ブログ休止の時にも書いたが、最初は酒の飲み過ぎで体調を崩した、それが引き金になり何故か落ち込んだ、その結果、その落ち込みが深くなり気力が全くなくなってしまった、無感動、無関心、あらゆることに興味が一切なくなってしまった。


ただ過去の経験からこの状態がずっと続くとは思ってはいない、いずれ元に戻るとは思ってはいたが、今回は特に酷かったような気はしている。

こうやってブログにて現在の状況を書いているから精神面で回復基調にはあるのだろうが、果たしてそうなのか、それはもう少し時間が経ってみなければ何とも言えない。

このまま消えていくのか、あるいは少しはブログを続けていく気力が復活するのか私自身よく分からない、歳をとる、ある意味残酷な事である、肉体的には老いが加速し美醜的にも情けなくなる自分があるし、それを認めたくはないが受け入れざるを得ない、

歳をとっても恰好良い爺、それを目指してきたが今回、それすらもどうでも良くなってきた自身の精神性のダウンに吃驚した。




いずれにしても、今年1年、この私のしょうもないブログに訪問して下さり、そしてコメント等も頂いた読者の方々に感謝申し上げると同時に来年も皆さま方にとって,それぞれのお方に良いお年であるように祈ると共に、今年最後の挨拶にしたいと思っています。

有難うございました。

又、頂いたコメントには直接、ご返事が出来る状態ではないのでこの場でにてお礼を申し上げます。


黒猫アビさん、虹のかけらさん、ミルテイおばさん、み~ちゃんさん、Matiniさん、KUONさん、ナイアガラさん、Saraさん、夢道さん、ペプシさん、勧善懲悪さん、子供のコメントした者さん、Nちゃん、つぐみさん、マルガリータさん、Takkoさん、


拍手コメント
し~ちゃんさん、さとこさん、マリンゴさん、雪深しさん、マツさん、Deadpoolさん、

そして過去においてもそれぞれにコメント頂いた沢山の皆さまに、今年1年の感謝を込め、ありがとう御座いました。

このところ、酒の勢いを借りて飛ばしてきたけれど、、、

2016.11.24.11:56

そんな事で暫し、お休みします。

理由、、、、、察しの通り。

それと拍手欄でコメントを頂いた方、それぞれにはご返事しませんがキチンと伝わっています、ありがとう御座いました。

日本人は世界的に言えば、阿呆なくらいの善人民族である。

2016.11.20.13:45

逆説的に言えば、善人、そう呼ばれる事は弱肉強食、キツネと狸の化かし合い、本音と建て前の社会では、阿呆と馬鹿の代名詞である。

かくいう私も日本人、身分的には日系カナダ人ではあるが、中身は善人、阿呆日本人である。

では何故、日本人が、善人、=阿呆とみなされるのか、それは日本の歴史と地政学的国土がある、日本に住んでいてはわからないが、世界的な地図でいえば極東に位置し、四方海に囲まれ、縄文時代以前の歴史を持ち、一度も違う民族に占領、占拠されず、皇統という一つの形としての支配制度を2千何百年を保ってきた国が世界には有り得たか、皆無である、だがそうした日本がある意味、世界では特殊で、そんな国の国民である事に何の疑問も思わず、日本人が感じる事が当たり前ではないかという価値観、そうじゃないんだよ、と言っても分からぬ故、阿呆と書いた。


私ははっきり書くが、私には人種的に偏見がある、先ず、朝鮮人は大っ嫌いである、次は中国人、そして黒人、なぜ嫌いか、当然それには理由があるが、それを書くと面倒くさいし長くなるので書かない。

但し、相手に対してはそのような偏見的態度はとらない。

だが、相手が舐めたような発言なり人を馬鹿にしたような態度をとった時、その時ははっきり言う、私は朝鮮人が嫌いです、中国人が嫌いです、黒人は嫌いです。

それは相手が私を日本人として認識していての発言、それは許せない


安倍ちゃんプーチンロシア大統領とペルーで日ロ会談を行なったとの報道があった、日ロ平和条約を結んでそれをきっかけに北方4島返還を実現したい、、、それは分かる、だがおなじような考え方で戦争前の当時の日本政府、日ロ不可侵条約を結んだ。
20161112-00003722-besttimes-000-1-view.jpg



露スケという言葉がある、ロシア人、私も友人がいるが個人的には好きである、だが、民族としてはかっぺ、粗野で阿呆が多い、こういう人間を使って日露不可侵条約を一方的に破棄して満州、北海道、北方諸島、いわば火事場泥棒的に攻撃,占拠、占領した、更には、占領した地域で軍人、民間人を問わず強制連行、シベリアで過酷な労働キャンプで酷使、その結果何十万人も死んだ。

ポツダム条約、日本が受け入れ降伏した後、それでも攻撃して、占領の分け前を計ろうとした国、それがロシアである。

つまり、基本的には露スケ民族、簡単にハイそうですかなんて言う訳はない、いいように利用されるだけ、私は北海道人だからその辺の理由はよく分かる,もう一つの理由として以前に勤めていた会社、馬鹿で阿呆の2世盆暗社長がいた、こいつがシベリア観光開発事業、こんな辺鄙なところにホテル建設、合弁事業としてどうだと言われ多額の出費、見事に騙された、こういう経緯がある。

つまり、北方4島返還を餌に日本の経済援助、協力を取り付け、後は知らぬ顔の半兵衛、食い逃げ、そうなる公算が大である。

日本が過去の中国に対してお詫びの意味から巨額のODA援助を行なった、民間も政府主導で巨額の投資、さらには多くの技術移転、工場移転、結果、中国はあっという間に世界の経済大国、おまけはその経済、開発援助で兵器産業が確立、そこで作られた核ミサイルが日本に照準を合わせているというお粗末。

いずれにしても、多くのお花畑、能天気日本人がそんな裏の話など、関心がないし、そのような歴史を知らない、それ、グルメだ、それテレビドラマがどうした、芸能界がどうたらこうたら、

しかし、普通なら絶望的な試練に会いながら、あるいは出鱈目で滅茶苦茶な政治状況に会いながら、嘘と偽善な社会報道に会いながら、それでも韓国の何十万にもよるデモもせず羊のごとく、日々を送る日本人、、、、言葉がない。

皇室問題もしかり、国民の90%が生前退位、譲位に対して理解を示すとある、もう馬鹿としかいいようがない。

陛下と皇后、私的旅行からお帰りになったとある、また素朴な疑問で恐縮だが、この私的という言葉、明らかに公務ではなく、いわば物見遊山の旅、であれば当然、自分達の銭で行っているんだよね、それがヘリコプターは飛ぶ、何千人の警察官は動員される、信号は止まる、道路は通行制限される、商店や施設は臨時休業させられる、

これでは私的でもなんでないだろう、なんなんだこりゃ、自分達で銭は出さない、県庁に寄ってただ飯を食う、美味かったついでにお手ふりしてさいなら、さいなら、お出迎え、お見送りに地元民も動員、歓迎、この何泊かしらない私的ご旅行費用、総額何千万、もう阿保らしくて、下らなくて、言葉がない。
結局、私的の旅とは満蒙開拓団記念施設、そしてその地元に住む満蒙開拓団の生き残りが中国人と一緒になっての中国人家族と訳の分からぬ親戚か、中国人が住む地域、その数4000人余り、そこに行った。

当然、施設目的から言えば左翼左巻き主義者の巣、天ちゃん、見て子ちゃん、いかにも当時の戦争の犠牲者、左巻き左翼思想の見て子様の是非訪れたい所である、だから私的旅行だと強調なさる訳だ、ともかくこんな嘘八百の八百長旅行、、もう誰も諌める人もいなくなったのか、それにしてもだ、こんなでたらめ行脚に陛下、皇后がお出でになった、喜んでいる阿呆県民、国民、


改めて書くが、日本人として、、、、、、   なんか情け無くなってくる。 

安倍首相、歴代総理としては私は評価するが、イギリスはEUから離脱を選択しヨーロッパの幾つかの国は移民制限を求める政党が国民の支持を集める国家になるつつある、アメリカも不正移民を排除するトランプを選んだ。

ところが今の日本、在日朝鮮人何百万、日本全国に何十万にも中国人、にも関わらず、移民については開放策を取るという、海外の報道では日本の入国管理、緩すぎてダラダラ、何じゃこりゃ状態だとある、そしてあちここちの訳のわからん外国人の疎開地域が出現している、地方に行けばハングル、中国語の看板があふれている。

このままの状態は続くのであればいずれ外国移民が日本の総人口の何割も占める日がやってくる、その時、こんな筈ではなかった、そう言ってももう遅い。

現実的に国会は朝鮮系議員、マスコミは在日系で乗っ取られ、そして皇室は左翼朝鮮系によって既に乗っ取られている。

知らなかった、それは罪だと思う、お花畑、能天気、私には関係がない、なんとかなるのでは、、、、、、、

その答え、いずれ,ドカンと来る大災害、そりゃそうだ、日本を守るべき大祭司がそれを放棄して物見遊山三昧、既に日本全国予兆が来ている、信じる信じないは貴方次第。

昔、こんな歌があった、だ~れのせいでもありゃしない、みんなおいらが悪いのさ。

来た、、序章の始まり、マグニチュード7度、福島県沖地震が起きた、二階堂ブログ、まだ生贄が必要なのか、天皇なんて糞の役にも立たない、と言っていた。

御意!!


天皇擁護派の反論、何を言っているかこの不届き者めが、恐れ多くも陛下におかれては立派な糞の研究もなされている、それは御所に徘徊している狸の糞を調べて一体、何を食われているのかの研究である、であるから、結果的には糞の役に立っていることになる、どうだ参ったか!!

御意しかねる(笑い)、、、、研究自体が糞。
 

総アクセス800万記念、見て子様のまあ、何ていうことでしょう、ビフォウ、アフター。

2016.11.16.21:57

まあ、何ていうことでしょう、見て子様、整形の匠によってこんなにも御変わりになってしまいました。

b8b86bd6.jpg
二本眉が一本眉に! 額が半分に!

e97d30ef-s.jpg
朝丘ルリ子が般若に!

(注釈)見て子様の名の由来
これはネットでの美智子皇后陛下に対して臣民が敬愛とご尊敬の念をもってお呼びしている言葉、それは皇后様が慈愛の国母としてアテクシを臣民が見たがっている、なので万難を排し首が痛くてもケツが痛くても外出してアテクシを見せなければならない、そのような崇高なお気持ちに対して尊称である。

このような御理由により、現在、日本全国津々浦々まで、国民へアテクシが来てあげましたのよ、との事でご高齢にもかかわらず、まるで聖母マリアが地上に現れた如く、お顔見せ、絶賛展開中である、まことにもって有難い事である。

尚、夫である陛下もこのような皇后様のお気持ちに応えられて、付き添いをされている。 有難い事である。

宮内庁の見解、このように国民の為の頻繁なご出歩き、掛かる莫大な経費、地方での警備費用、負担、これは当然、臣民側が払うのが当たり前である、これはご本人達が好きでやっているのではない、すべて見て子様の臣民にたいしての思いやりであるからで、下々はそう思って有難く受けるように。



又、ネットで見て子様がお被りになるお帽子に対し小皿帽子とか、お被りになっているカツラに対し、細い針金で作ったミミズクカツラとか、あるいは鳥の巣カツラとか、更にはお仕立てなさっているお洋服にマント服とか、全くもって不敬そのものである。

世が世であればこのような不届きものは、市中引き回しの上、打ち首、磔の刑に処すところであるが、見て子様のお優しい慈悲の御心で許されていらっしゃるのが分からぬか!

北海道の庶民、すらなっかたべや、そったらこと、ま、あれだ、どうでもいいべや,まんま喰ってねるべ。

関西の庶民、ホンマカイナ、許されてんやて、ありがたいこっちゃ、さよか、なら屁こいて寝てまお。

関東の庶民、え~嘘、不届きものだってさアー、あに、言ってんのよ、冗談じゃないわよ、くだらない、小便してねちゃおうっと。


次、見て子様のオホホのホの変化系、変革への考察。

98243841-s.jpg
若い頃のアテクシ、素敵でしょう、オホーホのホーホケキョ

20128187-s.jpg
お上品に、オホホホホー オへへへー

27dbad05.jpg
こんな時にはにこやかに、フオ、フオ、フオ フホイのホイ

1478836025844s.jpg
アッキー、ちょっと邪魔なのよね~、テエへへへのダ―


ec77d4034c48a2f8ccac0e983af23bff.jpg
ねえ、ちょっと、あ~タ、ワテクシの話、聞いてんの(怒) オッホン ホンドリャー

24c5112d-s.jpg
アッキー、チャンとしなさいよ、アテクシ、怒るわよ、キッキ―のキ、オホホはなし

ff2eb6be-s.jpg
これがアテクシの愛想笑いなのよ、ウオッホホのホホー でも臣民は慈愛の微笑と呼んでいる

1479169953415s.jpg
アッキーに傘持たせちゃった、ラッキー、オホホのワンワン、 本当はアテクシの方が偉いの お分かり!!


親父!、又、しょうもない事を書いている、本当に暇なんだなあ~ そう思われる方もあるかもしれないが、これは立派な学術的考察である(笑い)

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR