FC2ブログ

喰う寝る遊ぶ、で、時々御静養。

2019.12.11.07:31

わてら日本の国王夫妻でアメリカ大統領やローマ法王より偉い天皇皇后陛下ちゅうもんやが、喰う寝る遊ぶ、で時々ご静養、玉には屁もこくが、それの何処が悪いんや、おんどれ腐れ下々に文句を言われる筋合いはないわい,下々は黙って税金払っていればいいんじゃ、けけけ。

てな事は言ったかどうかは知らんが、まあ、言いそうな話ではある。

最近、皇后屁以下のお誕生日報道があった、享年56歳だそうだ、失礼すた、享年ではなくご生誕56周年だそうだ、ま、どっちでも関係ねえが、その報道にくっつけておまけというか、本当はこれを言いたかったんでないかい、そんな話があった。

要は雅子皇后屁以下は皇后即位に当たり一生懸命やりはったので現在そのお疲れがピークであり、お薬で抑えていたが今後は体調の状態によっては元のドタ出やドタキャンもあるかもしんねえが、それは適応障害がまだ完全にはご回復なさっておらず、従って下々の国民は過剰な期待をしないでほしい。


要するに、ぶっちゃけた話、あたいはこれからも皇室祭祀や伝統公務、行事、さぼるけんど、それは体調の波なの、すかたないべさ、だから文句言わないで頂戴ね。

例によって東宮医師団(本当は1人、草加煎餅ご用達御用医師、大野某)が発表した与太話であり、この雅子の適応障害という精神病名をつけたのもこの男、こったら病気、治る訳がねえ、そもそもサボリ病の仮病。

劇団1人は知っているが医師団1人もあるらしい(笑い)

まあ、とにかく台風は来るわ洪水は来るわの皇統史上最低交代師、広飲み屋ナルと適応障害妃雅子の即位式、やっと終わって、多分、こったら話がその内来ると思っていたら、やっぱり来やがった。

あたしゃ風呂にも入らず頑張って何とかの儀、ま、なんでもいいけんど必死こいてやっつけたわいな、で、やっとこさ咬合になったんだべさ、ふんだから後はチビ助に任せて適当に流すんでよろしく、だからさ、大野先生、上手く話しを作っておいてよ。

てな事を言ったかどうかは知らんが、まあ、言いそうな話ではある。


1575883067901s.jpg

金、雅子でおます。


お誕生日、文書での声明のみ、肉声での記者会見はなし、そりゃそうだ皇室ウオッチャーなら皆知っている話、馬鹿丸出し記者会見でのクワガタ、クワガタストーリー。
1448281432523s.jpg

下々の声、だから何だんだよ、ボケー!

b7f4689e.jpg
下々の声、だからどうだっていうんだよ、この阿呆!


10年経ちまして10年は9年の次で10年はどうしたこうした話、記者会見を開けばなんじゃそりゃ、あにいってんだかさっぱり分かんねえ、つまり頭が悪い、教養がない、話の組み立てができないのにもったいぶっていい繕うとするから自分でも何を言っているか分からない、そんな記者会見が文章として記事になってしまう。

あたしゃ、もう疲れてるんよ、だからさ、声明文としてボロがでないよう美辞麗句を使って適当に書いておいてよ、金はみったんから貰ってよ!

てな事を言ったかどうか知らんが、まあ、言いそうな話ではある。

そんな訳でもうお腹一杯、もう喰えねえ~、と思う程の雅子新咬合のアゲアゲ、褒め褒め、これでもかという位の提灯報道、
女性週刊誌、雑誌、新聞、テレビ、皇室の提灯記事で喰っている評論家や記者の記事なら分かるが、今や新潮や文春、そして大新聞までが雅子様、お疲れでした、ご立派でした、、、、、決意のなんとかかんとか、、、、、、

しょうもない記事を書いている奴ら、一体いくらもらっているんだあ~

で、それを読んだり聞いたり見たりしている能天気国民、雅子様お綺麗だったワン、ご立派だったにゃん、阿呆か(怒り)

どこぞの与太記事では雅子咬合屁以下、ローマ法王の招待をうけバチカンか、なんて記事があったらしい、、、、、、、、、、、、
これも嘘も100回言えば本当の話になる、半島の民族末裔らしい話なんだが、その場合、草加煎餅婦人部、痴呆老人部、その他狂信的煎餅信者を動員してバチカン宮殿で雅子様、盆暗はおまけ(笑い)お出迎え、三色旗と南無妙法連華教のお題目の大合唱、やるのだろうか?

もし、やったらこれは面白い。

草加煎餅信者の大量動員で旅行会社、ツアー会社、飛行機会社はウハウハ、世界中の注目を集めるだろう。
名つけて決意の雅子様といくバチカンツアー。

ついでだから、四谷のビル下でミイラになっている池田大作前会長も一緒にバチカンに連れていったらどうだろうか、もしかして法王の祈りで奇跡が起き、ミイラが生き返るかもしれない。
c8c6878b.jpg
91歳の時の写真とあるが、どう見ても生きているようには見えない、蝋人形、もしくは剥製、あるいはアンドロイドという説もある、何故なら中にAIが仕込んであって、先生というとこう答えるという。

諸君、私は今でも尺八、、、間違えた、釈伏は誰に対してもやっている、私は永遠なのだという。


てな話を誰かが言っていた、、、かどうかは知らない(笑い)、が、、、、、、ただ、これだけは言える、祈りは通じる、信じる者は救われる、ハレルヤ、南妙法連華教、アラーアクバル、シャローム。


スポンサーサイト



残念だが、まあ、しょうがない。

2019.12.10.04:21

ある青年の話、最初に会ったのは彼が高校生の頃、アイスホッケー留学みたいな感じでカナダにやって来た、父は京都のある大学の教授でその友人と以前の教会牧師とが友人で、その伝手でカナダにやってきた。

ある日、その牧師からの依頼で我が家で面倒をみる事になり暫くの間我が家にいたが、その後、教会関係者の家や自分で見つけた貸家で約10年程カナダで暮らしてきた、高校、そして大学、アイスホッケーではカナダは選手層が厚すぎてその道で生きていくのは難しく結局、大学で警察関連学科を卒業した訳だが、問題は労働ビザを取得しても、その後永久ビザにつなげるのが難しく、永久ビザを取るには会社の保証や個人としての保証人、そんな事もあってこの一年近く仕事を探し続けて来た。

彼には美人で日本からやってきた英語がぺらぺらの若い素敵なお嬢さんと一年近く暮らしてきたが、その後彼女は日本に帰りある空港の免税化粧品売り場で働いているという。

私はこのお嬢さんも我が家に来たこともあり、また京都にある彼の両親宅も訪れた事もあり、その両親もよく知っている。

彼と彼女は将来結婚したいという事でお互いの両親も相互訪問している、ただ、問題はもし彼がカナダの永久ビザを取れたとしても最低で約2年は待たなければならない、つまり、その間は遠距離恋愛になるという事になる。

私はこの青年が大好きで今まで何やらと世話を焼いてきた、妻もこの青年が気に入って息子の様に可愛がっていた。

実はこの半月位、彼の永久ビザが取れるような会社を色んなコネで探していた、昨晩、いい話があった。

それは妻の知り合いが勤めているホテルでホテルの受付に空きが出来たとあった、勤務はナイトシフト、早速履歴書を送り、その結果即採用面接に進むとあった、紹介者は長くそのホテルで部屋の管理業務部門で働いている婦人でいわばボス、そんな事もあって多分、採用は大丈夫と言われていたが、今日、その事を彼に知らせたが、意外な返事となった。

Tさん、お話は本当にありがたいのですが、実は私自身はもう日本に帰ろうかと考えています。

私にはそういう理由が分かっていた、それは先月、日本に帰った時にそのフィアンセと会っており、彼女からはこの先は日本で暮らしたい、そのような話があったと彼から聞いた事があったからだ。

私は彼に言った、彼は高校、大学とカナダで卒業したが、仮に日本に帰って就職活動をしても日本での学歴はない、また大事な思春期や青年期をカナダで過ごしたため、同じような若い人が溢れている日本社会には免疫がない、そして現在の若者の就職事情も話してやった。

仮に職を得た所で、派遣やフリーランス、バイト、きちんとした会社には就職できないと、そしてそんな経済的事情で結婚しても決して上手くいかないと、、、、、

又、こうして日本に戻ってしまえばもう2度とカナダで暮らす事はできないと、、、、、、


だが、彼はフィアンセとの破局を恐れたのか、カナダで就職する難しさに嫌気がさしたのか、それは分からないが、いずれにせよ来年の早い段階で帰国すると言っていた。

私達夫婦や長年彼を知る友人、知人は彼がカナダ人としてこの国で生きて欲しいと願っていたが、残念ながらその夢は叶えられなかった。

今、カナダにおける移民は昔に比べて相当厳しくなってきている、そう簡単には移民ビザ(永久ビザ)は降りない,,一時期、中国人富裕階層の投資ビザ(永久ビザ)発給もあったが今は物凄く条件が難しくなっており、今の日本のように入管が緩和され、それこそ訳が分からん外国人が簡単に日本に住めるビザを手にできる、そんな状態とは程遠い状況になっている。

いずれにせよ、彼が考えて下した結論、それは尊重したいと思っている。

この先、彼がどのような人生を選ぶのか、それは分からないが少なくとも共にカナダで暮らした10年余りの歳月、それを考えると本当に幸せになってもらいたい、心からそう思う。



BBさん。

2019.12.07.09:54

BBさんのブログが更新されなくなってからすでに3カ月余りになる。

私はBBさんとの面識もあるし個人的にメールでもやり取りをしていた事もあって、おそらくブログ関連でいえば唯一、この方をよく知っている人物になる。

ブログが何の兆しもなく更新が止まってしまった。

考えられる理由は亡くなってしまったのか、あるいは相当重い病気や事故で入院状態なのか、もしその他の理由で更新をしないとしたならば事前にそれなりに兆しを示したと思うが、それもなかった。

最期に唐突に更新された記事、内容から言ってBBさんらしくないしもしかして代理の方が書いたような思いもある。

そしてコメント欄も閉じられている。



私は自分がブログをはじめてから、頂くコメント等を通じ、あるいは興味を持ったブログなどにコメントを入れたりして色んな方と繋がりを持った、記事を読んでその記事を書かれた人物に会いたくなって実際に会いに行った事も数知れない。

その中にはもう亡くなってしまった方、風の噂によれば殺されてしまった方、もう何の連絡も取れなくなってしまった方、ブログ上で詐欺まがいの行為で逃げた方、一時期は抗争まがいの脅迫を受けたが正体がばれもう何の影響力もなくなり、今ではある板では嘲笑やあざけりの対象になっている人間、いろんな方と出会った。

その結果ブログを通じてお付き合いが始まったが、もうすでに10人以上が鬼籍に入られた、突然の死、事故死、無茶苦茶をやっていての当然の結果での死、癌との壮絶なる戦いで逝ってしまったしまった方、、、、、、、、

亡くなった人間は全て善人、とは言わないが、、、、、それなりの思いはあった。


現在BBさんがどのような状態にあるのか、それを確認する方法はある、だが私はあえてそれはしない、もし、亡くなったとすればそれは友人を通じてそれなりの知らせがあると思っているし、あるいは何らかの理由にてこのままフェイドアウトの道を選ぶかもしれない、そんな思いもある。

もし、本人にそのような思いがあるのであれば余計な詮索はしない方がいい。

ただ私には過去に記事にしたが、自分が記事にしてきたブログについて、もし自分が消えた段階ではブログも同時に始末する、ウエブ上から一切の痕跡を消す、そうする積りだと書いた事がある。

BBさんと会った時、BBさんも同じような事を言っていたと記憶している。

いずれにせよ、自分が亡くなった後、ブログの残骸がネット上で漂っている、そのようなブログがいくつもあるが、私はそれだけは絶対に嫌なので、ある日突然更新が止まり暫くしてブログがネット上から消えていればそれは私自身がお陀仏した、そう考えてもらっていい。

私は思想家でもないし宗教家でもない、しょうもないただの酔っ払いの我がまま爺い、そんな阿呆が書き残したブログ等単なるたわけの戯言、消滅が相応しい。


BBさん、ネット上で相当影響力のあった記事を連日書かれていたが、それなりに中傷される向きもあったし、逆に熱烈なBB信者まがいのフアン持っていたてようだ、又、記事も私のような与太記事と違ってしっかり取材もし確認を取っての記事だった。

BBさんとの出会いはそれこそ一期一会だったが、なるほどこの方だったらこのような記事になるのだろうな、妙に感心したのを覚えている。


最期にBBって一体誰だ、そんな声も聞かれるがそれは人それぞれ、自身を隠して記事を書く人もあれば私のように馬鹿ズラを晒す阿呆もいる、それは人や社会を批判する記事を書く場合、影でこそこそ書く、それは卑怯でまさしく偽善そのものではないか、そう思っているからだが、だが、今やSNSを含め日本人そのものが糞以下の偽善者になりつつある。

それを良しとする社会風潮、NHKドキュメント番組ではないが、首都圏直下型地震、ノアの洪水同様滅びが始まるかもしれない。

カナダに住みながらカナダの事を殆ど書かないブログなんだが(笑い)

2019.12.06.12:35

最近、ブログ記事を書く気持ちが萎えてきたような気がしている、なんていうか積極的に何かをしようとする気が起きない、軽い鬱なのかもしれないが、、、、、、よく分からない。

元々、夫婦としては会話が殆どない夫婦なのだが、最近、妻がスマートフォンのアプリに入っているゲームに夢中になって家にいれば四六時中やっている、私は書斎でPC三昧、そんな事で今では夫婦というより同居人に近い状態になっている。

日本で私と会った方は驚くかもしれないが、私は本来は無口である。

理由はいくつかある、まず、妻との会話、妻の話の中心はフィリピン人姉妹や甥っ子や姪っ子、そして生まれた赤ちゃんたちの話、あるいは共通友人達の動静、誰がどうした、こうした、ああでもないこうでもない、家にいる時も年がら年中電話をしている、勿論、会話はタガログ語、私は完全には分からないが大体の事は分かる、まあ、私にとって実に下らんしょうもない話である。

フィリピン人というのはとにかく集まってお喋りするのが好きな民族、私の家にもよく週末には兄弟姉妹や友人をよんでよく喋くっている、、、、、、私はこんな会話には一切関わらない、(笑い)

私は又、トロント在住の日本人社会とも関りを持っていない、日本から移住者会や日本の県人会などもあるようだがそれらの組織とも何の関係も持っていない。

通っている日系キリスト教会で礼拝日に
会う日本人の何人かと週末に日本語で話す位、日本人以外の教会員とも話すが基本的には真面目な話し、会話が広がらない、、、、、、

つまり、こんな日常なので人と話す事(日本語で)が殆どない毎日なのである。

だから何だと言われても困るが、要するに生きてはいるがただそれだけの生活、それに尽きる。

我がままで変人、それを通して生きているのでいわば自業自得なんだが、、、、それにしてもつまらない毎日ではある。

多少の変化といえばそれまで1週間に1度は行っていたモールの映画館にまったく行かなくなった、それはこちらで面倒をみていた知り合いに教えて貰ったネットのオンライン無料映画のサイトで毎晩3~4本の映画を見ているからである。

最新作は多分試写でのコピーだと思うが、それも1か月過ぎればHD画面で見られる、アメリカ映画で約800本、その他国別、ジャンル別で好きな映画をPCで見る事が出来る、間にうざい広告が入るがこれはしょうがない。

こうやって1週間に何十本の映画を見ていると自然に映画を見る目が肥えて来て、駄作は直ぐ分かるようになった、最近、チャーリーズエンジェルやターミネーター続きの映画が公開されたが、どうやら興行的にはこけたようである。

ソリャそうだ、当時公開された世代層とは違う、ミュージカルやオペラもそうだが、これらを興行的に作るのにはシンジケート団を作って制作する、莫大な資金が必要となる、絶対に儲かるから是非スポンサーに、この辺がプロダユウサーの腕の見せ所なんだが、最近のハリウッド作品はこけるケースが多い。

この場合、興行的損失が出る場合を予想して保険に入っているらしい、そりゃそうだ、何億も投資してそれが回収できない興行成績であれば保険に頼るしかない。

映画的に言えば日本映画は糞だと思う、しょうもない映画祭で何とか賞を取ったかもしれないが、国際的映画マーケットでいえば興行的に商売になるようなものではない。

日本アカデミー賞、なんだそりゃ、脚本も監督も役者も糞、それが全く分かっていない阿呆の世界、ついでに書くが吉永小百合、こんな大根女優がまだ現役なんて信じられない。

但し、北野武の一連の暴力映画、これはアメリカの大手が配給元になったり、アメリカ映画のコンテンツにいくつもの映画がラインナップされており、改めてたけし、大したもんだと思った。

最近、ハリウッド映画製作に中国の資本が参加しているケースが増えてきた、映画は当たれば儲かる、そう考えれば中国資本が参入するのはよく分かる。

その意味では映画界に限って言えば私はチャイナマネーはウエルカムである、できれば日本の映画界にも進出してもらいたい、奇想天外、金にあかせて日本の下らない映画界の旧弊をぶち壊して本当に面白い映画を作ってもらいたい。

題材!!
それは皇室に一杯ある。





こんな事が何時まで続くのだろう、、、

2019.11.19.04:16

先日NHKの番組を見ていたら東北地方、大震災津波そして先の台風19号河川氾濫による洪水、畑も家も冠水で立ち直りかけた矢先での大被害、それに伴う銀行からの借金ローンの2重化、これから先どうやって暮らしていけばよいのか、一体こんな事が何時まで続くのだろうか、多くの被災者がこのように語っていた。

こうやって連続の災害に遭われた人々の苦しみ、嘆き、本当にお気の毒としか言いようがない。

片や、皇室行事、国事行為として、こんな事が何時まで続くのだろうか、というくらい連続して天皇皇后即位に伴う儀式と宴会が皇居で行われている。

先日、一連の儀式の最後として大嘗祭の儀、大嘗宮の儀があった。
この儀式についてはネットで調べてもらうとして、

3841c9de-s.jpg

この写真は動画の一部を切り取って掲載されたものだが、要は悠紀殿での拝礼を終えて退出の際、屁烏賊の冠が上にあった御簾をくぐれず頭をぶつけ,それにより冠がズレ、ついでにズラもずれ、バランスをくずされ履かれていたぽっくりでもよろけられ、その後ふらふら、よたよたされた真にご立派な道中の一コマであった。

一説によれば連日の儀式で緊張し、それを癒す為にお心を寄せた被災地の酒造メーカーから巻き上げた焼酎をつい飲み過ぎてしまい足元がよろついてしまった、という説があったが、それはナル、アル中説もあり全くないとは言えない(笑い)


いずれにせよ、事前にリハーサルしたといっていたが、それは嘘だという事が丸わかりの情けなさであった。

この短い動画はえありすさんの(エアリスの万華鏡)というブログに載っている。

なぜ、このような無様な道行になったのか、それは彼女のブログで成程というような解説があるが、私としては要は126代天皇は薄ら盆暗そのものであるから、それに尽きると思ってはいるが、

一応エアリスさんによれば、ナル、自分が頭に冠をかぶっている、履き慣れないぽっくり下駄を履いている、ところが阿呆だからその立ち位置が自分の中で把握できていず、従ってあちこちに頭をぶつける、アラアラアラ、うあ~、ぶつけた瞬間にパニックになる、そんな解説だった。
多分、私もそうだと思うが!!
1541942521489s.jpg

日本各地で連続での自然災害に被災された方々が言う、、何故こんな事が連続して起るのか、その理由はただ一つ、それはこんな阿呆な盆暗薄らが天皇に即位したからであり、その為この厄災はこれからも続くであろうと思われる。
この阿呆天、基地外皇后の即位に伴っての数々の儀式と宴の費用、通算すれば何十億にも上る、特に今回の大嘗祭の儀というのは皇室神道に基づいた皇室独自の儀式でありこれは国家と宗教との関係もあって、これを国民の納めた税金が使われるというのはどうかという声もあるが、政府は認めた。

私はこのブログで何回も書いているが、もし、これが秋篠宮の即位や秋篠宮親王悠仁殿下の皇太子即位儀式であれば、喜んで見守る積りだし、祝福したいと思っている。

だが、ネットでも一般報道でも秋篠宮一家に対してのバッシングが酷いし、それに対し盆暗薄ら夫婦の持ち上げ方は異常とも思えるし、さらに娘である愛子ちゃんに対しても将来の女性天皇だの、気持ちが悪い位のアゲアゲ記事満載である。

つまり、こういった構図は裏で世論やマスコミを誘導して次の皇統を秋篠宮にいかないよう、そして悠仁親王に続かないようにしようとする勢力が間違いなく存在するという証拠である。


巷ではラインとヤフーの大型合併で話題になっているが、この2つの企業、共に朝鮮系企業である。
ついでにいうがヤフー、ソフトバンクの禿孫、自分が孫文の子孫だなんて嘘をこいているが、こいつは元の朝鮮名は安、親父が韓国からの密航で朝鮮部落でどぶろくの密造や違法パチンコで金を作ったロクデナシの子供である。

いずれにせよ、朝鮮禿孫正義が投資損で膨らんだ巨額の損を何とかする為に仕組んだ博打、IT企業の生き残りをかけた、その側面もあるだろうが、、、、、この発表に孫が顔を出さなかったのはそれがばれるのを嫌がった為、関係者だけでこの合併を決めた、そんな訳はない、、、、、、、問題は孫の巨額借金が膨らみ続け潰すに潰せない状況だという事、事情をよく知る関係者は皆知っている話である。


いずれの企業に限らず日本の長者番付に載っている企業の多くは朝鮮系企業で占められている。また。マスコミの多くが朝鮮系や支那系、野党の多くも帰化系朝鮮人議員が多いし、政府自民党の中にもそのような帰化系朝鮮人議員が一杯いる。

仮にこれらの勢力の煽りによって世論が女性天皇容認、愛子天皇になった場合、もしその連れ合いとの間に仮に男子が誕生したとしてもそれは盆暗ナルまで繋いできた126代の皇統はそこで途切れるのである。

結果、神武天皇から綿々と繋いできた日本の皇統、父方が何処の馬の骨か分からない血で始まる天皇家の誕生となる。

愛子天皇の連れ合い、これは雅子同様、先祖はどうでもいいのである、またいくらでも粉飾できる、それは雅子のひ祖父、小和田金吉が戸籍が無く朝鮮人背乗りだろうが、水上藩小和田家につながる下級武士分家、それが本家からそんな親戚はないと言われようが、先祖の墓が半分壊れたつぎはぎお墓だろうが、なってしまえばどうとでもなるのである。

訂正、小和田家をよく知る地元の読者から指摘がありましたので、水上藩ではなく、村上藩とのこと。

雅子の先祖、小和田金吉がいたのは、正式には新潟県新発田市の被差別地区(部落)と朝鮮人部落が並立してある地区で、水はけがわるく低灌木がなる荒地でありそこの部落民が住む掘立小屋の乱立する場所で、地元では決して人が行ってはいけない場所とされていた。
又、隣が越後村上藩だったのでここの下級武士であった小和田家を名乗った。これは雅子が皇室に入る事で出自の体裁を繕った結果で本家小和田家からそんな分家はいないと言われたのは当然であった。

大昔はいわゆる部落民と朝鮮人部落は同じような場所にあった、おそらく今でも関西方面のある地区では今でもそのような場所があると読者から投稿を頂いた事がある。

つまり、ソフトバンクの孫正義が言うように、後で自分の先祖は孫文、仮に愛子ちゃんの連れ合いが朝鮮人だろうが支那人だろうが創価学会だろうが、いくらでも捏造できる。

そこで、政財界、マスコミ、最後は皇室、日本の完全乗っ取りが完了となる。

だから、薄ら盆暗屁烏賊、股子基地外皇后万歳、愛子アスペルガー内親王、そして将来の女性天皇万歳でもいいが、日本の阿呆な保守連中の多くがそれ朝鮮人、支那人と警告を発する割りは皇室、天皇問題となるともう能天気、思考停止状態になり、ただ盲目的に天陛下万歳、雅子皇后万歳となりもはや馬鹿丸出し、何が学者だ、何が保守の重鎮だ、

ネットでは所謂、視える人によれば盆暗屁烏賊はもう長くはないと言われてきたが、だがそう言われてきたが結構長生きしている、まったく困ったもんだが、もし屁烏賊、80歳まで生きたらもう秋篠宮の芽はないだろうし悠仁殿下も危ない、お皿婆さんミッチ―だってアテクシだって長生き致しますのよ、といって120歳位まで長生きするかもしれない。


もうこうなると皇室は魑魅魍魎の世界、化け物屋敷となる。
妖怪お皿婆あ、フンボルトペンギンならぬ踏ん反りペンギン、適応障害大型冷蔵庫、不登校ご優秀児、そして皇室に寄生する自称準皇族オワダニ一家、などなど。


そこで、こんな事が何時まで続くのだろうという話になる。


ところで徳仁新天皇の呼び名、正式には何という呼称になるのであろうか、明治天皇、大正天皇、昭和天皇、今上天皇、、、、、、、、、

私はこう呼びたいのだが、それはねーわ天皇、、じゃ駄目かな(笑い)

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR