森友事件、あれこれ、

2017.03.18.13:57

森友事件、この件は見た目よりは相当根が深く生半可な知識や想像で書いてはいけない、そう思って経過をずっと観察していた。

案の定、次から次へと新しい展開、色んな話が出てくる、それが隠されていた事実なのか、あるいはそう思われるように誘導された事実なのか、これらの事件にかかわる人間達も多彩で、役人、官僚、政治家、ごろつき、不動産や、弁護士、捏造マスコミテレビ局やロクデナシ新聞社、街宣行動右翼、左巻き基地外左翼、部落運動家、在日朝鮮人団体、カルト宗教団体、おまけはお馬鹿な首相夫人、
1.jpg


色んな人間が色んな形でこれほど関わってあ~でもない、こうでもないと半月も騒いでいる事件、久しぶりである。

よく世の中には煮ても焼いても食えぬ人物と称される人間が時々、出てくるが、この事件の中心人物、この森友学園理事長、籠池氏、正にその通りの人間のようで、周りの人間がこの人物に振り回されて右往左往している、そんな感じがする。

確かに国有地の払い下げ認可については、お願いする方もお願いされる方も色んな形でのやり取りが有り、表には出せない事情や裏がある筈、朝日新聞ビル土地、朝鮮学校土地払い下げ、これらも叩けば埃が出る代物、では何故今回、これほどの大騒ぎになるのか、

関西、大阪、部落解放、同和が多い地区でもある、そこに産廃放棄埋め立てとなれば値段はあってないようなもの、上で書いたが国有地の払い下げやこのような曰く因縁がついた土地が多い、今回の此の豊中の土地、同和地区である、そうなると同和利権、部落利権、土地ロンダリングで行政と土地購入者との間で話がついていたのに、しょうもないチンピラ市議が介入が有ったり、朝日がほじくったり、そんな事でスキャンダルになった、それが発端、裏で部落や同和が絡んでいることが分かって、騒いでいた馬鹿な野党や関係者はあっという間に泥船から逃げ出した。

最初に騒ぎ始めたチンピラ豊中市議会議員、木村 真 国有地の払い下げ価格の開示を求める。
a0348309_13484940.jpg


顔を見ただけで朝鮮人と分かるし、朝鮮人特有の名前、金、キムからとった通名木村。

地元の声として
あの土地は大正時代沼地で特殊な人が住んでいた、それが戦後、高度経済成長で有耶無耶になり、いつか産業廃棄物処理場のような土地となってしまった。


騒ぎの発端、それは簡単で安倍晋三の首を取りたい、もしかしたらそれが出来るかもしれない、そう考えた日本の魑魅魍魎の裏組織とそれらに関係する極右や極左、民進党や共産党がマス塵と手を組んで絵を描いた、多分、そんな所だろうと思う。
だから籠池理事長から安倍陣営から100万の寄付金が有った何てのでたらめ話に、よし、やった、と乗った、しかし、現実にはこの出鱈目話の宣伝係りに雇った自称、著述業、自称、ジャーナリスト、菅野完という人物、
C677PNxWsAAEJvD.jpg
C6770G7WYAAdJQf.jpg
しばき隊の野間と、

この男の胡散臭さは籠池氏と同類の人物、元部落解放同盟(部落民出身者)、元しばき隊 元首都圏反原発連合活動家、犯罪者としては性的暴行者,カンパ金着服常習者、盗聴専門家
等、いわゆるブラックジャーナリスト、こんなロクデナシ左翼クズレを雇うこと自体、籠池氏の本当の姿が分かるが、もしかして籠池氏も3つの名前を使い分けているなど、その出自、もしかして菅野という男と同じかもしれない。

私は元は左翼からの転向者であって根っからの保守主義者、右翼ではない、ただ、共産主義や社会主義の余りにも現実離れした教条主義というか、その思想の馬鹿馬鹿しさに嫌気がさして現実的な思想というか保守になった訳だが、と言って100%自民党支持者ではない、何故かといえば自民党という党は保守主義者の集まりではないからだ、自民党という政党はいわば利権党、それぞれに利権を求めて集まった政党で、思想も主義もそれこそ右から左まである意味節操のない人間達が集まっている政党、

そしてそれぞれにバックが違う支持基盤をもっている。また、支持基盤においては野党とともに同じ団体に属す活動もしている、
例えば、パチンコ関連団体、カジノ推進団体、思想的には日韓議員連盟、日中友好議員連盟、つまり表面上では意見は異なるが裏ではいくらでも手を組める関係をもっている。

今回の森友事件、裏で色んな組織が暗躍していると書いたが、例えば、日本の2大巨大カルト団体、創価学会は朝鮮総連、統一協会は韓国民団と組み合わせは分かれてはいるが、ところが状況によっては手をつなぐし、そこは北系南系といっても朝鮮民族に代わりは無く、日本にとって全くいらない存在であることでは間違いではない。

統一協会系、これは教祖であった韓国人文鮮明と安倍首相の祖父に当たる岸信介、東声会を率いていた朝鮮ヤクザ町井、朝鮮人で満州で麻薬や貴金属シンジケートで財を作り、その金と満州人脈で政財界で闇の調整人と呼ばれた児玉、こいつらが作った勝共連合、これらの繋がりで自民党系、一方、北系在日朝鮮人,ソン、テチャク、日本名池田大作が率いた創価学会、と同じ北系朝鮮総連が民進党応援支持母体と言われているが、これも創価学会政治部別働隊の公明党が自民党と連立を組んだり、そこは朝鮮人、どちらに転んでも美味い汁が吸える形にはしている。

右翼系団体、遺族会、神社本庁、日本会議、生長の家、愛国なんと会とか、いくつもあるが、これも極右と呼ばれるとある意味、極左暴力革命集団とその主張は同じようなものとなる、部落解放同盟、ここも以前は自民党利権と繋がっていたが、この利権の同和対策事業が終わってしまえば人権運動に名を借りた人権利権で左翼主義者や社会党や共産党利権となった経緯がある。

結局のところ、歩兵である脳タリンどもは洗脳された主義主張で前線で踊らされてはいるが(沖縄基地闘争で弁当と手当をもらって動員されている組合上がりの爺、婆あ)、それらをコントロールしている組織の深部では何の事はない、裏でまあまあ、そこそこ、よろしくなんてやっている、

これが今回の森友事件、この籠池理事長、一見右風に見せかけながらも利用できる者であれば右も左も関係ない、目的の為には手段は択ばず、うまくいきそうなのにしょうもない話で計画がとん挫、ならば関わった奴、話に乗った奴、ついでに乗らなかった奴まで含めて、道ずれだ、先に書いた石原慎太郎の悪いのは俺だけではない、という話にも通ずる持って行き方、よく似ている。



この籠池という男、顔と話し方をみていれば胡散臭さ満載と言った男、こんな男をも持ち上げている自称保守は阿呆と呼ばれてもしょうがない。
現に私がよく見ている政治ブログランキングでは、いまだにこの籠池氏を応援というか擁護しているブログ主も大勢いる、確かに左翼左巻き勢力のあまりにも一方的な攻撃に対して、この籠池氏が掲げてきた教育論や戦前回帰ではないが教育勅語、など本質論では賛成する部分もない訳ではないが、この籠池氏の人間としての如何わしさ、胡散臭さ、からみればどうも本物には見えない。


民進党の蓮舫、この女、嘘つきのロクでなし、自分の戸籍も公開しないくせに他の政治家に対しては糞味噌にいう嫌な女なだが、なぜ、マスコミにも民進党内部でも問題にならないのか、何故、彼女を排除する機運が持ち上がらないのか、それは彼女を担ぐ勢力や有力な政財界のバックがあるからだ、これは彼女の祖母、父が培ってきた台湾バナナ利権、その関係者が彼女を守っているからであって、そう簡単に一介の陣笠代議士や、後ろに何の応援組織も持たない、チンピラ民進党国会議員ではどうにもならないのである。
img_1.jpg


パン助上がりの裸モデルタレントが何故、民進党の代表までなれたのか、先の記事で書いた枕営業をやって芸能界や政界を生き抜いてきた事もあるが、蓮舫を担ぐ谷町が政財界(自民党にもこのバナナ利権を食った奴もいる)にある、だからそうかんたんには降ろせないのだ。
自民党幹事長の2Fも支那の代理人、同じ史那の工作員のR4には触りたくないと、それぞれ事情もある(笑い)

籠池氏、国会での証人喚問となったようである、まあ、日本、ある意味良い国である、このような事件、もし日本以外の他の国でそれも政界、財界、高級官僚、訳の分からぬ組織や人物が絡んだスキャンダルとなれば、籠池氏、今頃は失踪、行方不明となっている筈、ただ、田中角栄のロッキードスキャンダルで国会証人喚問となった小佐野憲司氏の、記憶に御座いません、なんてやれれると手も足もでない、

いずれにしても追及する側もろくに勉強もしていない阿呆議員、あるいは脛に傷を持つロクデナシ議員、この海千山千、タヌキの籠池氏、にしてやられるような気がしている。

私はこの事件そのものの結論には、あまり興味はないが、とりあえず、安倍首相だけは続投してほしいと思っている、それは彼以外には日本のこれからを任せられる人物がいないからである。

しかし、それにしても安倍ちゃん、女を見る目がない、若い時、もうちょっと女と遊んでいたら防衛大臣の稲田氏や女房の昭恵夫人のようなへちゃで頭が悪い女を選ばなかったのでは、そんな気はする。

男と女の間、特に夫婦の問題、他人が口出す問題ではないと思うが、少なくとも日本国内閣総理大臣夫人、日本のファーストレデイ、が顔はウーパールーパー、韓国大好き、飲み屋経営で自らも酒豪で時々沈没、何て女は困る、、、、

が、、、昭恵夫人、晋三さん、別に文句はいわれてはいないのよ、どうしてかな?. これからもイベント呼ばれれば勿論出席よ!

晋三さん、良く、言われるのは昭ちゃん、頼むよ、俺の立場を考えてくれよ、でもね、強く言えないみたい、晋三さん、私に惚れまくっているから、ま、好きなようにやるわ!!!

まともな男には泣く赤子と、生まれつきの天然阿呆女には勝てないのか、、、、

それにしても安倍晋三、事、女房については最低の旦那で、酷過ぎる、、、、ま、人の事を云えない多くの日本人亭主がいる事も事実なんだが(笑い)





スポンサーサイト

私のブログ。

2017.03.13.09:26

私のこのブログ、ブログジャンルとしては海外情報というジャンルに属すし、実際カナダから発信している、ところが、カナダの事は記事としてはそう多くないし、海外情報というよりは日本の国内情報の方が断然多い、まあ、見方によるが海外情報としては余り役には立たないブログと言えると思う。

この海外情報ジャンルとした設定、それはこのブログ設定に当たり、どの分野で設定するかというサーバーの問いに対して、たまたまカナダにすんでいることから海外情報としただけであって深い意味はなかった。

また特にブログジャンルランキングにも全く関心は無かったので、ランキングを上げる方法にも全く参加してはいない、それは第一にこのブログを始めた当初、こんなしょうもない記事を誰が見るのか、そう思っていたからである。

ちなみにこの私の現在のブログランキング、全海外情報ランキング、8124人中 第4位 北アメリカに限っては1105人中 第1位、過去全世界海外情報ランキングでの最高位は第2位までいった事がある、私とこのランキングを争っているほかの海外情報ブログとは、例えば中国4千年の反応、ポーランドポール、海外の反応ジャーナルとか、大体が海外において中国人が日本をどう思っているとか、海外各国の情報を集めて載っけているブログとか、それに類したブログである。

北アメリカに関して言えば、私のブログはこの何年かはブログジャンル別では第1位を保っている。

海外ランキング、これは世界の各地に住む日本人がその国から発信しているブログ、北米ランキング、これは北アメリカだけに住んでいる方のブログ。



これはだからどうだっていう訳ではなく、私のブログのように個人で酒に酔って、戯言を書いているだけなのに、なぜにもこうにもランキング順位が高いのか、よく分からない、というのが私の本音、ただ、嬉しくないといえば嘘になるし、とりあえず有難い事であると思っている。

これは私が常々記事に書いているが、私がブログに書く記事、決して記事としてのクオリテイは高くない、むしろ与太記事部分もあって後で読み直して何じゃこりゃという記事も多い、文章は滅茶苦茶で句読点もいい加減、誤字、脱字は当たり前、恥ずかしくなる事もたびたびある、また、記事として内容を精査せず思い込みだけで書く事も多い、又、言葉の使い方も悪いし、蔑称、差別語を使う事も多い、、、、、、


色々書いてきたが、結論として反省はしていない(笑い),

記事としてクオリテイの高い文章と内容を読みたければ、それらの求めに符合した良質なブログは世の中はごまんと存在する、例えば、同じ皇室批判ブログでもあるKUONさんが書かれるブログ記事、上品で洗練された文章と和歌や短歌に造詣が深い知識に裏打ちされた洞察力、あるいはBBさんのように社会問題や皇室問題を鋭い取材、分析に基づいて書かれる記事の文章力と記事の構成力、言葉の深さとその知識、もう、私などの酔っぱらい阿呆親父には逆立ちしてこのような記事は書けない。

まあ、これは人間としての教養の深さが違うので諦めている(笑い)

ただ、これは負け惜しみではないが、私のようなロクデナシ人間が同じようなロクデナシ人間について書く、ある意味、同じような人間なのでその本質が理解できることで書ける記事もある。、、、、いや、あるかもしれない(笑い)

多少、主張がトーンダウンしたが、とにかく、思った事、感じた事、それはオカシイ、それは違う、その時その時の感覚で書き散らす、これが私のブログの書き方で多分このスタイルがこれからも変わらないだろうと思う。

但し、私にもブログをもっている者としての矜持はある、それはインターネット世界であっても顔だししているし、住んでいる所も含めある程度の事は公開している、ネット社会の陰に隠れてそれを隠れ蓑にして嘘八百書いている訳ではない。

その理由はもう爺いだし、もう長くないし、この野郎と思われても命まではとられないと思うし、まあ、コメントでこのカナダに住んでいる馬鹿糞爺いと罵らしれるくらいで、そうは気にしてはいない(罵られる事に思い当たる事もある、笑い,)

こんな下らない記事満載のこのブログを訪問して下さる方のブログ、訪問履歴からこういった方のブログが分かる、こういった方々のブログ、感動するブログもあるし、ペットロスで悲しい思いをされている方(これは私も同じ経験をしたからよく分かる),

あるいは、病魔と不屈の意志で闘っている方、職場環境での人間関係に悩んでいる方、障害を持った家族を守りながら日々懸命に生きている方、人生の晩年を豊かな感性で過ごされている方、何げない日常の日々をユーモアたっぷりの記事として仕上げている方、人それぞれの生き方でブログを書かれている。

私はこういった方々の何人かには、是非、お逢いしたくて逢いに行った方が何人もある(迷惑だったかもしれないが、)、実際に私とあった方は、やはり、親父の言っていた事は本当だった、やっぱりロクデナシの酔っぱらいだったと思った方も多いらしい、その節はすいませんでした、(笑い)

その中の御一人、アリエスの雑記帳というブログを運営なさっているアリエスさんという女性にお会いしました、彼女のブログ、私のブログによく似た言いたい放題ブログ、女性には珍しい過激ブログ、私、同様、コメントは少ないブログ主でした。

でもお会いして吃驚、その実態は身長170センチ前後、年齢多分28歳くらいの素敵な美人でした、実際、彼女の素敵な写真も持っていますが公開しません、ともかく、私の感想、素敵な女は過激である。


で、今、私が機会があればお会いしてみたいな、と思っている方、別府葉子さん(私は彼女の歌のフアンである)、そしてBBさん、海外居住では、猫とデンマークのMagbenさん、イタリア在住のミルテイおばさん、これは私本人が思っていることであって相手がそう思っている訳ではない、念のため(笑い)
更に言えば、冗談じゃないわよ、なんて撥ね付けられる事を恐れてそのようなアプローチはしていない、要はチキンハートのへたれ爺いである。


私のブログ記事の書き方、それは先ずタイトルが先に来る、その浮かんだタイトルで記事を書く、だから全体として与太記事が多い、玉にあるテーマに絞って文献を調べ資料を整理、論旨を組み立て補強何てことで記事を書きはじめる事があるが、でもこの書き方は私には合わない、私は職業文筆家でもないし、これで飯を食っている訳ではない、なので最近はこういった論文みたいな記事は書かないし、まあ、書けないというのが正しい。

次の記事、多分、朝鮮人のルーツについて, あんたも好きだね、と言われる方も多いと思うが、でもね、この民族の生い立ち、ルーツ、世界中の民族学者や生物学者、遺伝学者、免疫学者、考古学者、が結構調べているのですよ、つまり、朝鮮民族、なぜ、こったらどうしようもない屑人間、世界に例を見ない糞民族が出来上がったのか、注目が集まっているのです。
note-185775-i3-575_1533356.gif
朝鮮人の始祖とされるエべンキ人と同類のツングース系民族の顔、


この民族発生の段階、なぜ、臭いものを好んで喰うのか、なぜ、糞にこだわるのか、なぜ、火病になるのか、なぜ、基地外になるのか、何故、世界でも稀である民族特有の朝鮮面になるのか、それらの因果関係が民族発祥のルーツにある、そう思われているからである。

そんな事で、次回を期待してニダ、カムサミニダ。

一家。

2017.03.06.14:42

この一家として一括りにされる言葉、対象、好いも悪いも含めて相当数存在する。

よく使われるのがヤクザ社会での一家、これは基本的には任侠道からきているらしいが、よく使われる、実は私の父方の姉、私にとっては叔母に当たる人の亭主がヤクザ社会でいうテキヤで、その一家として丸正一家というのを率いていた。

私もよく中学生の頃、この義理の叔父の売、商売にアルバイトとしてついていき、唐辛子の実用販売を手伝っていたことがあった。

ヤクザ、今は暴力団として一緒くたにされるが、その昔は同じヤクザ稼業といっても博徒とテキヤでは明確な線引きが有った、一概にヤクザとして一括りにされるが、これは生活を稼ぐやり方が全く違う、どうしてそのような事を知っているかというと、それは私が家庭環境の問題によりぐれて不良少年予備軍時代、チンピラヤクザ、当時は兄貴と呼んでいた人にルクルートされた事があるからだ。

此の兄貴と呼んでいた人、アル中で度胸がなく、ちょっとしたかすりで喰っているだけの人だった、多分、根はいい人だったような気がする、一度だけ互いにやっぱをもって喧嘩している姿を見た事があるが、恐怖の為か腰が引けて結局、やっぱを落とし、後は殴る蹴るで滅茶苦茶にやられてしまった。

後で分かった話は、此の兄貴、一応組の盃を受けてはいるが、末端の組員でどうでもいい存在だったらしい。
そんな訳で私はヤクザにはならなかった。

やくざの世界、アウトローの集まる世界ではあるが、それなりの秩序はある、舎弟とか叔父きとか姉さんとか、兄貴とか、しかし、これも実は実体がなくその裏付けが消えれば、その関係も壊れる。

その壊れる原因、それは上納金制度にある。この件に関しては別の機会に書くが、


ところが壊れない一家もある、その代表が皇室、その典型が皇太子御一家、今や次期天皇ご一家である。何故、壊れないか、それは黙っていても年間何十億もの金があてがわれる事にある、その金は我々国民が汗水垂らして働いた税金から払われている。

盆暗ナルのズラ、雅子のインチキ適応症、医師団1人の支払い、雅子の双子の妹とのドンちゃん大騒ぎ費用、雅子両親の東宮居候費用、雅子の整形費用、盆暗ナルの小便漏れ隠蔽費用、偽物愛子、突然出奔の為のSP費用、、、、、、、
勿論、私が納めた税金も使われている、それは私が所有する自宅とアパート、固定資産税と年金から引かれる何とか税、文句を言う権利はある。

ところで、私がよく見ているブログがある、それは皇室全般画像掲示板、ここはある意味、皇室の在り方に不満がある日本中の女性が集う掲示板なのだが、そこに寄せられるコメント、もう滅茶苦茶、糞味噌、罵倒、こき下ろし、死ね、くたばれ、雅子の馬鹿、ナルの阿呆、、、お前の書く記事も似たようなものではないか?

それは違う、私の場合はナルはもうそろそろ逝かれた方がよいのでは?、雅子は馬鹿ではなくDNA的基地外家系なので直らない、そのような柔らかい表現をしているだけの事(笑い)

とにかく、一家というのは血縁的、心情的、思想的に繋がったファミリーを指す言葉らしいが、実際には色んな一家がありそうである。

例えば、今、注目のトランプ一家、北朝鮮の刈り上げ君一家、嘘つきロクでなし蓮舫一家、石原ブランドを守るために恍けた石原慎太郎を守る一家、旦那がそれこそ一生懸命頑張っているのに嫁が能天気、馬鹿丸出しで困ってしまった、安倍一家、

安倍ちゃん、それでも昭恵夫人、愛してる、そう、妻は阿呆なほど純粋がいい、まあ、その主張、愛してるはともかくとして阿呆はよく分かる。

一家って一体何だろう、さて、貴方の一家は大丈夫?

私達は池田先生が永遠に死なない事を信じています、草加煎餅一家。私達はお優しい皇太子殿下、お可哀相な雅子妃殿下を絶対に擁護する代表的お花畑、能天気一家です・

私達一家は、天皇皇后が唯一無二の日本の象徴である信じて疑わない大多数の日本人一家です、そして、誰が何と言おうが見て子様はご慈愛深き国母様であらせられるお方、マリア様の生まれ変わりの美智子様は屁もたれないし、糞もオタレになりません

929c8144-s.jpg

おっぱいはしなびた垂れ乳ですが、陛下がそれが好きだと仰るんです、だから下着は付けません。変態一家?


さて、犯罪学、この学問上の分類での一家として、病名詐欺一家、経歴詐称一家、窃盗一家、血統詐欺一家、基地外一家、税金泥棒一家、背乗り成り済まし一家、児童虐待一家、などがあるが、この全てを網羅しているのが、皇太子一家である。

犯罪学史上これほどの罪歴を持った皇族は2千何百年も続いた皇統にも存在しなかった、歴史に残る快挙である。

詳しくは皇室全般画像掲示板を参照の事。



10年後、、、、、、、私達、多くの日本国民は薄らでしたと嘆くようになるかもしれない、ま、それもしょうがない。

この記事を書いたのは昨晩、有る方から送って頂いた焼酎の霧島をしこたま飲んで出来上がっての記事、今、朝になりよみ返しているが文章も文意も滅茶苦茶で酷いもんだ(笑い),,,,,

まあ、いいでしょう、どうせ大した記事を書いているわけではない、こういう酔っぱらい記事もある、、、、何!!いつもの事ではないかという指摘にはその通りとお答えしておきます(笑い)





石原慎太郎、やはり、父方ルーツは朝鮮人だった噂は本当だったか!

2017.03.04.00:39

よく、男としての晩節を汚すな、そのような言葉がある、これはどんな生き方をして来ようと、人生の最後だけは綺麗に逝けという意味だと私は思っているが、今回の石原慎太郎の豊洲市場移転に関しての疑惑記者会見での発言を聞いてそれを強く感じた。
AAnK7jl.jpg
石原氏、記憶がない、終始歯切れが悪く、そんなキャプションが載っていた。


石原慎太郎、私は作家としての慎太郎、評価はしない、実際に作家だった頃の作品を読んでもたいした作品は無かったと思う、石原慎太郎とは政治家となり自民党の若手政治家の集まり、青嵐会当たりに属すようになってから、その発言と行動が評価され出したのであり、その後、その発言の過激さ、歯に衣を着せぬ発言で、世間的にたいした人物だと思われるようになったのだと思っている。

確かに、その政治的発言だけを聞いていると国士然とした雰囲気が有り、なるほどと思わせる雰囲気は備えていた。

私も実はそんな石原慎太郎、買っていた一人だった。

だから、ネットの一部で石原慎太郎、裕次郎兄弟の父は山下汽船の重役だった(本当か?小学校卒で重役になれる?いや最後は山下汽船傍系子会社重役だよ、)それにしては、父方のルーツが怪しげでその出自が半島、朝鮮人帰化系である、いや、実際は朝鮮部落だよ、,というような噂は信じてはいなかった、だが、会見で見せた、責任逃れや、言い訳なんかをみると彼が持っている気質が朝鮮人独得の気質に近いのでは、そんな思いがする。

石原慎太郎の妻は日本人だと思うが、弟の裕次郎の妻,北原三枝は父が在日朝鮮人で間違いなく在日系の女優であった、だからどうだという話ではないが、当時は不思議な感じがした事は事実である。

この石原一家のルーツに関して色んな本が出ているが、佐野真一著、てっぺん野郎、という本にそのへんがよく書かれているという。



とにかく、石原慎太郎が東京都知事として都庁に君臨していた頃、その辺の国務大臣よりも権力があった、ソリャそうだ、年間予算だけで小さな国分程ある。だから都民の税金をつかってしょうもない銀行を作って都民に迷惑をかけたり、尖閣諸島関連で寄付を募り多額の金を集め、その金をどうしたのか、そんな問題でも不問いとなった。

だが、自分が都知事時代にやった豊洲市場移転決断に関して、責任は俺だけではないとか、東京ガスとの買い入れ交渉、契約問題で俺はサインはしていない、誰かが勝手にハンコを押したとか、確かに、週に2~3回しか出勤しない都政、周りのイエスマンに任せていたのは事実だろう、しかし、俺は知らなかったはないだろう。

挙句の果てには小池百合子の方がもっと無責任だとか、一体何を言っているのか、記者会見に出かける前、記者団に感想を聞かれ、武士の心境で臨む、何てのコメントは何処に行った!

こんな下らない発言や言い訳、それこそ、慎太郎、歳をとって下らん男に成り下がった、晩節を汚す男になってしまった。そう言われてもしょうがない。

小池百合子都知事に対しての中傷や責任転嫁は、息子である金目が全てという自民党都蓮会長であった馬鹿息子、石原伸晃.こいつが親分風を吹かせて小池百合子を邪魔したが、小池百合子氏の都知事選大勝利ですっかり、滓になってしまった。

多分、その時の息子に対しての恨みからきているのだろうと思うが、元々、大した器の持つ主ではなかった、それを親の欲目で担いだだけの事であり、小池百合子氏に向かって厚化粧の年増婆あ、何て言えば反撃される事は分かっていた筈、小池百合子氏だって、それこそ、海千山千の強者、だてに政界の荒波をかいくぐって数々の修羅場を生き残ってきた女、罵倒されて引っ込んでいる女ではない。(注、この書き方は褒めて使っている訳ではない、念の為)

慎太郎、女が、小馬鹿にされ罵倒された場合、それが恨みとして残った場合の怖さが分かっていない、しかも相手は権力の頂点にたったのだよ!

小池百合子都知事に、会見感想で、石原慎太郎さんともあろう方が、、、、なんて軽くいなしていたが、心の中では早く死ね、このおいぼれ暴走爺、もうお前の時代は終わったんだよ、てな気持ちだろうと思う。


慎太郎自身がもののふ、武士としての生き方を信奉しているのであれば、それこそ潔い結末をつけるべき、それを座して死ぬつもりはない、なんて悪あがきは言わぬほうがいい、

しかし、実際の話、こうまで往生際の悪い男であった、とは思わなかった、あまりにも情けない!!

女性の中には石原慎太郎を過去の業績などで、擁護する向きもあるようだが、私は石原慎太郎には今、2つの道しかないように思う。
まあ、ぶっちゃけた話、どちらにしてももう長くはない(笑い)

1、本人は嫌だろうが、座して死を待つ、一切の釈明をせず、すべての闇と共にあの世にいく。

2、冗談ではない、何で俺だけが文句言われなければならない、どうせ責任をかぶるなら、みんな道ずれにして死んでやる。


但し、これをやれば石原一家は吹っ飛ぶ、倅たちも吹っ飛ぶ、石原ブランドで固めていたものが全て剥がれて隠されてきた醜聞が主て表に出てくる、こういう場合、今まで慎太郎に虚仮にされていた奴らは全て叩きに回る、孤立無援、かくて憤死となる。

損害訴訟となれば都が訴えられる、そうなれば都は石原慎太郎を訴える、そうなると誰も助けられないし、助ける奴もいない。

おまけは百合子姉さんが喜んで足を引っ張る、(笑い)


さて、この結末、朝鮮人DNAが出るか、真の日本人DNAが出るか、今後の展開が楽しみである。

でも慎太郎、もし、他の政治家がこんな事をやったなら、きっとこういうだろうと思う、日本人なら腹を切れと(笑い)、珍ぽの皮も切れない奴がよくいうよ、、、

映画の話。

2017.03.03.08:34

先の記事で、アメリカの映画の祭典であるアカデミー賞授賞式の事を書いたが、そのついでに映画の話をかいてみたい。

私は大の映画好きで、毎週最低でも一本は見る、カナダの映画館は毎週金曜日に新作が封切られ、そんな事もあって年間を通してみればアメリカで制作された殆どの作品は見ている勘定になる。

映画を見る基準は劇場で予告編を見て決める事が多いが、たまには外れもある。この外れる事もあるという話はなんでこんな下らない映画を見てしまったのか、失敗した、でも切符を買ってしまったので勿体ない、しかたなくつまらん映画を最後まで見るという事である。

今回、アカデミー賞、最多の部門で賞を取った、ララランド、これは見ようと思っている内に見逃してしまったが、私的にはこの映画、アカデミー賞で幾つかの賞はとるだろうと予測していた、それは次のような理由があった。
640.jpg


普通、劇場で新作がかかると大体1週間くらいで、外される事が多い、作品のローテーションなのかどうか、話題作でも持って10日くらい、はずれになると場合によってが1週間持たない映画もある。

ところが、この映画、ララ、ランド、長い間上映していたし、それが終わった後でも、夜の深夜枠で暫くやっていた、だから、この映画
は良い映画だ、きっとそうアピールしたい意図が有ったのだと思う。

つまり、アカデミー賞を取る映画というのは、毎年アカデミー賞が近くなる、こういった傾向が強くなるので、大体の予測が立つ。

勿論、映画産業も商売なので、観客動員で儲かる映画がいいのだが、金をふんだんにかけ、CGを使い、有名俳優を使い、滅茶苦茶に面白い大作がこのアカデミー賞で作品賞とか監督賞を取る事は少ない、このような傾向があるアカデミー賞という制度。

ここからは私の独断と偏見なんだが、これはハリウッド映画人の中にも俺たちにも良心が有る、ヒューマニズムとしての人間性の在り方とか、差別や偏見と闘う、そのような所を映画でも見せたい、ただの商業主義やたっぷりの出演料をもらってセレブで生活を楽しんでいるだけではない、俺たちはそう思っているのだ。

だから、良心的な小作品、なんかに作品賞とか、監督賞が与えられる、と。

ま、ある種の偽善かな、そんな思いはある。


私の場合、これと言って俳優に関しては特別好きな俳優はいない、逆にこいつは嫌いだという俳優の方が多い、例えば、アンジェリーナ、ジョリー
Angelina_Jolie_Global_Summit_2014.jpg
、この女は頭がおかしい、この女、養子をたくさん取って、この子供達を引き連れて歩いている、その養子達、中国人やら朝鮮人やら黒人やら中東系やら、まるでペット犬の種類違いを引き連れて散歩しているような恰好、、、、

確かに、金は腐る程もっているのだから、どこの国の養子でも好きなだけ養子縁組する事は出来るだろう、だけど実子ではない、きちんと愛情をかけて養育できるのか、この子供達が良い子ならいいが、とんでもない遺伝子をもったロクデナシだったらどうするのか、自分の子供としての将来の財産分与はどうするのか、

乳がんの遺伝が考えられる家系なので、両乳房を全摘、略奪愛同然で一緒になったブラッド、ピットにも愛想をつかしてもういいや、変に人権意識に目覚めて、他国の政策に文句をつける、ある種の基地外というところか!

又、ハリウッド人種、変な宗教に凝っている人も多い、サイエントロジー、という新興宗教、有名俳優でもこの宗教信者が結構いる
トム、クルーズとか、、、

まあ、なんでもいいのだが、、要はスクリーン上で演技者として映画を楽しまさせてくれれば文句はない。

もう一つ、このアカデミー賞授賞式に書こうと思って忘れていた事があった、それは此の授賞式で色んな人間がトランプをおちょくって笑い者にしていたが、どうせおちょくるならテレビでトランプのそっくりさんをやっているアレック、ボールドウイン、を出させればよかったのではないか、このアレック、若い頃はハンサムで結構有名俳優であるが最近ではコメデイ分野に進出、テレビでトランプそっくりの格好とその物言いで笑いを取っている。
trumptweetingsnlscreengrab.jpg

彼が授賞式に出て、俺がトランプだ、文句があるかあ~とか、ツイッターを使って虚仮にするとか、まあ、そこまでは勇気がなくてできなかった? あるいはアカデミー協会がやらせなかった?

でもやって欲しかった、ついでに言うなら、アレックがトランプをからかって臭い芝居をしているのを、本物のトランプが現れてユーアー、ファイアー(お前は首、このセリフはトランプがテレビで自分の番組を持っていた時、使えないビジネス起業家の卵に言ったことば)これを、アレックに言ったとしたなら、会場が最高に盛り上がっただろうし、トランプ株も上がったのではないか、又、全米でこの授賞式を見ていた、プロ、トランプフアンも、そうだそうだと喜んだと思う。


そう言えばこの記事を書いていて思いだした事があった、それは往年の西部劇スターだったジョン、ウエイン、最後は癌で亡くなったが、その癌になった理由、それは西部劇映画を撮るために使われた場所にあった、よくこの撮影に使われた場所、ネバダ砂漠、ここはアメリカの原子爆弾の実験場でもあった。

このような場所で何回も西部劇映画の撮影が行われた為、知らず知らずの内に被爆していたと言われている、こうやって癌に侵されなくなっていった西部劇映画関係者は沢山あったという、

先の記事で触れた、レーガン大統領、西部劇俳優としては売れない俳優だったが、俳優組合を仕切って政治の世界では有名になった、彼が政治の世界で何故偉くなったのか、それは当時の映画界の赤狩り、共産主義思想に染まった俳優達の名前について密告を強要され、その筋の機関に重用されたからであった。この結果、たくさんの人間が映画界から追放された。

この話はレーガン氏自体も後年認めていた,そうだったとしても後にレーガン氏が偉大な大統領になったのは自分の努力であった
のは事実である。


さて、明日は新作映画の封切り日、見たい映画があるので見に行くとしよう。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR