恋。

2018.07.16.12:26

d0d90584-s.jpg
今更、恋なんて話自体がナンセンスなんだが、NHKの大河ドラマ、西郷どんで西郷が島流しになって当時の沖永良部島で一緒になった愛佳那を演じている二階堂フミという女優、出身も沖縄らしい顔立ちをしているが、この女優が演じている西郷の現地妻が切ない

現実的にはもはや女性には興味がないし、エロ爺でもないのでどうでもいい話なんだが、もし、もう一度、その当時の自分に戻れるなら、彼女のような沖縄女性と恋をしてみたいなあ、そんな事を想像してみた。

去年、初めて沖縄に行った。

理由は私が通うASD教会の牧師夫人が典型的な沖縄女性だったからだ、最初に有った瞬間から沖縄女性だと思った。

実際の沖縄女性が女優、二階堂フミが演じる女性だとは思わないが、でも沖縄女性にはなんとなくそのようなイメージを感じてしまうのもテレビ効果かもしれないが、少し心が揺れた。

私の妻もその意味では南方系、沖縄女性が持つ価値観や考え方、文化はよく似ている、沖縄に行って驚いたのは女性が社会の中核になっていて基本的には母系社会、フィリピンとよく似ている。

但し、フィリピン社会は日本人には理解不可能な部分があり、なんというかその緩さゆえ嵌ってしまう日本人男がいるが、そこは沖縄人女性、フィリピン人女性、似ているようでも全く違う部分もあり面白い。

これは偏見かも知れないが、南方系女性、ダメ男との組み合わせには合っているかもしれない、私も含めてそこそこ上手くいっているカップルをみればそんな気はする。

余談だが、妻は生まれ変わる事ができたとしても、私とは結婚しないそうだ、まあ、世の奥様も同様かもしれないが、そこまではっきり言わなくてもいいような気はするが(笑い)

爺はしょうもない事は考えず、お迎えを待っていればいい、そりゃそうなんだが、ま、いいではないか。


結局のところ、人が歳を取る、老人になるという事は肉体的な老いもさることながら、精神的な部分も大きいのではないか、例えば人が若い頃、感受性がもっとも高かった頃にもっていたときめき何ての感情や、自分の未来の姿が見えず訳の分からない不安だったり、逆にシンデレラ的な夢想だったり、そのような感情はすっかりなくなってしまう、その方が肉体的衰えよりは始末が悪いのでは、そんな風にも思ったりする。

確かに物事には必ず終わりがあり、命あるものは何時かは死ぬしそこには永遠はない、だからといって貰った命を懸命に生きろなんて話は書かないし必ずしも若い頃に戻りたいなんてことは思わないが、いずれにせよ、人生のカウントダウンが始まってしまえばどうでもいい話にしか過ぎないのだが、

ただ、時々、郷愁のような思いは抱く事がある、あの時、あのころ、誰だってあった青春、今回の記事、失恋に終わった恋をつい思いだして書いてみた。

スポンサーサイト

人は簡単に死ぬ、が、中にはしぶとい人間もいる。

2018.07.15.13:36

私くらいの年齢になれば去年まで元気だったのに、とか、先月までぴんぴんしてたのにとか、周りでそのような話をよく聞く、死ぬ時が人の寿命であれば、それらは全て寿命なのかどうかはしらないが、とにかく、人は簡単に死んでしまう。

例として、今回の集中豪雨で行方不明も入れれば2百何十人余りの死者、どうやらその多くが年寄、高年齢者らしいが、年寄だから、高年齢者だから簡単に死んじゃったのか、同じ被災者でもそれが若者世代であったならばこんなにも死者が出たかどうか、その因果関係や学術的な話は分からないが、いずれにせよ、人間は歳をとれば死ぬし、それが思ったりより早く死んじゃったか、なんだかしらないがこんな歳まで生きちゃったよ、その程度の話なんだと思う。

とにかく世の中、不公平な話が蔓延しているが、唯一、絶対、公平な事と言えば、人はいずれ死ぬ、そこには貧乏人も金持ちも権力者も高貴な方もロクデナシも善人も悪党もない、死ぬまでの時間のずれは多少はあるが、ある一定年齢になれば、ま、何年かの差にしか過ぎない。


そうは言っても、爺婆になる前、壮年期、青年期、十代、幼少期、こんな段階で世の中におさらばしてしまう、あるいはさせられてしまう、それは不条理で不公平ではないか、

自殺、他殺、事故、災害、戦争、テロ、そうかもしれないが、それは有る意味、この世には神や仏、神社仏閣、占いや奇跡はない、そう思えばいいのであって、その意味では人間以外の生き物世界では当たり前の世界、なにも人間だけが特別な存在ではないという事が分かる。


とは言え、私も人間世界で取りあえず生きているので、そうは言っても何でこったら屑が、なんでこんなボケが、なんでこんな阿呆が何故死なない、何故生き続けている、そう思う人間もいるし、世の中にはこの野郎早く死ね、頼むから死んでくれ、そうお祈りしているのに元気やねん、おかしいやないかい、

確かにこれも不条理な話で、早くくたばれ、死んでしまえ!こういう事を熱望されている人間に限って生物としての生命力が強く、無駄な長生きをする、また、こういう人間に限って腐る程の金をもって生きる事に執着する、仮にそれをすれば寿命が延びると言われれば、、、、、、

ヨーロッパの超金持ち爺婆の延命、若返り、悪魔的療法を知っているが、あえて書かない。



人間、生を受けて世の中に誕生するが、その命の使い方、そんな事は誰だって分かる訳がない、だから私はそういう偉そうな話をする奴とか、人生論的な話をする奴とか、宗教論的話をする奴とか、あるいは運命論的、占い論的、こういう奴は信じないし、嫌いである。


人間、死にたくはないが死ぬ場合もあるし、どうしても生きたいと思ってもどうしようもない時もある。

ついでだから私の日本の死刑制度に対しての意見というか、それを書いておきたい。
ヨーロッパ、しょうもないキリスト教的人権思想がある、カナダもその意味では死刑制度はない、けれど、どんな形にせよ人を殺した人間は自分の死でそれを償うべきだと思う、そしていったん死刑が宣告されたなら即死刑が望ましい、

オームに限らず死刑囚として収監されている者に対しては、これからもドンドン処刑すべき、歴代の法務大臣が署名するのを嫌がっているようだが、それなら法務大臣を受けるな、法務大臣の仕事は死刑執行に署名する事。

死刑制度が犯罪抑止力になっている、これは実証されている。


その意味では国家反逆罪、法律として作るべきだと思う。
場合によっては死刑もあってもいい、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

国を売る者は」死刑 同胞を裏切るものは死刑、スパイは全て死刑、ついでに言うと、日本のテレビ局、日本のしょうもない新聞、インターネット世界での反日サーバー、こいつらも全て死罪。

インチキ皇室、外務省、裁判所、人権団体、沖縄基地屑闘争、通名極悪朝鮮人犯罪人、すべて死罪。

なんじゃこりゃ。

2018.07.03.22:10

ブログで知り合った男性同士でたまには温泉旅館でどんちゃんやりたくて、ネットで熱海のニューふじやホテルを予約して行ったが
ネットでの広告と余りにも違っていてがっかりした。

では何故このホテルにしたのか、それは時間制ではあるが食べ放題と飲み放題があったからであった。

まず、食べ放題、確かに食べ放題だった、だが、並べられた料理、それはどこぞの食品工場でつくられたような代物で旅館の厨房で調理されたような代物ではなかった、刺身は細くて小さいし他の料理はまずくはないが、みてくれや盛り付けもしょぼく田舎の安食堂でだされる料理のようだった。
また使われている食器、人目で安物とわかる代物、見た目の食欲を誘うなんて配慮はまったくない盛り付け、そして更に驚いたのはその元舞台付宴会場の食堂で働いていた従業員、女性は全てフイリピン女性、そして男性はアルバイト風のあんちゃん、客はもうお迎えまじかの田舎の爺さん婆さん団体、中国人観光客、ミーハーおねえちゃんや、いかにも阿呆っぽいあんちゃん客、温泉情緒あふれる温泉旅館の食事とは程遠い内容であった。

部屋は煙草が吸えるという和室にしてもらったが、これも壁はすすけて壁紙は剥がれていたり、寝具も安っぽくて全てがなんじゃこりゃの世界だった。

確かに昭和期に会社の慰安旅行で流行っていた大箱の旅館だったかもしれないが、その場所も熱海駅から遠いし部屋からの眺めも良くないし、せっかくお誘いした方がたにはがっかりされたのではないかと申し訳ない思いをした。

飲み放題、これも酒瓶を機械にさして勝手に持っていけのシステムで、その昔酒屋の店先で乾きもので手酌で酒を飲む、そんなスタイルの延長みたいな感じ、確かに大昔各種団体旅行で流行ったホテル、だが、その大箱ゆえに現在経営維持に苦労しているとは思うが、こんな内容では一回行ったら2度とは行きたくないホテルとなる、ホテル経営者はそんな事も分からないのかと呆れてしまった。

そんなホテルを選んだお前が悪い、確かにそれはそうなのだが、だがネット広告で見たないようではこんなに酷いとは想像もつかなかった。

こんな内容であったのであれば、少々高くてもこじんまりとした眺めもよくて美味しい部屋食できちんとした中居さんの接待がある高級旅館にすればよかったと後悔している。

後悔、先に立たずとはいうが、こんなホテルをネットで広告、それも旅行代理店で先に支払った料金よりも更に安い値段で広告集客しており、おそらくその昔良く宣伝していた、伊東にいくならホテルは鳩家ホテル、も似たような内容ではないかと思う。

よくネット広告ではいいねのコメントが掲載されているが、これもあんまりアテにはできない、やらせもあるかもしれない、そう思った。

その昔、得意先の旅行で各地有名な旅館に行ったが、これも確かに建物は伝統的で立地もよく眺めも良かったし、おもてなしも風情があってよかったが、ただ主催者の好みで陛下が泊まられた旅館ではあったが、そのせいかどうか、中居さんも敷居が高く偉そうでちょっと閉口した思いがあった、これも困るがそれ以外は値段の相応した内容だった。

5年前に奈良東大寺のすぐ近く、築100年にもなるという一見さんお断り、すべて予約の有名旅館、部屋は渡り廊下でいく庭に囲まれた旅館に泊まったが、食事は中居さんが専属で御世話する懐石料理で至れり尽くせりで、お客は私一人、その接待振りには満足したが、最後の支払いではその値段の高さに吃驚した。

今回の旅館選びの結論として、日本の旅館を選ぶなら少々お高くとも伝統あるおもてなしや美味しい料理、そして専属の中居さんが付く旅館にしようと改めて思った。

旅館における日本の伝統的なおもてなし、海外では絶対味わえない風情と情緒、食事と盛り付け、そして使われる食器、確かに海外の有名ホテル、豪華なホテルにも泊まった事もあるが、歳を取ると最期は日本回帰になるようで今後は色々調べてからの旅館設定にしたいと思っている。

それにしてもだが、日本について2~3日は赤坂にあるホテルに泊まっていたが、近所にあるコンビニ、赤坂にある居酒屋、店員の多くが外国人で驚いた、コンビニはバングラデッシュ人、ネパール人、居酒屋は中国人のお姉ちゃん、その内、サービス業の従業員の多くが外国人にとって代われる時代になってしまうのか、日本に来る度に思うが日本は移民制度を取っている国ではない、だが日本はビザ申請や国内就労が簡易になり、毎年外国人日本在住者が増え続けている、その事に何の心配もしていない日本人

今や元々移民国家であったカナダやアメリカの方が、移民や外国人入国には厳しい政策をとっているのとは真逆に政策である。

カナダもトルドゥという2世の馬鹿な首相が難民受け入れ政策を取ったりしているが、すでにヨーロッパではこの受け入れた中東難民には国民も彼らの生き方には受容出来ず、難民受け入れが失敗だと思っている状態、にも関わらず、日本は将来少子化になる、だから働き手がいなくなるから外国人を積極的に受け入れる、そんな事をしなくとも今後AIが進めば大学の文系を卒業した者はその働く場所がなくなるのでそんな必要はないと思うが、

それでなくとも、在日と言われる人間や如何わしい中国人が既に日本に大量に住み着いているのに、安倍首相も含めて日本の政府は一体何を考えているのだろうか、

書いておくが、朝鮮人と中国人は海外に住んでも絶対にその国の人間にはならない、イスラム教を信じている中東の人間もやっかいだが、それでも顔形から判断できるが、朝鮮人や中国人では顔形では判断できない、だから困った事になる。

先に書いたように観光旅館や観光ホテルの従業員の多くが外国人化している、喰い物屋商売もそう、その内、魚屋や八百屋も訳の分からん外国人が働くようになるかもしれない。

訳の分からん外国人が訳も分からん魚を売っている、八百屋では中国で作った薬漬けの野菜を売っている、それが流れとするならそれでもいいが、すべてに能天気な日本人、本当にそれでいいのかと心配になる。


追記
ブログを公開している以上ある程度の批判コメントは受けてはいるが、といって名前も書かずただ馬鹿だのチョンだののコメントは即、削除します、まあ、こんなコメントを入れるのはその本人が卑怯で屑なのでどうという事はないのですが、要はうざい(笑い)

IPアドレスを見るとどうやら同じ人物のようである、しょうもないコメントを入れて嫌がらせだとは思うが、いずれにせよブロックされ削除されるのに無駄な事をやっていると思うが、本人にとって私が読む事を知っていての不快な気分にさせる事が目的なのだろうが、私自身が思うのはこいつは馬鹿だと思うだけで、むしろ哀れになる。

世の中には色んな人間がいるのは分かっているが、本当にゲスで屑で馬鹿で阿呆な人間がいる事にはしょうがないのかな??

同窓会

2018.06.28.12:41

今回、妻と一緒の旅、それこそ8年振りでのフィリピンと日本の旅、これには2つの理由があった。

その一つは私の姪が結婚式を挙げる、それに叔父と叔母として参加する為、そしてもう一つ、それは妻が高校生の時のクラスメイトと会ういわば同窓会に参加する為であった。

私はフェイスブックはやっていないのでどのような仕組みで学校のクラスメイトを探すのかは知らない、だがフィリピン人の多くはフェイスブックをやっているようで、かってのクラスメイトを探しだすのは簡単なようらしい。

妻には高校時代、仲良し3人組があってそれら彼女達が今でもマニラで元気で暮らしている事が分かったといっていた、そんな事から私夫婦がフィリピン経由で日本に行く、ならばマニラで同窓会をやろうという話になったらしい。

お節介がいて私達が宿泊する予定のマカテイにあるニューワールドホテルのロビーに集合、なんて話を載せたらしい。
同窓会と言ってもなにせ50年以上も前の話、妻も顔の確認で笑っていたが、おそらくフェイスブックで名前と顔がなかったらマニラの街ですれ違っても絶対に分からないだろうと言っていた。


当日、ホテルのロビーに集まった人間、男性2人、女性1人、参加する予定だった2人の女性は現れなかった、どうしてこないのか連絡をとった所、体の具合が悪いとか都合がつかないとかの理由をいっていたが、わたしには多分、いこうとは思っていたがやはりやっぱり止めた、そんな理由ではないかと思っていた。

それはかってのクラスメイトに懐かしく会いたいとは思うものの、現在の境遇が余りにも違い過ぎれば人は、やっぱり止めて置こうと考えるのでは、そう思うからだ。

どんな国でも半世紀以上経ってしまえば、おかれている状況は一変する、また暮らしている国によっても状況は変わる、社会的に成功して悠々自適の老後を送っている生活ならばそれでいいが、そうではない状況であれば会った瞬間にそれらの境遇の差が分かってしまう、それが嫌だから行くと言ってはいたが、当日になって心変わりをした。

フィリピン人社会には割り勘という習慣は見た事がない、多分あるのかもしれないが金は持っている人間が払う、それが当たり前だという感覚があるようだ、これは以前私夫婦が結婚して何年もたってからフィリピンに行った際、親戚が集まって歓迎会をやってくれたが、結局その費用も私達が払った、特に海外で暮らしている、それが日本とかアメリカ、カナダだとになるとどうやら金持ちだとみられるらしい。

私も妻の夫として彼らにロビーにて挨拶はしたが、一流ホテルのレストランで昼食をする客には悪いが見えなかった。
ただ、ホテル滞在客にはそのゲストに対しては50%の割引があるとのことで、結局、妻がかってのクラスメイトたちをレストランに招待して支払ったが、後でこんなところで食べるの初めてだと、喜んでいたと語っていた。

こうやって素直に喜んでくれるのはいかにもフィリピン人らしくていいが、これが日本人であればそうはいかないと思う、逆に私が招待される側であれば多少忸怩たるものを感じるか、用事を作って帰ると思う。


私自身は学校も転々したし、最終学歴もお粗末大学中退、その為に同窓会なるもに参加したのは高校の時の一回くらいしかないし、そもそも特に会いたいクラスメイトもいないし、もはや名前も顔も覚えていない。

なので人生の一時期、共に学び青春を過ごしたのかもしれないが、定期的に毎年開かれる同窓会に参加するという気持ちは私には分からない。

だからと言って、同窓会そのものに異論を唱えている訳ではない、かって過ごした青春時代を懐かしむ、そして互いの元気さを確かめ合う、来年も元気でなあ、お前もなあ、いいと思う。

だが残念ながら私の青春にはそのようなものがなかっただけ、ただ、同じような良い時代を過ごしたとは言え、その時から過ぎた時間が長くなるほど晩年の生活には差が出てくる、よく聞く話、同窓会、毎年、名簿に従って招待状を送るも返事がない、参加者が減っていく、多分それは健康の問題だけではない筈。


妻の同窓会、楽しかったと言っていた、それは良かったと思っている。

ゲイは身を助ける。

2018.06.24.12:52

私は人種区別主義者ではあるが性差別主義者ではない。

従って朝鮮人や支那人と馬鹿な黒人は好きではないが、ゲイの人達には一切の偏見と差別は持たない。

と一席ぶったところで久々に記事を書いてみる。

今回の旅の始まり、2年振りにマニラに行った、友人とJKTVで待ち合わせ、,知っている方は知っている化けべそと年増しかいないK村というカラオケで待ち合わせた、だが彼の仕事が終わるのは11時半、8時にはその店に入ったがデブとみったくナシしかいない、親父と久々の話をし、しょうもない女の子と時間潰しをしていたが、そうしている間にその昔、通称ひろしさんと遊んでもらった事を思い出した。

この方の事は過去記事に沢山書いているので省くが、ある意味、遊びに使う金を綺麗に使う事を教えてくれた方でもあった、それはともかく、この方と行ったゲイクラブを思い出した、たしか、このK村の近くだった、店の名前は忘れたが店の古いおばちゃんがそんなお店近くにあるという、それでトライシカル(オートバイに屋根付き座席の乗り物)のあんちゃんにそこへ連れて行けと言って乗り込んだ。

例によってしこたま出来上がっていた。

で、まあ、いらっしゃい、てな掛け声に迎えられてその店にはいった。

吃驚こいた、美女、美女、先程の化けべそJKTVとはエライ違いであった。ただし、ママさんと紹介された人物は体はマツコで顔は瀬尾内寂聴尼が腐ったような顔をしていた、これは酷いと思ったが彼が席に着くわけではないのでよしとした。

余談だが、マツコは商売ゲイ、つまり、営業上でお釜の振りをしているがゲイの世界でいう本物ではない、かねがね私はこのような意見を持っていたが、東京で逢ったブログ関係の方と出来上がって行った新宿2丁目でそんな話になり、そこのお釜チャン達も同じような意見だったのには驚いた。



さて、私についたのはチイママと呼ばれた40歳位の綺麗なお姉ちゃんだった、彼女というかその昔日本でPPクラブ(フィリピンパブ)が盛んな頃は、女性として山形くんだりの田舎町にもホステスとして行ったとも言っていた。

この話は後日談があって、仕事上、田舎ヤクザに惚れられて寝る羽目になり、裏ワザ(素股)を使うも男だトバレてしまい散々な目に遭った、そんな笑い話もしてくれた。

このチイママ、誰かお店の女の子、指名してくれと言ったので、どうしようか迷っていた、それは皆綺麗な顔とプロポーションでどれも素敵なおんな揃いだったが、1人だけ、頭は坊主でその昔二宮デン助というコメデイアンそっくりの顔をした女の子(実は男)がお茶を引いていたのでその子を指名した。

こういう場合、私はへそ曲がりの部分があって綺麗なお姉ちゃんを呼ばない事が多い(笑い)

新宿2丁目系でもコメデイ ゲイバーにこのような化けべそ系のお笑いゲイ人がいるが、彼女は話も上手かったがそれよりも彼女のショー、これが最高に面白かった。

そのショーで彼女がメインで踊った、チャイナドレスで腰まで深いスリットが入っており、踊っていると中身が見えるという趣向、私はチイママとの話の中でこのお店の女の子で竿を取った子はいないと聞いていたので、実は心配していた。

その中身が見えた瞬間、それに吃驚した、それは正に女性自身だった。

ショーが終わり、彼女は席に戻ってきたので、どうやったの? 竿の先に紐をいわき、それをお尻側に引きあがけると正面からは全く見えない、それは私も知っていたが、ちらっと見えた女性自身はと言ったら、彼女はこれよ、と言って見せてくれた。

それは、精巧に彫られた女性自身に似せた刺青であり、おケケや色まで彩色されていた。
確かにステージの照明によっては、本物女性のストリップにも見えるショー、確かに洗練されている、顔は大宮デン助だが会話、英語も達者だし、面白いしショーステージ構成、歌も上手い、この店がショーで持っていると言った訳が分かった。

私は以前にゲイの世界に関して記事を何回か書いた事がある、ゲイといっても広義の意味ではレズも同性愛も女装も全て含まれる、また、究極的に体も作り変えて完全に心も体も異性になりたい人もあれば、そこまでしなくてもいい、あるいは筋肉隆々のマッチョ男だが少年が好きという所謂世間でいう変態野郎も含まれる。

ただ、女性化しない男性の多くが社会上はそれぞれキチンとした職業についており、美容師、芸術家、アーテイスト、中には弁護士や公認会計士もいる。

現に私のフィリピンの親友は美容整形外科の医師だった、医者になる前は俳優でその後医者の免許を取り、日本の有名病院で何年もトレーニングを積んでフィリピンに戻り開業、成功して今では金持ちになったが、日本修業時代は貧乏で私達夫婦がよく面倒をみた経緯があり、そんな事もあって今回もマニラで会った。

昔は自身がゲイであることを隠していたが、今はもう隠さない。


このようにゲイであっても社会的に成功している人間は多い、だが、そうではない人間もある、でも喰っていかなくてはならない。

又、多少の整形で見てくれ的にみられる顔になる場合はいいが、そうじゃない場合はどうするのか、??



そこで芸を身に付ける、そしてそれがゲイは身を助ける、なにか辻褄あわせみたいな話になったが、私がマニラのゲイバーで出会った人々は見事にその芸でゲイの世界を生きている人々であった。

このお店のシステム、飲み放題、指名料、なんだかんだ聞いたがよく覚えていない、とにかく、煙草がバンバン吸えて酔っぱらって騒いでいたが、支払は1人で行って一万ペソ近くだったように思う。
マラテの危ない地区にあり、一般観光客やまともな客にはお勧めしないが、阿呆な事をして騒ぎたいお客には面白い場所だと思う。


久振りに書いた記事が、なんじゃこりゃ、かもしれないが最近まともな批判をしても何か虚しさが先に立ち、記事を書く意欲が起きない。
プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR