FC2ブログ

我が家、売りに出しているが、その為の新しい動画が出来たので紹介したい。

2019.03.20.10:20



家を売りにだしてから1か月位立つが、まだ、売買契約までには至っていない、理由はいくつかあるようである。

今は冬の時期で中々見に来る客が少ない、つまり時期があまりよくない、価格の問題、これは不動産会社とも相談してある程度柔軟性を持たせ、交渉の余地があるという事にしてある。

いずれにせよ、とにかく早く売りたいということではないので、できるだけ良い条件でまとめたいと思っているが、その為にも新しいバージョンで動画を撮ってFBやその他ネット広告としても載せているそうだ。

因みにこの動画出でてくる男性は、妻の姪の旦那に当たる、アルテイガス クルーズ、動画のスタートボタンは彼の母でサンデイといい自身で不動産会社を経営し、息子に不動免許を取得させ、私達の家の売買は彼の不動産ビジネスの初仕事になり、そんな事もあり張り切って頑張ってやってくれている。


今回、カナダで初めて自宅を売りに出す事になったが、その過程で色んな事があり、少々煩わしい思いをすることになったのだが、それは、家を見たいという客の為に常に家の中を綺麗に保っていなければならない事、客が見に来る、その連絡がある度に家を空けておかなければならない事、また、日曜日にはオープンハウスと言って一日に何組もの客が来るので一日中、自宅を空けておかねばならない事、自分の家なのに相手の都合で出たり空けたり、、、、、

この事は私達夫婦が今、次の住み家としてコンドミニアムを探しているが、これも同じように見学しにいくと留守をしてくれている家が殆ど、つまり売る側は同じような思いをしていることが分かった。

確かに、家を見にいって家人がいるのに、ここがどうだろうかとか、ここは駄目だとか言えないし、聞く側もそれは嫌だとおもう。

早く決まって新しい生活をスタートさせたいと願っているが、さてどうなるか。
スポンサーサイト

ブログの在り方。

2019.03.18.02:26

先ず、私の書くブログ記事にコメントを下さった方々にお礼を申し上げます。

記事の内容上、なかなか表コメントを出し辛く従って裏コメントが多い状況はよく理解しています(笑い)

折角裏コメントでの内容、個々には返事がしにくいのですが、内容はよく理解させてもらっています。いずれにしましてもこの紙面をかりて お礼申しあげます。

又、拍手欄からのコメント、同様に有難く読まさせてもらっています。

そして、裏コメントの方の何人かの人から似たような質問がありましたので、私の分かる範囲で答えたいと思います。

BBさん、トド子さん情報。

私はBBさんについてはよく知る立場にありますが、この方が書く記事、良く調べられ文章も練られていてその意味では素人ではありません。ただ、あまりにもその記事内容によって批判や過剰反応がある場合、逆に何の反応もない場合、書き手としては無力感を感じる事が多少増えて来たのではと感じています。

その意味では私のようにリタイアした老人の暇つぶし記事ではありませんし、趣味や特定のジャンルに絞ったカテゴリーでもありません、ご自身ではきちんとした職業をお持ちの方です。

記事上、時々、ブログからの撤退や配信を減らす等の記述がありますが、基本的には書く事と批判精神が強い方なので、ブログ自体が無くなるとは思えません。

トド子さん、この方のブログも現在休止中ですが、この状況は過去にもあった事で、その内にいずれ再開されると思っています。
多分、本業で忙しいのではないでしょうか。

この方も文筆家、ジャーナリストとしての職業をお持ちで第一線で活躍されています、ただ、ある部分私と同様、文章内容に過激な部分もあり誤解されがちですが、基本的には弱者にやさしい感性の持ち主、素敵な方です。


ただブログ全体でいえば、私が好きだったブログのいくつかが休止中であったり、閉鎖になったり、いわゆるブログ自体の残骸化しているようなブログが多くなったような気がしています。

これはブログを長くやっていれば誰でも起こりうる現象で、無力感だったり、書く意味がなくなってきたり、また健康面、メンタル面での問題も出てきます。
私的にはブログは書きたい事があるから書くと思っています、従ってその意欲がなくなったりすれば、休止になったり、閉鎖でも致し方がない、それこそ個人の自由、その上でまたその時がくれば再開すればいいだろうし、そのような形でいいと思っています。

私は過去記事で、色んな方のブログをその方の了解も得ないまま勝手に紹介した事がありますが、それは自分にはない文章だったりまた深い洞察力だったり、そして専門知識、博学であったり、このブログはもっと世にでるべきではないか、そんな思いからそうしましたが、場合によっては余計な御世話だったかもしれません。

ただ、世の中には完全に妄想と基地外脳によって記事自体が破錠していて恨みによる個人攻撃などに偏っている記事もあります
例えば、でれでれ糞、伏見顕正、今や落ちぶれて見る影もないブログですが、それでも一定信者がいるようですが、いずれ消滅していくでしょう。

私も最初にブログを始めた頃は過疎ブログでした、しかし、私はその事自体、あまり気にしていませんでした、それはブログ自体が人生晩年の記録であったから、、、、、今は多少、その路線が脱線しがちですが(笑い)

ブログとは続ける事に意味がある、それはそう思う方もあるし、そう思わない方もある、そしてそう思わない方は書く事がなくなれば止めてもいいし、書く事がまたあれば再開してもいいし、自分の記事が読み手からどう思われようがいいと思えば、そう言う書き方になるし、あるいは自分の主義主張を世に知らしめたいと思えばそのような方法を取ればよい。

要はブログ記事とはその書き手のものであり、それ以外何物でもないということに尽きる。

長い間ブログを続けていれば、残念ながら鬼籍に入られた方も何人かいる、お目にかかって交流を深めた方もいる、ブログで出会っていなければ一生縁がなかった方ばかり、会ってみるまではこんな方がこのように素敵な文章を描いたり、こんな素敵な歌を詠まれる方であったのか、あるいは、独学であっても専門の歴史学者顔負けの鋭い歴史認識を持っていたり、独特の文章と音楽を使って癒し豊なブログ構成、また、ハチャメチャではあるが晩年の悲しくも愛おしい、そして切ない男と女の情愛を綴ったりする方が実はお茶目な関西女性であったり、驚きの連続でした。、

これらの事は実際にお目にかからなければ分かり得ない事だった。


私の命もそうは長くないが、続ける条件が整っていればこれからもしょうもない記事ではあるが、続けたいと思っている、また、ブログ交流の上で是非一度お目にかかりたいと思う方も何人かいる。

今年も時期は定かではないが一時帰国する予定、こんな爺でも会ってやってもいいよ、そんな奇特な方があれば有難いとおもっています。

お呼びでない、そう言う事もあるでしょうね、それはそれでしょうがないと思っています(笑い)

ピエール滝、コカイン吸引で捕まる。

2019.03.14.11:31

別に擁護はしないが馬鹿である、厚生省の麻薬Gメンや警察が躍起となって特に芸能人を狙い撃ちにして麻薬関係事犯を検挙するのはそれだけの効果があるからである。

今回のピエール滝のコカイン吸引も恐らくタレこみから始まっていると思われる、それが仕入れ先なのか、コカイン効果で女と遊んだが金の支払いで揉めてその女が歌ったのか、仕入先のチンピラが歌ったのかは捜査情報としては出せないだろうが、何年もかけてターゲットとして絞った捜査対象者ではない筈。

麻薬、確かに法律論でいえばやってはいけない、だが、現在覚醒剤、通称シャブと言われる化学合成麻薬はその昔はヒロポンとして広く使われていた、作家の徹夜原稿、麻雀プロ、竿師の女繋ぎ、軍では特攻隊員の戦意高揚に使われていた。

朝鮮反日売国企業のロッテが、進駐軍のチューインガムを製造して一躍菓子メーカーとして歩み始める前は新宿にあったボロ工場でヒロポン、シャブを作っていたのは知る人ぞ知る秘密であった。

麻薬の括りで言えば大麻、これは私の住むカナダでは合法の地域が増えてきた、また、ヨーロッパの国、特にオランダ当たりでは大麻以外でも合法な地域が増えてきた。

薬物中毒者、いったん薬物中毒者になればそこから抜け出すのは非常に難しい、それが鎮痛系だろうが興奮系だろうが薬物依存度が高ければ高い程、それを得るために犯罪まで犯す。

実は私もその昔、、、、、、過去記事で検索してもらえばその時の記事が出る筈、ま、やったが私には合わなかった、それは私のように大酒飲みには効かない事が分かったからである。

大麻、これは鎮痛系麻薬で極端にハイになる事はない、ヘロインも同じような効果だが、シャブとコカインは興奮系麻薬、極端にハイになり矢でも鉄砲でも持ってこい、怖いものはない、性的にもスーパーマン状態になる。竿師小室なんか目じゃない(笑い)

だが、コカイン系は価格が高い、純度が高いコカインは貧乏人には買えない、その昔ニューヨークの42番街のポルノ映画劇場のスクリーン裏で黒人が売っていたのは、混ぜものを一杯入れた煙草のようにして吸い込むスピードと飛ばれた代物、、、、、

一方、そこそこの金持白人はスノーと呼ばれるパウダーを鼻から吸いこんでいた、ピエール滝が韓国紙幣を筒状に丸めて吸っていたやり方、これは粘膜から吸収するやり方、よく効くそうだ。

一包が何百ドル、貧乏人には買えない。

カナダのテレビ局でボーダー、セキュリテイという専門チャンネルがある、空港、国境、に専門の係官をおいて銃器の密輸や麻薬を取り締まっているのだが、とにかくありとあらゆる方法を使って密輸してくる、ビニール袋に小分けしたコカインを多量に飲み込んでくるもの、女性でいえば膣に入れて運ぶ者、車で国境を超えるものはガソリンタンク、タイヤの中、そうやって全ての者が捕まる訳ではないのでもし、上手く密輸が成功すればそれこそ何億の稼ぎになる。

日本でいえば覚醒剤、シャブはそのほとんどが北朝鮮産である、北朝鮮の3代輸出品、覚醒剤、スーパーK高額アメリカ偽紙幣、これは日本で開発された偽札を見破る機械も見抜けなかった程の精巧さ、そしてミサイル技術、

だが最近、日本の裏稼業組織もどうやら警察の締め付きがきつくて麻薬はご法度らしい、だからピエール滝がどこからコカインを手に入れたのか、警察にとっても今や重大関心事だと思われる。
恐らく日本のヤクザ経由ではないだろう、。

正直言ってこのピエール滝という俳優、好きだったが、おそらく懲役2年、執行猶予3年、位の実刑はくらう筈、それに加えて契約上の仕事キャンセルや放映不可など損害賠償も多額になる筈。

しかし、馬鹿だったとは思うが、世間やマスコミが一斉に袋叩き状態で偉そうに、そういう叩く側、お前らなんぼのもんじゃ、、、、、
誰にだって大なり小なり依存症というか中毒はある、私の場合はアルコール依存症、他でいえばギャンブル依存症、ネット依存症

その境がどこなのか、それは明確な境はない。

誰もが正義面して麻薬はいかんと叩く、確かに法律違反、であるいじょう捕まるのは当然だが殺人や強盗なのど凶悪犯ではない、ある意味見せしめ的取り扱い、いつもこのように芸能人や有名人が薬物中毒事件で捕まる度に思うのだが、どうせ狙うならもっと大物を何故狙わない、まあ、警察も色々と忖度が働く働く事もある。

要は何が言いたいかというとそれは報道の在り方、現在まともな新聞社やテレビ局もないしそれらの支配下にある記者連中、自身社会正義に燃える記者などもういない、それぞれの記者クラブ情報や警察情報が頼りのマスコミ報道、ある意味報道の中立性など無いに等しい、だが多くの能天気日本人が報道されている事が真実だと思わされている。

その昔、マスコミ記者はその道の職人だった、だが今は所属する体制のサラリーマン、上がそういう意向なんだからそう書け、現場もではそう言う事でなんて体質、ある意味しょうがないのかもしれないがそれを良しとする世間と世論、情けないというしかない。


さて、合法かどうかは別にして基地外雅子が東宮医師団1人のお抱え精神科医師、大野の調合した強い精神薬でハイになり瞳孔が開いて爛々として大はしゃぎ状態、これだって立派な薬物依存じゃないのか!

スキーは行くわ、屁はこくわ、爆喰いはするわ、ヒャッハー、ワイはもう直ぐ皇后じゃ、文句あるかい状態。


で、薬が効いている場合は祭祀やりまっせ、皇室行事でたろうやないかい、薬がきれた場合は体調の波であきませんのよ、でも白人王族や海外VIPには出る、アフリカのしょうもないクロんぼ要人には再び体調の波、あるいは何とか叙勲のしょうもない爺なんかには爺はどうでもええがな、皇室奉仕団は無視。


詐欺仮病に上手く使っている精神系麻薬の一種、こっちの方が問題ではないのか、!!!





いい気なもんだよ。

2019.03.12.07:19

昨日、今日とNHK番組、東日本震災から8年の番組を見ていた。

復興といっても復興住宅や津波被害にあった土地のかさ上げは9割位は既に完了したとある、だが、津波に耐えた建物でも一階が津波被害にあったり床上浸水にあった住宅などはもう人が住める状態でなかったり、補修費用も打ち切られたり、そんな年寄たちのこれからをどうするか、あるいは原発避難区域にある住宅は取り壊し、また、被災者住宅も居住が打ち切られたりで、まだまだ被災者たちの苦悩は続いている。

又、それぞれの被災地から各地に避難した方達、生まれ育った故郷へ帰る方達も約2割にとどまり、かってあった故郷の賑わいももうない。
老人達は行き場を失い、友はいなくなり地方にあったコミニテイは崩壊し、孤独死する老人達が毎年のように増えているという。


この平成になってからの自然災害の多さとその被害の大きさ深刻さ、これは運が悪いとか自然災害だからとか、単にそれだけの事だったのだろうか。

はっきりいうがこの厄災の全ては明仁と美智子による皇室の禍からは発している。
初の民間からの入内、自分で育てるナルちゃん憲法、開かれた皇室、それを良しとする当時の勢力、その延長が現在の皇室のロクデナサ、くだらなさ、皇室は日本国民と共にあるという偽善、八百万の神が怒るのは分かる。


災害の話に戻るが、災害被災地支援活動を続けてきたコロッケがゲストとして語っていた、その中の話として本気で被災地や被災者の事を支援するのであれば、それは本気で覚悟を決めてやらなければ意味がない、中途半端な気持ちでやるならむしろしない方がいい。
この言葉は心に突き刺さった。

避難している体育館、段ボールで仕切った板の間に暮らしている何百人の人々、そこにお見舞いと称して役人や警護の者をぞろぞろと引き連れて形だけのお見舞いの天皇皇后一行、そういう似非、偽善のご慈愛のパフォーマンスを一体何回見せられたのか、アテクシ達がやってきてあげましたのよ、大変でしたね、頑張ってくださいね。

明日をも分からない被災者達に一体何を頑張れというのか、

今上天皇が即位してからの平成、国民と共にあると言いながら、皇室祭祀や行事は簡素化、その多くは宮内庁役人に丸投げ、国家国民の安寧を祈る、そんな話は二の次で公務といえば鑑賞、徘徊、謝罪三昧だった平成の皇室、挙句の果ては老齢の為に天皇としての役目が果たせ無くなる、だから辞めたい、そんな理由で憲法違反の生前退位、要は盆暗ナルに天皇職を継がせたいだけの我がまま。

もう直ぐ天皇の我がままで天皇は上皇、皇后は上皇后、そして広飲み屋ナルが新天皇に即位する、そう決まったからには異議を申し立てても意味はないが、だが先の広飲み屋皇太子の記者会見を見て、一体この男は新天皇として相応しい人間なのかつくづくあきれ果ててしまった。

常に国民に寄り添い、国民とともに、何という空虚な言葉か、自分の女房も管理できずやりたい放題、サボリ放題なのに、何かあれば雅子が愛子が、バンに乗れば貨物席が定位置、口を開けば雅子の様態は少しずつですが快方の兆しあり、今暫く見守って頂きたい、それがもうすでに十何年、そして相変わらずの皇室行事欠席、だがしかし、静養は絶対に行く。

もう直ぐ新皇后になる、と言っても相変わらず皇太子一人での公務で雅子は欠席で出てこない、美智子皇后の雅子に対する新皇后になってからのお言葉、雅子さん、やりたくない事はしない、無理をしない、そのような新しいスタイルの皇后像を作っていいのよ。
元は粉やの見て子、何を言っている、あんた達の特別待遇は全て国民の納めた税金で成り立っているのだよ、あんたらが好き勝手、贅沢にどうぞお暮し下さいと払った金じゃないんだよ

確かに地位は人を作るという場合もある。その場合はその地位についた本人が努力を重ねその地位にふさわしい人間になるように精進を重ねた結果であり、はじめから薄ら盆暗、能天気な人間には当てはまらない。

同様にどこの馬の骨の出自か分からない女で、学歴詐称や何の嗜みも持たない精神病を病む女にそれを求める方が無理があると思うが、日本の多くの国民にはそのような情報は伝わらない。

日本のマスコミは書かないが、広飲み屋ナルと雅子は海外の王族からはナルは知障、雅子は基地外として知られているがそれを公にしないだけで実態は皆分かっている、それは身近にいる宮内庁の女官も役人も政治家の多くは知っている筈、だがそれは決して公にはされない。

私は基本的には天皇制廃止論者ではない、だが、日本という国がその象徴から含めて笑いの種になっている、それは受け入れられないし、国内の多くの日本人がただ天皇様、皇后様と何の疑いもなくその権威を受け入れている現実、まさに能天気、阿呆さ加減に呆れている。


一般的に言えば明仁、今上陛下、その血筋に生まれただけの人間、その嫁、GHQ占領下の日本の食料政策の1つアメリカ産の小麦をどう展開するか、そこに日清製粉の正田美智子があった。

明仁と美智子、そこに生まれた広飲み屋ナル仁、生まれた時からの盆暗知障、すぐに狙われた、カルト宗教勢力、海外、朝鮮や中国、結果半島系、部落系ミックスの雅子が並み居る上流系お嬢様を押しのけて皇太子妃候補として突如浮上、その時の謳い文句が、ハーバード大、東大出の才媛、3か国語話せる外務省の外交官候補、童貞ナルがそれに嵌り、雅子さんではいけませんかとなり、それがもう直ぐ皇后。

そして、天皇曰く、美智子はナルの血統に継がせたいようだと、事実上の女性天皇を容認発言、だが愛子さんは自閉症の障害児、雅子、盆暗ナル、竿師にやられた眞子さん、どいつもこいつもいい気なもんだ。

NHKは東日本大災害8年目の特別番組をやっている、、、、、だがもう一方で皇室のロクでなさ、下らなさ、出鱈目さ、いい加減さ分かっているのにやらない。

これって大多数盲目的皇室尊敬シンパ信者が死ない限り続くのだろうか、だとすればもう日本は終わった国になるのだろう。

皇室系占いによればもう直ぐ即位する徳仁新天皇の寿命は短いとある、その根拠は内臓系疾患、泌尿科系疾患、脳タリン疾患、まなんでもいいのだが、長生きするよりは早く死んだ方が日本国の為にはなる。

身長158センチ、安物カツラ着用、10センチ踵ハイヒール靴着用、尿漏れカテーテル着用、雅子命、判断力なし、見るからに馬鹿、これが次期我が国の象徴天皇、さて即位した時、どのくらいの阿呆が万歳をするのだろうか(笑い)

何が水の総裁だ、自分の小水もコントロールできないのに笑わせるではないか、!

追記
盆暗ナルの即位に伴っての元号、学者や政府関係者が色々と協議しているらしいが、この薄ら盆暗と基地外雅子が即位であれば元号なんて簡単だろう。

新元号、静養、又は欠席、これしかないだろうし、これなら国民も成程と納得するはず。



不動産屋。

2019.03.02.09:19

その昔、不動産屋は千三つ屋と言われた時代があった。

それは不動産屋という商売は色んな美味い話をするが、その中身は千に三つくらいしか本当ではないという事からきている。

アメリカ大統領のドナルド、トランプは元々はその不動産屋上がりの大統領である、根っからの政治家ではない、従って政治家としての大統領としてみると嘘は言う、女は好きだと公言するし、多少の批判は屁でもないし、ある意味アメリカ歴代の大統領から見れば異色と言ってもいい。

先日、NHKの特別報道番組、北朝鮮の金正恩委員長とアメリカのトランプ大統領、ハノイでの第2回、米朝会談の生中継を見ていた。

先ず感じたのはトランプ、とにかく北の刈り上げ君に盛んにヨイショをしていた、この会談でもしかしたらトランプが功を焦るあまりしょうもない譲歩をしてしまうのでと世界で危惧されていた、実は私もそう思っていた。

個別会談、そして拡大会談、いずれも談笑ムードでこの会談は成功で形だけでも上手くいくのでは思われていたが、まさかのちゃぶ台ひっくり返し、これは合意に至らなかったというよりは交渉決裂といったほうが正しい。

流石、元千三つの不動産王、上手い事、相手に調子は合わせたようでそう簡単には乗らなかった。

実はこの会談の前、アメリカのテレビ局による放送で、トランプ帝国というドキュメンタリー番組をやっていてそれをずっと見ていた。

父が始めた不動産業をアメリカの不動産王までなったトランプの事業の軌跡とそれにまつわる数々の問題やスキャンダルが満載のドキュメンタリーであった。このドキュメンタリー番組でトランプに関わった人間のインタビューが沢山あったが、トランプを糞味噌に言う人間がいてもトランプを褒めた人間は少なかった。

アメリカではやり手の商売人でテレビの番組であんたは首、そんな事で有名ではあったが、アメリカ大統領選挙で共和党から出馬した時は泡沫候補で誰もが当選するとは思っていなかった。

だが、彼が掲げた公約にアメリカの下層階級白人が支持をし始めた、今まで誰も見向きもしなかった白人労働者をターゲットにした、またアメリカの白人保守層にもうける公約を掲げた、そしてアメリカファースト、的を得た公約だった。

私は個人的に言えばこのトランプ、ろくな人間ではないとおもっているし、けっして清廉潔白な人物とは思っていない、ただ、似非ではないと思っているし偽善家ではない。

このトランプの側近弁護士が下院のロシア疑惑公聴会でトランプに対しての証言があった、この弁護士も偽証罪で有罪とされているがそれにしても彼のトランプに対しての個人攻撃は酷かった、ペテン師、嘘つき、ロクデナシ、と中傷満載であった。

しかし、司法取引で多少の温情措置があるとは思うが、,かっての側近で雇用主でもあった相手に秘密はばらすし罵倒、中傷、弁護士という価値を下げた、今後、弁護士を雇う、躊躇う人間も増えるのではと気になった。

早速、トランプ嫌いのCNNが連日テレビ番組で喜んで糞味噌に攻撃していたが、元々、トランプ自身がこんな事で堪える人間ではないと思っているのでま、何とかするだろうと思っているが、もしかして2期目の大統領選挙では苦労するかもしれない。

仮に2期目がなくなったとしても全米では金持ち階級であるし、歴史上、記憶に残る大統領になるし本人もそう思っているのでは、だからそうなればしょうがない、本人も以外とさばさばしているかもしれない。

いずれにせよ、今回ハノイでの米朝トップ交渉、決裂してしまったが、これで良かったと思っている。

ロシア、中国、そして北朝鮮、日本を取り巻く国が核ミサイルを持っている、世界にも核保有国がいくつもある、いずれイランも持つであろう、いったん核を持ってしまえばこれは強い、事実、しょうもない貧乏独裁国家の北朝鮮がアメリカと堂々と交渉できるまでの国になった。

だから北朝鮮が非核化なんていったとしても一旦持った核を絶対に手放さない、当たり前の話、そしてアメリカの本音でいえば北朝鮮がアメリカを核で攻撃さえしなければ後はどうでもいいのである。

逆に言えば核を持たない国家は舐められる、脅される、虚仮にされる、正に今の日本がそうであるし、さらに日本は憲法の縛りがあって相手国からの攻撃を受けてからでないと反撃できない軍隊である。

強盗に入られて、刃物で刺されてからでないと相手に対しての防御が出来ない、防御が遅ければそこで死んでしまうという話、となり近所といえば入った強盗の親類が住んでいる、何じゃこの状況は、てな話。

もっといえば仮に日本が北朝鮮や中国から攻撃や侵略を受けた場合、アメリカが本気で日本を守ってくれるかどうかは分からない、こんな阿呆みたいな憲法を持っている国は世界広しとはいえ日本だけで、それを日本の基地外左翼は平和憲法があったからこそ日本は守られてきたなんて阿呆信者みたいなことを言っている。

まあ、馬鹿につける薬はないというが、一辺痛い目に合わなければわからないのであろう。

一億総お人よしと言われる日本人、ある意味危機意識がない、皇室は出鱈目いい加減でもう直ぐ箸にも棒にも掛からぬ盆暗が即位するし、それでも多くの国民が歓迎とある、また、日本の社会の各層に朝鮮人が入り込んでやりたい放題である。

ネットでは以前に比べて少しずつではあるが、これらの現状に覚醒した方が増えて入るが、全体でいえばまだまだ少数派、そう考えるとこの先日本はどうなってしまうのか、心配である。

プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

このブログで書かれた記事とコメントの転用を禁じます。
違反した場合は法的手段を講じます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR