更新に四苦八苦。

2016.05.16.17:16

今回、PCを持ってきたものの自宅はつなげないし今日は東京の銀行に行った際、近くのカフェでWIFIが使えると聞いて行ったが、パスワードを登録しなければならないときた、外国に住んでいるのにそんな事が出来るわけがない、しょうがないので漫画喫茶のインターネットで金を払って記事を更新してる。

マニラでは前回更新の後、色々事件があったがそれは又、後でゆっくり書きたいと思う。

今日は池袋のパルコにある帽子専門店にいって紳士物のフェルトの中折れ帽子を買った、持ってきたスーツに合わせる為である、
でもやっぱりいいものは高い!!
1万5千円もした、でも色々と相談にのってくれたかわいい姉ちゃんが、おじ様素敵よ、といってくれたのでよしとする(笑い)

濃いグレーで羽根飾りをつけて格好いい!!


日本に帰ってから、毎日自分で買い物をして旨いものを食っているが、さすがは日本、やはり食い物は旨い!!


今日はこんなところで終わり。
スポンサーサイト

とにかく、暑い。

2016.05.09.11:16

この記事は現在滞在しているナイトブリッジ、タワーコンドウにあるライブラリーで記事を更新している。

カナダのピアソン空港から日本に成田空港まで13時間、そして乗り継ぎで1時間半、成田からマニラ空港まで4時間、合計18時間半、とにかく、疲れた。

マニラ、現在、真夏、温度は平均35度、暑い、おととい人と会うのでマニラホテルに行った、ここには隣の大きな催し場があって今回の大統領選挙の最後の演説が書く候補者によって行われ、その支持者達の同委員が会った、ホテルも会場も人、人、人、それでなむとも暑いにのにすごい熱気であった。

このような状態なので大統領選挙が終わるまで、酒類の販売禁止は続いている、勿論バーもホテルも酒は出せない。これは酔って熱くなり暴力事件や殺人事件が起こるからである。さすがフィリピンといえばフィリピンらしい。

さて、今回、フィリピンで会いたかった人と会えた、トロさんという方、彼、フィリピンに住む在留邦人の方の間では結構有名人である、勿論ブログをおやりになっていることもあるが、その大きな理由はとにかく大きい人だった、191CMといっていた。

彼と2件のJKTVをはしごした、同じ系列なんだが知っている人は知っているKIMURAのマラテとバクララン、たまたま、彼がバイクできていたこともあって次の店に行くとき、彼のバイクに乗って行った彼の大きな背中に抱きついて乗ったが初めての経験で面白かった。

彼も男でそれも爺イを後ろに抱きつかせて乗せたのは初めてだったと思う(笑い)

ま、とにかく良く飲んだ。

早速、調子が悪くなり蕁麻疹が体のあちこちにでて参った、薬局に行って薬を買って飲んだのですこしよくはなったが,相変わらず阿呆な私である。  


今回PCを持ってくるかどうか迷ったが、結果的に旅の途中でも更新することが出来、良かったと思っている。

では。

5日に出発、約一ヶ月ちょっと留守にする。

2016.04.30.22:38

5日に出発、フィリピン、日本、日本も大阪、北海道、時間があれば台湾にも行ってみたいと思っている。

こうやって長い旅行ができるのも後何年かだろう、今のところ、まだ下流老人にはなっていない、有難い事ではある。

フィリピンではフィリピン人の古い友人やネットで知り合った在日本人や妻の従弟らと会う予定、現地情報によれば相当暑いとのこと、そういえば5月、フィリピンの真夏であったが、私の場合、暑さには耐えられるが寒さには弱いという体質なので、多分、大丈夫と思う。

大阪に行くのはネットで知り合った御婦人の何人かに会う為、北海道に行くのも同様な理由何だが、実はもう一つ、大事な理由がある、それは私が死んだ後の散骨場所を確定しておく為、以前にも書いたが私の生まれは北海道、夕張市、育ったのはその夕張市の清水沢という町だった。

夕張市、最盛期の頃は人口12万、それが現在は9千人を切ったとある、もう市として破産しており、死んだも同然、年寄ばかりの過疎地帯になってしまった、そんな訳で私が育った街並みはもうない、ただ、家の前を流れていた夕張川、多少の変化はあるかもしれないがきっと昔の面影を残して流れていることだろうと思っている。

私の遺骨、この川に流してもらいたい、その為に場所を決めて地図として遺書に残しておきたいと思っている。そんな訳でこの北海道、訪問、きっと最後の旅になる。

人は生まれは選べられないが、人生の最後は頑張れば何とか自分の始末は付けられると思っている、ただ、突然の事故や極端に早い進行癌ならばしょうがないが、寿命があっての晩年であれば自分のすきな形で死を選べる。

私には子供がいない、従って子供に残す物もない、私が死んでも妻が生活に困る事もない、もう妻と共同で遺書も書き上げている。そんな事もあって、私が死んだ場合、葬式も要らないし、墓も要らないと言ってある、ただ一つ、骨は散骨として生まれ育った日本の故郷に撒いて欲しいとだけ、伝えてある。

万が一、私が事故や重い病気でもうそう長くないという場合、絶対に延命措置はしないでほしいという事も言ってある、まあ、死ぬ時も我がまま親父で死にたい、そういう事なのだが(笑い)

今回の旅でネットを通しての縁で何人かの方と会うという話を書いた、だが、これらの方で場合によっては一期一会になる方もあるだろう、それは私が住んでいるのはカナダ、元気な内は1年に1度くらいは日本に帰られるが、なかなかそうもいかなくなる。

今回の旅、私はカナダのパスポートで入国する、日本でレンタカーを借りる為に国際免許も取った、そんな訳で身分的には外国人である(笑い)

さて、どんな旅になるか、楽しみではある。



追加記事として

今でもウエブ上では、私が愛読していた何人かの方がたのブログがそのまま更新もされないで長い間放置されている、これはブログ主が突然の死でそのまま放置された結果だが、これは私がいうブログの残骸である。

私のこのブログは通っている教会の牧師にお願いをして作ってもらったものである、そして彼にはもう一つお願いしていることがある、それは私が万一、死んでしまった時には彼の手によってこのブログを跡形もなく、消滅させて欲しいと。

従って、このブログにアクセスしようとしてこのブログがPC上でもはや存在していない時は、私が死んだと思っていただきたい、何のお礼の言葉も残せないが、あらかじめ、お礼の言葉と同時にお知らせしておきたい。

愛しの雅子様、第2弾。

2016.04.28.22:31

天皇皇后主催の春の園遊会、終わった。

基本的な話なんだが、こうやって続いてきた園遊会とは一体何だ?

私の理解するところでは、日本の各界、各層においてそれぞれの分野で活躍した、頑張られた、業績を上げられた、それらの方に皇室、皇族を代表して天皇皇后がそれらの働きに感謝の意味で園遊会に招待、歓談される場であったはず。

所がある時期からこの園遊会、美智子皇后が実質的な仕切りをし、その影響で一体、園遊会は誰の為に行っているのかという本来の目的から明らかに逸脱してしまった。

この園遊会に招待されたお客様から見れば、人によっては一世一代の晴れ舞台、それぞれの装いをこらし、そして誇らしげに参加する、名誉でもあるし誇りでもある場である。

それをお迎えする側、特に女性皇族には日本人であることの象徴、綺麗な御着物で登場して頂きたい、そのようなお姿を見たい、お客側からみれば当然である。

それがある時からドレスコードなるものができ、それを美智子皇后指示のもとに行っているとある、その結果、美智子皇后自身はお皿と言われるゴム紐をつけた奇妙な帽子を被り、そしてこれも奇妙なデザインのマント服をまとい、おまけに死体色のストッキングをはき、見せなくと良いガニ股足をさらしている始末、

何故、このような皇室主催の園遊会において伝統の着物姿ではなく、女性皇族全てに洋装を強制するのか、これは美智子皇后が雅子様が御着物が着られない事に配慮してそうさせたとある。

今回、先の秋の園遊会と同様、雅子様が十何年振りのお出ましとなった、これについても、あたしゃこったら園遊会なんか、出たくねえ、と、長らくおほざきになっていた雅子様に対して、美智子皇后は、雅子ちゃん、いいのよ、顔だけ見せてあげれば客は喜ぶのよ、会話なんかしなくてもいいから、でも体裁もあるからちょっとはあるいてね、と言ったかどうかはともかく、そうなった。

又、美智子皇后自身は普段、お1人ではスタスタ歩くくせに陛下と一緒の場合に限って、陛下の腕につかまりアテクシは陛下なくては歩けないのよ、そういうアピールをなさる、
アテクシは慈愛の美智子、聖母マリア、皇室のマザーテレサ、日本国民の母    ホンマかいな?

つまり、美智子皇后の頭の中では園遊会とは、アテクシの仕切りで、アテクシが主役の行事であって、招かれたお客はどうでも良い、そういう事になる。

結果、陛下は弱い痴呆で意味もなくお笑いになり、息子は土ケ色の顔をし股に小便染みをつけながら薄ら笑いを浮かべ、ただただへらへら笑いで全く意味のない会話をする、そしてその息子の嫁は大量の薬を飲み目だけは異様に輝くが挙動不審状態、一刻もその場からどうやって逃亡するか、それがもろ分かり。

私も記事にしたが、多くの皇室批判ブログに載った雅子の決意のお出まし、20mのお歩き、客にもてなす為の極上ジンギスカン肉をかっぱらってわずか10分で逃亡の記事、さて春の園遊会はどうなるか、と思っていたら、やっぱりやらかしてくれました、その意味では期待を裏切らない皇太子妃殿下であった(笑い)

私、このような妃殿下、大好きである。

学歴ロンダリングでもいい、入内時、処女ではなかったでもいい、徳仁殿下を色仕掛けで一生全力でお守り致しますと言わせてもいい、酷いアトピーでクジラミアでもいい、風呂が嫌いで臭くていい、精神病で基地外で薬中でもいい、適応障害で宮中祭祀や公務は出来ないが、ご静養で行くスキーでは一日滑れる体力があるのにオカシイもいい、昼夜逆転生活で喰っちゃ寝、喰い過ぎて大量の脱糞で便器を壊すのもいい、喰い過ぎて体が河馬になってもいい、水俣水銀イタイイタイ病を起こした爺さんにおじいさまは悪くない、と言ってもいい、顔を税金で整形してもいい、英語が話せなくてもいい、皇太子がしょうなもない事を言って灰皿をぶつけるのもいい、逆転生活で真夜中に徘徊、タヌキを捕まえて喰ってもいい、夜中に女官に即席ラーメンをつくらせるもいい、お誕生日記者会見でクワガタクワガタと訳の分からぬ話をするのもいい、後、なんだ(笑い)

とにかく、いいと言う事があり過ぎて書けない。

まあ、あれだ、一番いいのは全てを許すから、早く逝っておくれ、愛しの雅子様、それだけが爺のお願い、私のお願い聞いてよね、昔,そんな歌詞の歌があったような? 歌の題名を忘れた。

1461739140166s.jpg

今回の逃亡劇、この様子動画でも見たが、とにかく挙動不審、きょろきょろ、右往左往、報道ではお客様1人1人に御挨拶とあったがなんかわからんがへらへらと頭を下げていただけ、この写真の後、すぐ、待たせていた護送車で逃亡、今回、何をかっぱらったかは不明である、お召しになっていたスーツ、島村製ではないかという指摘もあるが、?

写真にある青い色の服の女性、動画では必死になって雅子様を誘導していたが、この誘導が下手かどうか、雅子様はパニックになっていられるご様子、一刻も早くこの場か逃げたい、そんな様子がありありだった。

あるいは肉体的緊急時だったかもしれない、
考えれられる理由のいくつか、
お小便が出そう、お大便がお下痢で漏れそう、クジラミアでオマタが痒い、おかっぱらいになった物を早く持ち帰りたい、大食い便秘でお屁が出そう、もしそこで放屁すれば毒ガスが出て死者がでるかもしれないとの焦り、などなど、、、


まあ、お暴れにならなくてよかったが、もしかして来年の園遊会ではお頭の回線がショートして自爆テロを行うかもしれない、それを思うと式部職職員ではなく、精神病院の屈強な介護員の方が良いかもしれません、もうインチキ医師の調剤するドラッグも効かなくなっているのだろうと思われる。

012c648c5a82d8e3fb79d2ea6cd41cf2.jpg
愛しの雅子様、トンズラ3秒前、護送車及び、護送担当式部職員待機中、ナル殿下も訳が分からずお辞儀、皇后陛下のお言葉、雅子ちゃん、御苦労さま、頑張ったわねえ、オホホのホ、共に出自が同じ同胞愛というところか!

私はこの部分が一番分からない、これは何処の国でも一緒だと思うが、その一家にとって本当に大事な客をおもてなしする時、その一家の息子の嫁が、招いたお客様の目の前で何の理由も言わずにトンズラする、そしてそれをしれーと赦す親がある。

この一家、ただの一家ではない、皇統2600年余り続いた世界で一番古く続く王朝の一家である、まず儀礼としてプロトコル以前にそのような事を平気で許す、尋常ではない、だがその尋常ではない事にも気づいておられない異常性、これが現在の平成皇室

このような皇室の存在、どう考えたらよいのか、

この写真はBBさんからの記事からお借りしました。


ちなみにこの女性、宮内庁式部職の職員だそうである、式部職とは宮内庁で皇族の儀式、交際、雅楽を扱う職らしい、素朴な疑問なんだが、なぜ、ここまでして雅子様を表に出したいのか、極度の精神病患者をこのまま放置していていいのか!

オイ、宮内庁の提灯記事専門の記者達、是非、この疑問をみっちゃんに聞いてみてくれ、その結果、宮内庁の記者を首、あるいはどこかに飛ばされるかもしれない、一家離散の憂き目にあうかもしれない、ま、命はとられないと思うが、

なお、そのような事になっても当局は一切関知しないし、責任もおわない、ミッション、インポッシビル、では成功を祈る。

大きい事は良い事だ、愛しの雅子様へ。

2016.04.25.03:28

その昔、大きい事はよい事だ、なんてフレーズが世の中に溢れた時代が有ったが、

現在でもそれを実践なさっている方がある。

徳仁皇太子妃殿下、次期皇后陛下になられる雅子妃殿下である。

大嘘つき

大足

大喰い

大糞たれ

大ケツ、尻とも言う

大馬鹿、大脳タリン、大阿呆 この3つは夫である徳仁皇太子殿下と共有されていらっしゃるようである。

色々とあるが、過去に検証してきたこともあって、今回、ちょっと視点を変えて新たに考えてみたい、まあ、考えてみたいとあらたまる事でもないのだが、今回BBさんの記事に読者からのコメントがあって面白いと思ったので記事にしてみた、この死にぞこない爺が何て馬鹿な事を書いているのだろう、と思われる方はスルーして頂きたい(笑い)

それは雅子妃殿下がお泊りになったホテルの部屋の係りの方が、妃殿下のご使用になったトイレの便器が壊れ、大変な目にあったというお話、便器が糞詰まりになりその為に余計な費用が掛かり、その費用が請求書に加算されたという美談であった。
420e39b0013260423fcb69e5ae080ab6.png


妃殿下がインチキ被災地お見舞いとか各地のお出歩き巡業で、よくお食べになられるという記事は報道記事でもちょくちょく見かける、それ以外にも列車をお召の旅ではご当地お弁当を買い上げ、何人前もお喰いになられたという記事もあった、つまり大食漢であらせられる、自然の摂理として当然、大量の食事をすれば大量の排泄物がだされる、しかし、ふつう、それでも便器が詰まる事はない。

雅子妃殿下、世間ではご病気静養中である、宮内庁発表でも適応障害というご病気でもう十何年もご病気静養中であり、その事で体調に波があり、その為ご公務にも差しさわりがあり、ほとんど、おできにならないらしい、私は医者ではないのでよく分からないのだが、病気療養中、体調がよくないのに食欲だけは人一倍あって大量の食事(旨い物に限る)をお召し上がりになる、この因果関係は医学的にあり得る話なのだろうか?
ad061f333e9f82b416e211a3a882b886.jpg
もう十何年も適応症による体調不良でご療養、ご静養、それにしてはご立派な後ろ姿で一瞬、ドラム缶と間違えた,真に恐れ多い事ではあるが!


適応障害というご病気は食欲を増進させる作用があるのか、是非、医学関係者の話を聞いてみたい。

さて、この大食漢で美食家であらせられる雅子妃殿下、先の秋の園遊会にでは御体調の波も良くなったとの話で11年振りに決意のお出ましとなった、ご体調の波よろしかったので決意のお歩きで20メーターも歩かれたとある、結果、体調の波もよろしかったので、ついでに園遊会のお客様におだしされる 極上のジンギスカン肉、で無断でお持ち帰りになられた。
ba_01.jpg


余談ではあるが、その後、体調の波も良かったので御所にて1人焼き肉をされたのかもしれない、その時の朝鮮野菜、サンチョがあったかどうかは知らないが、もしかしてキムチはあったかもしれない。


ところで、雅子妃殿下のかかりつけの精神科医、東宮医師団1人、大野氏にお聞きしてみたい、適応障害による体調の波と爆喰いの因果関係関係、精神病症状して有り得るのか、もしそのような事があるならば是非、精神医科学会で取り上げて見て頂きたいが、どうだろうか!これってもしかしてノーベル賞的発見かもしれないと思うのだが。

さて、トイレの便器が壊れ、配管が詰まるくらいのお脱糞、まさか1トンはないと思うが相当量ではあったと思う、私、雅子妃に対して今までお慕いしているので尊敬も込めて色んな名前をつけてお呼び申し上げている訳だが、今回もちょっと考えてみた。

英語名、レデイマサコ、ビッグ、シット、ロシア名、マサコ、ウンコニヤワ、ダップンスキー、念の為申し上げておくがこの命名、あくまでも雅子様に尊敬とお慕いの念からしたものである。

読者の方で、過激なH美さんからもご賛同の主旨にてフランス語の命名が御座いましたので、掲載させてもらいます。
フランス語名 プープマタコ、クサイ-ヌ、ドレインマタコ,ツマリーヌ、

座布団5枚、差し上げたいと思います。


いずれにしても革新的行状で伝統の皇室を変革なさってきた、雅子妃殿下、今度は何をされるのであろうか、臣民はかたずを呑んで見守っておりまするぞ!!

さて次のニュースは大量のお小水で便器に穴をあけられた、真夜中の徘徊で狸を捕まえ狸汁にしてお食べになった、残った狸のお金玉と大ふぐりは、夫殿下の下のお病気をご心配なされて差し上げた、それは韓国では下の病気に効くらしい、そのような美談、是非ともお聞きしたい。

あるいは27日の園遊会にお出ましの際、今度は何をおかっぱらいになられるのか、前回はジンギスカン肉、今回は何のお肉が御所望なのか、

これは妃殿下をご心配して申し上げますが、今回の園遊会の宴、前回の逃亡事件もあり、ご招待客の皆さまの監視の目もあるやかもしれません、その意味で一つ提案が御座います。

是非、風呂敷をご持参下さいませ、風呂敷は非常に便利でございます、おカッパライになったお肉はそれで包隠せます、そして予備にもっていった風呂敷でお顔をお隠し下さいませ。

このように、臣民は 次期皇后陛下におなりなられるであろう雅子妃殿下のお活躍に大期待しておるのでござりまする。

今回のドレスコードについてはどんな形になるのかは承知いたしておりませんが、仮に御着物でお出ましになるとすれば、風呂敷ではなく、手ぬぐいでもよろしいのでは、これを頭からおかぶりになれば、歌舞伎でいう所の道行き姿にもなります。

犬肉、猫肉、タヌキ肉、何でも構いませぬが、御着物姿でおかっぱらになったお肉を携えての道行き姿、是非とも見とうございます。

そして、是非,たくさんお食べ頂いて、御所でたっぷりとお出しあそばされるように、仮に御所の便器が糞詰まりを起こして壊れても世間に漏れるような事は御座いません、老婆心ながら申し上げておきます。

追伸
これはご提案の一つとして、このような大量の脱糞、それも高貴なお方、雅子様の脱糞、是非、再利用されては如何かと、それは雅子様の母国である南朝鮮には雲子を原料にしたトンスルという雲子発酵酒がございます、雅子様の大量の雲子を原料として母国に送り、雅子様ブランドトンスルとして売り出したら如何がでございましょうか!

栄養学的にも5つ星レストランで頂いた料理、一流料亭でお食べになった名物懐石料理、そしておかっぱらいになった極上ジンギスカン肉、それらが原料として使われております、従って高栄養価になる筈、そしてお風呂嫌いの雅子様の体臭も加味され、それこそ、一杯お飲みの際にはその香しい香りもお嗅ぎになる事もできます。

是非、ご進物、として御贔屓になさっている糞マスコミ週刊誌、提灯記事専門糞記者、糞国連大学関係者、に差し上げれば皆さま、有難くて涙を流して喜ばれると存じます。又、夫君であらせられる徳仁殿下も御酒がお好きなご様子、雅子様ブランド雲子トンスルを飲まれれば、もしかして御髪もふさふさになるかも知れませぬ(これは実際に薬用効果もあるとされているらしい)、いずれにいたしてもおしっこをちびられて、お喜びになると思われます。

新 トンスル酒、スペシャルエデイション、製品名、ロイヤル雅子、一本15万円(税込み) お申込み、宮内庁 尚、特典キャンペーンとして雅子様のジンジロ毛を数本おまけでつける、なんてアイデア、如何でしょうか!!

お値段的にはちと高いのでは、いえいえそんな事は御座いません,かしこくも次代の皇后陛下の材料で作ったトンスル酒の一級品、それだけの価値は御座います。ま、正直に申せば、妃殿下の父君の借金に充てる、それはあるかもしれませんが、、、


これは噂話でございますが、フィリピンの場末の香水メーカーが雅子様の体臭とトンスル酒の臭いをミックスして、新しい香水を開発中とのこと、その香水の名前, バホバホ、タラガ、タエタエ、オブ、プリンセスマサコ、と名前だけは決まっているようですが、あくまで噂の為、真偽については分かりません。

タガログ語でのネーミング、意味は分かりますが,記せません(笑い)

愛しの雅子様へ、愛をこめて!!




プロフィール

わがまま、親父

Author:わがまま、親父
FC2ブログへようこそ!

カナダ、トロント近郊に住む、死に損ないの爺いです。余命わずかなので勝手な事を書き散らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言う、カナダで生きています。
わがまま親父の独り言、カナダで生きています。
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR